神戸市須磨区で平成9年に起きた連続児童殺傷事件で亡くなった山下彩花ちゃん=当時(10)=の遺族に、当時14歳だった加害男性(27)から謝罪の手紙が届いた。彩花ちゃんの母、京子さん(54)は「昨年よりも人とのかかわりを考える姿勢が感じられた」と話している。

 男性は、23日の彩花ちゃんの命日に合わせた手紙を19年から毎年届けている。京子さんによると、手紙は18日夜、昨年に続き同市内で男性の両親らと面会して受け取った。あて名と差出人が書かれた封筒に、ペンで横書きされた4枚の便箋(びんせん)が入っていたという。

 自身の住所や職業、家族についての記述はないが、男性が社会とかかわり、人とのつながりの中で生活しているといった趣旨の近況報告があった。京子さんは「私信のため」として詳細は明らかにしなかったが、手紙には謝罪や反省の言葉も書かれていたという。

 京子さんは「男性が日常の中での(人の)ふとした言葉に、『人の優しさ』を感じているように思えた」とし、「自分のしたことの重さを自覚し、被害者の苦しみを想像しようとする姿勢が感じられた。読み返すなかで思うことがあれば、返事を出したい」と話している。

【関連記事】
加害男性から謝罪の手紙 神戸児童連続殺傷事件
亀井氏釈明「不適切」 連続児童殺傷引用
連続児童殺傷遺族の土師守さんが講演 兵庫の犯罪被害者団体
「かなりの変化感じる」連続児童殺傷の被害者父に加害男性から手紙
心のノート「気持ち悪い」に反論 正義教育

<ニュース1週間>パラリンピック、スキー新田が金メダル/クロマグロ禁輸案を委員会否決(毎日新聞)
鉄砲サミットで古式砲術、彦根城にごう音響く(読売新聞)
伊吹山ドライブウェイ 除雪作業始まる 岐阜・滋賀(毎日新聞)
長男殺害容疑、父を再逮捕=家族3人死亡事件-宮崎県警(時事通信)
オウム分派「松本死刑囚の影響下」公安庁警戒(読売新聞)
AD