アメリカ・金融法案再可決も

テーマ:

ロイターによれば、NY株価の歴史的な急落を受けて、


議会のロビイストが動いて、可決に必要な議員の


説得に動き、10月2日には、若干の修正で再可決の可能性があり、


引き続いての動きがなされているようだ。


http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-34009020080930


個人投資家のための株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

今度こそ負けない! 株投資術/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

非公開化に伴う株式譲渡に応じることによる短期的な値幅取りを期待した買いが入っている


板情報とチャートでデイトレに勝つ―投資技術を磨くSTEP UP法/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

AD

JR東日本が後場上昇

テーマ:

前日の米株安を嫌気して市場全体に広がった売りに押され、朝方は前日比1万7000円安の76万2000円まで下げたが、下値で押し目買いが入り持ち直した


個人投資家のための株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

今度こそ負けない! 株投資術/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

セブン銀が高い

テーマ:

朝方こそ米国株の歴史的な下落を受けた新興主力株売りに押され安かったものの、次第に上昇に転じた。セブン―イレブン店舗に設置したATMの手数料収入を主な収益源にした業績に安定感があるため、長期的に買い進まれている地合いが買いにつながった


板情報とチャートでデイトレに勝つ―投資技術を磨くSTEP UP法/東田 一
¥1,575
Amazon.co.jp

8時30分時点では前日の17時時点と比べ2円28銭の円高・ドル安水準となる1ドル=103円86―89銭前後で推移している。米金融安定化法案が米下院で否決され、29日の米株式市場でダウ工業株30種平均が過去最大となる777ドルの下げ幅を記録したことから、リスク回避の動きが広がり円買い・ドル売りが加速した海外市場の流れを引き継いだ。前日のニューヨーク市場の終値(104円10―20銭)よりもさらに円高・ドル安に振れている。

個人投資家のための株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

NY円、大幅続伸

テーマ:

ニューヨーク外国為替市場で円相場は大幅続伸。前週末比1円85銭円高・ドル安の1ドル=104円10―20銭で取引を終えた。金融安定化法案が下院で否決されたことなどから米金融システムや景気の先行き不透明感が強まり、リスク回避目的の円買いが膨らんだ(日経)


個人投資家のための株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

 世界の主要中央銀行は、流動性改善のため大量の資金供給を行っているが、短期金融市場は依然、機能不全の状態が続いている。


 金融安定化法案の効果については一般に懐疑的な見方も強いが、投資家は、金融市場の信頼感回復には必要な第一歩とみている。


 スウォースモア・グループのポートフォリオマネジャー、カート・ブルナー氏は「どんな措置をとろうとも、問題がすべて解決されるとは思わないが、何もせずにただ看過するのは良くないことだ。金融市場の動きはこうした見方を反映している」との認識を示した。


 ハイテク株も売られ、アップル(AAPL.O: 株価 , 企業情報 , レポート )は18%安。複数の証券会社がアップルの目標株価や投資判断などを引き下げた。グーグル(GOOG.O: 株価 , 企業情報 , レポート )は一時2年ぶりの安値をつけ、11.6%安で終了した。


個人投資家のための株価チャート読み方の基本/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

今度こそ負けない! 株投資術/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

デイトレードは「5分足チャート」で完勝だ!―究極の勝率を約束する売買テクニック大公開!/小山 哲
¥1,575
Amazon.co.jp

[ワシントン 29日 ロイター ] 米下院本会議は29日、金融安定化法案を反対228票・賛成205票で否決した。法案の必要性や効果について共和・民主両党の間で懐疑的な見方が強まった。

 否決を嫌気し株式相場は急落。ダウ平均 の下げは一時600ドルを超え、ナスダック は7%強値下がりした。


[ 2008年9月30日6時19分