ニューヨーク金先物相場が6日続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物(12月限)は現地22日、前週末比39.7ドル高の1トロイオンス当たり1891.9ドルで取引を終了した。米景気の減速懸念や欧州債務問題を受けて、実物資産の裏付けがあり、インフレにも強いとされる金の市場に資金が流入している。時間外取引では日本時間の23日午前7時過ぎに1917.9ドルを付け、市場最高値を更新。商品先物業者、エース交易(東京都)のCXオンライントレード部は日本時間22日、ホームページ上で「全世界のファンド・マネジャーが株式に代わる投資対象として金を選好するなか、大幅下落の理由がなかなか思いつかない。利食い、換金売りぐらいか。2200ドルあたりが目標との声も多くなってきた」(CXオンライントレード部)と指摘した。

 過熱感や売られ過ぎをみる代表的指標であるRSI(相対力指数、14日)は買われすぎとされる70%以上を大きく超え、80%台を付けている。

[ 株式新聞速報ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

トヨタに未来あり。

テーマ:
トヨタ自動車<7203.T>がしっかり。株価は午前10時46分現在、16円高の2716円を付けている。

 23日、米フォード社との間で、小型トラックとSUV(スポーツ用多目的車)向けの新型ハイブリッドシステムの共同開発および次世代テレマティクス(自動車などの移動体に移動体通信システムを搭載してサービス提供する技術)分野での協業に関して基本合意し、覚書を交わしたと発表した。

 共同開発する新型ハイブリッドシステムおよびコンポーネントは、フォードとトヨタの後輪駆動式小型トラックおよびSUV向けに、2010年代中をメドに実用化する計画。低燃費と高性能の両立が狙い。新型ハイブリッドシステムの車種展開については、各社が独自に実施する。

[ 株式新聞速報ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社
デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD
ソフトバンク<9984.T>が5日続落。一時78円安の2493円まで売られ9日に付けた年初来安値2538円を更新した。

 同社株は東日本大震災前の3月4日に年初来高値3515円を付けたが、信用取引の6カ月目にあたる高値期日が9月に迫り、見切り売りが出ているとみられる。また、日経平均株価が、3月15日に付けた終値ベースでの安値8605円をうかがう展開となっていることも重しのようだ。

 前場終値は69円安の2502円。

[ 株式新聞速報ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社
デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

この辺が買いごろかな。

テーマ:
トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>が新安値。トヨタは19日に付けた2747円、ホンダも同じく19日に付けた2393円を下回った。円が対ドルで史上最高値を更新したことで、業績下ブレ懸念が再燃している。

 トヨタの株価は午前9時28日時点で43円安の2725円。ホンダは同29分時点で25円安の2378円。

[ 株式新聞速報ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社
デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

流れに乗ることがよい。

テーマ:

 ユニ・チャーム<8113.T>が逆行高。午前9時57分現在、株価は15円高の3535円。

 大和証券は「ダイワ投資情報ウィークリー」8月22日号のなかで、注目している。アジアを中心とした海外のパーソナルケア事業が足元、中国・インドネシアなどで市場シェアを着実に上げていると推定し、今後も好調に推移すると予測した。大和証券キャピタル・マーケッツでは14年3月期まで、営業利益は前期比10%の伸びを示すと想定している。

 ユニ・チャームは7月、住友商事<8053.T>との間で米ペット用品大手のハーツ・マウンテン社の株式を51%取得すると発表した。株式の取得は10月が予定されているが、大和証CMの業績予想には織り込まれていないという。

[ 株式新聞速報ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

8月7日時点で、28社が円高関連倒産。うち13社が「デリバティブ損失」が原因であった。

 帝国データバンクがまとめた「円高関連倒産」の動向調査結果によると、2011年の円高関連倒産は、8月7日時点で28社判明しており、円高による倒産が多発した昨年を上回るペースで発生していることが分かった。

 円高関連の倒産原因で最も多いのが「デリバティブ損失」で、28社中13社と半数近くに及んだ。以下、「受注減少」が7社、「その他為替差損」が5社、「輸出不振」が2社、「観光客の減少」が1社だった。

 デリバティブとは、外国為替や株式、債権などの金融商品などから派生したもので、「通貨オプション」などが含まれている。この「通貨オプション」は、将来の特定日にあらかじめ決められた価格で、通貨を売り買いする権利を売買する。為替変動リスクに備えて、大手銀行などから購入する企業が増えている。

 例えば、海外から製品を仕入れている企業の場合、円安が進行すると仕入れ価格が上昇し、収益が悪化するリスクがある。そこで、円安リスクを回避するため、手数料を支払ってあらかじめ一定額で外貨を購入する権利を取得する。為替があらかじめ設定していた価格よりも円安で推移すれば差額が収益となり、仕入れ価格の上昇分を補うことができる。これとは逆に円高になった場合には、権利を売却することで、損失は支払った手数料だけで済み、円高による仕入れ価格の減少分が収益となる。

 このように「通貨オプション」を上手に利用すれば、損失を一定額に抑えることができ、企業経営を安定させるのに役立つ。しかし、損失を受けた多くの企業では、銀行に売却する権利を売ってしまう契約になっており、円高になっても権利を売却できない状態に陥ったとされている。

 こうした取引の場合、想定した方向に為替が推移すればより収益は良くなるが、反対の方向で推移した場合には、実態よりも悪いレートで外貨を購入し続けることになる。特に最近のように急激な円高が進行する状況下では、為替動向を見誤った企業の資金繰りは急速に悪化し、最悪のケースは倒産に至ってしまうこともある。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、自己資金を使ったデリバティブ取引で1000億円近いトレーディング損失が発生し、2011年3月期の最終損益が1450億円の赤字になった。デリバティブ取引は金融のプロでさえ巨額の損失を出しかねないと認識しておく必要があるといえる。
(MONEYzine)

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp


デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp



[東京 20日 ロイター] 19日の海外市場で円相場が一時1ドル=75.95円と戦後最高値を更新したことを受け、政府・日銀は日本経済の腰折れ回避に向け、円高是正に一段と強い姿勢で臨む方針だ。

 欧米の経済・財政問題を背景にした円高圧力は長期化が想定されるため、2011年度第3次補正予算での円高対策や、4日に実施したばかりの為替市場介入、金融緩和措置を再び実施することも視野に入れる。 


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

19日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続落し、終値は前日比172ドル93セント(1.6%)安の1万0817ドル65セントだった。欧州の債務不安や米景気の減速を懸念する売りが膨らんだ。ダウ平均は週間で451ドル(約4%)安。4週連続で下げるなど、株安に歯止めがかかっていない。

 世界首位のパソコン事業分離検討を表明したヒューレット・パッカード株が業績への先行き懸念から急落するなどハイテク株が安い。ハイテク株を中心に構成するナスダック総合株価指数は昨年9月以来約11カ月ぶりの安値で終えた。(日経)

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp


どこまで続くだろうk。

テーマ:

ガリバーが買い先行、中間期・通期業績予想の上ブレを評価 (株式新聞)

 中古車買い取りチェーン最大手のガリバーインターナショナル<7599.T>が買い先行となり、85円高の3735円で寄り付いた。18日引け後、12年2月期の11年8月中間期および通期連結業績予想の上方修正を発表し、評価された。

 8月中間期業績見通しは、売上高が前回予想の638億円から708億円(前年同期比2.9%減)、営業利益が同31億円から45億円(同21.6%増)に上積みされ、減収ながら一転して営業増益となる。ガリバー直営店の小売台数は当初想定を若干下回る見通しだが、買い取り台数は計画を上回る見通しとなった。適切な粗利コントロールを継続的に行い、採算好転につなげる。

 上期増額修正に伴い、通期業績見通しは、売上高が前回予想の1330億円から1400億円(前期比1.4%減)、営業利益が同66億から80億円(同横ばい)となる。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

トヨタとホンダが新安値、米国株安でリスク回避の動きが強まる (株式新聞)

 トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>が連日の新安値。トヨタは52円安の2755円、ホンダは85円安の2401円でスタート。前日の米国株安でリスク回避の動きが強まっているうえ、為替が足元の円高水準で落ち着いた値動きとなっており、輸出株を中心として主力株全般に売りが出ている。

 日産自動車<7201.T>は午前9時16分現在、22円安の661円。年初来安値(3月15日の636円)を意識した値動き。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp