七つの海をバタフライ -吉川晃司ブログ-

異彩を放ちまくりながらも逞しく泳ぎ続ける吉川晃司。
全てのロックレジスタンスどもへ バーボンを傾けながら・・・。


テーマ:

仕事のついでにライブならぬ、ライブのために仕事を入れたのは、この地で今年の吉川晃司の夏がスタートすると知ったからだ。

 

もみじ饅頭の街

お好み焼きの街

カープの街

たくさんのロックスターを輩出した街

そして、、、原爆の落ちた街

 

広島。

 

 

「平和を祈る」といった、曖昧で薄い感覚では無い。

反戦・反核でなくてはいけないという、歴史と、戦後教育の断片が街のあちこちにまだ存在する。

原爆ドーム、平和記念公園という名前には永遠に忘れないよう刻まれた悲劇への、ある種の脅迫観念を感じる。

 

そして、この街で吉川晃司は生まれたのだ。

 

 

広島港にほど近い修道高校で青春を過ごしたという。

吉川晃司の母校を今回訪ねてきた。

路面電車を降り数分の場所にその学校はあった。

瀬戸内海の海風を背に自由奔放に育ったのだろう。

 

行きつけだというお好み焼き屋にも足を運んでみる。

あいにく、いっぱいだったが、昨年からのカープの盛り上がりもあって、街にはカープの帽子やシャツを着た子供たちでいっぱいだった。

無邪気に走る少年の姿を遠目にふと思う。

 

”平和”と”反戦”

 

それはもちろん人類全ての願いだ。

だが、僕はここまでどこか他人事のように考えていた。

 

その日は市民団体の反戦反核運動があったらしく、多くのマスメディアが報じていた。

 

それを後目に「原爆写真展」をみていると打ちひしがれてしまった。

僕は戦争を知らない子供たちで、戦後の左翼教育と、その揺り戻しのネットウヨクである。

イデオロギーなんてものも、すべてが幻のような一時の狂騒だと賢いふりをして知っている。

 

しかしそこにある写真や文章がすべて真実ではないにしても、この広島は「原爆が落ちた街」な事実には変わりはない。

記録された言葉や写真には悲痛なまで「無力さ」と「戦争というものの悲劇」と「原爆の怖さ」。

それを決して忘れないためのこの街が大きなモニュメントでもあるのだと知る。

 

今、僕たちが考えること、できることはなんなのだろうか。

そんなことが頭をもたげながら、「あの夏を忘れない」がリフレインする。

 

愛するってなんだっけ?

 



 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
「あぁ、やっぱりか。」
本日真夜中の速報NEWSを見て多くの国民は納得した事だろう。
今年1月に話題となった、SMAP解散報道が所属事務所からの正式な発表として世に出されてしまった。

これから年内の解散まで、多くの芸能人、知識人、コメンテーター、ブロガーが思い思いの『SMAP論』と平成という時代について書き連ねていくだろう。
それくらい、天皇陛下のお言葉とSMAP解散はこの時代2016年夏を象徴する大きなトピックだと言える。

昭和の終わりに大旋風を巻き起こした光GENJIの後発として、SMAPは世に送り出された。
まさに嵐のような過ぎ去ったブームだったのは幼い筆者の記憶にも残っている。
現在のジャニーズの栄光はSMAP以降と言っても過言ではなく、アイドルらしからぬマルチなスタンスは多くの後輩が踏襲する事になった。

『個の時代』が謳われる中、美男だけではない彼らはより『個性』を打ち出した事により大衆にマッチした。
ドラマ、バラエティ、映画、書籍などを途切れる事なく発表し続けこの28年を走り続けてきた。

中居正広のバラエティ番組『ナカイの窓』で酒に酔った近藤春菜が泣きながら中居にこう言った。
「どれだけ国民に捧げてきたんですか。もう十分じゃないですか!誰も文句言いませんよ。」
これはSMAPと青春を重ねてきた我われ世代には、同世代感、コモンセンスと言ってもいい。

日本のエンターテイメントを、テレビという娯楽を牽引してきた最後のスターが気付けば全員40代に突入している。
未だに求められる、キムタク、中居君、ゴローちゃん、草𦿶君、慎吾ちゃん、である。それも1人しか家庭を持つ事が許されていない。(更に言えば家庭の話題は一切タブー。40代がワンピースにはしゃぐ姿よりもよっぽど身の丈にあっている。)

「個性の時代」「個の時代」を象徴したSMAPが、誰よりも「個人の生」を生きられない、私人になれないままである事を露呈した。
時代の閉塞感と合わせて、「稲垣メンバー事件」「裸で何が悪い事件」と彼らを取り巻くストレスや闇も目に見える形でこの10年感顕在化したように思える。
売り上げ、人気も頂点を極めればあとは下り坂を降りていくだけ。
その難しさや苦悩は周囲には計り知れない。

「国民的アイドル」という公人からの脱却は、解散という儀礼的死を迎えなくてはいけないというのはもはや避けがたい事実なのか。
中居君のデレマス「アイドルは辞められない」とダンディハウスのキムタクの広告が隣合って貼られていた地下鉄を思い出す。

光GENJIはステージにローラースケートを置いて去っていったが、SMAPは平成という時代を置いていく。
願わくば東京五輪で大都会TOKIOに大輪の花を、世界に一つだけのこの国にしか無いアイドルという花を咲かせて欲しかったものだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今、日本中が固唾を飲んで注目しているグループがいる。
もはや知らない人の居ない「国民的アイドル」、SMAPである。

20年欠かさずSMAP×SMAPを観てきた人間としては2016年1月11日のSP企画、木村拓哉と吉川晃司の木製大工訪問に違和感を覚えたのだ。

かたや本物を知る大人代表としての吉川晃司。
そして、そこに「ヤベェヤベェ」と興奮するだけの木村拓哉という構図。

木村拓哉とて40を越えた大人だ。
分別も知識もあるだろうに、何故そのような若者ぶったリアクションなのだろうか、と。

アイドルとは因果な商売だ。
とりわけ日本でのアイドルとは、未成熟であり未完成であり、自己批評能力に長けていてはならない。

何故か?

アイドルとは、演者(パフォーマンス)と企画者(プロデューサー)と聴衆(オーディエンス)による幸福な共犯関係によってなりたっている。

演者はあくまでも、聴衆からみた理想の現し身として、聴衆の欲望願望希望を体現する。

「こんな◯◯が観たい!」
「こんな◯◯でいて欲しい!」

その望みを叶える為に生まれたのがアイドルだ。

少年少女に夢を!それは戦後復興期を経て草野球と宝塚の融合を目指した、ジャニー喜多川氏とジャニーズの始まりの物語だ。

SMAPのデビューは1991年の9月9日。
(ジャニーズはレコードデビュー日を慣例としてデビュー日とする。)

必ずしも順風満帆なスタートでは無かった。
80年代をアイドル繚乱の時代とするなら90年代はアイドル冬の時代と言われた。
特に瞬間風速最大級の光GENJIの後にデビューしたSMAPは、スポーツと音楽の融合との名がつきながらも相次ぐ音楽番組の終了と、方向性が決まらず不遇を舐めていた。

深夜バラエティ、コント、アニメCD、声優、ミュージカル、、、。
売れない時代には何でもやった。

今なら黒歴史と言われるような、今までのアイドル像を破壊し再構築し、現在の国民的アイドルグループの座を手に入れた。

SMAP以降、多くのジャニーズグループが今や多くのテレビ番組に出演している日常だ。
ジャニーズは栄華を誇っていると言っていい。

ただ、同時に多くの問題が巻き起こっているのも事実。
今回解散脱退移籍問題が巻き起こっているが、それは事の成り行きを見守れば自ずと答えは分かる。

この危機を回避しても残り続けるのは、「SMAPはいつまでアイドル足り得るのか?」という極めて難しい問題は時限爆弾のように足元に転がっている。


冒頭、木村拓哉を例にしたが彼も40歳を越え二児の父として生きる、一個人である。

その彼は90年代に一時代を築いてから、未だに『カッコイイ代名詞キムタク』を求められ演じ続けている。
その苦悩や努力は並大抵のものではない。

同様、他の四人に至っても、切り売りするプライベートには悲愴感すら漂う。
2000年代に入ってからのメンバーによる相次ぐ事件は、SMAPというもはや大き過ぎる看板の重さを体現しているように思う。

吉川晃司は芸能の世界を『マリオネットな世界』と評した。
大手ナベプロからのアイドルデビューとロッカー、役者として確固たる地位を築くのは並大抵の事では無かったはずだ。

SMAPがアイドルである為にはジャニーズでなくてはいけない。
しかし、ジャニーズでいる限りアイドルであり続けなくてはいけない。

ココに二律背反する、公人と私人のジレンマが生まれるのは想像に難くない。


筆者を含めた多くの、2016年を生きる日本人のほとんどにとって、SMAP程メディアを通してその成長を、その老いを、そして音楽を通じて、時代を感じさせてくれるグループは存在しない。

そしてここまで時代に愛されたグループもだろう。SMAPが終わるというのは平成という時代が終わると言い変えていい。

今夜、続報を待ちたい。
このCMを観ながら。



2016年1月18日
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人間の強さは忘れる事だ。
辛い出来事も哀しみもいつか忘れさせてくれるモノに出会う。
石巻市に降り立ち、沿岸を見て回ると、そこかしこに新しく舗装された道路や、仮設住宅が見える。
国道45号線の道路標識はほとんどが流され、壊れてしまったという。
宮城の中心部である仙台市内や都市部においてはさほど変わりなく繁栄を取り戻し、復興を遂げたかのようではある。
だが、未だ津波の影響を受けて、終わらない工事を続けるショベルカーや、舗装工事で砂の巻き上がる荒れ果てた剥き出しの大地や、投げ出された船、車や建物が残る。
『うみはコワイ でもキレイ』
宿泊先には、全国各地からの復興支援メッセージが掲げられていた。
その中にあったのがこの一文だ。幼い少女の書いたであろう一文が、僕たちが日常忘れてしまっている自然への畏怖と敬愛を象徴している。
石巻市だけでは無い。
未だ完全な復興に遠い東北各地では、震災はただの過去では無い。

人間の弱さは忘れる事だ。
時間が立てばあの日々はきっと過去になる。だけど、喪った人々や街は二度と戻らない。
あんなに恐ろしいと感じた津波やその被害も、僕たちは忘れていく。
テレビや新聞でも報道されていく機会は減っている。安全な日常が確保された僕たちにはまるで過去の出来事のようだが、そうではない。
其処に暮らす人々には、今も復興は続くのだ。それも何年も何十年もかけて。
久し振りに見た津波の映像の怖さに僕は目を背けたくなった。恐ろしい速度で何もかも飲み込むその姿に。
そして、喪われた人々や街を偲ぶ慰霊碑や残された建造物に言葉を喪った。

日常は忙しなく過ぎる。しかし心を亡くしてはいけない。
あの中に、誰かにとっての家族が、恋人が、友が、仲間がいたと想像するだけで胸が張り裂けそうになる。
もしかしたら僕らにとって大事な人になるかもしれない、そんな人たちが、たくさんの日常が、いっぺんに飲み込まれてしまった。
誰もが、大きな無力感を感じただろう。
たくさんのミュージシャンやエンターテイメントに携わる人間が自分たちに出来る事を模索した。しかし個に出来る事には限りがある。
ならば、と掲げられた旗が同志諸君と【日本一心】の言葉であった。
僕たちの【日本一心】は一生をかけて『考え続ける事』と『行動する事』だ。

この日、残酷なくらいに美しい、青い青い空と海を前に僕は誓って来た。
また何度もこの場所にやって来る事を。けしてあの日を忘れないようにする事を。
それまでが【KEEP ON 日本一心】。僕たちの回答。

災害防止庁舎
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
monster bash 2


2007年8月25日。
前日夜に出発したto The ハイウェイ
7000円の1DAYチケットを握り締め向かった2年ぶりのモンバス。 


※★はメインステージ☆はサブステージ

<OP>

★ONE OK ROCK
☆No Regret Life

<本編>

★チャットモンチー
☆ランクヘッド
★the band apart

☆髭(HiGE)
★銀杏BOYZ
☆Base Ball Bear(以下、BBB)
★吉川晃司

<2部>
★ELLEGARDEN
☆FUNKY MONKEY BABYS

★AI
★ASIAN KUNG-FU GENERATION
★BEAT CRUSADERS


このタイムスケジュールを見て、自分の今回の目玉であるBBBと吉川がどうしても両立できないのに朝気づき、またとない機会であるK2を取るのは至極当然。


夏フェスにBBBは今後も出るだろう。
しかし、だ。
吉川は今までもこれからもフェスには無縁のロッカー。
ビール片手に芝生に寝転ぶようなスタイルは二度もない。


会場は9時の時点で28度を超え、日中の気温はおそらく35度強。庇は皆無に等しく熱中症で倒れる観客も続出。


僕にとっての内訳は
・チャットモンチー 500円
・BBB       1000円
・吉川       3000円
・エルレ      300円
・その他      200円

くらいのものだった。そう、そのときまでは・・・。
エルレや銀杏の物販に100人超の列ができるのに対して、吉川の物販には人は皆無。


そこで気になったのは「TARZANツアーの一環としての参加」なのか、「ガキしか来ないフェス(BY向井秀徳)世代へのアピール」なのか、だ。


BBBが横のサブステージでライブを始めていたが、銀杏の熱狂的なパフォーマンスの終わったメインステージで僕は待っていた。奴が現れるのをだ。

やはり予想通り客足は遅く、完全なアウェイ臭を放っている。誰にも期待されていないこの状況で、一体彼はどんなステージを、いや、伝説を見せてくれるのだろうか?






BBBのステージが終わりSEとして流れ始めたのは
   ~サヨナラは8月のララバイ
   ~ラビアンローズ
   ~キスに撃たれて眠りたい


もはや、疑う余地がない。
吉川晃司はこのステージで、エンターテイメントに徹する気なのだ。
常識ではありえない高さに設置されたシンバルはそれを物語っている。



ビジョンに映される漢字四文字。
たった四文字が熱狂への入り口となり、流れ始める。







「その瞬間、世界が変わった。」










某ロック誌で多用されるフレーズだが、このときほど、感動と興奮に打ち震えた体験は久しくなかった。











『BE MY BABY』!!!!!!!!!!!!!



「一曲目がコンプで布袋が出れば神」

それは僕が言った言葉だったが、まさか、まさか・・・。

もはや伝説。いや、神話だ。

がんばれK2、お前がNo.1だ。


チャラけた動きで会場を挑発する四十路ロッカー。
それは彼なりの、年長者なりの優しさである。


スイングしなけりゃ意味がないといわんばかりに、彼は肉体を用いてロックを体現する。

ロックって頭で考えるもんかい?
何となくロックに染まってないかい?
ロックフェスなどまだまだ日本にない時代から第一線でサバイヴしてきた男の瞳はそう言っている気がした。




『サバンナの夜』
『MODERN VISION』
『JUICY JUNGLE』


14時半という時間帯、燃え盛る太陽をミラーボールに変え、
K2は踊り歌い奏でる。


いつの間にか周りにいる10代のBOYS&GIRLSも手拍子で応戦している。
もちろん、過剰密度でモッシュをしていた銀杏に比べれば4割の入りだが、濃度は断然こちらが上だ。

盛り上がってるフリをしてるんじゃない。
盛り上がってるんだもの。



ステージで寝転んだりとヤンチャな不良中年を演じる彼の口からつかの間のMC、そして「もっと盛り上がろうぜ!」の言葉の後に流れた音は






『モニカ』



ありえなかった。23年という時間が経ってもデビュー曲、この会場の彼以外の誰が歌えるだろう?


アジカン、エルレ、銀杏、その他。
今はヒットチャートの常連たちよ、
2030年に、キミたちはデビュー曲を歌えるのか?

それを可能にできる男こそが、K2そのものであり、彼の歴史なのだ。
感動に打ち震えながらも会場を俯瞰するために後ろへと移動する。


子供のお守りで疲れたパパさんママさんも往年の瞳に戻りモニカを熱唱し始めている。


「こんなライブがあってもいい。こんなのがフェスに1組いてもいい。」

そして終わりを確信した瞬間、空と雲の間に鳴り響いたギターソロ・・・。







『恋をとめないで』


思わず、僕が走り出したのは、かわいこちゃんを見つけたからでも、土曜の昼だったからではない。
この曲のイントロは僕のDNAレベルで刻まれた「生き急ぐため」の合図なのだ。
パブロフの犬のようにテンションは最高潮に突入した。
もう何も考えられない。脊椎反射よろしく、僕は最前列に向かっていた。

同様に前へ前へと進む30後半のおっさんとともに熱唱する。


「ド~ン、スト~ップ、マイラー!!!恋をとめないで~~。」

したり顔でヒットチャートにおもねる事も、
右むきゃ右で周囲の反応を伺う事も彼は選ばなかった。


最高にポップな曲『恋とめ』。
だけど、会場のどんなアーティストよりもロック。


それを確かめるようにおっさんと固い握手を交わした僕の耳には10代BOYS&GIRLSたちの「吉川カッケー」の声が入ってきた。

僕たちは、間違ってなかった。
サンクス、モニカ。



フジロックが始まって10年。
ロックフェスは夏の風物詩となり全国各地で広がっている。


フェス自体を批判はしない。
ライブに馴染みのない若年層、地方へのアピール、興業のリスク回避、地域振興、メリットは多い。

が、どのフェスの面子も似たり寄ったり、どのアーティストも30~60分の持ち時間の中で同じようなセットリストで臨む。

もういいんじゃないか。
形だけのフェスなんて壊しちまおうよ。

マニュアル化されたロックに価値なんてねえよ。
ロックはもっと自由でいいだろ?
彼は全力で限られた時間を使いそう表現してた。





AIが流れる会場を後にしながら
・チャットモンチー 300円
・BBB        500円
・吉川       6000円 
・その他      200円


になったのも至極当然。最高の初体験でした。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。