売り圧力、綱引き

テーマ:

ここは、相場の柱である


新日鉄やトヨタの押し目


を、しっかりと、拾っていこう。


値下がり銘柄数1200超、平均株価は106円安と3日ぶり反落=東京株式市場・31日後場

 31日後場の東京株式市場では、広範囲に売られ、軟調展開となった。株価指数先物に大口売りが断続的に出て現物株に波及し、平均株価は午後1時5分に1万7275円84銭(前日比214円35銭安)まで下げ幅を拡大。その後は買い戻しや、押し目買いに切り返し、前場終値を若干上回る水準で引けた。ただ、値下がりは1225銘柄(値上がり399銘柄)と前引け段階よりも100銘柄以上増加した。主要企業の決算発表や、今晩のFOMC(米連邦公開市場委員会)結果、米第4四半期GDP(国内総生産)など重要イベントを控え、見送りムードに傾いた。不正会計問題に揺れる日興コーデ(監理ポスト)に売りが殺到し、高水準の裁定買い残に伴う裁定解消売りに対する警戒感も心理的な重しとなった。

AD

5401は強い

テーマ:

高値波乱か。


225平均は下げている。


ただ、新日鉄の強さは目を見張る。


押し目は買い。


600円台で拾いたい。

AD

NY高で新高値か

テーマ:

朝は高く始まるだろう。


ただ、柳沢問題などの不透明要因もあり、

がんがんの強気は疑問。


あくまでも、押しを狙って仕掛けたい。


中期での買いは、いまは控えたほうが得策か。



米国株上昇、NYダウ32ドル高

 【NQNニューヨーク=荒木朋】30日の米株式相場は上昇。ダウ工業株30種平均は続伸し、前日比32ドル53セント高の1万2523ドル31セントで終えた。ハイテク比率の高いナスダック総合株価指数は3日続伸となり、終値は7.55ポイント高の2448.64だった。S&P500種株価指数は反発。米景況感の改善を示す米経済指標の発表などを手掛かりに買いが優勢となった。

 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約15億8200万株(速報値)、ナスダック市場は約18億5500万株(同)。

 もみ合いで始まった。ハイテク株の一角に好材料が出て買われる半面、朝方発表の決算で一株利益が市場予想を下回ったスリーエムや今期の利益見通しが予想に届かなかったメルクなどが売りに押され、相場の上値を抑えた。 米国株上昇、NYダウ32ドル高

 【NQNニューヨーク=荒木朋】30日の米株式相場は上昇。ダウ工業株30種平均は続伸し、前日比32ドル53セント高の1万2523ドル31セントで終えた。ハイテク比率の高いナスダック総合株価指数は3日続伸となり、終値は7.55ポイント高の2448.64だった。S&P500種株価指数は反発。米景況感の改善を示す米経済指標の発表などを手掛かりに買いが優勢となった。

 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約15億8200万株(速報値)、ナスダック市場は約18億5500万株(同)。

 もみ合いで始まった。ハイテク株の一角に好材料が出て買われる半面、朝方発表の決算で一株利益が市場予想を下回ったスリーエムや今期の利益見通しが予想に届かなかったメルクなどが売りに押され、相場の上値を抑えた。

AD

心配は要らない。押し目買い

テーマ:

基調は強い。


ここでは、慌てないで


押し目をしっかりと買っていこう。



17500円は回復できなかったが基調は強い

 日経平均は小幅続伸。19.73円高の17490.19円(出来高概算23億2600万株)で取引を終えている。シカゴ225先物が前日大証水準を上回っていたことや、非公式の外資系動向が12営業日連続で買い越しと海外勢の買い基調が安心感につながり、日経平均は17500円を回復して始まった。好決算が評価されたテルモの大幅上昇と戻り高値を更新したソフトバンクの強い動きに支えられ、一時17558.53円まで値を上げている。その後は押し目買い意欲の強さと戻り売りが交錯する格好から17500円レベルでの膠着が続いていた。
 後場寄り付き直後には、ソフトバンクが昨年5月以来の水準を回復した勢いから再び17550円レベルに乗せてきた。しかし、連日昨年来高値を更新していた新日鉄が決算発表をきっかけに利食いに押され、これに連動する格好から他の鉄鋼株や造船株など先駆していた銘柄が軒並み利益確定売りに押されている。ただ、押し目買い意欲は相当強く、新日鉄は下げ渋りをみせているほか、ソフトバンクも戻り高値レベルで底堅い動きをみせていた。日経平均も一時はマイナスに転じる場面もみられたが切り返し、17500円は回復できなかったが、前日比プラスで取引を終えている。
【株式会社フィスコ】


あいかわらず、鉄、トヨタ。

テーマ:

今の相場は鉄で動く。


業績でトヨタだ。



東証大引け・3日ぶり上昇――5日移動平均上回る、業績に期待

 29日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発。終値は前週末比48円53銭(0.28%)高の1万7470円46銭と、短期的な節目にあたる5日移動平均(1万7453円)を上回って引けた。朝方は100円超下落する場面があったものの、その後は業績の拡大期待や海外機関投資家の買い観測で上昇に転じた。東証株価指数(TOPIX)も3営業日ぶりに上昇し、5日移動平均を上回った。

 海外投資家の買い観測が不動産や建設、商社などの株価を押し上げた。個人投資家などの大型株人気も根強い。半面、半導体関連には市況悪化や設備投資の抑制懸念などからさえない銘柄が目立った、

楽天、インデックス

テーマ:

新興市場にも光が。


楽天、インデックス




29日の新興企業向け株式市場で主要3指数はそろって上昇。ジャスダック平均は反発し、マザーズ指数とヘラクレス指数は続伸し、ともにきょうの高値圏で終えた。朝方は安い場面もあったが、その後は徐々に上げ幅を拡大する展開。日経平均株価が朝安後切り返したほか、東証1部のソフトバンクの急伸に触発されて一部の主力株が売買を伴い急伸したことが、投資家心理を改善させた。

 ジャスダックでは楽天が後場中ごろから上げ幅を拡大。竹内製作所、インデックス、アストマクス、アークが買われ、日工検、ストロベリー、アズジェントなどが値幅制限の上限(ストップ高)まで上昇。構造計画が大幅に続伸した。半面、イートレードが反落。オプト、テレウェイヴ、イリソ電子、JCOMが売られ、前週末に大幅な下方修正を発表したトッキが値幅制限の下限(ストップ安)まで下落した。プロパスト、サンフロ不は横ばい。主力株で構成するJストック指数は反落。

 マザーズではミクシィが売買を伴って急伸した。ネットエイジ、日本M&A、サイバー、ゲームオン、ネット総研、ACCESSが買われ、CCI、GCA、イントランス、ディーエヌエ、Vテクが売られた。

NY株価調整に入るか

テーマ:

強気禁物。

あくまでも、押し目を狙う。


5401は600円台まで待つほうが賢明。



ここからの、「超強気」禁物。



今週の見通し・NY株、金利上昇が重しに

 今週のニューヨーク株式相場は30、31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、金利動向が焦点となる。経済指標は景気の再加速の兆候を示しており、長期金利は4.9%近くまで上げた。金利上昇観測が強まると、株価の上値は抑えられるだろう。

 先週の株式相場はダウ工業株30種平均が週央で最高値を更新したものの、結局、ナスダック総合株価指数とともに1週間で小幅安となった。長期金利が4.87%と0.1%上昇、警戒感が強まった。

 今週は金利の先行きを占う材料が目白押しだ。FOMCは政策金利を据え置き、インフレ警戒も解かないと見られる。声明で景気の底堅さを強調すれば、利下げ転換が遠のくとの見方が強まりそうだ。06年10―12月の実質成長率は3%台への回復が予想され、雇用統計も労働市場の強さを示す見込み。金利が上がりやすい環境にある。

 企業業績は堅調だが、主要企業の06年10―12月の増益率は14・四半期ぶりに1ケタに鈍化する見込みで、株価は上値を追いにくい。原油相場の急反発も波乱要因となる。(ニューヨーク=発田真人)

[1月28日/日本経済新聞 朝刊]

(07:00)

とりあえず、調整

テーマ:

ただし、押し目買いのチャンスになる。


ディトレはご用心。


買いから入るとやられそう。


ここはじっくり、鉄、トヨタの下値を拾おう



米国株、ダウ15ドル安の1万2487ドル

 【NQNニューヨーク=横内理恵】26日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が続落。前日比15ドル54セント安の1万2487ドル2セントで終えた。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数はほぼ横ばいの同1.25ポイント高の2435.49で終えた。米金利先高観が高まったことを嫌気した売りが出た。金利上昇が一服した午後にかけては、ハイテク株など中心に買いが入った。

 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は午後4時までの通常取引(速報)で約15億1300万株。ナスダック市場(同)は約20億7300万株。

 午前8時半に米商務省が発表した2006年12月の耐久財受注額は前月比3.1%増。市場予想(3.9%増)は下回ったものの2カ月連続での増加だった。変動の大きい輸送関連を除く受注額や民間設備投資の先行指標となる国防・航空機を除く資本財受注額がともに前月比増加。生産活動が上向きになっていることが明らかになった。 (07:16)