七つの海をバタフライ -吉川晃司ブログ-

異彩を放ちまくりながらも逞しく泳ぎ続ける吉川晃司。
全てのロックレジスタンスどもへ バーボンを傾けながら・・・。


テーマ:
$七つの海をバタフライ -吉川晃司--コンプレックス-ブルーレイ1
$七つの海をバタフライ -吉川晃司--コンプレックス-ブルーレイ2

昨年7月に21年ぶり、一度限りの復活ライブを果たし、COMPLEX LIVE 「日本一心」。
昨年秋には完全限定生産DVDが発売されましたが、あまりのパフォーマンスの高さにいまだ再販の熱烈要望が殺到中の模様。

その声に応え、ブルーレイディスク(Blu-ray Disc
)版が発売されることになりました!

スペシャル特典には、翌日の2011年7月31日に行われた東京ドームライブのLIVE CD付!

今回もローソン完全限定予約品となります。
ハイビジョンで楽しめるこのアイテムは入手必須です。



COMPLEX 20110730 日本一心 ブルーレイディスク版
詳細・お申込は以下URLより

http://l-tike.com/shopping/complex/ [PC・モバイル共通]

▼K2 NET CAST
http://www.kikkawa.com/information/index.html

▼HOTEI.COM + TOMOYASU HOTEI OFFICIAL WEBSITE
http://hotei.com/info/index21.html#120430
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
「ジャゴヴォナカ、ジャーンゴッ!」

パッション溢れる吉川唄法で放たれた濁点多めの魔法の言葉が、家庭の団欒の時間に響き渡った。
森永製菓のアイスクリーム『チョコモナカジャンボ』のCMに出演した吉川は、自身の逸脱し過ぎたキャラクター性を過剰に表現する、というメタ・スタイルで商品とコラボレーションして魅せた。




「サムライ・ロック!」

動きは静かに眼光は鋭く、黄桜『辛口一献』のシャープな辛口を引き立たせる姿は、チョコモナカジャンボとは違ったベクトルだ。




吉川のCM出演は、あまり多くはない。
「好き、嫌い、理解不能」の明瞭な存在であるが故に、広い層に訴えかけることが命題とされる場合の多いCMでは起用が難しいのだろう。

しかし、今までのいくつかのCM出演では、吉川は大きなインパクトを残している。
恵まれた体躯を活かしてのムーヴや、40代を向かえてますます磨きのかかる大人のオスの色気、そしてチョコモナカジャンボCMでも見られた意識的なメタ・スタイル。


どの時代も強烈な、吉川CMの変遷振り返ってみよう。


【1】80年代:躍動感溢れる若さ

80年代デビュー当時の吉川CMは、スタイリッシュな若者というイメージを躍動感のある動きで表現したものが多い。
現在の「シンバル・キック」にも通ずる打点の高い旋風脚やアクションは、まさに80年代吉川シンボル的なCM。
海外をイメージした風景が多かったのも、吉川がデビュー当時から日本という国に小さく収まらない存在であったことの表れであろう。


●グリコ「カリフォルニア・バー」


●KDDI「TEL ME」




【2】現在:大人の渋味

嬉々として鍋を振り料理をしたり、和服に身を包んで日本酒を飲んだり、ファンタジックな楽団の指揮者となったり。
大人のやんちゃな色気を、全身と視線で表現する、40代オーバーの妙技。


●広島ガス「ガ流でいこう」


●黄桜「辛口一献・これぞ本流」


●サントリー BOSS SILKYBLACK




【3】メタ・スタイル

20年を超える活動期間があるからこそ、自身のキャラクター性をメタ的にパロディ化して見せることも芸とできる今の吉川は最強かもしれない。

●アサヒ「WONDA」 Don't stop 止まらない駅員


●森永アイス「チョコモナカジャンボ」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。