外人買い越し。

テーマ:

外国証券の寄り付き前の注文動向―560万株の買い越し (株式新聞)

 28日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「9社ベースで、売り1340万株、買い1900万株で、差し引き560万株の買い越し。買い越しは4営業日ぶり。金額(9社ベース)も買い越し。売りセクターに、商社、薬品、機械、小売、電力、ガス、精密、自動車、銀行など。買いセクターに、電機、通信、機械、不動産、銀行、化学、自動車、ゴム、化学、食品、薬品など」(外資系証券)という。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

買いのチャンスは。

テーマ:

25日移動平均線に


タッチして


そこから陽線をつけて


反発したものがいいぞ。


東芝がそれだが、


ほかにもたくさんある。


これ、ヒント。


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

東芝、絶好調!!

テーマ:

この地合いでの上げは


なかなかだ。


チャートも良くなっている。


原油高で見直される


原子力。



デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

東芝参戦!!

テーマ:
好決算銘柄 株価診断=東芝:09年高値奪回に期待―「半導体メモリー」「原発」が評価ポイント (株式新聞)

 東芝<6502.T>は主力株の多くが昨年来高値を更新するなか、取り残された形になっている銘柄の一つ。ただ、株価は1月31日の決算発表後アク抜けし、2月17日の高値は553円と、昨年来高値556円(2010年4月30日)に接近。信用需給の改善も進んでいる。

 業績の評価ポイントは半導体と原子力発電。今3月期第3四半期累計(昨年4~12月)の主力製品の営業利益を見ると、パソコンは前年同期の6億円から62億円に回復。液晶も191億円の赤字から73億円の黒字へと大きく改善しており、後は利益貢献度の高い半導体と原発がいかに全体をけん引していくか。

 半導体はスマートフォン(多機能携帯電話)やSSD(NAND型フラッシュメモリーを使用した記憶装置)向け需要の拡大により、今期第3四半期累計のメモリーの売上が4452億円(前年同期比18%増)と好調に推移。ディスクリート、システムLSI(大規模集積回路)を含めた半導体全体の売上高は8473億円となり、営業利益は688億円と、前年同期の263億円の赤字から大幅に改善している。同事業では微細化の進展で設備投資負担が過大になるなか、来期以降、40ナノ(10億分の1)製品を含む最先端のシステムLSIは設計だけを手掛け、生産は外部に委託する方針。
 今春に、NAND型フラッシュメモリーで最先端の20ナノメートル台プロセスからスタートする四日市第5製造棟(三重県)の竣工(しゅんこう)を予定しているように、得意のメモリー事業に経営資源を集中させ、収益力を高めていく。長崎工場をソニー<6758.T>に売却し、大分工場に集約化することを打ち出すなど、構造改革も今期中におおむね完了の見通しだ。

 足元好調の原発は米国で日本企業初の原子炉メーカーNRC(米国原子力規制委員会)の認証を取得し、中国では三門1・2号、海陽1号を着工。日本でも大間1号を着工し、英国、フィンランド、カザフスタンなども有望な市場として広がっている。改良型沸騰水型原子炉、次世代型加圧水型原子炉と2つの炉型で優位性を発揮しており、グループ会社の米ウェスチングハウス(WEC)との相乗効果で15年までに39基(現在14基)の受注が目標だ。

 株価は昨年4月高値の前には09年10月高値の572円があり、このゾーンを突破すれば一段高が有望。相場全体の動向もあるが、半導体事業、原発事業の成長性を考えれば、遅からずそうした展開に入ってよさそうだ。


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

日触媒が4日ぶり反発

テーマ:

日触媒が4日ぶり反発、野村証は目標株価を1250円に引き上げ (株式新聞)

 日本触媒<4114.T>が4日ぶり反発し、一時18円高の980円まで買われている。野村証券は22日付リポートで、目標株価を1050円から1250円に引き上げた。投資判断は「1」(強気)を継続。

 同証券は、アクリル酸とその誘導品の市況が高水準で推移しており、当面の利益水準が大幅に押し上げられると指摘。短期的な市況好調に加え、新興国向け高吸水性樹脂の高成長が期待されることから、中期的な利益成長の確度は、化学メーカーのなかでも特に高いとしている。

 午前10時29分時点の株価は15円高の977円。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

上げもあり。

テーマ:

日油が4日ぶり反発、500万株の自己株消却へ、発行済み株式総数の2.54% (株式新聞)

 日油<4403.T>が4日ぶり反発。寄り付き直後には6円高の417円まで買われている。午前9時33分時点は5円高の416円。

 22日引け後に、発行済み株式総数の2.54%に相当する500万株の普通株式を消却すると発表した。消却予定日は3月7日。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

太陽HDが急伸

テーマ:

太陽HDが急伸、記念配25円実施で期末配当は70円に増額 (株式新聞)

 配線板用のレジストインクなどを手掛ける太陽ホールディングス<4626.T>が急伸し、一時113円高の2731円まで買われている。22日引け後、11年3月期末に、東証1部上場10周年記念配当25円を実施すると発表、好感されている。

 期末配当は、普通配当45円に記念配当25円が加わり70円(前期実績45円)となり、中間配当45円(同45円)と合わせた年間配当は115円(同90円)。22日終値2618円で計算した利回りは4.39%となる。

 午前9時21分時点の株価は110円高の2728円。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

先物主導で下値模索

テーマ:

日経平均213円安、先物主導で下値模索=22日前場 (株式新聞)

 22日前場の日経平均株価は前日比213円15銭安の1万644円38銭と7営業日ぶりに急反落。中東情勢の緊迫化で欧州株が軒並み下落したため、リスク回避の動きが加速し、下値を模索した。売り一巡後も戻りは鈍く、安値圏で停滞した。ムーディーズによる日本の政府債務格付け見通しの引き下げが伝わったが、市場の反応は限定的だった。東証1部の出来高は13億2244万株。売買代金は8941億円。騰落銘柄数は値上がり161銘柄、値下がり1407銘柄、変わらず95銘柄。

 リテラクレア証券・情報部部長の清水洋介氏は「連日高の反動と見てよいだろう。最近は値幅も小さかったので、少しブレたことによりタガが外れた格好だ。仮にリビアの原油が止まったとしても、そこまで企業業績に影響があるとは思えず、少し反応しすぎ。きのうも懸念があるなかでしっかりした展開となったため、前日の分をきょう反応しているような印象だ」と指摘している。「週内はもともと調整局面との見方が多かったので、値幅的にはスケジュール通り。下値メドは1万500-600円程度だが、ファンドや年金の決算が近づくため、1万1000円を試すのは早くて3月のSQ(特別清算指数)後」という。

 業種別では、三井住友<8316.T>など銀行株が下落。クレディスイス証が投資判断を引き下げた都民銀<8339.T>の下げもきつい。クレセゾン<8253.T>、プロミス<8574.T>などノンバンク株も下押した。野村<8604.T>など証券株や、東京海上<8766.T>など保険株もさえない。郵船<9101.T>など海運株も売りが先行した。トヨタ<7203.T>など自動車株や、浜ゴム<5101.T>などタイヤ株も軟調。個別では、貸借取引の申し込み停止措置の実施でKNT<9726.T>が安い。前日急騰の片倉<3001.T>、東日CLG<8291.T>なども売られた。

 半面、中部電<9502.T>、東ガス<9531.T>など電力・ガス株は底堅く推移した。AOCHD<5017.T>など石油株も買いが優勢となった。JR東日本<9020.T>など電鉄株の一角もしっかり。個別では、ファミマクレジットと合併するポケットC<8519.T>が値上がり率トップ。イオン<8267.T>が1000万株超の株式保有を明らかにしたパルコ<8251.T>も堅調に推移した。なお、東証業種別株価指数は、全33業種中、31業種が下落した。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

東芝機が逆行高

テーマ:

東芝機が逆行高、野村証は目標株価670円に引き上げ (株式新聞)

 東芝機械<6104.T>が逆行高し、一時9円高の500円を付ける場面があった。野村証券が21日付で、目標株価を470円から670円に一気に引き上げ、材料視されているもよう。投資判断「1」(強気)は継続。

 同証券では、成形機と建設機械向けの油圧機器の需要が好調であるうえ、10年12月末の受注残が同年9月末から11%増加していることから、11年3月期以降の増収増益確度は高いと指摘。業績予想を上方修正し、連結営業利益で11年3月期が会社計画の32億円(前期は18億1500万円の赤字)を上回る36億円(前回予想は33億円)、12年3月期が69億円(前回予想は54億円)を想定している。また、12年3月期予想基準のPBRは1.1倍で割安感が強いとしている


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp