雑談です(^^)・・・

 

腰痛、膝痛、肩痛・・・

人間の身体だけでなく

機器の不調も

どうにか使えるようにするのも

趣味の域ですが、楽しい(^^)

 

もちろん

お金と時間的余裕がないと

関わることが出来ないけど

 

電子機器や機械を

いじるのって楽しい。

 

今は、8年使い倒したPCの

使える部品を取り外し

新しいPCで使えるように

セッティングしている。

 

機器は、部品の交換などで

正常に動作するが、

人間の身体はねぇ〜

 

安く買ったミニギター

上手く音が出ない不具合が

あったが、

ちょっとした工夫で

ちゃんと音が出るようになった。

 

 

人間の身体は

部品交換が出来ないけど

工夫することで

バランス調整が出来て

正常に近い動作をする

ことが出来るようになる。

 

イマジネーションの世界になるが、

過去からの体の使い方などの習慣を

見つけ出して、修正する

体のクセを正し

その体にあった体の使い方を

イメージして伝える。

 

 

私もそうだが

自分のことは分かっていると言うが

指摘されるまで分かっていない部分が

とても多い。

 

些細なことでも

体のバランスを崩すので

それを見つけ出す技術、経験が必要。

 

とにかく

千手観音の様に

あらゆる技術を駆使して

身体を整え、救い出すということ。

 

同じに見えていても

同じではない・・・

 

 

機器の調整は趣味の域ですが、

PCの不調を直すことも・・・

ご相談を受けます(^^)

 

 

矢作治療院

 

出張先で腰痛にならないための対策

テーマ:

 

普段から動いていないと

出張先で腰痛になることに

不安を持つでしょう。

 

もちろん、普段から歩くなりの

運動、体操をやっていることを

前提とします。

 

海外など長旅でずっと座っている状況

これ自体は仕方がないことですが、

どのように腰痛にならないよう

対策していくか?

 

私にも長旅は経験が多いです。

不注意からぎっくり腰を

やってしまったこともあります。^^;

 

 

移動手段としての

飛行機、電車、バスなどの座席は

とても窮屈です。

 

からだにフィットさせることは

不可能でしょう。

 

まずやるべきことは、

腰にクッションを挟むことです。

毛布をたたんだり、

息で膨らますクッション、

サイドバックでもいい、

腰と座席の窪みとの間に

挟み込んで下さい。

 

これはなかなか移動中では有効です。

 

そして、

長時間同じ姿勢でいないこと。

時々、立ち上がり機内、電車内を

歩きましょう。

 

飛行機は、気圧の変化が大きいです。

どうしても足がむくみがちになります。

靴を脱ぎ、ふくらはぎを

ストレッチさせましょう。

 

 

出張先に到着したら、

必然的に歩くことになりますが、

最初はゆっくり、

そして出来るだけ蹴って歩くように

して下さい。

 

移動先で、時間を作り

10分でもいいですので、

軽く体操をしましょう。

力をかけず、ダラダラやることが

コツです。

 

夜には

シャワーで構いませんので、

下半身をよく温めましょう。

 

寝る前には、

10分ないし15分ほど

うつ伏せになり、

体を反らしましょう。

 

 

とにかくやるべきことは、

動くことです。

体を伸ばすことです。

 

 

もし、不安がある場合は

体を整えますので、

お待ちしております。

 

 

矢作治療院

 

腰痛は最終的には自分で治すもの

テーマ:

 

ほとんどの一般的な腰痛は

悪い姿勢や筋肉の衰えからくるもので

最初の矯正、調整の後、

自分で治していくものなのです。

 

どうしても

痛みがあるので、安静にしなきゃと

思われますが、

安静にして、動かないでいると

ますます筋肉が衰えてしまいます。

 

確かに、痛みをどうにかしないと

動きようがない・・・

と言われますが、さてはて

本当に動けませんか?

 

大抵の場合

痛みは脳で感じているわけですが、

実際、腰が痛いわけではなく

恐れとして捉えていることが多い。

 

 

もちろん

腰の捻れなどがあるので

筋肉のバランスが悪い。

それを正せば、それで良し。

 

後は、自分で鍛えていただく。

 

人間は、安静にすると

動物よりも早く衰える。

 

動き、歩き回ることで

足腰の筋肉を維持していける。

気の巡りも滞ることがなく、

正常な状態を維持していける。

 

 

腰痛は最終的には自分で治すものです。

 

捻れたものは、私が正します。

後は、頑張って鍛えて下さい。

 

歩き方、座り方などのクセを

自分を研究し、クセを直しましょう。

 

 

矢作治療院

 

負(ー)の力で揉み返しは起こらない

テーマ:

 

負(ー)の力で揉み返しは起こらない

これはとても説明が難しいイメージの世界です。

 

負(ー)の力を利用すること

これこそが、矢作式手技整体治療法の真髄です。

負(ー)の力を利用する施術技術は、

世界中を探しても、どの書物にも、ネットにも

そのような記述は見つかりません。

 

この概念にもの凄く近いことを

説明されている方は

確かにいらっしゃいます。

ただし、負(ー)の力とは説明されていない。

 

詳しく説明していると長くなるので

簡単な言い方をすると

あん摩マッサージ指圧師の施術技術は

正(+)の力、つまり「押す」力です。

矢作式は、負(ー)の力、つまり「引く」力です。

 

揉み返しとは

押す力により、筋肉が挫滅または打撲の症状を

起こします。

軽いものなのなのですが、

筋肉痛の様な症状ですから、動きにくくなります。

 

長引けば、2週間ほど痛い状態が続きます。

 

もちろん、わざとそういう症状を出して

自然治癒力を高めようとする目的ではあります。

 

 

矢作式手技整体治療法は、

引く力ですから、ほとんど筋肉を傷めません。

筋肉痛的揉み返しは起こらないのです。

 

しかも、負の力は正の力よりも

数倍、刺激量が多いのです。

だから治療は、「痛い」です。

しかし、その痛みはほんの一瞬なので

狙っている局所が適度に緩みます。

 

追々、説明を入れていきますが、

これを読んで自分でも試してみようなんて

思わないで下さい。

危険ではありませんが、

そう簡単に真似ることはできませんので・・・

 

 

これは受けた方しか理解できないでしょう。

 

お待ちしております。

 

 

矢作治療院

 

 

 

 

子供の頃から精神を隠し

痛みや恐れを肉体の奥底に押し込んで

生きてきた。

 

いろんなストレスから身を守るため

体を硬くしていく。

筋肉が悲鳴を上げているにも関わらず

筋肉を締め上げている。

 

そんな患者さんが、稀であるがいらっしゃる。

 

関節を固め、身動きできない状態である。

 

関節を緩めることから始めたが、

多少の変化があるものの、進展が遅い。

体に触れていると、どうしても

魂からの悲鳴が聞こえる。

僕の頭の中に入り込んでくるんだ。

 

どこをどのように調整するかは

分かっているが、どうも

肉体だけの問題ではなさそうだ。

 

子供の頃からの習慣というか躾というか

そのように育ってきた・・・

 

もう恐れる必要はないし

現状を受け入れ、自分を許し、解放しましょう。

そう話しました。

 

自分でもある程度分かっているらしい。

難しいわけではないけど、

手順を踏まなければならない。

 

次回、来院されるまで

関節を動かすこと。筋肉を緊張させ、脱力する。

筋肉に脱力するということを教えること。

精神の方も、解放していくことを知ること。

 

来院時に比べれば、かなり改善しているのが分かる。

 

次回はどのように調整していくか

思案中です。

 

 

精神が主であり、肉体が従であることを知る。

 

 

矢作治療院