七つの海をバタフライ -吉川晃司ブログ-

異彩を放ちまくりながらも逞しく泳ぎ続ける吉川晃司。
全てのロックレジスタンスどもへ バーボンを傾けながら・・・。


テーマ:

「それ、ミッドナイトクライシスやん(笑)」

 

アラフォーという言葉がしっくりとハマり出した最近、柄にも無いジム通いと筋トレにハマったことを話した際に、そんな言葉が友達から返ってきた。

「ミッドナイトクライシス=中年思春期」と訳されることもある、中年期に差し掛かったからこその事象に向き合う自分を、少し恥ずかしくも思いながら、改めて意識した。

 

結婚しても家庭サービスよりも己の肉体鍛錬に余念の無い人

学生時代のスポーツ経験貯金が底を付き腰痛に悩まされる人

強さを履き違えて格闘技にハマってしまう人

アラフォーに近付くと、多くの人はさまざまな局面で自身の身体性と向き合わざるを得なくなる。

 

 

 

■吉川晃司、声帯(喉)ポリープ手術を自らの言葉でファンへ報告https://www.barks.jp/news/?id=1000144919

 

 

 

今年のツアー日本武道館公演中に、吉川自身からポリープを患っていること、切除手術を行うことが発表された。

 

生命線である声帯を酷使し続けるボーカリストの宿命とも言える病だが、これまでも吉川はポリープと戦ってきた。

今までは投薬治療で対応していたと記憶するが、今回は切除手術に踏み切ったようだ。

 

肉体は老いる。これは仕方の無い真理だ。

若かりし頃と同じ対応をしていては、肉体は悲鳴を上げ続ける。

病や不具合とどう付き合っていくのか、を考えることが、中年期には必要なのだろう。

 

吉川が今回選んだポリープ切除は、投薬で騙し騙しを続けることでなく、この先も歌い続けるための選択なのだろう。

昔とは違う選択が、現在では正解となることもある。

その瞬間のベストを選択して生き延びる、そんな強さを僕らは吉川から感じ続けてきた。

 

ポリープ除去の影響が、今後の活動に影響を与える可能性もゼロでは無いだろう。

今しばらくは安定しても、明日の先のことは分からない。

いつか、吉川の鍛え上げられた声圧が縮み、音域が狭まり、艶が鈍るかもしれない。

では、だからと言ってボーカリスト・表現者としての吉川晃司に魅力が失せるだろうか。

 

そんな事は無い。

例え声が出なくともダンスで、ダンスができなくともキックで、キックができなくとも目力で、立つ事しかできなくなってもシルエットで、吉川晃司という人は我々を魅了してくれるはずだ。

 

人は生きる限り肉体と向き合い続けなければならない。

年齢を経て分かる肉体との向き合い方を体得したからこそ、見える景色もあるだろう。

肉体は魂の入れ物でしかないが、魂を維持し続けるためにも肉体は必要である、と今となれば強く感じる。

 

吉川は、ステージに戻るために手術をする。

僕らも、また吉川のステージに魅入るために健やかに生きよう。

 

 

 

DON'T WORRY 傷ならば癒える

STAND UP TO GLOW

NO HARRY 胸に燃えるような COREがあれば

(HEART∞BRAKER / 大吉)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

sukanpinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。