円76円台、最高値に迫る

テーマ:

今週の金融市場は米債務上限の引き上げを巡り大荒れとなった。米国の債務不履行(デフォルト)や米景気の減速を懸念したマネーのリスク回避が鮮明になり、ダウ工業株30種平均は週間で今年最大の下げを記録。円は対ドルで1ドル=76円台に突入し最高値に迫った。債務不履行への不安が重荷だった米国債は、景気懸念が追い風となって相場が急上昇。10年債利回りは約8カ月ぶりの水準に低下した。来週も米債務問題をにらみながら市場は不安定な動きが続くとの見方が多い。(日経)


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

デイトレーダー化する個人

テーマ:

 「株式の売買で必要なのは株価とチャートと板情報(売買の注文動向)の3点セット。事業内容や業績はほとんど見ない」。都内に住む自営業の男性(62)は株式投資歴が7年。1日に何度も売買を繰り返し、5円、10円のサヤ取りに徹する。売買の対象は「株価が動く銘柄」。企業のコード番号が分かれば社名さえ知る必要はないという。(日経)


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp


AD

下げ幅は一時200円近くに

テーマ:
28日後場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は一段安。13時30分ごろから次第に下げ足を速めて9900円を割り込み、14時前には下げ幅を200円近くまで拡大した。相場全体を押し下げるような悪材料は特に伝わっていないため、市場では「相場の先行き不透明感を背景にした仕掛け的な大口売りか、買い方の見切り売りではないか」との見方が出ている。日経平均の25日や200日移動平均にあたり、朝方から下値メドとして意識されていた9920円近辺を明確に下振れたことから、売りに拍車がかかった面もあるという。

 発表が本格化している主要企業の2011年4~6月期決算に対する期待感は強いうえ、1万円割れの水準における値ごろ感を指摘する声は多い。ただ、欧米やアジアなど世界的な株安傾向に加え、円相場も1ドル=77円台後半で高止まりと外部環境の悪化が顕著とあって、押し目買い意欲が次第に乏しくなっている。(日経)


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

5日ぶり1万円割れ

テーマ:
28日の東京株式市場では日経平均株価が大幅続落し、取引時間中としては21日以来、5日ぶりに1万円の大台を割った。米景気回復の減速が地域的な広がりを見せたことへの懸念から前日の米株式相場が大幅安となったため、東京市場でも電機、自動車など主力の輸出関連銘柄に売りが出た。下げ幅は一時、130円を超えた。

 市場では「米景気の回復は鈍く、東日本大震災による部品の調達難が原因の一時的な減速と言い切れなくなってきた」(大和証券の高橋和宏・投資情報部部長)との指摘があった。米連邦債務の上限引き上げ交渉の混乱に加え、米耐久財受注が事前予想を下回ったことへの懸念も広がった。(日経)

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

26日午後の東京外国為替市場で円の対ドル相場は一段高。14時35分ごろ1ドル=77円70銭近辺まで上昇し、午前中の高値(77円78銭)を上回った。東日本大震災後につけた3月17日(76円25銭、最高値)以来の円高水準。「月末前の輸出企業の円買い・ドル売り注文に押された」(国内大手銀行)との見方が出ている。77円75銭付近ではオプション取引に絡んだややまとまった円買い・ドル売りが出たもよう。(日経)


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

時間外取引で最高値更新

テーマ:

ニューヨーク市場の金先物が日本時間27日午前の時間外取引で最高値を更新した。取引の中心である8月物は午前11時前に一時、前日終値比7.7ドル高の1トロイオンス1624.5ドル(日経)

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

円高で売り優勢も1万円維持

テーマ:
[東京 27日 ロイター] 前場の東京株式市場で、日経平均は反落した。前日の米国株が続落した流れを受け、序盤の東京市場では売りが先行。米連邦債務上限引き上げ協議のこう着を背景とした円高で輸出株が軟調だったほか、電力や金融など幅広い銘柄が売られほぼ全面安となった。

 一方、為替介入への警戒感や好業績の個別株物色が下支えとなり、日経平均は1万円の大台は維持した。


 東証1部騰落数は、値上がり194銘柄に対し値下がり1333銘柄、変わらずが129銘柄だった。東証1部売買代金は5085億円。


 26日の米国株式市場は続落。米企業決算が健全な内容となったにもかかわらず、商いは低調で、米連邦債務上限引き上げに向けた協議の難航が引き続き相場の重しとなった。米株安の流れを受けて、序盤の東京市場では売りが先行。外為市場でドルが全面安となり円高含みにあることで、輸出株を中心に幅広く売られほぼ全面安となった。


 米連邦債務上限引き上げ問題を背景とした先物への売りが指摘されたほか、ドル/円が77円台に入ったことで企業業績への悪影響が懸念されているという。市場では「前日のオバマ 米大統領演説に対し米株は下落したほか、日本企業の円高耐久力はなお限定的なこともあり、ほぼ全面安で展開している」(十字屋証券・資金運用グループチームリーダーの岡本征良氏)との声が聞かれた。


 一方「為替介入への警戒感もあり1万円以下を売り込む動きはみられない」(SMBCフレンド証券投資情報部部長の中西文行氏)といい、日経平均は1万円大台を維持した。好業績銘柄への物色も日本株の底堅さにつながっているという。米系証券トレーダーは「円高への警戒感が強く輸出株には手を出しにくいが、内需株や一部ディフェンシブ銘柄には継続して買いが入っている」と指摘していた。


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

 [ニューヨーク 8日 ロイター] 8日のニューヨーク外国為替市場ではドルが円、スイスフラン、ポンドに対して下落。この日発表された6月の米雇用統計が予想以上に弱い内容となり、連邦準備理事会(FRB)が来年にかけて政策金利を据え置くとの観測が強まった。


 来週の外為市場は、雇用統計の影響が残るとみられ、米連邦債務上限の引き上げをめぐる与野党の協議で明確な進展の兆しがないことから、ドルは下落基調となる公算が大きい。


 この日発表された6月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比1万8000人増と市場予想の9万人増を大きく下回った。増加数は9カ月ぶり低水準となり、米経済が下半期に盛り返すとの期待に冷や水を浴びせる結果となった。


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

米国株式市場が反落

テーマ:

 [ニューヨーク 8日 ロイター] 8日の米国株式市場は反落。予想を下回る雇用統計を受けて、米経済がソフトパッチ(一時的な鈍化)から脱却しつつあるとの楽観的な見方が後退した。


 幅広い銘柄に売りが広がり、ナスダックは9営業日ぶりに反落。ただ主要3株価指数ともに、その日の安値からは値を戻して引けた。 


 ダウ工業株30種は62.29ドル(0.49%)安の1万2657.20ドル。


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

地デジ化目前、一部品切れも

テーマ:

24日の地上アナログ放送終了を前に、薄型テレビに駆け込み特需が生じている。家電量販店では32型以下の中・小型機種の一部が品切れし、納品が24日に間に合わないものも出てきた。6~7月の販売台数は計700万台程度に上る見通しで、平年の年間販売の約7割に達する。ヤマダ電機が韓国LG電子製品の取り扱いを始めるなど、量販店は商品確保に躍起になっている。(日経)

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp