東応化が急伸

テーマ:

東応化が急伸、11年3月期予想を修正、半導体や液晶ディスプレー関連売上が想定を上回る (株式新聞)

 東京応化工業<4186.T>が急伸し、一時92円高の1738円まで買われている。27日引け後、11年3月期の連結業績予想を上方修正、材料視されている。

 売上高を790億円から799億円(前期比13.2%増)、営業利益を48億円から60億円(同21.5倍)、純利益を32億円から36億円(同14.2倍)に引き上げた。売上高は、半導体や液晶ディスプレーの需要増加により、同社が手掛ける関連材料が想定を超える水準で推移した。利益面では、売上構成の改善に加え、継続的に取り組んでいるコスト削減策が寄与し、利益額を押し上げる形となった。東日本大震災の影響については、不確定要素はあるものの、現時点で把握し見込める範囲で織り込んでいる。

 午前9時42分時点の株価は63円高の1709円。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

小糸製が高い、今期業績予想は未開示も前期の増収増益を市場は評価 (株式新聞)

 小糸製作所<7276.T>が高い。午前9時59分現在、株価は50円高の1294円を付けている。

 27日引け後に発表した11年3月期連結業績は、売上高4289億7700万円(前期比5.0%増)、営業利益374億3400万円(同3.8%増)、純利益100億1200万円(同61.0%増)と好調だった。主力の自動車照明関連事業が増収となり、営業利益を押し上げた。本業を軸とする好実態を市場は評価している。

 併せて、東日本大震災の影響で12年3月期の連結業績予想を未開示とすると発表しているが、特段悪材料視はされていない。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

航空電子が値上がり率上位、

テーマ:
12年3月期は下期回復で営業利益26%増見通し (株式新聞)

 日本航空電子工業<6807.T>が上放れ、一時46円高の583円を付け、東証1部値上がり率上位に浮上している。27日引け後に11年3月期連結決算ならびに12年3月期業績予想を発表、今期の増収増益見通しが確認され、買い気が高まった。

 12年3月期業績は、売上高1170億円(前期比5.8%増)、営業利益80億円(同26.1%増)を見込む。東日本大震災に伴い、自動車産業のサプライチェーン(供給体制)に深刻な影響が出ているため、上期は一時的な受注減が懸念され、減収減益を予想。ただし、下期以降は回復する見通しで、エレクトロニクス市場においては引き続き海外を中心に需要拡大が期待されている。

 11年3月期決算は、売上高1105億9200万円(前期比6.1%増)、営業利益63億4300万円(同2.2倍)だった。コネクターがスマートフォンや、ハイブリッド車、半導体装置向けなどに堅調に推移した。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

野村証、海運大手3社を「Buy」に、川崎汽は格上げ (株式新聞)

 野村証券では25日付で川崎汽船<9107.T>の投資判断を「ニュートラル」から「Buy」(買い)に引き上げた。また、日本郵船<9101.T>と商船三井<9104.T>についても同日付で従来の「Buy」を継続した。同証券では燃油価格の上昇に伴う費用増と、東日本大震災による日系自動車メーカーの輸出減少を織り込み海運各社の業績予想を下方修正し、目標株価を引き下げた。ただ、いずれも2010年末の1株純資産を株価が下回るため、強気の投資スタンスを据え置いた。川崎汽については割安感の強まりから評価を見直した。

 ・野村証の海運株レーティング(25日付)

 日本郵船<9101.T>―投資判断「Buy」(買い)継続、目標株価450円→430円

 商船三井<9104.T>―投資判断「Buy」(買い)継続、目標株価680円→625円

 川崎汽船<9107.T>―投資判断「ニュートラル」→「Buy」(買い)、目標株価400円→380円

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

競争力高い日本企業、富士電機に一日の長 (株式新聞)

 地熱発電の主流は、天然蒸気でタービンを直接回す「蒸気フラッシュ発電」方式だが、通常より低温の蒸気でも発電できるように、水より沸点の低い流体(ペンタン、アンモニアなど)に熱を伝えてタービンを動かす「バイナリーサイクル発電」方式と呼ばれる方法もある。原発でいえば、沸騰水型に対する加圧水型の違いに似ている。このバイナリー式に力を入れているのが、富士電機<6504.T>だ。同社は1960年に国内初の地熱発電システムを納入。世界各地でトップクラスの実績を持つが、従来の地熱発電設備では利用不可能な場合も使えるこの方式を、地熱発電事業の柱の一つに据えている。

 東芝<6502.T>は4月5日、ニュージーランド北部で建設予定のテミヒ地熱発電所向けにタービン(8.3万キロワット×2基)、発電機、復水器を受注したと発表した。同国の地熱発電向け設備を受注するのは初めて。ニュージーランドについては、富士電機の傘下企業が住友商事<8053.T>と共同で、主要機器(タービン、発電機、プラント制御監視装置)の製造から資材調達・供給、据え付け工事、試運転までをトータルで請け負った実績がある。東芝の今回の受注は、東京電力<9501.T>福島第一原子発電所の事故で日本の原子力産業の海外展開に暗雲が垂れ込めるなか、地熱発電分野における日本企業の競争力の揺るぎなさを示すものだ。

 地熱発電の世界市場をみると、米国、フィリピン、インドネシア、アイスランドなどが挙がる。米国を除いていずれも島国で火山活動の活発な国という共通点がある。

 数字としてはやや古い(08年3月末時点、三菱重工業<7011.T>による)が、総発電容量に占める地熱の比率はフィリピンが20%、インドネシアが7%。インドネシアは14年までに地熱発電シェアを10%まで高める計画とされる。米国も現政権のクリーン・エネルギー重視政策に沿って、25年までに地熱発電能力を今の約10倍の3000万キロワットに引き上げる計画だ。

 地熱の発電方式別では、上記の2方式に次ぐ次世代型として「高温岩体発電」方式という技術も注目度が高い。地中深く(3000メートル以上)に存在する熱(300-400度)を帯びた岩盤近くまで穴を掘り、そこに水を注入して蒸気を発生させる方式で、地表近くに熱水資源がなくとも地熱発電が可能で、温泉との競合もないことから期待を集めている。さらには、50年以内に可能になる技術として「マグマ発電」方式というのもある。完全クローズドの設備を用いて地下のマグマの熱を利用するもの。

 アイスランドのように国内で消費されるエネルギーの約70%を水力と地熱でまかなっているケースもある。そこまでいかずとも、わが国を中心に地熱発電へのニーズは世界的に高い。この発電方式の可能性は想像以上に大きい。

<関連銘柄その2、順不同>

 日鉄鉱業<1515.T>
 応用地質<9755.T>
 富士電機<6504.T>
 住友商事<8053.T>
 JFEホールディングス<5411.T>
 JXホールディングス<5020.T>
 出光興産<5019.T>

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

カーバイドが200円台復帰

テーマ:
子会社の5月上旬メドの正常操業を評価 (株式新聞)

 日本カーバイド工業<4064.T>が続伸し、一時8円高の204円を付ける場面があった。取引時間中での200円台復帰は3月23日以来。18日引け後に東日本大震災で被災した設備の復旧状況を発表。子会社のエヌシーアイ電子(福島県須賀川市)において、製造設備の一部に損傷があり、生産を停止していたが、被災設備の一部が復旧し、現在は部分稼働を実施。正常操業は5月上旬をメドとし、評価機運が強まった。

 同社は中堅化学メーカーながら、住宅用アルミ建材なども手掛けているため、前日には復興関連株の出遅れとして急騰していた。この日は、3月23日の戻り高値203円に肉薄したが、その先は「マド」(3月11日安値223円-週明け14日高値200円)や、大商いをこなしたゾーンが控えており、戻り売りを吸収できるかどうかがポイントになる。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

自転車専門店を展開する、あさひ( 3333)

に注目している。

 12年2月期単体業績は2ケタの増収増益を計画しているが、震災後の自転車に対する注目度の高まりを背景に、計画を上回る可能性が出てきた。

 売上高は前期比14.8%増の329億1600万円、営業利益は同13.0%増の42億800万円を計画。環境問題の高まりや健康志向から自転車に対する関心が一段と高まると想定。既存店売上高は前期比1.7%増を計画している。

 ところが、震災を受けて交通手段として自転車を評価する動きが強まり特需が発生。3月の既存店売上高は前年同月比45.6%増となった。今後徐々に落ち着くと想定されるが、特需による業績面の上乗せ効果が見込まれる。

 株価は今月12日に年初来高値1550円を付けたあと、やや一服気味。とはいえ、年初からの上昇基調は崩れていない。押し目を拾いたい

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

◆いま、注目の材料銘柄はーーLED照明関連。

先週末から、夏の東京電力の供給能力の不足から、節電の目玉として「LED照明」に関する銘柄がにわかにクローズアップされ始めた。

先週末には、ローソンやセブンイレブンなどのコンビニがLED照明を採用するとの報道がなされて、関連銘柄が上げたが、この動きは産業界だけへはなく、ひろく、公共の場や家庭の中まで波及する可能性があり、その波及効果、すなわち、経済効果は馬鹿にはできない。

そこで、今考えられる銘柄をあげておこう。

LED電球・照明関連銘柄

東芝、パナソニック、シャープ、三菱電機、NEC、岩崎電気、オーデリック、モリテックス、シーシーエス、遠藤照明、光波など。

LED素子

豊田合成、昭和電工、

LEDモジュール

シチズン、スタンレー電気、星和電機、シャープ、パナソニック

この材料は、これからのものであり、できれば押し目を買い、吹き値を売る感じで対応していきたい。


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

サンケンが続伸

テーマ:
電力不足に備えたIT機器向け無停電電源装置3機種の発売報道を材料視 (株式新聞)

 サンケン電気<6707.T>が続伸し、一時22円高の450円を付ける場面があった。15日付の日経産業新聞で、夏場の電力不足に備え、IT(情報技術)機器の電源バックアップ体制強化に対応した蓄電時ロスの少ない高性能無停電電源装置(UPS)3機種を5月中旬に発売すると報じられ、材料視された。企業の自家発電機稼働までのわずか数十秒から数分間の隙間を埋める装置として、需要を取り込むとしている。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

アサヒ衛陶が急騰し新高値

テーマ:

アサヒ衛陶が急騰し新高値、11年11月期業績予想を引き上げ (株式新聞)

 衛生陶器や水栓金具を手掛けるアサヒ衛陶<5341.OS> が急騰。前場は一時26円高の93円まで買われ、今月5日の年初来高値72円を更新した。前場終値は25円高の92円。

 14日引け後に11年11月期の5月中間期・通期業績予想(単体)を引き上げており、好感された。5月中間期(10年12月-11年5月)営業利益予想は700万円から6200万円(前年同期は7500万円の赤字)へ、通期営業利益予想は2300万円から9000万円(前期は1億2100万円の赤字)へ引き上げた。

 付加価値の高い海外調達品の増加や新規販路の拡大などが奏功し、第1四半期(10年12月-11年2月)の営業利益は3900万円(前年同期は3800万円の赤字)となった。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp