2016年11月~2017年3月、4ヵ月間の世界一周をしてきたよ!

今日は長期海外旅行で、複数の国を巡る人むけに、お金のお話を書くね。

 

私の世界一周ルートと、各国の通貨は、

成田→アメリカ:6泊、アメリカドル。

→イースター島:8泊、チリペソ。

→アルゼンチン:9泊、アルゼンチンペソ。

→南極クルーズ:10泊、アメリカドル。

→ブエノスアイレス:1泊、アルゼンチンペソ。

→スペイン:2ヵ月半、ユーロ。

→ロンドン:4泊、ポンド。

→羽田。

 

世界一周する前にのべ13カ国に旅した経験があったけど、どれも10日間くらいまでと短くて、1度の旅では1カ国か2カ国だけ。

 

【参考】 2016年11月17日の記事

http://ameblo.jp/sukoyaka-travel/entry-12209427533.html

 

今回の世界一周が、初めての長期海外旅行。

複数の国を続けて旅して、次々と違う通貨表示を目にするのも初めてだった。

 

たとえば500mlのお水のペットボトル1本が、

アメリカの空港では2.69ドル、

イースター島のスーパーでは750チリペソ、

ブエノスアイレス市街地では20アルゼンチンペソ(2016年11月の私の旅メモより)。

 

ペットボトル1本見ても、こんなふうに違うのだ。

 

私は外国の通貨に詳しくなく、暗算も得意ではないので、

数日ごとに移動して、初めての国の通貨表示を見た直後には、

日本円に換算したらいくらか、その国の売値としては高いのか安いのかが判断できなかった。

 

その国の通貨に慣れて、スムーズに支払ったり、金銭管理ができるまで3日くらいかかった。

買い物に出かけるとき、どれくらいの現金を持っていくか?

 

銀行でお金をおろすとき、これからの滞在日数に必要な金額は?

足りないのは困るし、余っても後から他の通貨に両替すると手数料がかかるしね。

 

チリ・アルゼンチンの通貨表示に戸惑ったので、最後の滞在地ロンドンに行く前には、ネットで食事・お水などの物価を調べておいた。

 

留学生・駐在員さんなど、長期にロンドンに住んでいる人たちのブログ記事が、本当にわかりやすかった。

 

これから長期海外旅行、とくに複数の国を巡る人は、物価のチェックもお忘れなく。

 

読んでくれてありがとう

Gracias por leer mi blog.

 

twitter ツイッター → @viajerajaponesa

¡Twitto en español y japonés!

スペイン語と日本語でつぶやいてるよ!

AD