4営業日ぶりに反発。前日比210円(7.9%)高の2865円まで上昇した。30日付の日本経済新聞朝刊が「2009年4~9月期の連結営業利益は280億円程度となったもようで、従来予想(190億円)を約5割上回り減益幅が縮小した」などと報じたことが手掛かり。収益改善への期待から買いが入った。新規格のデジタル一眼レフが好調で、映像部門が営業黒字を確保したもよう。医療部門では収益性の高い内視鏡も回復基調とみられる。
 野村証券の甲谷宗也シニアアナリストは「医療部門のコスト削減などが寄与したとみられる」と指摘。下期については「収益はデジタルカメラの販売に左右される面が大きいことや、為替の円高が進む可能性も考慮すると不透明な要素は残り、会社側は業績に対し慎重姿勢を崩していない可能性が高い」と話していた。〔NQN〕

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD
大幅に反発。前日比52円高の1798円で寄り付き、その後も高値圏で推移している。29日発表の7~9月期の米実質国内総生産(GDP)が5四半期ぶりにプラス成長となり、米国を主要販売地域のひとつとするコマツの業績悪化懸念が後退した。
 29日大引け後に発表した2009年4~9月期連結決算(米国会計基準)は、営業利益が前年同期比88%減の197億円と従来予想(150億円)を上回ったことも支援材料。主力の建設機械は米国や欧州で落ち込んだが中国で伸びた。コスト削減も寄与した。2010年3月期の営業利益予想は前期比53%減の720億円に据え置いたが、「新興国に加え、米国でも景気の底入れが確認できれば、コマツの株価は上値余地が広がる」(みずほインベスターズ証券の相馬宏幸シニアアナリスト)との声が聞かれた。〔NQN〕

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD
反発。一時は前日比17円高の209円まで上昇した。29日の大引け後に2009年4~9月期決算に併せ、10年3月期の単独最終損益が20億円の黒字(前期は20億円の赤字)になりそうだと発表。従来予想(15億円の黒字)に比べ黒字幅が拡大し、好感した買いが入った。消費者の低価格選好が強まり、搭乗者数の回復基調で旅客収入の増加を見込む。燃費効率の優れた航空機導入による燃料効率の改善などでコスト削減に注力する。4~9月期の最終損益は19億円の黒字(前年同期は20億円の赤字)だった。
 もっとも、株価は買い一巡後に上値が重い。コスモ証券投資情報部の清水三津雄副部長は、高速道路無料化の実現による旅客需要の減少や、原油価格上昇による収益圧迫などの懸念材料を指摘。先行きについて「(事業環境の厳しさから)上値は限られそうだ」と話す。「企業再生支援機構」のもとでの再建が決まったJAL(東証1部、9205)の合理化に伴う便数の獲得や、羽田空港の再拡張など、同社の収益拡大につながる期待は意識されているものの、現時点では積極的な買い材料と受け止めるムードが弱い。〔NQN〕
上げ相場でがっちり儲ける株・スイングトレード (アスカビジネス)/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方 (アスカビジネス)/石井勝利
¥1,680
Amazon.co.jp

知らないと損! 経済ニュースがわかる本 (アスカビジネス)/石井 勝利
¥1,470
Amazon.co.jp

世界一やさしーい 経済のイロハがわかる本/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

AD
続伸。前日比39円高の678円まで上げ、約1カ月ぶりに年初来高値を更新した。29日大引け後に2009年4~9月期単独決算と併せ、10年3月期の税引き利益が前期比7倍の29億円になる見通しだと発表し、好感した買いを集めた。従来は3倍超の14億円を見込んでいたが、人気の高い一部パチンコ機の販売堅調を見込まれるうえ、製品原価の低減で採算が改善する。期末配当は期初予想に7円積み増し15円(前期実績は5円)とする方針で、好業績銘柄に広がる選別物色の流れに乗っている。
 4~9月期の税引き利益は23億8200万円(前年同期は3億5400万円)だった。業績予想を上方修正した9月24日時点での見通し(20億円)を上回った。人気パチンコ機の販売単価上昇や、原価低減による利益率改善が寄与した。〔NQN〕
プロに勝つデイトレの技術―売買のテクニックはこうせよ!/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

板情報とチャートでデイトレに勝つ/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

デキルと言われる5つの仕事力/東田 一
¥1,365
Amazon.co.jp

11営業日ぶりに上昇。前日比28円高の244円まで上昇した。東証1部できょうの値上がり率ランキング上位に顔を出した。30日付の日本経済新聞朝刊が、今春から検討を進めている資本調達の規模について「社債の償還などのために400億円規模の調達が必要としてきたが、目標額を200億円に引き下げる」と報じたことが手掛かり。経営再建の先行き不安が後退したと受け止められた。株価は10月16日から前日まで下落基調を続けていたため、自律反発狙いの買いも入っているようだ。
 東海東京調査センターの広瀬治シニアアナリストは「資本調達額が縮小したのは業績が期初見通しよりも改善していることが背景で、事業環境が最悪期を脱したとみられることも買い安心感につながっている」と話す。同社は前日、2010年3月期の連結最終損益が595億円の赤字(前期は1305億円の赤字)になりそうだと発表していた。従来予想(830億円の赤字)から損益が改善する。カーナビなど車載器のOEM(相手先ブランドによる生産)増加や新製品の投入効果を見込むため。
〔NQN〕

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

4営業日ぶり反発。制限値幅の上限(ストップ高)となる前日比4000円高の3万7450円まで上げる場面があった。マネックスGとオリックス証券は28日前引け後、来年1月に経営統合し、同5月に証券会社を合併させると発表した。前日は統合効果への不透明感が強かったものの、投資負担の重いシステムの統合によるコスト削減への期待感がきょう29日に改めて強まった。
 新規顧客が従来ペースで増えない「飽和感」がネット証券業界に広がるなか、「マネックスGの戦略は理にかなう」(中堅証券の情報担当者)との指摘が聞かれる。投資家層のすそ野が広がらない以上、収益を拡大するためには顧客を他社から奪うかシステム費用を削減するしかないという。「システム統合は容易ではない」(外国証券のアナリスト)との見方はあるが、コスト削減への期待も大きいようだ。〔NQN〕

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

急反発。一時は前日比53円高の338円まで買われた。28日の大引け後に発表した2009年4~9月期連結決算は、最終損益が1億2600万円の赤字(前年同期は15億6500万円の赤字)だった。従来予想(10億円の赤字)に比べ赤字幅が縮小したことを受けて、買いが膨らんだ。人員削減や給与減額、海外子会社の整理移管により、採算が改善することが寄与した。
 併せて10年3月期の営業利益が30億円(前期は9億500万円)になるもようだと公表。従来予想(22億円)から上方修正した。一方、売上高を30億円下方修正したことから、市場では「設備投資の回復がポイント」(明和証券の矢野正義マーケットアナリスト)との声があった。〔NQN〕

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

後場に上げに転じ、前日比61円高の1651円まで上昇した。13時に発表した2009年4~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比11%減の177億円だった。従来予想(140億円)よりも減益幅が縮小し、好感した買いが増えた。
 売上高は前年同期比12%減の3172億円。国内では、カウンセリング化粧品などの売り上げが前年同期を下回ったが、男性用整髪料「フォグバー」など新製品が好調だった。海外は中国などアジア市場で販売数量が伸びたが、為替相場の円高の影響を受けて減収となった。2010年3月期見通しは、純利益を前期比60%の310億円と従来から10億円積み増した。
 同社は中国を最重要市場に位置づけている。市場では「同業他社に比べ、新興国の経済成長による恩恵を受けやすい」(国内証券のアナリスト)との声が聞かれた。〔NQN〕

上げ相場でがっちり儲ける株・スイングトレード (アスカビジネス)/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方 (アスカビジネス)/石井勝利
¥1,680
Amazon.co.jp

知らないと損! 経済ニュースがわかる本 (アスカビジネス)/石井 勝利
¥1,470
Amazon.co.jp

世界一やさしーい 経済のイロハがわかる本/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

大幅高。前場に値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比80円(18%)高の536円まで上昇。後場は同水準で買い気配となっている。28日の大引け後に発表した2009年4~9月期の連結決算は、最終損益が4億8300万円の黒字(前年同期は17億7100万円の黒字)となった。従来予想は5億円の赤字で、一転して黒字になったことを好感した買いが膨らんだ。携帯電話やパソコンなど家電需要が回復し、主力のコネクタ製品が想定した売り上げを確保したほか、内製化によるコスト削減や設備投資の抑制も寄与した。10年3月期の最終損益見通しは16億円の黒字(前期は23億円の赤字)と従来より黒字額を6億円積み増した。〔NQN〕

プロに勝つデイトレの技術―売買のテクニックはこうせよ!/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

板情報とチャートでデイトレに勝つ/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

デキルと言われる5つの仕事力/東田 一
¥1,365
Amazon.co.jp

持ち直す。後場中ごろから買いの勢いがやや増し、前日比3円高の342円まで上げる場面があった。新日鉄は13時半、2009年4~9月期決算と併せて10年3月期通期の収益予想を発表。通期の連結営業利益は前期比88%減の400億円を見込み、暫定値とした従来予想(損益トントン)からの上方修正を好感する買いが優勢となった。〔NQN〕

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp