テーマ:

いとこの話が好評だったので、今回は私の前世の話を書いてみようかなと思います。

あ、違った。
すでに書いてるので「載せる」だ。

最近ヒプノセラピーをすることが多くて、お問い合わせも頂いたりしています。
何かにフォーカスを当てるとそれを必要としてくれるクライアントさんが
ぴぴっと私を見つけてくださるのですよねぇ。
ありがたぁい。

私は今は人間として、この世に生まれて今を生きているのだから
前世とかに焦点を向けないで、今の自分をしっかり見ようよ!
という価値観な人なのですが、前世のビジョンを自分で見て
「ほほう。納得」と思ったことはあります。

といいますか、要所要所で出てくる♪

囚われるつもりはないし、それが前世なのかは別にして
そのビジョンは、私の状態のわかりやすいイメージには違いないと思っています。

最近過去のことや、どうしてこの仕事をすることになったかとか
この仕事をすることに対しての思いや、ぶれぶれだったころの話とかを
することが多いのです。
そしてふと思い出した前世体験。

なんどか書いているのですが、また載せちゃいます。



私が前世療法に興味を持ったのはもう10年以上前で
ある本を読んでからでした。


それは催眠療法をしていく上で、少しもよくならないので
「では、今あなたが抱えている原因の場所に行って下さい」
と誘導したところ、今の人生では考えられない内容の
話をしだしたので不思議に思って聞いていくと
今の人生の前に生きたその人の話だったことから
「前世」の存在がクローズアップされて今に至るという
内容の本でした。

自分の前世って○○なんだろなーと言うのは実は幼少のころから
なんとなくあって「前世」というものがものすごく特別なものとか
うさんくさいものとか全く感じずにいましたね。

その○○は「聖職者」なんです(笑
牧師とか神父とか・・・?

なんだか人に何かを説いている自分が浮かぶんですよ^^
それもキリスト教的な何かなのですよね~。

それと、自分はきっと何か悪いことをして死んだんだと思ってました。
漠然と「自分は幸せになってはいけない」と思ってましたね~。
悪いことをして死んだから、今回は幸せになってはいけない。
幸せになる資格がないから幸せになることを望んだら、ばちが当たって
ひどい目にあうことになる・・・と(笑

もの心ついた時からそんな風に思っていたから
変わった子供だったんだろうなぁと思います(笑

でも、それもだんだん大人になるにつれて
根底にはあるけれど、実際の生活に忙しくて
そういう感じのことはあまり感じなくなっていました。

そういうものに傾倒して、何事も現実でないもののせいにして
逃げることをしてはいけないと思ったのです。

でも・・・今思えばこういう仕事をすることは決まってて
それはその思いがあるからこそなんだと思うようになってますよ♪

そして私が最初に前世療法なるものがあると知ってから数ヵ月後
実際にそういうことをしている人が日本にもいると知ったのです。

友達の知り合いだったのですが、それを受けてみようと思いました。
その頃、自分のあり方についてずいぶん悩んでいたのです。

はい、お約束のつづく・・・



そんなまゆんのメルマガはこちら→→クリック

ボディフィールドワークを習ってみたい方はこちら→クリック


セッションを受けたい!という方はメッセージか

メールでご連絡くださいな♪→ kakurenbo@maxmix.jp 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
さぁ、とうとう慰霊碑に行く日がやってきました。
ホテルにお迎えがきて、慰霊碑のある会社へ。

そこには、以前写真で見せてもらったままの
慰霊碑がありました。
そばに植えられている木も、花も美しく
大事にしていただいているのがとても伝わってきました。

会議室に入って、事故(事故で亡くなったのです)のとき
一緒に車に乗っておられた方二名とお話をしていとこの話を聞きました。

私の前なので、いい事しかおっしゃいませんし
そこにいたのはたった数ヶ月。
思い出も少ないだろうのに、沢山お話してくださいました。

会社の人も、現地で働いている人たちも笑顔の素敵な方ばかり。
周りには何もないけれど、彼はここでとても
幸せな時を過ごせたのだと実感できました。

さぁ、慰霊碑に参ろうとなり、皆で向かったのですが
いざ、参ろうと思うと涙と嗚咽が止まらなくなり
「ごめんなさい、二人にしてもらえますか?」とお願いしました。

慰霊碑の前にひざまつき、ひとしきり泣いた後

「やっと来れたよ、ごめんね。」の言葉をかけて
般若心経を読みました。

目を瞑るとまぶた越しに光がまぶしい。
祈っていると、友達が後ろにいてくれるのがわかりました。
あんなに喧嘩して、傷つけたのにそうやって
私の事が心配で残ってくれたのでしょう。
その優しい空気が伝わってきます。

何か聞いたり見たりしたかったけれど
いとこの声も聞こえない、姿も見れない。
でも、私の周りが、とても優しい空気に包まれてきて
きっと彼が私の祈りを聞いてくれてるんだと思いました。

優しい、穏やかな空気。
後ろでは同じ優しさで私を見守ってくれている友達。

至福の時間でした。
愛され、満たされた気分でした。

いつでも冥福を祈っていることを告げ私は立ち上がりました。

友達にもごめんなさいとありがとうをもう一度ちゃんと言わなきゃ。
と振り向いて

「ごめん!お待たせ、残ってくれたんや、ありがとう!」

と言うと・・・・

あれ?


あれれ??


そう。
振り向くとそこに誰もいなかったのです。


あの気配。
そこに友達がいるんだと確信するほどの気配。
あの後ろにあった、優しさ、愛、慈しむような空気は・・・



いとこだったんですね(笑



また気付けなかった、ごめんね(笑


でも、あの時は感じられなかった「思い」は確かに感じたよ。
ありがとう。
昔と変わらない、愛情を、温かさを私に向けてくれて。

私はまた沢山泣きました。
もう悲しいだけの涙ではありません。

愛、感謝の涙です。

私はちゃんと愛されていた。
思ってくれる人がいた。
又、それを感じることができたのですから。

・・・・・・・・・・・・

今また、泣いています。
何故泣くのかわかりません(笑
このこみ上げてくる思いが、いったいなんなのか
さっぱりわからないのです(笑

でも、「幸せ」なんでしょうね。
彼の事を思うと、幸せで涙がでるのです。

彼だけでない、自分の周りの人に対する感謝の気持ちと
愛情が私を満たして、私は幸せの涙を流すのです。
彼はやっぱり天使でした。
愛を教えてくれたんですもの。

親しい人の死は特に悲しいものです。
でも、もう会えないからこそ、その人が自分にくれた幸せな思いや
教えを胸に抱いてしっかり生きていかなければと思います。

そして、それを自分も誰かに分けることによって
その人はこの世に生き続けるのではないでしょうか。

「私と縁をつむいでくれてありがとう」

彼にはそう思っています。


ところでっ!

写真には、彼が写ってましたよ♪
私が撮った慰霊碑の写真にだけ、白いものや不思議な光が写っているのです。
私には彼の姿は見えませんでしたけど、あーこれ、あの子やなってわかりました♪

助言をくれたスピリチュアル友達に見せたら
「あ、うつってるやん♪来てくれてありがとうって言ってはるわ」
というので「あ、やっぱそうやんな。姿は私はわからんけど」
というと「ええ?!見えるやろ!ほらこうしたら・・・」
と写真を断面から見るように指示されました。





え?角度の問題なの??(°口°;) !!




おっしまい♪

ながながとお付き合いいただき、ありがとうございました。

私はね、その頃には考えられないくらいに沢山の人に愛されていることを
今は知っています。
私と出会って、私のそばにいてくれる人たち全てに感謝しています。

ありがとう。

私の愛情も伝わっていますように。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
思いのほか長くなってすみません<(_ _)>


さて、喧嘩をして日本に帰るのはいいけれど
タイには絶対行かなくてはいけない。
現地の方にもご迷惑をかけられないから・・・
でももうこの旅は続けたくない・・・

でも今日はタイで友達になってカンボジアまで
一緒に来た子と遺跡めぐりが決まっているから
それが終わってから決めようと話しました。

そんな私の頭を冷やし心を癒してくれたのは
アンコールワットの空気でした。
そしてクバールスピアンという山の中の遺跡を
見にいくために山を登って、その澄んだ空気に
触れているうちに、なんであんなに怒っていたのか
わからなくなってきました。

冷静になって考えてみると・・・
なんとつまらないことで喧嘩していたのかと(笑
そこまで怒るような内容でもなかったのに・・・
しかも、一緒が嫌なら、別々に旅行すればよかったのに
その時は「帰りたい」という気持ちが強すぎて
それは思いつかなかったのです。

と、そこで浮かんできたのが「いろいろ妨害が入るよ」の言葉。


これもかぁ~と(笑
そして、そんなもんに左右されてるようじゃあかん!と思いなおし
旅を続けることになったのです。


そしてタイ入りの日を迎え、飛行機の事があったため、色々あり
深夜2時くらいにへっとへとでホテルに到着。
今まで大丈夫だったおなかもものすごく下している・・・
もうだるくてだるくてずっとぐったりしていました。

でも、やっとたどり着けた!

その安心感か抗いがたい眠気に私は襲われ、なにやら
パソコンと格闘している友達を尻目にベッドに入りました。


そして、ほんの2秒ほどで眠りに入りかけたとき・・・






「ちくしょーーーーーーーー!!!!!」




と耳元で叫び声が聞こえて飛び起きました(笑
それがすごい声なのです。
憎憎しさのこもった怒声!

こわ!こわ!!今の何?!?!と思いましたが
あー、あいつ(悪意)かと(笑

しかししかし、しかしですよ?
そう聞こえたということは・・・



私は勝利したのですな♪ψ(`∇´)ψ


というちょっとした達成感を得て、又眠りについたのでした。


・・・・・ごめんなさい、またつづく
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。