2009年の上半期末となる30日の東京株式市場で、日経平均株価は大幅に反発。大引けは前日比174円97銭(1.79%)高の9958円44銭と、15日以来、半月ぶりの高い水準となった。前日に欧米の株式相場が上昇したことを好感した買いが先行。四半期末を迎える海外投資家などによる「お化粧買い」への期待感も強まり、前場には取引時間中で15日以来となる1万円の大台を一時回復した。しかし、日銀の企業短期経済観測調査(短観)や5月の米雇用統計など注目度の高い経済指標の発表があす以降、相次ぐとあって、心理的な節目となる1万円の前後の水準では利益確定の売りが出て、その後は伸び悩んだ。東証株価指数(TOPIX)も反発。
 東証1部の売買代金は概算で1兆4909億円と前日(1兆4918億円)並み。売買高は同20億5359万株と、前日(22億3705万株)を下回ったが、大引けだけで1億4844万株の商いが膨らんだ。値上がり数は1255、値下がり数は336、変わらずは109。
 業種別TOPIXでは33業種のうち31業種が上昇。原油先物相場の上昇を背景に石油資源や国際石開帝石など石油関連株が買われ、上昇率1位は「鉱業」となった。アイフルの上げが目立ち、帝人、東レも買われた。トヨタ、ホンダ、ソニーが高く、下げる場面もあったGSユアサと明電舎も高く引けた。一方、大和が軟調に推移し、みずほFGもさえない。JT、クボタが売られ、JR東日本も安かった。
 東証2部株価指数は5日続伸。大引けは16.39ポイント高の2210.39と、連日で年初来高値を更新した。ラオックス、ラディアHD、常和HDが上昇。半面、日立システム、宮入バ、アインファマがさえなかった。〔NQN〕
デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方 (アスカビジネス)/石井勝利
¥1,680
Amazon.co.jp

世界一やさしーい 経済のイロハがわかる本/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

お金力をつける本―ドル大暴落・世界大恐慌でこうなる!/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

AD
後場一段高。前日比2万2000円高の51万3000円まで上昇した。出遅れ感のある銘柄を物色する流れに乗った。KDDIは現在のPER(株価収益率)が約9倍と、NTT(9432)の13倍台やソフトバンク(9984)の11倍台に比べて低い水準にとどまっている。バークレイズ・キャピタル証券の津坂徹郎アナリストは「KDDIの業績は踊り場に差し掛かっているものの、実力に対して株価が割安に放置されてきた印象が強い」とみていた。
 明日7月1日から次世代高速無線サービス「WiMAX(ワイマックス)」が始まるため、参入各社への注目度が高まっている。KDDIは系列会社のUQコミュニケーションズ(東京・港)が通信サービスを提供する。ただ、津坂氏は「KDDIにとって持ち分法適用会社という位置付けなので、利益貢献度は限られる」と指摘した。〔NQN〕
デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

個人投資家のための株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

今度こそ負けない! 株投資術/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD
30日の新興企業向け株式市場は3指数がともに続伸。日経ジャスダック平均株価は5日続伸し、大引け(確報)は前日比9円08銭(0.76%)高の1200円02銭だった。1200円台は2008年10月3日以来。前日の米株高を好感し、時価総額の大きい主力株を中心に買いが広がった。楽天、セブン銀、マクドナルドがともに上昇。日経平均株価の大幅反発を受けて相場全体の地合いが強含み、投資家の物色意欲が高まった。値動きの軽さから短期売買中心の個人の買いも膨らんだ。東証マザーズ指数、大証ヘラクレス指数はともに4日続伸。
 ジャスダック市場の売買代金は概算で196億円、売買高は6286万株だった。UT、ワークスAP、レイが上昇。半面、JCOM、アイレックス、レーサムが下げた。主力銘柄で構成するJストック指数は反発。
 東証マザーズ指数の終値は前日比2.97ポイント高の442.05だった。サイバー、Vテク、ACCESSが上げた。半面、ミクシィ、そーせい、アドウェイズが下落した。
 大証ヘラクレス指数の終値は前日比5.25ポイント高の651.13だった。ガンホー、大証、日本通信が上昇した。半面、ダヴィンチ、ASSET、ハドソンが下落した。〔NQN〕

プロに勝つデイトレの技術―売買のテクニックはこうせよ!/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

板情報とチャートでデイトレに勝つ/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

デキルと言われる5つの仕事力/東田 一
¥1,365
Amazon.co.jp

AD
続落。高く始まったが、間もなく下げに転じ、前日比30円安の813円と3日以来、約1カ月ぶりの安い水準を付けた。前日に値幅制限の下限(ストップ安)まで下落した直後とあって、自律反発狙いの買いが先行したが、買いの勢いは続かず、戻り待ちや利益確定の売りが優勢になった。最近の下落傾向を嫌気した個人など短期資金による換金売りが続いているとの見方も出ている。「(同社が手掛ける)リチウムイオン電池の市場拡大はまだ始まったばかり。今後も折に触れて物色を集める公算が大きく、下値での買い意欲は強そうだ」(明和証券の矢野正義シニア・マーケットアナリスト)との声も聞かれた。売り一巡後はやや下げ渋っている。〔NQN〕
デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方 (アスカビジネス)/石井勝利
¥1,680
Amazon.co.jp

世界一やさしーい 経済のイロハがわかる本/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

知らないと損! 経済ニュースがわかる本 (アスカビジネス)/石井 勝利
¥1,470
Amazon.co.jp

お金力をつける本―ドル大暴落・世界大恐慌でこうなる!/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

大幅に反発。一時は前日比32円(4.3%)高い784円まで上げた。9日以来3週間ぶりに年初来高値を更新した。30日付の日本経済新聞朝刊が「薄型テレビの販売回復を受けて、日本や韓国、台湾のパネル大手やガラスなど素材メーカーが一斉にフル稼働に入る」と報じたことが手掛かり。旭硝子は「液晶用ガラスの既存設備は4~6月からほぼフル稼働になった」と伝えており、同事業の収益回復への期待感が高まった。「液晶用ガラス工場の稼働率は80%台後半に」と伝わった日電硝(5214)は一時32円(3.0%)高の1083円と、前日に付けた年初来高値(1085円)にあと2円まで迫る場面があった。
 もっとも、買い一巡後はやや上値が重くなっている。UBS証券の村松高明アナリストは「主にクリスマス商戦に向けた生産増加を背景に液晶パネル用ガラスが好調に推移していることは株価に織り込み済み」と指摘。今後は「景気の持続的な回復で消費低迷に歯止めがかかり、在庫が積み上がらないかどうかが焦点になる」とみていた。〔NQN〕
プロに勝つデイトレの技術―売買のテクニックはこうせよ!/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

板情報とチャートでデイトレに勝つ/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

デキルと言われる5つの仕事力/東田 一
¥1,365
Amazon.co.jp

2009年上半期末となる30日前場の東京株式市場で、日経平均株価は大幅に反発。取引時間中で15日以来となる1万円台で推移する場面があった。前引けは前日比184円57銭(1.89%)高の9968円04銭。前日に欧米の株式相場が堅調に推移したほか、外国為替市場で円高の動きが一服したことで主力の輸出関連株を中心に買いが目立った。四半期末を迎える海外投資家などによる「お化粧買い」への期待感も相場を押し上げた。東証株価指数(TOPIX)も大幅反発。
 日経平均は10時過ぎに216円83銭高の1万円30銭まで上昇したが、大台での推移は短時間にとどまった。1万円は市場参加者の多くが想定するレンジ(9500~1万円)の上限として意識されており、利益確定の売りが上値を抑えた。日銀の企業短期経済観測調査(短観)や、5月の米雇用統計など注目度の高い経済指標の発表があす以降、続くとあって、買い持ち高を膨らませるような動きは限られた。
 前引け時点で東証1部の売買代金は概算で6258億円と前日の同時点(6021億円)をやや上回った。売買高は同8億8471万株と前場としては3月19日の8億7587万株以来約3カ月半ぶりの少なさだった。値上がり銘柄数は1234、値下がり銘柄数は306、変わらずは154。
 米フォード・モーターの株価が北米での増産計画を受けて30日の時間外取引で一段高になったほか、30日付の米ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が「6月の米新車販売が増加する」と伝えたことを好感し、トヨタやホンダなど自動車株が堅調。「環境関連」のGSユアサと明電舎が利益確定の売りをこなして上げに転じたほか、アイフル、野村が高く推移した。新日鉄、住金が買われ、東レ、帝人もしっかり。一方、公募増資が近い大和が軟調なほか、前日に増資の観測が一部で報じられたみずほFGもさえなかった。クボタが安く、キヤノンは朝高後に下げに転じた。
 東証2部株価指数は続伸。ラオックス、ラディアHD、中央電が上昇。森電機、八洲電機、大幸薬品が下落した。〔NQN〕

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

個人投資家のための株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

今度こそ負けない! 株投資術/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

株の達人

テーマ:

素晴らしいテクニカ分析。


アクセスはこちら↓

http://www.sevendata.co.jp/


*************************


底値ゾーン銘柄の参考例


東証1部・6952 カシオ
<月足チャート>

月足チャートでは、株価は60ヶ月移動平均線を下回る水準で6ヶ月移動平均線を上回ってきました。底入れの動きです。
6ヶ月移動平均線を下値支持線に下値を切り上げれば下値ボックスの動きになります。6ヶ月移動平均線を下値支持線に底入れの動きです。下げは底値買いと見る動きです。
※クリックすると拡大画像が表示されます

[ニューヨーク 29日 ロイター] 米株式市場は上昇。原油価格高を受けてエネルギー株が値を上げたほか、四半期末を前にファンドマネジャーがお化粧買いを入れた。

 ダウ工業株30種は90.99ドル(1.08%)高の8529.38ドル。


 ナスダック総合指数は5.84ポイント(0.32%)高の1844.06。


 S&P総合500種は8.33ポイント(0.91%)高の927.23。


 エネルギー株は今四半期に良好なパフォーマンスを示しており、29日は原油価格の3.4%上昇を受けて、さらに値を上げた。エクソンモービル(XOM.N: 株価 , 企業情報 , レポート )は2.2%高となり、ダウの上げを主導した。


 ファンドマネジャーが四半期末を控え、お化粧買いを入れたことも相場を支援した。


 キャンター・フィッツジェラルドの米市場ストラテジスト、マーク・パド氏は「お化粧買いが主な市場のけん引役だった。ファンドマネジャーは、パフォーマンスが良好だったと誰もが知っている銘柄を保有していることを示すことができる」と語った。


 今四半期の上昇は金融株やハイテク株も主導した。S&P総合500種は現時点で第2・四半期に16.2%上昇しており、21%近く上昇した1998年第4・四半期以来の良好なパフォーマンスを示す見通しとなっている

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

個人投資家のための株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

今度こそ負けない! 株投資術/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

29日のニューヨーク外国為替市場で円相場は反落。前週末比90銭円安・ドル高の1ドル=96円00~10銭で取引を終えた。米株や原油相場上昇などを受け、リスク許容度拡大観測からの円売りが出た。

 円は95円台半ばで始まった後、午前中ごろから一段の売りが出た。原油相場が高く推移していたのに加え、米株価が水準を切り上げた。投資家のリスク許容度が改善するとの期待から、比較的金利の高いユーロなどに対する円売りが優勢となり、対ドルでも円は売られた。

 翌日から週末にかけて注目される米経済指標の発表が相次ぐうえ、7月1日には日本で日銀短観も発表される。このところやや円高に傾いていた持ち高を調整する動きがあったという。前週末に95円ちょうどに近づいたものの、この水準を上回らなかったことなどから円の上値の重さが意識され、売りを誘ったとの声もあった。この日の円の安値は96円18銭、円の高値は95円30銭だった。

 円は対ユーロで大幅反落。前週末比1円30銭円安・ユーロ高の1ユーロ=135円20~30銭で取引を終えた。米株高や原油高を受けた円売り・ユーロ買いが優勢だった。

 ユーロは対ドルで3日続伸。1ユーロ=1.40ドル台半ばから1.40ドル台後半に上昇した。米株高に加え、欧州委員会が発表した6月のユーロ圏景況感指数が3カ月連続で改善したことなどもユーロ買いを誘った。前週末に1.40ドル台に乗せ、ややユーロの下値が堅いとの見方があり、あす以降の米経済指標発表や2日の欧州中央銀行(ECB)理事会を前にユーロに買い戻しが入ったとの声があった。ユーロの高値は1.4103ドル。安値は1.4042ドルだった


プロに勝つデイトレの技術―売買のテクニックはこうせよ!/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

板情報とチャートでデイトレに勝つ/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

デキルと言われる5つの仕事力/東田 一
¥1,365
Amazon.co.jp