ついついブログをご無沙汰してしまうので、
ご無沙汰する前に…

『京都水族館と鉄道博物館へ行ってきました♪』
の続きをお伝えしたいと思いますニコニコ

京都水族館で楽しんだ後、本当のお目当てだった
『京都鉄道博物館』GO!!

水族館へ行った人は入館料10%引きドキドキ
逆に鉄道博物館へ行った人は水族館が10%引きです。
前売り券に限りセット割引 されたチケットが販売されている様なので
両方行くのであれば前売り券が断然お得です合格

開館時は大混雑だった受付も、14時ともなればガラ~ン。。。
すぐにチケットを買い、入館できましたニコニコ

入口すぐに駅のプラットホームをイメージしたスペースがあり、
実物の車両が展示されてありました。
実物の新幹線を見て、子ども達はおおはしゃぎ音譜
どの車両も近くで見ると迫力満点合格でした。

本館1階には実際に自転車をこいで線路の上を走れる
『駆動自転車体験エリア』がありました。
線路の上をただただ『こぎまくっていた』子ども達笑
子ども達の後ろに写る新幹線(車両名は不明…汗)の展示も
迫力ありましたよ~ヾ(@°▽°@)ノ

1階には、鉄道や線路のしくみが多く展示されていました。
私の父は「鉄道マン」だったので、展示されていた制服を見て
「これじいちゃんの服や~」「じいちゃんこんな仕事しててんな」
などなど、父の姿を重ねながらじっくりと見て回りました目

実際に運転席に座って、運転の体験も出来ましたニコニコ
すいているとはいえ、子ども達にとっては人気のブース運転
子ども達の行列でしたヒト
時間制限のあるブースではなかった為、
「あの子長い」と、言われたり、言ったりと…汗

子ども達にとって触れて・体験できるブースが一番楽しい様で
ブツブツ言われたり、言ったりしながらも並んでいましたニコニコ

本館1階は鉄道のしくみやあゆみが多く展示されていました。
鉄道のあゆみには、昔の切符や駅の展示もあり、ご年配の方は
「懐かしいわね~」なんて話しながらじっくり見ていました。

次は、本館2階(≡^∇^≡)
2階には運転シュミレーターがありました。
が…ここは抽選で当たった人しか体験できないとの事泣
1日2回の抽選がありますので、行かれる方は是非この抽選会に
参加してください!!抽選、運行のスケジュール
『やりたい―――!!』気持ちを抑え、貨物列車のしくみ、
電車が危険にさらされた時の判断は?などなど…
それぞれの展示スペースにあるPCにふれながら見て回りました。

そして、2階には鉄道ジオラマが…
その日最後の鉄道ジオラマに並ぶ事20分…

並んだ甲斐あって良い席を抑える事が出来ました嬉し泣き

~ジオラマの説明文は鉄道博物館のHPより抜粋~
実物車両の約1/80スケールの鉄道模型を係員が運転する
巨大なジオラマは幅約30m・奥行約10mもの大きさを誇ります。
車両基地などの鉄道に欠かすことのできない施設を再現し、
模型の走行を通じて鉄道システム全体を楽しむことができます。
(所要時間:約15分)

朝焼けから、夕焼け、夜中まで…
人と鉄道の一日が再現されていました。
その光景を子ども達はじーーっと見ていました音譜

ジオラマが終わると、間もなく閉館…

急いで蒸気機関車エリアを見なくては急ぐ逃げる

子ども達が2歳くらいの時に梅小路蒸気機関車館へ
連れて来たことがあったので私は懐かしい気持ちになりました。
もちろん子ども達に、その時の記憶は無いのですが、、、

蒸気機関車内は油の様な独特の匂いがありました。
機関車内にいると、その匂いも心地よいものでしたおぉ!

お友達の子どもはNHK『あさがきた』が大好きだったようで
『この機関車、あさちゃんが採った石炭で動いてたんよ』
と、ママが説明をすると『あ~、あの石炭?』と、繋がったようです。

実際の蒸気機関車に乗車出来ますので、
是非、乗ってみてください音譜
※私達は時間が間に合わず乗れませんでした苦笑


鉄道に触れ、大満足後半戦でしたチョキ

お土産でも…と思いましたが、ショップは入場規制がーん
平日でこれならば、土・日はヤバいぞ…がーん
と、思いつつ鉄道博物館を後にしました。

帰りはお友達おすすめ天下一品総本店 で、
ラーメンを食べました。

こってりラーメン最高幸


鉄道博物館は『見て・触れて・体験』という
子どもも大人も楽しめる…そんな施設でしたドキドキ

オープンしたばかりで、混雑は避けられませんが、
是非、行ってみてください0
AD