ダイハツ工業<7262.T>が一時56円高の1038円まで買われ、連日の年初来高値更新となっている。1000円台回復は09年8月19日以来、約11カ月ぶり。

 28日に11年3月期第1四半期(10年4-6月)の連結決算を発表。営業利益は前年同期比約7倍の347億5000万円、純利益は同5.6倍の199億4500万円と大幅増益を達成した。

 ゴールドマン・サックス証券は29日付サマリーで、この第1四半期営業利益に関し、「当社予想250億円を大幅に上回るポジティブ・サプライズ。決算発表後、同社株は8%強上昇したが短期的にはさらなる上値を試す展開となるだろう」などとコメント。目標株価を1000円から1150円に引き上げた。投資判断「ニュートラル」(中立)は継続。
デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD
三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>が3日続伸。午前9時41分には33円高の2712円まで買われている。同43分時点は30円高の2709円。

 28日引け後、11年3月期第1四半期(10年4-6月)連結決算を発表。純利益は前年同期比2.9倍の2118億700万円となった。債券トレーディング利益が増加した半面、与信関連費用は減少。昨年10月に連結子会社化した日興コーディアル証券の収益も寄与した。

 中間期、通期連結予想は従来見通しを変えてない。中間期連結純利益予想は前年同期比29.5%増の1600億円、通期連結純利益予想は前期比25.2%増の3400億円。第1四半期時点で、中間期予想を超過し、通期予想に対する進ちょく率は62%に達するが、今後の動向を見極める必要があるとしている。

 ドイツ証券では28日付で、投資判断「Buy」(買い)、目標株価3600円を継続。同証券では、「好調な連結収益の拡大が株価に反映する」と想定している。

 クレディ・スイス証券では28日付で、投資判断「アウトパフォーム」(強気)、目標株価3780円を継続。同証券では、第1四半期決算について、「マーケットの想定を大きく上回る」と評価し、「業績予想の上方修正の可能性が極めて高い」と予想。加えて、債券トレーディング利益や与信コストの減少といった、三井住友の好業績の要因について、「これから決算を公表するほかの大手銀行でも期待できる」と指摘。「今後、銀行セクター全体の業績予想水準の切り上がりと、それによるバリュエーションの切り上がりも期待できる」としている。

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD
 特殊鋼大手の大同特殊鋼<5471.T>が急騰。一時30円高の424円まで買われ、東証1部値上がり率上位に顔を出している。28日引け後に、10年9月中間期と11年3月期の連結業績予想を上方修正、材料視されている。

 中間期は売上高を2120億円から2250億円(前年同期比40.7%増)、営業利益を60億円から130億円(前年同期は170億1500万円の赤字)、純利益を35億円から95億円(同171億8700万円の赤字)に引き上げた。通期は、売上高を4430億円から4560億円(前期比25.8%増)、営業利益を150億円から220億円(前期は140億5000万円の赤字)、純利益を115億円から175億円(同146億1000万円の赤字)に増額した。新興国市場の拡大による輸出の増加を受け、主力の特殊鋼材や自動車・産業機械部品が堅調に推移するとみている。

 11年3月期第1四半期(10年4-6月)の決算は、売上高1130億4000万円(前年同期比52%増)、営業損益61億7000万円の黒字(前年同期は122億7200万円の赤字)、純利益は35億9300万円(同119億8100万円の赤字)だった。

 大同特鋼の業績上方修正を受けて、きょう、11年3月期第1四半期の決算発表を予定している山陽特殊製鋼<5481.T>も一時31円高の442円まで買われている。山陽特鋼に対しても上方修正期待で、物色の矛先が向かっているようだ。

 午前9時48分時点の株価は大同特鋼が26円高の420円、山陽特鋼が26円高の437円。
デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD
日立ハイテクノロジーズ<8036.T>は27日引け後、11年3月期連結業績予想の上方修正を発表した。
 売上高を6600億円から6700億円(前期比8.6%増)、営業利益を172億円から202億円(前期16億2600万円の赤字)、純利益を106億円から126億円(同28億2700万円の赤字)に引き上げた。世界的な景気回復を背景に、電子デバイスシステム事業で取引企業の設備投資が拡大しているという。
 第1四半期(10年4-6月)の連結業績は、売上高が前年同期比19.6%増の1584億7700万円と2ケタ増収を達成、営業損益が42億6400万円の黒字(前年同期38億円の赤字)、最終損益が35億2900万円の黒字(同20億2500万円の赤字)を回復した。
板情報とチャートでデイトレに勝つ/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

プロに勝つデイトレの技術―売買のテクニックはこうせよ!/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

会社の内容がよくわかる「四季報」の読み方―企業データから未来志向を読み解く/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

