七つの海をバタフライ -吉川晃司ブログ-

異彩を放ちまくりながらも逞しく泳ぎ続ける吉川晃司。
全てのロックレジスタンスどもへ バーボンを傾けながら・・・。


テーマ:
zero****************
きまりきった明日の自分
守っていても
新しいうたは生まれない
すべてをぶちこわしてよ

OH OH BACK TO ZERO
素顔の自分に戻って

From. 「BACK TO ZERO」
****************

『破壊なくして、創造なし』

先日40歳の若さで急逝したプロレスラー、『破壊王』こと橋本真也はよくこの言葉を語った。

「壊す」ことは、ただ「ある」ものを壊すのではなく、創造へ向かう前進の意味を含む行為・思想である。

吉川はデビューからずっと「アイドル」であり続け、抗い続けた。
黄色い声援、決まりきったイメージ、束縛された生活・・・。

全てを脱ぎ去り、ただ一人の男として歩みだすことを決意した時に打ち出したコンセプト、それが「BACK TO ZERO」だった。

今までのキャリアに安住せず、新たな自分を創造するために。
自分らしくあるために。

一時は、「もう今までの歌は歌わないかもしれない」とまで吉川は語っていた。

デビューから20年経った今も、吉川は常に変化し続け、自らをゼロにする姿勢を忘れない。

デビュー20周年記念のLIVE DVD制作にあたり、監督の三池氏に伝えた「ぶっ壊してくれ」という言葉が、そのマインドの現れだ。

吉川は決して、「学ばない男」ではない。
学んだことを破壊し、創造し続ける男だ。

ぼくたちは、生きる時間が長くなる毎に、不要なものを背負い過ぎる。

自らで縛りつけたイメージ。
「自分らしさ」の意味を問い続けるだけのプライド。

■「おまえはおまえを脱ぎ捨てろ」
(From.パンドーラ)
■「OH OH BACK TO ZERO 素顔の自分に戻って」
(From.BACK TO ZERO」

吉川美学の真髄はココにある。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
YAZAWA YAZAWAである。
ビッグと書いてYAZAWAである。

誰がなんと言おうと日本一の「ロック・スター」であるYAZAWA。

伝説的なバンド『CAROL』での活動を経て、ソロ活動に転向。

「ロックでドーム公演」「アメリカ進出」「豪邸を建てる」といったビッグマウスの数々を全て有言実行。

まさに成り上がりを地で行く、生きた伝説『リビング・レジェンドで』ある。

正しく、ロックとは音楽以上に物語であることを証明した彼の半生は地方都市・広島から上京し、ロックンロールでサクセスというストーリーでありその後、数多くのアーティストがこの街から東京に輩出されるという図式につながる。

吉川自身がYAZAWAについて語ることは少ないが、日本のロック史を語る上で、YAZAWAは欠くことの出来ない存在といってもいい。

矢沢曰く「YAZAWAの後に道が出来る。けもの道でなくYAZAWA道だ。」は、そのまま吉川に置き換えることが出来るだろう。

音楽以上に、生き方としてのROCK・・・。

YAZAWAは50代。それでも果てしなくROCKである。
今年40代に突入する吉川は我々にどんなROCKを見せてくれるだろう?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

X 80年代のバンドブームがとにかくバンドとして個性を出すことに腐心して、「どれだけ人と違うか」を表現したのに対して、90年代のバンドブームは、音楽的にはスピードとビートとポップだった。

前者がロックのスタイルをイカ天ホコ天という名を冠し「規格外」を楽しむものだとしたら、後者はロックのスタイルをヴィジュアル系という化粧スタイルなどの「予定調和」で固めたものだった。

少なくとも、一般的には・・・。

そして、そんな2つのブームをまたぎ駆け抜けていったのが「無敵と書いてエクスタシー」=『X JAPAN』だ。

PSYCEDERIC CRIME OF VISUAL SHOCKと自らを誇示し、数々の伝説を築き上げた彼らは正しく、ロックとは「不良」であり「暴力」であり「美学」だと破滅寸前まで身をもってアピールしていた。

中でも、ギタリストHIDE(ソロではhide)のソロ音源は吉川晃司や布袋寅泰が長年提唱し続けてきた 「ロックとポップの融合」であり、音像は凝りに凝っているのにメロはキャッチーというとっつ易さがあった。

その出来には、吉川本人も感心したというエピソードもあるくらいだ。

そして、95~99までのバンドブームの絶頂期に活躍したバンドマンの多くが、吉川晃司へのリスペクトを表明している。

『GLAY』のTAKUROはテレビでリスペクトを表明するほどの吉川フリークということだし、

『LUNA SEA』のメンバーは「モダン・タイム」のアレンジセンスに衝撃を受けたという。

『SOPHIA』の松岡充は吉川の楽曲にインスパイされた曲も作ったというし、

『黒夢』の清春に至っては近年、ソロアーティストとして吉川を高く評価している。

スピードとビートとポップ・・・それこそBOФWYや吉川が歌い、広めてきた日本のロックの形。

その形は連綿と受け継がれていった。
やはり次の世代にリスペクトされてこそ、本物。

90年代のバンドブームに、吉川晃司の落とした影響はでかい。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
wandaかつてこれほどまでの躍動感のあるCMはあっただろうか?

今年初め、駅長に扮した吉川晃司はCOMPLEX時代の名曲「恋をとめないで」の替え歌をバックに、缶コーヒー『ワンダ』を宣伝した。

その間15秒。
TVの前の視聴者は、恐らくその姿に放送される度に釘付けになっていたことだろう。

それほど、このCMは誰の目で見ても明らかなほど異彩を放っていた。

さらにはライブでしか見ることのできない回し蹴りや、十八番であるポージングなども披露。

そんな吉川晃司を見て、ビジネスマンがポツリと「止まらないよ・・・」とコメント。

21周年を迎えても未だ走り続けている吉川晃司を象徴するかのようなシーンもあった。

近年のCMは純粋に商品の宣伝というよりも、どれだけインパクトを与え、記憶してもらえるかに比重が置かれている場合が多い。

その意味では大成功のCMといってもいいだろう。

▼アサヒ飲料/ワンダ「ショット&ショット」▼
http://www.asahiinryo.co.jp/wonda_ss/tvcm/cmmaking/cmmaking2.html
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
visual 人間の情報の70%程度は視覚によって占められている。

例えば料理、本来味覚を主としたものでも視覚的に「美味しそう」なほうが当然、食欲はそそられる。

我々が現在活用する4大メディア+ネットも、視覚情報に満ち満ちている。

「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、目で見るということは最も対象を認識するにふさわしいのだ。

80年代初頭、音楽はMTV(ミュージッククリップ、PV)の登場によって、映像と密接な関係を持たざるを得なくなった。

それは、音楽が「聴く」ものであるとともに「観る」ものであるという変化でもあった。

考えてみてほしい。「観る」ものである以上、アーティストはそれ相応の容姿や個性を視覚的にもアピールする必要に迫られたのだ。

それまで、ラジオやジュークボックスで流れていた音楽は、テレビ主流へと移行するのと同時に。

多くのタレント、芸能の世界の住人がプロのスタイリストやメイクの力も借りながらブラウン管に映っている。

似たような衣装、似たようなメイク、似ているけどちょっと違う、その差異を出そうと皆懸命だ。

だが、吉川は違う。
初めてブラウン管に映し出された時から、その粗野で荒削りでどこかピュアな所は変わっていない。

恵まれた長身。無骨な日本人的なルックス。
吉川晃司の音楽に魅せられた者は多い。

だが、それと同じくらいに彼の振る舞い、立ち姿、それら視覚的なものに見せられた者も多いのではないだろうか?

吉川晃司はミュージシャンだ。それは紛れもない事実。

しかし、音楽は聴いてもらえないと始まらない。
そのためにはジャケットやアートワークに凝る必要性も存在する。

初期のビートルズやストーンズ、デビット・ボウイにしても、みな視覚的な要素を重要視した。

「吉川晃司」と聞いて、あの逆三角形とサングラスを思い出せば、もう我々は彼の戦略にやられているだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。