相変わらず、欧州不安だが。

テーマ:

こんな理由がついて下がった。。。。。



欧州債務問題が再び深刻化するとの警戒感が広がる中、主力銘柄中心に幅広く売られた。日経平均株価は前営業日比167円35銭安の9470円64銭、東証株価指数(TOPIX)も同11.65ポイント安の803.83と、ともに反落。



しかし、ここでの押しは心配無用。


上がりすぎの反動やす。


儲かる人は、逆に仕込み時か。



デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

レアアースを使わない


産業用のモーターを開発したようだ。


省エネであり、画期的。


注目。



デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp


AD

そろそろ、反発に入るか。

テーマ:

こうなっているが。。。。。

ダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに反発し、前日比89ドル46セント(0.7%)高の1万2805ドル39セントで終えた。欧州株式相場がほぼ全面高となったことにつれ高した。前日夕に非鉄大手アルコアが主要企業の先陣を切って発表した四半期決算が市場予想より良好だったことも好感された。(日経)

ヨーロッパの動きが良くなり、アメリカ景気の予想が上向きになれば、

東京市場の調整もそろそろ、終わりか。

トヨタ、ホンダ、日産、信越化学、東京エレクトロン。


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

さて、どうなるか。

テーマ:

ヤフーファイナンスでは、



11日の東京株式は、落ち着きどころを探る展開となりそうだ。円相場が1ドル=80円台後半(10日終値81円17銭-18銭)で推移しており、輸出関連株には重しとなろう。物色の中心は値動きの軽い小型株が中心とみられる。全体相場の過熱感を判断する騰落レシオは84%台、RSI(相対力指数)は26%台に低下している。短期的な下げで、過熱感が後退していることから売り一巡後は、リバウンド狙いの買いが入ることも期待される



このように述べているが、


今の調整は、買うかの勢いが行きすぎ、


現実の経済実態からかい離しての


調整と見る、


ここはじっくりと、



下値を確認して、


有望株を拾いたい。


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

さおろそろ、仕込み時か。

テーマ:

。。。。。。。


調整ムードの広がった今週の株式市場。6日の日経平均株価は4日続落となり、終値は前日比79円安の9688円とおよそ1カ月ぶりに9700円を下回った。日米の金融緩和期待が揺らぎ、世界連鎖株安への警戒感が浮上した格好だ。ただ、新年度の企業業績の回復幅は為替の円安を背景に一層広がる可能性が高く、これを見据えた海外投資家の日本株買い需要は根強い


というわけで、環境が悪くなったのではなく、


ここでの調整は


テクニカル面での微調整ではないか。


そこで、ここの押し目は逆に、


仕込み時になるだろう。



トヨタ、ホンダ、東レ。


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

売買比率が65%にもなっている東京市場だ。


外人の動きが即株価に影響する現在。


海外の動きが大きく影響する。


とくに、アメリカ、中国、ユーロの動きに

一喜一憂することは


これまでとは変わりはない。


しかし、


外人投資家は日本企業の業績や


未来性に対して


オーソドックな見方をするのが


通例であり、奇をてらった銘柄選択ではなく、


業績と、将来の企業戦略に対して、


きちんとした眼を持っていれば、


投資の失敗はないどころか、


「勝ち馬」にのつことは



そうは、難しいことではないだろう。


ファナック、トヨタ、信越化学、東レ。



デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp