979 大気社 特定 100 株
売却 買付

(本日買付分) --- 181,500 --- ---
2201 森永菓 特定 1,000 株
売却 買付

(本日買付分) --- 308,000 --- ---
2317 システムプロ 特定 1 株
売却 買付

(本日買付分) --- 95,600 --- ---
4283 松電工IS 特定 100 株
売却 買付

(本日買付分) --- 622,000 --- ---
4719 アルファ 特定 100 株
売却 買付

(本日買付分) --- 301,000 --- ---
4812 ISID 特定 100 株
売却 買付

(本日買付分) --- 141,000 --- ---
6358 酒井重工 特定 1,000 株
売却 買付

(本日買付分) --- 375,000 --- ---
6676 メルコ 特定 100 株
売却 買付

(本日買付分) --- 345,000 --- ---
6703 沖電気 特定 1,000 株
売却 買付

(本日買付分) --- 364,000 --- ---
6758 ソニー 特定 200 株
売却 買付

(本日買付分) --- 1,131,000 --- ---
8701 Eトレード証 特定 1 株
売却 買付

(本日買付分) --- 288,000 --- ---
8868 URBAN 特定 200 株
売却 買付

(本日買付分) --- 381,600 --- ---
8881 日神不 特定 100 株
売却 買付

(本日買付分) --- 161,500 --- ---
AD

高配当

テーマ:
8901 JASDAQ (株)ダイナシティ
4226 JASDAQ (株)テスコ
3571 東証2部 (株)ソトー
7865 JASDAQ ピープル(株)
4346 大証1部 (株)ネクシィーズ
4346 東証1部 (株)ネクシィーズ
AD

これは

テーマ:
日平トヤマが3日続伸、今3月期業績の増額修正を好感

 日平トヤマ <6130> が3日続伸し、引け値は47円高の1322円。今3月期業績の増額修正と増配を好感したもので、チャート的にも1月18日の1045円、2月21日の1061円で2点底を形成しての出直り波動であり、強気で対処する場面だろう。
 同社の今3月期第1~第3四半期連結決算は前年同期比46.7%もの大幅増益を確保した。主力ユーザーである自動車業界を中心とする旺盛な設備投資需要に支えられた。前年同期との比較はないが営業利益で73億4600万円、経常利益で67億4700万円を達成。この実績をもとに3月通期予想数字を増額修正し、連結売上高730億円(従来予想比15.9%増、前期比32.4%増)、経常利益90億円(同28.6%増、同5.7倍)、純利益33億円(同43.5%増、同93.4%増)を想定。配当は年3.0円(従来予想と前期実績年1.0円)とする方針。

AD

これは

テーマ:
日興シティ証が浜ゴムの目標株価を650円に引き上げ

 日興シティグループ証券では、22日付で横浜ゴム <5101> の目標株価を600円から650円に引き上げ。投資評価は「2M」継続。同証券業績予想を上方修正し、最近の自動車部品業界のバリュエーション上昇を受けてと。

分割後

テーマ:
URBANが続騰、ゴールドマン証が投資推奨銘柄に採用継続

 アーバンコーポレイション <8868> が前日の1000円ストップ高に続き連日の大幅高。一時840円高の8650円まで買われた。ゴールドマン・サックス証券は22日付モーニングサマリーで、同社を「アウトパフォーム」のレーティング継続で、投資推奨銘柄に継続採用している。今後12カ月の目標株価は約1万5000円。カバレッジ・ビューはアトラクティブ。
 同社の株価は大幅に下落したものの、好調な不動産市況に変化はなく、投資の好機が到来したと。株価下落の要因は主にマーケット要因によるところが大きいとしている。

まけない

テーマ:

フジクラが昨年来高値に一時接近、日興シティ証が目標株価を1600円に

 フジクラ <5803 > が一時77円高の1271円と急伸し、2月7日の昨年来高値1293円に接近する場面があった。日興シティグループ証券が16日付で同社の目標株価を1300円から1600円に引き上げたことが刺激となった。投資評価は「1M」継続。