日立建機<6305.T>は27日の大引け後、11年3月期第1四半期の連結決算を発表。中国など新興国での建設機械需要拡大を背景に、売上高1673億3900万円(前年同期比26.5%増)、営業損益43億円の黒字(前年同期は24億3800万円の赤字)、最終損益14億5600万円の黒字(同85億9000万円の赤字)と大幅増収、黒字転換となった。増収効果にコストダウン努力や経費の見直し・削減努力も寄与し、赤字脱却につながった。
 11年3月期の連結業績については、欧州の金融不安など、先行きの不透明要因もあり、従来予想の売上高7400億円(前期比22.2%増)、営業利益400億円(同2.03倍)、純利益70億円(同74.2%増)を変えていない。
デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

ヤフー<4689.T>が堅調。ウォール・ストリート・ジャーナル日本版は27日、複数の情報筋の話として同社が米インターネット検索大手グーグルと27日午後3時10分に決算発表と合わせて、提携を発表すると報じている。報道によると提携を通じてグーグルがアルゴリズム検索事業をヤフーに提供するという。
 米ヤフーはパソコンと携帯端末向けのオーガニック検索(検索エンジンの検索結果のリストのうち、有料登録やスポンサー広告などの結果を含まない部分のこと)リスティングの検索エンジンにマイクロソフトの「Bing」を採用。ヤフー・ジャパンが同じように「Bing」を採用するのか、違う路線を進むのか注目されていた。報道が事実なら、ヤフー・ジャパンは米国とは違う路線を進むことになる。
 前場終値は600円高の3万5350円。
デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

スズキ<7269.T>は27日、10年6月の四輪車生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表した。
 世界生産は前年同月比27.0%増の23万2058台。8カ月連続で前年実績を上回り、6月単月では過去最高を記録。海外生産は同20.9%増の13万4137台で、12カ月連続で前年実績を上回った。
 また、10年1-6月累計の世界生産は前年同期比25.7%増の143万1242台。2年ぶりに前年を上回り、同期間では過去最高となった。
 前場終値は33円高の1797円。
超かんたん! 話が上手になる70のヒント (アスカビジネス)/白石 邦明
¥1,365
Amazon.co.jp

上級の勉強術―なるほど、こんな方法があったのか (アスカビジネス)/深川 太郎
¥1,365
Amazon.co.jp

上級の仕事術―これがわかれば、すべてがうまくいく (アスカビジネス)/深川 太郎
¥1,365
Amazon.co.jp

富士重工業<7270.T>は27日、10年6月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表した。
 世界生産は前年同月比70.3%増の6万4276台となった。6月単月で過去最高。また、10年1-6月累計の世界生産は前年同期比68.8%増の32万5851台。レガシィやエクシーガを中心に好調に推移。2年ぶりに前年同期を上回り、同期間として過去最高の台数となった。
 前場終値は11円安の456円。

上げ相場でがっちり儲ける株・スイングトレード (アスカビジネス)/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方 (アスカビジネス)/石井勝利
¥1,680
Amazon.co.jp

メガバンクが堅調。27日前場は、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>が3日続伸、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>は上伸、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>は反発した。
 資本規制案の一部緩和方針が好感された。
 バーゼル銀行監督委員会は26日、中央銀行・銀行監督当局の首脳会議で、繰り延べ税金資産の自己資本への一部算入など、昨年12月に打ち出した大手銀行に対する資本規制案を一部緩和する方向で合意したと発表した。詳細の決定はまだ先であるとはいえ、昨年来重しとなってきた資本規制案が緩和される方向にあることは、メガバンクにとってプラスだ。
 なお、メガバンクを巡っては、みずほの増資や欧州ストレステストを通過したほか、25日には日本経済新聞が、11年3月期第1四半期の連結純利益がそろって1000億円を超えたと報じている。
板情報とチャートでデイトレに勝つ/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

プロに勝つデイトレの技術―売買のテクニックはこうせよ!/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

会社の内容がよくわかる「四季報」の読み方―企業データから未来志向を読み解く/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

花王<4452.T>が3日続伸。26日引け後に11年3月期第1四半期(10年4-6月)の連結決算を発表。売上高2899億6900万円(前年同期比1%増)、営業利益261億7000万円(同34.6%増)、純利益124億7600万円(同5.7%増)と良好な着地となったことが好感されている。通期業績計画は変更なし。
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では26日付で、レーティング「3」(中立)、目標株価2200円を継続している。同証券では「おおむね会社計画線の着地」とし、今後は10年11月20日に発売予定にある「ハミングネオ」などエコ関連新製品の投入効果に注目したいとしている。
 前引けの株価は36円高の2124円。
デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp