急いで乗るべし

テーマ:
キヤノン(7751)は前場、70円高の5340円まで買われ変わらずを挟み3日ぶりの反発となった。28日に前12月期連結業績を発表、連続最高利益更新を確認し勝ち組人気再燃となっている。前期の売上高は前年同期比8.4%増の3兆4678億円、営業利益は19.7%増の5347億円、経常利益は23.2%増の5521億円、純利益は24.5%増の3433億円となり、5年連続の増収増益記録を伸ばし過去最高益更新を達成した。デジカメやカラー複写機の売り上げが大幅に増加したことに加え、半導体用露光装置が伸びたことが好業績要因となった。事務機事業はデジタル複合機、モノクロ複合機、インクジェットプリンターなどが伸び、営業利益は7.3%増の5210億円となり、カメラ事業は コンパクト型、一眼レフカメラでそれぞれヒット商品を出し、営業利益は3.5%増の1307億円となった。光学機器およびその他事業は液晶露光装置が大幅増となり、また半導体用露光装置が回復したことで、営業損益は288億円の黒字(前々期は98億円の赤字)に転換した。売上営業利益率は、前期の14・2%から15・7%に向上、コストダウン効果は821億円にのぼった。今12月期業績は、売上高が前期比4・7%増の3兆6300億円、営業利益は5.4%増の5730億円、経常利益は5.1%増の5800億円、純利益は4.5%増の3590億円と続伸を見込んでいる。株価は、デジタル景気全般の失速懸念などが響きPER13 倍台とまだ割安水準に甘んじており、昨年6月の昨年来高値5820円抜けから値動き本格化となりそうだ。
AD

1500円抜けたらいくぞ!!

テーマ:
日立建機(6305)は、22円高の1497円まで買われ反発している。28日に今3月期第3四半期(2004年4-12月、3Q)の連結業績を発表、利益が高変化したことを評価する下値買いが続いている。3Qの売上高は前年同期比12.3%増の3209億円、営業利益は54.9%増の311億円、経常利益は63.9%増の259億円、純利益は59.6%増の136億円と伸びた。国内の建設機械需要は、油圧ショベルのストック調整が進んだことや民間設備投資の増加、堅調な住宅投資などにより回復基調で推移、売り上げは前年同期比5%増の1105億円となった。海外は、中国が2004年4月以降の需要減少が続き、売り上げは25%減の341億円、米州は住宅着工の好調が続き34.4%増の537億円、欧州・アフリカ・中近東は油圧ショベルの需要増、独自展開の効果などから45.6%増の683億円、豪州・アジアはマイニングの好調などから12.2%増の541億円だった。3Q実績の今3月通期予想業績に対する進ちょく率は、売上高が75.5%、経常利益が79.9%、純利益は76.4%となっており、従来予想の売り上げ4250億円(前期比5%増)経常利益325億円(同25%増)、純利益170億円(同36%増)の連続最高純利益の達成を確実にしている。株価は、昨年4月の昨年来高値1770円以来、中国経済の減速を織り込む中段固めを継続しているが、PERは平均並みで信用取組も0.4倍と思惑含みとなっており、一段の出直りを支援することになる。
AD

【プロローグ】デイトレはこんなにおいしい
【PART1】まずは「ローソク足」をとことん知り尽くせ
【PART2】5分足の特徴を掴んでおこう
【PART3】5分足で判断する「買い」32のタイミング
【PART4】5分足で判断する「売り」27のタイミング
【PART5】「日足」と「五分足」、両方を駆使しよう

アマゾンで買いましょう
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/488399421X/qid=1107135666/sr=1-16/ref=sr_1_2_16/249-4089493-5262734

AD

寒波にご注意

テーマ:
日本列島は31日、今冬一番の強い寒気に見舞われ、新潟県の関山で同日午前4時までに64センチの降雪を記録するなど、北日本から東日本にかけての日本海側を中心に雪が降り続いた。気象庁によると、上空5500メートル付近で氷点下36度以下の寒気が入り込んでおり、31日夜から翌1日にかけ、西日本まで南下するとみられる。気象庁は大雪、暴風、高波に警戒するよう呼び掛けている。

日本の超低金利。世界で動く

テーマ:
超金融緩和の副産物でもある日本の投資資金が海外のヘッジファンドに流れ込んでいる。2004年の対外証券投資によると、ファンドが多いカリブ海地域向けが03年比2.5倍の5兆8000億円強に増加。地域別では欧州を抜き、米国に迫った。こうした資金は米国を経由して商品市場や新興国市場などに回っているとの見方が多い。