今日の成績-4840

テーマ:
最近の株価は225で完全に調整。
外人売り、個人の信用評価損。決算の出尽くし、など、いい材料はない。
このようなときは夢のある「超割安」「値動き過激」のこの銘柄で楽しむのがよい。
無配ながら、「独自技術の画像圧縮ソフトがコア」の技術がある。ネット時代のやりとりには欠かせない。主要売り先の平成電電の経営破綻受け先行き不透明となり、株価は22万円から1万600円近辺へと急落しているが、一日の値動きが1000円の時もある。
10株単位で10000万円の利幅が可能。
売りができないので、売り買いの力関係で、動く。
ディトレの売買技術も大きく影響する。
今日は朝の高値17100から落ちてきて、前場は16250円で終わる。850円の値動きだ。10株ならば8500円。結構楽しめる。
午前は細かく買う。
4840/HE 買 3 16,210 注文済 約定済 00630     02/17
ドリテク 3 16,210      
4840/HE 買 2 16,000 注文済 約定済 00627     02/17
ドリテク 2 16,000      
4840/HE 買16360 3注文済 約定済 00626     02/17
ドリテク 3 16,360      
4840/HE 買 1 成行 注文済 約定済 00625     02/17
ドリテク 1 16,270      
4840/HE 買 1 成行 注文済 約定済 00624     02/17
ドリテク 1 16,290      
4840/HE 買 1 成行 注文済 約定済 00623     02/17
ドリテク 1 16,350      
4840/HE 買 1 16,610 注文済 約定済 00622     02/17
ドリテク 1 16,610      
***********
朝は、なれていなかったので、成り行きで高値買い。前場近くで、こつを覚えて下値での指し値買い成功。
16000円で3株
12株で平均16300円
*************
後場は15920円で10株待ち伏せ買い。
今日は仕込みの日だな。
*********
掲示板より
新興三市場の指数はライブドアショック後の戻り安値を更新している。テクニカル的にはもう少しか。


発表は今日かも知れないし
来週かも知れません
決算発表が待ち遠しいようだけど
騰がる期待はしない方がいい
ここは常識が通用しないから
ここの株価は決算なんかに
関係なしで動いている

おもしろい。受ける。
*********
さて、後場だ
10株約定
**********
さらに、下値を追う
10株買う
***********
すでに32株。  
*******************
225が下げているためか。さらに下がる。
追いかける。
4840/HE 買 2 15,610 注文済 約定済 00641     02/17
ドリテク 2 15,610      
4840/HE 買 10 成行 注文済 約定済 00640     02/17
ドリテク 10 15,680      
4840/HE 買 10 15,780 注文済 約定済 00639     02/17
ドリテク 10 分15,780      
4840/HE 買 10 15,790 注文済 約定済 00638     02/17
ドリテク 10 15,790      
4840/HE 買 10 15,800 注文済 約定済 00637     02/17
ドリテク 10 15,800    
**************
すでに、72株。買いすぎかな。
しかし、平均株価の反転で、気配きり上がる。
15880円 ↑ [ ] -1120 -6.58% (13:48)
15610、15680,15780、15790、15800、はプラス圏
さらに、戻す。
15890円 ↓ [ ] -1110 -6.52% (13:50)
5分足は小刻みに、もどり歩調。
利益確定のタイミングを探す。
16040円 ↑ [ ] -960 -5.64% (13:56
さらに、戻す。
売り板が少なくなる。買い優勢か。
買いいたが厚くなる。
16080円で12株売却成功。
仕入れ
15600×2=31200
15680×10=156800
合計188000円。
売却益
16080×12=192960-188000=4960円-手数料往復1800=3160円
今日の成果は+3160円
この下げ相場でよくやった。ほめてやろう。自分を。
 
       

すごい

テーマ:
トヨタが上場来高値更新、モルガン証が目標株価を引き上げ、オイルマネー流入観測も

 トヨタ自動車 <7203> が4日続伸。一時80円高の6300円まで買われ、今年2月14日の上場来高値6250円を更新した。モルガン・スタンレー証券は15日付で、同社の目標株価を6200円から7150円に引き上げている。投資判断は「オーバーウエート」継続。なお、市場では、ソニー <6758> 、キヤノン <7751> 、銀行株、自動車株にオイルマネー流入観測が流れていた。

ここは

テーマ:
●提言

これからの投資は、基本に返り、低PER、週足のチャートを確認して、行いたい。225急落の時に10%近く逆行高の「マツダ(7261)」のPERは14.3である。ここに、これからの示唆がある。株価はすでに、2005年の業績を織り込んだ。これからは2006年の業績からの判断が大切だ。その数値の変化率を見ながら投資をしなければならない。外人は利益確定に動いている。春までは基調は弱く、持ち高は慎重がよい。あくまでも、「突っ込み買い」に徹した方が賢明と考える。

これは

テーマ:
菱ガス化の今3月期第1~第3四半期決算好調、調査機関は業績見通し増額し目標株価引き上げ

 三菱ガス化学 <4182> が8日に今3月期第1~第3四半期連結決算を発表。ポリカーボネートなど機能化学品の好調を主因に、前年同期比9.9%増収、31.6%経常増益、33.7%最終増益と大幅増収益で着地した。今3月通期の連結業績について、会社側では従来予想を変えていないが、決算を受けて複数の調査機関が業績見通しを上方修正し、目標株価を引き上げている。
 会社側見通しの通期連結営業利益325億円(前期比5%増)に対して、クレディスイス証券では355億円(同15%増)と予想、投資評価も強気の「アウトパフォーム」を継続するとともに、目標株価を1400円から1800円に引き上げた。来期も2ケタ増益基調を有力視している。