NOK<7240.T>が5日続伸し、一時59円高の1616円を付ける場面があった。前場終値は51円高の1608円。メリルリンチ日本証券が26日付で、電線・FPC(フレキシブルプリント基板)業界を取り上げ、なかで同社株をトップピックとして推奨した。投資評価「買い」を継続したうえで、目標株価を1900円から2100円に引き上げ、買い気を誘った格好だ。

 同証券では、NOKは、自動車・建設機械向けシール製品、スマートフォン・HDD(ハードディスク駆動装置)向けFPCの成長から、12年3月期にかけて高い成長を見込んでいる。連結営業利益では、11年3月期が会社計画の369億円(前期比2.9倍)を上回る380億円、12年3月期が450億円、13年3月期には510億円に拡大すると予想している。

 なお、電線株では、フジクラ<5803.T>が「買い」継続で、目標株価を450円から470円に引き上げた。FPCでの来期にかけてのシェア回復の道筋が見えてきたため、業績予想を若干上方修正。住友電工<5802.T>は「買い」、目標株価1450円を継続。業績予想を上方修正したが、業界全体の株価バリュエーション低下に伴い、同社適用のPERを16倍から13倍に引き下げた。古河電工<5801.T>は「中立」を据え置き、目標株価は500円から410円に引き下げた。住友電工と同様に、業界全体の株価バリュエーション低下に伴い、PER水準を引き下げた。
デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD