今回は東京二部。出来高は少し少ないが、勢いに乗る銘柄である。
●月足
600円の水準から、急上昇で、2800円の高い水準。やや「高所恐怖症」になりがちだ。チャートも天井のシグナルが出ている。ただ、ヒゲの長い十字線、それに続く「トンボ」があるので、迷う所だ。
しかし、乖離の大きさからして、押しがあってもおかしくはない。
高値波瀾の場面だ。
●週足
26週移動平均線にそったなだらかな上げ。平均線を割り込む場面もあった上が、出来高急増で株価を押し上げた。このトレンドで見る限りが無理がない。期待できる動きである。
●日足
完全な「持ち合い」の動きだ。これが月足の高値波瀾を描いているのだ。問題はこれからあの方向である。
そこで、材料を確認する。
●材料
主力の飲料部門で豆乳の快走が続いている上に、昨年6月に新商品「大豆ペプチド」を発売、7月には新埼玉工場で1リッターラインが稼働を開始して需要拡大に対処。さらに化成品部門でもヒアルロン酸が前々期の関節炎治療薬用途での医薬用原体の製造承認取得で販売を開始しているほか、今年3月末にはリウマチ治療薬用途でも医薬用原体の製造承認を取得。このため前3月期(非連結)決算は17.9%の増収、34.8%の営業増益、36.3%の経常増益、42.1%の最終増益を確保、前々期に記録したピーク益を大きく更新。今期も需要環境に大きな変化は予想されず、コスト削減によって売上高270億円(前期比12.3%増)、経常利益48億5000万円(同11.8%増)、税引き利益27億3000万円(同8.7%増)と続伸を見込んでいる。

●なるほど~~~~~~~
これはバイオ、健康食品、医薬など、明るい未来と現状。まだまだ、上げてもおかしくはない。
株価は相当折り込んでいる。それでも、下値は知れているだろう。業績に見合った株価だ。ただ、出来高の盛り上がりに不満がある。
そこで、この銘柄は「押し目」ねらいとしたい。

●5分足はどうか~~~~
完全な右肩上がりだ。上下の振幅が少ないので、ディトレはやりにくい。もう少し出来高は欲しい。ただ、下げたら買って、大引け付近で売るという戦略がよさそうだ。
次のチャンスへの用意をおこたらないように。
AD
☆~~~さて、このコラムも三回目。できるだけ詳しく、役に建つのはどうするか、かんがえながらやっています。ご希望が有れば、コメントください。助かります。

●月足
700円~1100円の長い持ち合いを離れて、右肩上がりのトレンドの入っている。押し目を形成しながらの上げは理想的。ただ、上げ幅が大きくなり、「上方乖離」きたし、上値での「持ち合いの十字線」が出ているので、長期的には、おし目が入る時。ご用心。
●週足
1700円の「上値抵抗ライン」を抜けて、2000円に挑戦。26週の移動平均線との乖離がおおきくなり、利益確定に押される。ただ、そのあとの陽線二本は、「買いの強さ」を物語っている。出来高も順調であり、人気はつづく。
●日足
上げ基調。25日移動平均線との乖離がおおきくなったところで、押し目形成。25日移動平均線を大きく割るが、すぐさま反発。出来高を伴っているので、ここは仕掛け時か。
●~~~~~5分足
朝方、急落の場面が有るが、下値に買いが多く反発。「二つの下ヒゲ」をつけて、なだらかに上昇。
途中で「三角持ち合いはなれ」を二つみせて、順調にあげる。理想的な右肩上がり。目立った「売り崩し」もなく、安定した出来高が有るので、来週が楽しみだ。
~~~~~~~~~~~~~
●材料
三菱証券は28日付のリポートで同社株に対して投資判断を強気の「A」、目標株価も2300円を継続している。
同社の今12月期の第1四半期連結決算は前年同期比11.1%の増収に対して、43.9%の営業増益、38.7%の経常増益となったが、これは主力の二輪車のアジア、米国、中南米での販売が好調だった上に、自動車用エンジンの売上が拡大したためである。
AD

5分足分析ー2ー7261/T マツダ

テーマ:
●この銘柄の最新材料
前05年3月期決算発表が行われた。前期連結は営業、純利益ともに過去最高、今期も前期比5%増収、純利益で同20%増予想であることを好感。「アクセラ」などが好調持続している。前期末配を1円増の年3円にしたこともプラスになっている。今期も年3円配は継続。
●月足を読む
株価400円を上値抵抗ラインとした持ち合いの相場になっている。ここを抜ければ、750円を目指す上昇ラインに入る。出来高も安定しており。押し目買い有利。
●週足を読む
上げ相場は390円を超えたところで、押し目形成。26週移動平均線に近づいたところで、「明の明星」ともいうべき「十字線」「下ヒゲ陰線」がでて反発。大陽線がでて、ふたたび上昇ラインへ。
●日足を読む
25日移動平均線を大きく割り込んだが、「底値の捨て子」「十字線」がでて、持ち合いの後で、急反発。上昇第二波にはいる。
~~~~~~~~~~~~~~
●5分足分析(四月28日)

前場は「持ち合い」「低迷」相場がつづいたが、後場寄り付きに、出来高が急増し、株価は跳ねる。マイナス圏からプラスゾーンへの位置転換だ。この勢いは買いのチャンスを与えなかったが、来週への望みをつないだ。来週は波瀾が予測されるが、それこそ、ディトレの出番。
~~~~~~~~~~~~~~
この銘柄は、短期ねらいを含んで、押し目を積極的に買う場面に有る。動きにのれれば、それなりの利はあばを手にできるだろう。
ただ、上値が大きいわけではないので、中期は押し目買いが賢明と言える。
AD

5分足分析ー1ー8058/T 三菱商事

テーマ:
●月足を読む
長期のトレンドは700円~1000円のボックス圏を抜け出し、1500円を睨んであきらかに上昇トレンドが確認できる。ただ、26週移動平均線との乖離が大きくなれば、「押し」がある可能性も指摘できるが、当面は問題がない。上昇、第二波の途上にあるからだ。
●週足を読む
26週線にそって、きれいな上昇トレンド。適度に「押し目」を形成しながらの上げは「グランビルの上げシグナル」そもののだ。まだ上値は期待できるか。ただ、1500円で頭うちになると「二点天井」の可能性も有る。そこは良く見ていきたい。
●日足
1300円で底をつけて、上げの途中。出来高も多いので、エネルギーはある。問題は、どこまでのびるかだ。
~~~~~~~~~~
●5分足(4月28日)を読む
この日の株価の動きの特徴は、次に点があげられる
1、利益確定の売りも有るが、全体は上姉とりの動きが顕著である
2、前場寄り付きからのさげは、つぎの「下ヒゲ」さらに、「陽のつつみ線」で、下げ完了。上げへ。
3、次には中段で「持ち合いぬけからの上げ」が、三角持ち合いの形でみられる。
4、この持ち合いは二つ続き、前場を高値で終わる。
5、後場は全体は高値波瀾の状態だが、詳しくみると、急落から上げへのきっかけに「下値の十字線」が見られる。これが上げシグナルになり、最後の上げを見せている。
6、1440円までいくと、「大陰線」がでて、急落のサイン。そのあと、下げ止まり。
●ここでみると、最低でも「買いのチャンス」は四回ある。これを小刻みでもいいからものにできれば、美味しいディトレができる。ただ、長期、短期のチャートを背景にして、この銘柄に対する「買い意欲の強さ」を確認すれば、前場で仕込み、後場の1440円の高値まで待つこともできる。
この銘柄は、ディトレでも短期でも極めて仕掛け易い銘柄だ。

5分足をじっくり読んでいこう

テーマ:
●連休が始まりましたね。この機会にじっくりと、銘柄のテクニカル分析の勉強をしておきましょう。株価の変動の予測はチャートがすべてでは有りませんが、もっとも重要な要素には違い有りません。
これをさけるか、真剣に取り組むかはおおきな投資成績の差になってきます。
そこで、毎日、対象銘柄を変えながら、5分足の読み方のポイントを解説していきます。
ここで大切なのは、5分足を読むには、月足、週足、日足のトレンドもきちんと把握しておくことが大切です。その上で、短期の株価あの動きを見ることが、投資行動の判断をよりベターなものになっていきます。
●材料
27日に会社側の前05年3月期の連結純利益を従来予想の100億円から128億円への増額修正、期末配当1円増配(年間6円)にしたことを好感している。

●チャート
月足、週足、日足ともに、「上値追い」の大勢に有る、
中期でも有望だ。

●5分足
「つつみ線」「差し込み線」を連発して、株価が上がった。
来週の動きも楽しみである。
 27日の米国株式相場は反発。ダウ工業株30種平均は前日比47ドル67セント高の1万198ドル80セントで取引を終えた。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同2.99ポイント高の1930.43となった。3月の耐久財受注額の悪化を嫌気して売りが先行したものの、原油相場の大幅安を受けて戻した。