生命の刺繍

テーマ:
この作品集を見た時から「私がやりたい刺繍はこれなんだ!」と深い場所から溢れてくる感情。

地球の底から、子宮の底から湧き上がってくるような生命力。

私の中にある何かを刺繍してみよう。
{0C560425-66D6-4065-8C1A-225B59CEC765}

{82A90CB6-7B96-4014-B7C5-49E6BAFD5381}

{AAE8C0F1-7683-4108-83EF-0830E5401286}



AD
引越しの片付けも一段落し作品の製作に集中しないと!

ブティー(フランスのキルトの一種)でアーティーチョークを刺して、更にアーティーチョークをイメージした詩を望月朔さんに依頼してつくって頂きました。
そしてその詩を点字で刺してみました。

ブティーは刺繍した中に糸を詰め込んでいるので、光にかざすと陰影がくっきりと見えます。

ブラウス本体はフランスの100年前の形を復刻。
ミシンを使わずに手縫いです。

ボタンはイメージした物に出会うまで待ちましょう。

ちょっと達成感に浸ってます。(笑)
{E25D0567-094C-4229-B6AF-7B4E906F971A}

{B1C3D207-0AB0-4C53-87F1-82E361EA3B60}

{165D4360-0936-4DD1-BAAE-522580AFC763}

{43D6DBA7-0D08-4328-B283-BABAFC164C2F}



AD
新宿のマンションの購入も主人の突然のような一言だった。

そして今回主人の一言で8/31に引越しをして、図らずも9/1の新月に合わせるよに新生活が始まった。
お盆の少し前に新居が決まり、31日に引越したのだからすごいスピードだったと思う。

家族全体の流れがあり、またそれぞれにも変化がある。
そのタイミングを捉えての主人の一言には家族全員が賛成。

マンションの建築中から家族で何度も足を運び自分達の部屋を眺めた。
契約も家具の購入やカーテンのオーダーもみんなでやった。
本当に楽しかった。

マンションから眺める高層ビル群が好きだった。
夕日に浮かぶ富士山のシルエットが美しかった。
雲の流れを見て、空気の微妙な変化を感じ、目の高さで朝日や夕日を眺めた。

これからは都心から少し離れ、もっと近くに緑を感じながらの生活になる。

主人が庭の一部を指して「ここにハーブを植えると良いよ。」と言ってくれたので、虫が恐い私ではあるけれどその気になっている。

これからどんな出会いや生活が始まるのか楽しみで仕方がない。

人生は変化しながら流れる。
{B551EDE0-5C08-4112-9935-9BF4023E11FB}

{0966088A-4EA4-486F-8C59-98F6E48B6A13}

{F2C3B053-ACE0-44F8-A36F-70DE7FEA535E}

{0D8039E6-1A85-4241-ABC8-5DF0BE0CEF77}



AD
火野正平さんの自転車による旅番組が大好きです。

今日は坂道を下るシーンがあって、
「自転車で坂道を下るのって気持ち良くて、ヒャーと足を上げたくなるよね〜!」と主人に言った。

「ならない。」と一言。
私のウキウキテンションをどこに納めたらいいのやら。
{63E17C0B-8F88-4C87-A4E6-71711DD094ED}


老眼鏡の跡

テーマ:
秋に『花』をイメージして洋服や小物を展示させて頂く企画がある。

今編んでいるのがアイリッシュクロッシェレースのバック。(どの位パーツを編めば出来るのかな)

赤は好きな色のひとつ。
赤、紅、緋、色や糸の太さを変えると陰影が出て趣きがでるかも。

日中はミシン作業。
夜は編み物や刺繍。

老眼鏡の跡が鼻のところにくっきり。
{F1369ED9-5FC3-4012-B6E0-72C507E19739}

{C8C76DE2-1183-4303-BCA4-6050D1F8380A}