ご無沙汰しております、チャーリーです。

 

今回は、

なんと、

約6年ぶりに、新たな動画を公開します。

 

それがこちら

 

 

 

 

今回は以上です(えっ!?)。

旅の詳しい内容なんかは僕のツイッターとか見てください(適当)。

ではでは。

 

 

チャーリー

AD

 

どうもチャーリーです。

明けましておめでとうございます。

みなさんお元気ですか。

 

今や年1回となってしまったブログ更新日が今年もやってまいりました。

 

まぁみんなそれぞれがそれぞれに生活を持っているわけで、

どうしようもないと言えばどうしようもないのですが。

何はともあれチャーリーは元気です。

 

少なくとも僕だけは普段からメディア等々に顔を出す活動をしているので、

今後の活動報告なんかは僕のTwitterからご確認いただければと思います。

 

 

HTBの活動は時々しているのですが(主に飲み会)、

活動しても誰もこのブログ更新しませんもんね。

 

メンバーによっては旅をしたりもしているようですが、

やっぱり誰もブログ更新しませんもんね。

 

 

 

チャーリーの個人的な活動としては、

今年は京都府外での展示の予定とかも出てきそうですし、

それ以外のお仕事でいろいろなところに行かせてもらえるかもしれません。

そういった様子なんかも、上記のTwitterを通してお伝えできればと思っています。

 

 

 

ではでは、そんなところで、

今年も宜しくお願いいたします。

 

 

チャーリー

 

 

 

 

 

AD

個展のお知らせ


ご無沙汰しております。チャーリーです。
皆さんお元気ですか?
僕は日々眠たいです。


さてさて、
年明けにお伝えした個展について、お知らせいたします。
3月から4月にかけて、3日程で行いますので、
ご都合に合わせてお越しいただければと思います。


北白川に月が見えていた
3月1日(火)~6日(日) 11:00~17:00(最終日は16:00まで)
gallery N78 (京都市左京区一乗寺白川北大路下ル東側)




あなたの胸が、高鳴るほうへ
3月12日(土)~21日(月・祝) 11:00~18:00
gallery素 (京都市左京区吉田神楽岡町14 アドバンス神楽岡1F)




また、ここで会えそうな気がした
4月1日(金)~4日(月) 12:00~19:00(最終日は18:00まで)
cumono gallery (京都市中京区御幸町六角下ル伊勢屋町341 京都しるく2F)





どうぞよろしくお願いいたします。


チャーリー

AD

2016!

あけましておめでとうございます!

このブログを開いたのもずいぶん久しぶりになります。
振り返れば、サイコロの旅第一弾が2009年!?
そんな昔になるのか…これは恐ろしい。

そんな前のことでも、印象的な出来事っていうのは鮮明に覚えてるわけで。
そして今でもバカな仲間たちと繋がりがあるわけで。
(やってる最中は苦痛だったけど)いい旅だったよな~って思うわけです。


また忙しい年になりそうですが、チャレンジ精神旺盛に!
今年も宜しくお願いいたします!


チューマン

2016年も明けまして


どうも、お久しぶりでございます。チャーリーです。
新年明けましておめでとうございます。

いやはや、去年はほとんどブログを更新しませんでしたね。
今年もこんなペースでぼちぼちやっていきたいと思っていまが。
こちらはゆるーい感じでブログを続けていくので、
皆様にもゆるーい気持ちでお待ちいただきたいなぁと思っております。

さてさて。
去年までの2年?3年?くらい、新年早々だけ他の水つべメンバーがブログを更新するという手法を執っておりましたが、
あれ、実は、毎年僕が「新年はみんなで書こうよ」と呼びかけていたわけでありまして、
今年は僕も忙しさにかまけて(僕がわざわざ呼びかけなくても、みんな書いてくれるかなぁ)なんて気持ちで、他のメンバーへの連絡を怠っておりましたら、

皆さん、忙しいんでしょうね。

誰一人書いてくれてませんね。

はい。

まぁ、メンバー4人で集まることも、ここ数年ありませんでしたからね。
久々に4人で旅をしたいなぁ、なんて思っています。


で、そのメンバー4人で久々に集まれる機会が、今年はあるかもしれないのですが、
その機会を提供してくれるはずの張本人が、今のところブログを書いていないようなので、
私からは何も言いません。笑

もしかしたら後日談的に情報をこちらに上げることもあるかもしれませんが、
まぁ、あまり期待しないでください。笑



あと、個人的な情報として、
3月にまた個展やります。
その情報は追って連絡いたします。


それでは、また。



チャーリー(高 成原)