28日のニューヨーク外国為替市場で円相場は横ばい。前週末比変わらずの1ドル=89円55~65銭で取引を終えた。東京市場で大きく上下した後、ニューヨーク市場では比較的小動きだった。

 藤井裕久財務相が市場に広がった円高容認観測を否定。これをきっかけに円に利益確定売りが膨らんだ流れを受け、円相場は89円台後半で始まった。注目される経済指標の発表がなかったうえ、ユダヤ教の祝日で休みを取る市場参加者も多かったといい、ニューヨーク市場で円相場は狭い範囲でもみ合った。

 トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁が「強いドル政策の維持は重要」と述べたと伝わり、ニューヨーク市場でも幅広い通貨に対してドルが買われた。円も対ドルで軟調になる場面があった。円の安値は89円78銭、高値は89円15銭だった。

 円は対ユーロでは5日続伸。前週末比65銭円高・ユーロ安の1ユーロ=131円ちょうど~10銭で取引を終えた。

 ユーロは対ドルで反落。1ユーロ=1.46ドル台後半から1.46ドル台前半に下落した。トリシェ総裁の発言などを受けて、ユーロ売り・ドル買いが優勢だった。ユーロの安値は1.4587ドル。高値は1.4680ドルだった


デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

上げ相場でがっちり儲ける株・スイングトレード (アスカビジネス)/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

AD
世界規模で展開する主要銀行を対象にした新しい自己資本規制が現実味を帯びてきた。25日に閉幕した20カ国・地域(G20)首脳会議が「景気回復」などの条件付きながら、2010年末までに新たな枠組みで合意し、12年末までに段階的に実施する方針を共同声明に明記したためだ。大手邦銀には厳しい規制になりかねず、資本政策の見直しを迫られる可能性もある。

 「議長国の米国はG20首脳の意思を明確に示すために具体的な期限にこだわった」。各国との折衝にあたった金融当局者はこう語る。実際、首脳声明を構成する「国際的な金融規制制度の強化」の項目には、それぞれの対策に9つの実施時期を盛り込んだ。


デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

今日のおもな材料は。。。。

テーマ:
▽28日の米ダウ、124ドル高 M&A発表などで4営業日ぶり反発
▽トヨタ、車用樹脂を一括調達 価格交渉力強める(日経)
▽NTT、総務省が再編を議論へ 来月中にも作業部会(日経)
▽九州電の原発計画、環境相が活用を求める意見書(日経)
▽神戸鋼、銅製品を増産 車・家電向けをピーク時水準に(日経)
▽TBSとテレビ朝日、ユーチューブに番組配信(日経)
▽富士電HD、半導体工場の閉鎖を撤回 需要増で(日経)
▽東芝、半導体の研究開発体制を見直し 重複分野を解消(日経)
▽菱地所など、インド企業の日本進出を支援(日経)
▽パナソニック、家庭用3D対応テレビを来年発売(日経)
▽太陽電、富士通子会社の通信部品事業を買収(日経)
▽パイオニア、ホンダからの出資「交渉中」(日経)
▽マルハニチロ、工場再編へ 缶詰・冷食4社を統合(日経)
▽イオン、アジア進出を加速 ベトナムにショッピングセンター(日経)
▽ローソン、マツキヨHDと相互出向(日経)
▽コスモスイニ、事業再生ADR手続きが成立(各紙)
▽ローソンの3~8月期、営業益2%増 生鮮コンビニ好調(日経)
▽オービック、4~9月期の営業益3%増へ 外注費削減など(日経)
▽ライトオンの8月期、経常益半減 値下げ競争激化(日経)
▽ダヴィンチ、傘下のSPCで約137億円の棚卸し資産評価損(日経)
▽WNIウェザの6~8月期、純利益40%減(日経)
▽ヤクルト、4~9月期の営業益が一転増益に(日経)
▽不二越の08年12月~09年8月期、営業赤字35億円(日経)
▽スタンレー、10年3月期の営業益微増に(日経)
▽エネクス、10年3月期の純利益21%減に(日経)
▽東映アニメ、4~9月期の純利益70%増に(日経)
▽リソー教育の3~8月期、純利益62%増 夏季講習の受講順調(日経)
▽JFE傘下のJFEスチール、ステンレス鋼版を値上げ(日経)
〔NQN〕

プロに勝つデイトレの技術―売買のテクニックはこうせよ!/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

板情報とチャートでデイトレに勝つ/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方 (アスカビジネス)/石井勝利
¥1,680
Amazon.co.jp

AD
28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発。前週末比124ドル17セント高の9789ドル36セントで取引を終えた。上げ幅は8月21日以来、ほぼ1カ月ぶりの大きさ。米製薬大手アボット・ラボラトリーズによるベルギー化学大手ソルベイの製薬部門買収など、M&A(合併・買収)関連の発表が相次いだ。企業の資金調達環境の好転や事業拡大への投資が活発になるとの期待感から投資家心理が改善した。
 前週末まで3日続落し、164ドル下げたことから値ごろ感に着目した買いも入った。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も4営業日ぶりに反発し、終値は39.82ポイント高の2130.74だった。
 アボットに加え、米事務機器大手ゼロックスが情報技術(IT)サービス大手アフィリエーテッド・コンピューター・サービシズの買収を発表。米医薬品大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が傘下の会社を通じてオランダのワクチンメーカー、クルーセルへの出資を発表した。きょうはユダヤ教の祝日で取引が少なく、相対的に小規模の買いでも相場が上昇しやすかったとの指摘もあった。
 S&P500種株価指数も4営業日ぶりに反発し、18.60ポイント高の1062.98で終えた。業種別S&P500種指数では「金融」や「素材」、「消費循環」の上昇が目立ち、全10業種が上昇した。売買高はニューヨーク証券取引所(NYSE)が約9億7000万株(速報値)、ナスダック市場は約18億8000万株(同)だった。
 アボットが2%超上昇しアフィリエーテッドは14%近い急伸。J&Jも小幅に上げた。アナリストが投資判断と目標株価を引き上げたネットワーク機器大手のシスコ・システムズが4%超上昇。投資判断の引き上げが伝わった半導体製造装置アプライド・マテリアルズ(AMAT)も買われた。一方、ゼロックスは14%超の急落。ダウ平均採用銘柄で下落したのはIBMと食品大手クラフトフーズの2銘柄にとどまった。

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

上げ相場でがっちり儲ける株・スイングトレード (アスカビジネス)/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

日本経団連の御手洗冨士夫会長は28日の記者会見で、外国為替市場で円が一時1ドル=88円台前半まで上昇したことについて「80円台というレートが許容できるかどうかは業種による。さらに円高が進めば業績にインパクトがあるだろうが、今はそれほど変わりない」との見方を示した。

 望ましい為替レートの水準については「産業界にとっては安定していることが望ましい」とした。

 円高となった理由に関しては「米国不況長期化の懸念などによるドル安の裏返し」と指摘。「藤井裕久財務相の(円高容認)発言が大きなインパクトになって潮目を変えるとは思っていない」と述べた。

 東京株式市場で日経平均株価が取引時間中に一時1万円割れとなったことについては「(終値は)1万円台を維持しているし、大きな変動があって将来も続くとは思っていない」との考えを示した


板情報とチャートでデイトレに勝つ/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

プロに勝つデイトレの技術―売買のテクニックはこうせよ!/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方 (アスカビジネス)/石井勝利
¥1,680
Amazon.co.jp

国内乗用車各社は28日、8月の生産、国内販売、輸出実績(速報値)を発表した。トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車3社の国内販売はそろって前年実績を上回った。ホンダは2カ月連続、トヨタと日産は13カ月ぶり。

 国内販売はトヨタが9.5%増の9万2621台、ホンダが4.2%増の4万720台、日産が0.8%増の4万925台だった。新車の買い替え補助制度やエコカー減税などが奏功しているとみられ、「登録数をみると減税対象車が前年同月と比べ40%以上増えた」(日産)ケースもあるという。

 国内生産はトヨタが23.8%減の19万9084台、ホンダは36.8%減の5万4549台、日産が12.0%減の7万3424台だった。前年割れが続いているものの、トヨタと日産は減少率が前月より小幅にとどまった。海外生産はトヨタが4.7%増の30万9589台、ホンダは8.3%減の19万1854台、日産は14.5%減の14万4530台だった。


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

上げ相場でがっちり儲ける株・スイングトレード (アスカビジネス)/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

28日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落。終値は前週末比256円46銭(2.50%)安の1万9円52銭だった。外国為替市場で円相場が急伸したことを受け、採算悪化への警戒感からハイテクや自動車など輸出関連株を中心に売りが出た。前週に大型の公募増資を発表した野村が大きく値下がりしたほか、三菱UFJなど大手銀行株も総じて軟調だった。一方、電力やガスといったディフェンシブ株の一角に買いが入ったほか、円高の恩恵を受けやすいとの位置づけから一部小売株が買われ、日経平均は節目の1万円をかろうじて維持して終えた。東証1部の売買代金は概算で1兆4126億円(速報ベース)だった。


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

28日午後の東京外国為替市場で、円相場は伸び悩み。14時時点では前週末17時時点に比べ1円16銭の円高・ドル安の1ドル=89円43~46銭近辺で推移している。13時20分ごろには89円59銭近辺まで上げ幅を縮める場面があった。藤井裕久財務相が28日午後の講演で「円高是認とはまったく言っていない」などと発言したことが伝わり、持ち高調整の円売り・ドル買いが出た。もっとも、「藤井財務相は以前から『急激な円高でも放置する』とまでは言っておらず、財務相の通貨政策に対する姿勢が変化したわけではない」(国内証券会社)との見方もあり、円の下値は限られている。〔NQN〕

デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

上げ相場でがっちり儲ける株・スイングトレード (アスカビジネス)/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

後場に入って上げに転じた。一時は前週末比16円(9.8%)高の180円まで買われた。13時に2009年4~9月期の連結純利益は前年同期比76%減の7億円になりそうだと発表。従来予想(2億円)から減益幅が縮小し、好感した買いが増えた。鉄鋼事業で自動車向け線材の販売が底堅く、価格の下落幅が想定より小さかった。経費削減も利益を下支えした。株価は100円台の低位にあるため、1円の値動きでも変動率が大きく、短期間での値幅取りを狙う投資家の買いを呼び込みやすい。〔NQN〕

プロに勝つデイトレの技術―売買のテクニックはこうせよ!/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

板情報とチャートでデイトレに勝つ/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方 (アスカビジネス)/石井勝利
¥1,680
Amazon.co.jp

デキルと言われる5つの仕事力/東田 一
¥1,365
Amazon.co.jp

前場は前週末比1600円安の7万7600円まで下げたが、後場に入って上げに転じ一時1800円高の8万1000円まで上昇した。きょうの前引け後に2009年8月期の連結純利益が7億円(前の期は19億円)になったようだと発表。従来予想は5億円だったため、好感した買いが入った。人件費や販促費などコスト削減が会社想定より進んだ。土地つき注文住宅の販売は引き渡し棟数が減少し、売上高は従来予想を下回るが、「販売価格を適正化することで利益を確保した」(同社)という。〔NQN〕


デイトレ対応版 株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp