世界一周旅行日記[World Trip Diary]

     世界を旅をすること
    世界で暮らすこと
時間がたっぷりある旅を自分の歩みのスピードで楽しみたい


テーマ:

数ある「旅で何を優先するか」の選択肢の中で
夜景の中の散歩道を楽しむことは、
わたしの旅の優先の高い楽しみのひとつ

でも治安などの問題で、
ゆったり散歩どころでない都市や道もあるけれど
ここの散歩道は観光地で安全、かつ
こころに残る夜の散歩道になりました

時間がなければ1時間あれば回れます。充分。

ウエストミンスター駅 Westminster station
→ ビッグベン Bigben
→ ウエストミンスター宮殿 (英国国会議事堂)
→ ウエストミンスター駅 軽く戻る
→ テムズ川
→ ウォータールー橋 Waterloo Bridge
→ ロンドンアイ London Eye
→ カウンティーホール County Hall
アクアリウム Aquarium
→ ウエストミンスター橋 Westminster Bridge
→ ウエストミンスター駅 Westminster station

 
まずのオドロキはウエストミンスターの地下鉄の階段を上がって
さてさて、どこがビックベンかなと
思って上を見上げると


目の前に!!!


と、探すでもなくその目的ビッグベンが出でてきました!

そして、頃合もよろしく「5時ちょうど」
ということで、
大きな鐘が時の知らせを鳴り響かせ始めました!

 
そして、今宵は満月

鐘の音と満月と暮れゆく夜空の重なりが
気持ちを高めました

荘厳な鐘の音・・・

遠くでぼんやり聞こえてきたのとでは
意味が違いました

ぜひ、訪れるならば「O'clock」の時間を
ぜひともおすすめします




鐘の塔の奥は国会議事堂
 さらに奥にもビクトリアタワーなどもあるの
軽く周ってみました

この隣にある ビクトリアタワガーデンから
ロンドンアイを発見

ここで、やっと
「ロンドンアイはこんなに近いのね!」
と気付く私・・・

と、ここで予定変更し
ロンドンアイの近くまでいってみることにしました

国会議事堂全体はテムズ川に面しているので
そこから川岸にでることはできず、
結局、元来た道を戻って
ウエストミンスター駅を過ぎ
川岸にでてくることに・・・


 

あっという間にロンドンアイも見えてきました
ホント意外に近い!!!

夜景を堪能したかったので、川下りはできませんでしたけれど
ボートハウスもあり

昼間これから川下りもありですね


 
川岸の道にはいろいろなメモリアルのオブジェがありました
 


 
 ライトアップであたたかい光につつまれてます

寒い外気も忘れてきます
 

 

ロンドンアイの真正面の対岸に到着

ここで、ロンドンアイまで次の橋を渡って
袂まで歩くことを決意

同じように、観光客の集団の方々が
いらっしゃるし
安全性は大丈夫そう
これ、女一人旅では重要な判断基準!

夜の闇がどんどん深くなり寒さも増すので
少し早歩きで向かうことにします

 
ウォータールー橋の上から

目線が同じ高さになり、
ますます大きなEyeが見えてきます
 
  
対岸に渡り、近づく・・・

 そして、さらに、近づく・・・




そして、


真下に到着 

 

おおき~ぃぃぃ~



 

青の迫力

光の力、強かった
もらった、もらった
パワーとかってもんじゃなく
迫力、存在感、威力、引き寄せる力

吸い込まれました

時間なければ、
この目線の位置にウォータールー駅があり
ここで次の目的地にむかうこともかんがえたけれど
もう少しここの雰囲気を堪能したい思い
冷えてきた体を温めるべくToilet休憩もかねて
お土産屋さん的建物に入ってみると
大きな休憩場がありました


と、ここでなんとお出迎えいただけたのが

べっかむ~~~~~~!!!

 
のロウ人形(笑)


ケイト・ウインスレットさんもいらっしゃいました
 

日本の東京タワーと同じ扱いのロウ人形ですね
ところかわれど、同じコンセプトですね
 




冷えた体を暖める間、お土産を物色
充実度はなかなかでした
お土産買うお時間ない方、
ここ、もろもろ、こまごまそろってました

と、我に返ると時間がかなりおしてきてます

意を決してまた外気に飛び込む
 
 

少し温まった体には、青の刺す寒色もなぜか心地よい


 

カウンティーホールの入口にはアクアリウム
この「青」の色がベストマッチしていたのはここだったのかもしれない

やはり次回は明るいうちにも来なきゃ

 
気付けは今宵の満月もだいぶ位置を上げ
夜空も青の色をとっくに越えて黒い深い色へと変わってます


 

この散歩道ももう最終地点
スタート地点のビッグベンがもうすぐそこ


 
ウエストミンスター橋に上り、そこからもロンドンアイ
名残惜しい・・・


 
橋にはUnited Kingdomの象徴、
百獣の王、Lionの姿
 

 
橋の上では、みなさんねっころがって
カメラのアングルを構えてるご様子
なんだか一生懸命な姿が愛らしい(笑)
 


 

そして最終地点
ゴール・・・

はじめはこの一周するはずではなかったけれど
ここの雰囲気に持っていかれて

すこしのOver Stay

でもこれも時間が許される一人旅

自分の好きなもの
自分の好きなだけ

味わえることが一番のぜいたく
 
自分の価値観を確かめられたひと時にもなりました

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ノッティングヒルという街が
こんなに小道があって
歩くだけでも楽しめる街だって
期待もなく来てしまったものだから


的絞らなくては

限界がある・・・
 
  
そこで、ある程度
道をくねくね歩いて、
一番お店が密集していたこの道
 
ポートベルロード Portobello Road

この道を中心に歩くことにしました

小さなお店が密集していて歩いているだけでも楽しい

残り時間もないわたしにとって
「ここでランチをとるか」
「次の目的地でランチをとるか」で迷っていると
ノッティングヒル・ゲイト駅方面から歩いてきて右手に現れてた

赤い屋根のCafe
  
 


Cafe Gail's
138 Portobello Road, W11 2DZ
 
この道沿いは、小さな雑貨屋さん中心で
探すとCafeが意外に見つからなかった

でも、迷わずここに入った理由は・・・

①くろのむくむく犬がダウンを着て
飼い主さんを待っている姿♡
→ 『 これは地元の方が利用されてるに間違いないわ 』 

②店の軒先でバグパイプを弾くおじさん
店から出てきたお客さんと談笑
→ 『 これは人の流れができている場所に違いないわ 』
 


あれ、でもこれバグパイプじゃないのかな?
なんか上のとは形が違う?!?!(笑)


でも、その時点ではふたつの理由から
『 間違いない! 』
と思って入ったお店

ま、間違いなかったわけですよ♡

店内入ると
お持ち帰りパンの種類の多さで安堵感を覚える
→ 『これだけの種類・バリエーションが
多彩にあるのは、回転してるからよね』 



パン以外のサラダや飲み物も充実

 

お惣菜系パンも充実
パリにはなかったカテゴリー もあり

 
散々迷った旅人のわたしは
野菜不足解消をえらんで
パックに入ったサラダをチョイス

そこでバゲットか何かいただけないか頼んでみる
ベーカリーだもん、それぐらいできるのではないかな~と

と、なんとパンをつけてくれるとのこと!

『席について待ってて』
とほほえましい笑顔で店員さんに言われ
窓際の光のたたずむ席で待ってみると・・・

 
盛り付けされて、運んできていただきました♡

「オリエンタルスパイシーサラダ」
枝豆、にんじん、パクチー、ブロッコリー
ドレッシングはピーナッツ系の甘めなお味付け
付けていただいたパンもドイツ系のしっかり&もっちりパン

しっかりお腹と心をみたしたいただきました

最後はもちろんこれで・・・
 

ほっこり温まり、次の道に向かうのでした。

その他、たくさん写真あります。
ご覧なりたい方は、メッセージ・ご感想
お待ちしております。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世界いっしゅう旅行から帰国して
ブログ再開します!
やっと。


理由はみっつ。
☆まず「旅どんなだった」ってみんなに聞かれるけど、
旅の感動が伝えきれてない!


☆つぎは、日本帰って来ても会えない友達が
わたしには世界にたくさんいること。!


☆最後、この旅で得たことが
 『お役立ち』になるかもしれないと
尊敬する人生の先輩からアドバイスをもらったこと。


そんな思いで、地道にこつこつ
半年に渡る世界いっしゅう旅行の
振り返りながら
書いていきます

読んでくれてる、
そう!あなたにむけてです(笑)


ブログ再開に際して選んだ場所は
ノッティングヒル




ノッティングヒルの恋人(1990年)
映画の舞台


よくもわるくもこのイメージしかなかった
ロンドンにあるのは知っていたけれど
観光日数を考えたら
押さえるべきか否か迷っていたところ
わたしのBesttfriendのOKちゃんの妹ちゃんが
ロンドン在住中で
軽くランチをしてるときに

「あすかさん、ノッティングヒルは行きました?」

と、唐突に言われました!

「えっ!ノーマークだわ」

だけど、待って♡
わたしの親友の妹ちゃんが言うからには
わたしのテイストを理解しての提案では?!

直感、信じましょう(笑)

間違いないと思い、
正味3時間滞在しかできないけど、
行ってこよう!!
と勢いに乗って出かけてみました。

これ、正解でした!
OKちゃん妹ちゃんThanx!!!

代官山・中目黒的な雰囲気
特に何か買いにいくでないウインドーショッピングモードの時
Cafeやお散歩しながらのおやつがもろもろ


そんなテイストをご要望であれば、
ノッティングヒルに!!!




時間があれば、
1軒1軒じっくりみて、
ランチもまったりして6時間コース

強行の弾丸旅行であれば
メインのストリートをテクテクあるいて
軽くクレープをいただいたりして3時間コース


あざやかな壁のアパートのつらなり 

 散歩だけでも
気分が踊るPOPな街並み


 

お店の軒先で店内をのぞくかチェック


 
お店の中入らなくても、見れるお店もあり




おとも店頭ディスプレイなのか売り物なのか?
でも目を潤すにはもってこい


色から生まれる感情があることを体感した街
視覚という感性が一番喜びを感じてたと思います

今度はゆっくり滞在したい街のひとつです

その他写真はメッセージを・・・!
別途ご案内いたします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログをはじめて、
半年に渡る世界旅行をして

半年の旅行中に
思うことあって、
ブログは止めてしまってました・・・

去年12月からヨーロッパ→アフリカ→アメリカ
と世界1周にはならなかったけれど、
旅行より、怪我ひとつなく、
無事に帰国しています。

ご心配掛けていた方、ご連絡もままならず、ごめんなさい

旅途中の模様は
日々、Facebookにてアップしていたのでけれど、
今日、あることを勉強して、
やはりBlogに残すことに意味を知ることができました。

自分メディア・・・

今はFacebookやTwitterやMixiなど
簡単に「つぶやける」ツールが流行だけれど、
そこでBlogの違いは「記録として残せる」ツールであるということ

なんで
再会させたいなと思ってます

旅で見てきたこと
旅で感じてきたこと

これは、どんな旅本でも
ちがうBlogでも、
わたしが書くこととは
ちがうことだから

今日の勉強会では
・自分にしかできないことを
 他の方に「おすそわけ」する考え方『利他』を
 舛岡美寿子さんから
 http://ameblo.jp/jyosei-nlp/

・初心者でも分かるブログの活用方法を
 内藤勲さんから
 http://simpleworks.jp/

それぞれ学ばせていただきました。
これからの生き方の方向が
見えてきたように思います。

ありがとうございました。

なによりお二人の笑顔とユーモアあふれる感覚が
とても刺激になりました。
信頼しあう姿ってみてて、ほほえましいですね。
ありがとうございました♡


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
旅の楽しみは何ですかと聞かれたら、
わたしは2つ答えます   

ひとつめ、
「今日はどこでCoffee飲むか考えて
 

「どこでBeer飲むか考えること」




もうひとつは
「今日はどこでSunesetをみるかを考えること」


 

もちろん歴史感じたり
普段見れない物をみるのも
楽しみになるけれど、

そこよりも
CoffeeとBeeとSunset

その合間に
行きたい場所を差し込む

それが
何よりものわたしの旅の贅沢

今回、10年間分の断捨離を経て
この旅に出てきたので
この旅にはいっさい物欲が生まれてこない
そこよりは、これ・・・

『飲みたいCoffeeを飲みたい時間に
飲みたいBeerを飲みたい時間に
Sunsetの時間に合わせて場所を決める』

時間をコントロールすること
それも、自分の欲望でコントロールできること
こんな贅沢、いままで生きてきた生活では
できなかったから
自分の欲のみで時間が動かせること

何物にもしばられず生きていける今
解放されたこの時間を精一杯Enjoy中

その幸せを感じながら
毎日おいしいCoffeeとBeerを飲んでます
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。