【ワシントン31日時事】オバマ 米大統領は31日までにNBCテレビのインタビューに応じ、連邦破産法 11条(日本の民事再生法 に相当)適用申請を前提に政府が自動車最大手ゼネラル・モーターズ (GM)を国有化する再建計画の正当性を強調した。米メディアは同社が1日に適用を申請すると報じている。

 大統領は新生GMの政府の持ち株比率が過半数となることを認めた上で、「72%まではいかない」と言明した。

 さらに、「(政府が支援しなければ)米経済にとって極めて重要な巨大企業がばらばらに解体されてしまう」と述べ、GM清算による景気への悪影響回避のために同社を救済するのはやむを得ないと強調した。 


デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方 (アスカビジネス)/石井勝利
¥1,680
Amazon.co.jp

世界一やさしーい 経済のイロハがわかる本/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

 トヨタ自動車とJTB中部は25日、ハイブリッド車「プリウス」のレンタカーを組み込んだ旅行商品「新型プリウスでGO!」を6月12日に発売すると発表した。レンタカー、宿泊施設、高速道路の利用料金がセットで、1泊2日の場合で1人あたり1万2000円から3万5000円程度。プランの設定期間は7月1日から9月末で、300件1000人の利用を目指す。

 プリウスは愛知、岐阜、三重の各県にある「トヨタレンタリース」の各店から貸し出す。宿泊施設は東海や北陸地方などの28カ所から選べ、高速道路料金は利用距離にかかわらず4回までプランの代金に含まれる。

 燃費など環境性能が話題になっている車種を使うことでプランの利用を促す。トヨタは消費者がプリウスに触れる機会を提供し同車の販売にもつなげたい考えだ


超・短期売買で「仕手株投資」に勝つ!/湊川啓祐
¥1,575
Amazon.co.jp

日本旅行など旅行各社がドライブ客に的を絞った宿泊プランを打ち出した。高速道路料金の引き下げ以降、休日に車で旅行する人が増えている。日帰りで済ませたり、車内で仮眠をとったりして宿泊施設を使わない人も多いため、割安なプランを用意して宿泊需要を掘り起こす狙いだ。

 日本旅行は6月1日、深夜にチェックインできる東北、北関東、長野県の宿泊施設33カ所を集めた「ミッドナイトチェックインプラン」を発売する。土曜日の夜以外に利用できる1泊朝食付きの商品で、金曜の夜に出発し土曜の未明に宿に到着するといった使い方を提案する。夜中でも大浴場を使える施設を選んだ


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

今度こそ負けない! 株投資術/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

個人投資家のための株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

米ゼネラル・モーターズ(GM)の債務削減交渉を巡り、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は31日、無担保債務の債権者のうち5割強が、30日の期限までに債務削減に応じる意向を示したと伝えた。債権者の過半が「GMが破産法を申請しても、破産法審理に反対しない」との条件に合意したことを意味し、GMが短期間で破産法手続きを完了するうえでの障害が軽減される見通しだ。

 GMは政府が示した再建期限である6月1日にも、米ニューヨークの破産裁判所に連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請するとみられている。

 GMは30日夕(日本時間31日早朝)、無担保債務の債権者に示していた債務削減案の回答期限を終えた。GM側は「債権者からどれだけの応募があったかはコメントできない」(広報)としている。

 GM再建を主導する政府は債権者に対し、GMが破産法を申請した場合、「破産法審理に反対しない」ことを条件に、再建後のGM株の最大25%を付与する債務削減案を示していた


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

今度こそ負けない! 株投資術/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

個人投資家のための株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

[東京 29日 ロイター] 28日の海外市場で円が全面安となったのは、米金利の急騰に伴って金融市場間に生じた「異変」を受けて、一部参加者がポジション調整的にドルを積み増したことがきっかけだった。まとまったドル/円<JPY=>の買いは対ユーロなど他通貨に対する円売り圧力をも強め、これまで円を買い仕掛けてきた短期筋は、相次ぎ損失確定の円売り戻しを迫られた。米金利の上昇が一巡した29日、円は早くも下げ止まりを見せ始めており、一段の下落が続くかは微妙な情勢だ。


 「ハイブリッド・ブックのドル買いがすごい」――。28日の外為市場では、聞き慣れない言葉が飛び交った。文字通り金利と為替の「混成」を意味するハイブリッドとは、金融機関が保有するデリバティブなどの金利商品や、比較的長期の為替ポジションなどから生じるリスクを組み合わせて管理する仕組み。リスク管理のプロが相場を大きく変動させるきっかけになるほどのドル買いに動いたのは、もちろん理由がある。




 米債市場ではこの1週間、10年米国債利回り<US10YT=RR>が0.6%上昇して半年ぶり高水準を付けるなど、米金利はじりじりと連日のように上昇。しかし、金利上昇と同時に上昇基調を保ってきた米株が20日の高値をピークに1日おきに上下して、ダウ平均.DJI が8000ドル半ばでもみあい始めるという「異変」が起こった。


デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方 (アスカビジネス)/石井勝利
¥1,680
Amazon.co.jp

世界一やさしーい 経済のイロハがわかる本/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

[東京 29日 ロイター] 6月1日からの週の外為市場は、リスク選好の強まりからドルがユーロや豪ドル、ニュージーランド(NZ)ドルなどに対して売られやすい展開が続くとみる声が多い。

 ただ、ともにリスク回避の受け皿とみられるドル/円については方向感が定まりにくいとみられている。


 むしろ需給面で米金利が上昇するとデリバティブに関連したドル/円の買いが出るとの見方も出ている。6月1日に事業再編計画の取りまとめ期限を迎える米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N: 株価 , 企業情報 , レポート )については、市場は米連邦破産法11条の適用申請を織り込んでおり、影響は限定的とみる声が多い。


 予想レンジはドル/円が94―98.50円、ユーロ/ドルが1.37―1.42ドル付近。


超・短期売買で「仕手株投資」に勝つ!/湊川啓祐
¥1,575
Amazon.co.jp

米自動車最大手ゼネラル・モーターズ の経営問題で、272億ドル(約2兆6000億円)に上る無担保債務の削減交渉が30日、期限切れとなった。同社は結果について「精査中で発表する予定はない」としている