セミナーに行きましょう

テーマ:

Fizix フィジックス・アカデミー

http://homepage3.nifty.com/asuka_abc/



ブログはhttp://ameblo.jp/fizix/



メルマガはhttp://homepage3.nifty.com/asuka_abc/

AD
大幅に続伸。午後に入って一段高の展開で、前日比297円(15.7%)高の2190円まで上昇。値幅制限の上限(ストップ高)まであと5円に迫った後は高値圏でのもみ合いが続いている。オリックスの広報担当によれば特に何か発表したわけではないという。26日付毎日新聞朝刊が「政府は社債を日本政策投資銀行が買い取る方向で検討に入った」と伝えたことで、市場では資金調達がより円滑に進むとの期待が広がったという。〔NQN〕
デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方 (アスカビジネス)/石井勝利
¥1,680
Amazon.co.jp

できる大家になる!つまずかないアパート・マンション投資術/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

知らないと損! 経済ニュースがわかる本 (アスカビジネス)/石井 勝利
¥1,470
Amazon.co.jp

AD
後場に買い気配となり、気配値を値幅制限の上限(ストップ高)となる基準値比4000円高(前日終値比3600円高)の4万1600円まで切り上げた。現時点で約370株の買い越し。13時に自己株式の取得枠設定を発表したのがきっかけ。朝方は値ごろ感から散発的な買いが入り上昇していたが、需給改善への思惑などから短期筋を中心に買いが入った。買い気配になる直前の株価は前日終値比2000円高の4万円だった。
 自動車保険の比較サイトなどを運営する。きょう発表した自社株買いは、発行済み株式総数の4.32%に相当する2500株、金額にして1億円が上限。取得期間は27日から4月30日まで。〔NQN〕

板情報とチャートでデイトレに勝つ/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

デキルと言われる5つの仕事力/東田 一
¥1,365
Amazon.co.jp

AD
大幅に続伸。値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比5000円高の7万4100円まで上昇した。前場後半から同水準で買い気配となっている。地合いが改善する中で値ごろ感からの買いが優勢となっている。20日時点で信用倍率が1倍を下回っているため、需給妙味があるとの声も市場では聞かれた。
 ゴールドマン・サックス証券が24日付のリポートで押し目買いを推奨していることも引き続き材料視されている。担当アナリストの吉田憲一郎氏は「(1)08年の買収効果(2)電話とインターネット加入者の順調な伸び(3)テレビのデジタル化によるARPU(加入世帯あたりの月次収入)上昇などで、09年12月期の会社予想は十分に達成可能であり、売られすぎである」と指摘している。
 18日に発表した1月のケーブルテレビ加入世帯数が前月末に比べて減少したことが明らかになって以降、株価は24日まで下落傾向が続いていた。〔NQN〕

超・短期売買で「仕手株投資」に勝つ!/湊川啓祐
¥1,575
Amazon.co.jp

超・短期売買で「仕手株投資」に勝つ!/湊川啓祐
¥1,575
Amazon.co.jp

終日買い気配で推移し、大引けに値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比5000円高の5万8000円で4株の売買が成立した。同水準で4324株の買い注文を残した。与信管理サービスなどを手掛ける。25日の大引け後に自己株式の取得枠設定を発表し、需給の引き締め期待などから買いを集めた。〔NQN〕

デイトレ必勝 板情報・チャート・移動平均線の読み方 (アスカビジネス)/石井勝利
¥1,680
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

できる大家になる!つまずかないアパート・マンション投資術/石井 勝利
¥1,575
Amazon.co.jp

知らないと損! 経済ニュースがわかる本 (アスカビジネス)/石井 勝利
¥1,470
Amazon.co.jp

26日の東京外国為替市場で、円相場は3日続落。17時時点では前日の同時点に比べ79銭の円安・ドル高の1ドル=97円94―97銭近辺で推移している。海外投機筋による円の買い持ち高の解消やドルの手元資金の確保の動きが継続。通貨オプション取引に絡む円売り・ドル買いの観測もあり、一時97円98銭近辺と昨年11月14日以来、約3カ月半ぶりの安値を付けた。財務省が朝方発表した週間ベースの対外・対内証券売買契約で、対外中長期債投資の買越額が2週連続で1兆円を超えたことも心理的な円の重しに作用した。
 もっとも、98円ちょうどに近付くと防戦目的の円買い・ドル売りが見られ、98円を手前に円は底堅く推移する場面が続いた。日銀の野田忠男審議委員が午後、那覇市での会見で最近の円安進行に関して「最近の振れ方はやや行きすぎ」との認識を示したことが、一時的に円買いを誘う場面もあった。円の高値は朝方に付けた97円32銭近辺。
 


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

今度こそ負けない! 株投資術/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

個人投資家のための株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

25日のニューヨーク外国為替市場で円相場は3日続落。前日比75銭円安・ドル高の1ドル=97円35―45銭で取引を終えた。日本の景気懸念などを背景とした円売り・ドル買いが続いた。円は一時、97円79銭と2008年11月14日以来の安値を付けた。

 日本の景気懸念の強まりから、これまでの円の買い持ちを解消する動きが続いた。日本の1月の貿易赤字が過去最大となり、日本の景気悪化が改めて意識されたとの声があった。

 1月の米中古住宅販売件数は約11年半ぶりの低水準となった。これを受けて米株式相場が下げ幅を拡大した場面で、投資家のリスク回避の思惑から相対的に金利の低いドルが対ユーロなどで上昇。円売り・ドル買いにつながった。

 バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が議会証言したが、内容は新味に乏しいとして外為市場では特に材料視されなかった。円の高値は96円53銭。

 円は対ユーロで6日ぶりに反発。前日比30銭円高・ユーロ安の1ユーロ=123円80―90銭で取引を終えた。格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がウクライナの長期債格付けの引き下げを発表した。東欧の景気や金融システムの悪化が経済的な関連の深いユーロ圏景気の重しになるとの見方が改めて強まり、円買い・ユーロ売りがやや優勢となった。

 ユーロはドルに対して反落。前日終値の1ユーロ=1.28ドル台半ばから1.27ドル台前半に下落した。欧州の景気懸念などからユーロが売られた。米株式相場が総じて軟調な展開となり、低金利のドル買われたこともユーロ安・ドル高を加速させた。ユーロの安値は1.2690ドル、高値は1.2833ドル。

 英ポンドは対ドルで大幅下落。前日終値の1ポンド=1.44ドル台後半から1.42ドル前後に下げた。英景気懸念などからポンド売りが膨らんだ。英金融政策委員会(MPC)のブランチフラワー委員が、英景気悪化が長引くリスクがあると述べたと伝わったこともポンドの売り材料とされた。


デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

今度こそ負けない! 株投資術/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

個人投資家のための株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

日産自動車は3月から、国内工場での減産幅を縮小する。同社は1月に前年同月比6割、2月に同7割強の減産を実施しており在庫調整が進展したと判断、3月の減産幅を5割前後に圧縮する。2月との比較では生産台数が2倍近くに増える見通しだ。自動車大手ではトヨタ自動車も5月から減産を緩和する計画。生産水準の相次ぐ引き上げは部品や素材など関連産業の操業にも大きな影響を与えそうだ。

 日産は2月、栃木工場(栃木県上三川町)で13日間、九州工場(福岡県苅田町)で11日間、追浜工場(神奈川県横須賀市)で9.5日の操業停止日を設けた。3月は栃木と九州の操業停止日を6、7日程度とほぼ半分に減らす。小型車を生産する追浜では操業停止日をゼロにし、フル稼働に近い状態に戻す。減産緩和で3月の生産台数は6万―7万台に回復し、2月より3万台近く上積みされる見通しだ。 


板情報とチャートでデイトレに勝つ/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

デキルと言われる5つの仕事力/東田 一
¥1,365
Amazon.co.jp