28日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は3日続伸。大引け(確報)は前日比6円94銭高の1861円32銭だった。東証マザーズ指数は4日続伸、ヘラクレス指数は3日続伸した。新興市場では全般的に前日の急伸を主導した主力株の買い直しが継続。前場中ごろに利益確定などの売りが目立つ場面もあったが、後場に入ると再び買いの勢いが盛り返す流れとなった。前引けで下落していたヘラクレス指数は後場に上昇に転じる展開だった。

 ジャスダック市場の売買代金は概算で376億円、売買高は3579万株だった。イートレード、楽天、インテリが高い。大和総研が新規に投資判断を最上位に設定した平田機工は大幅高。半面、インデックス、竹内製作所が安い。中間業績予想を下方修正したSESも下げた。主力銘柄で構成するJストック指数は大幅に4日続伸。

AD