5歳の娘は日本語の読み書きを練習中。


『さ』『ち』『き』などの区別がつかず

『さ』を『ち』と間違えるのである。


ひらがなを見つけては大きな声で読み上げる我が娘。

・・・・・・・・・・・・・・・・

のどかな『散歩道』が『チンポ道』なんて…


AD