昨日、親子間売買についてご相談を頂きました。

 

お客様の状況をお伺いさせて頂き、

金融機関へご相談をさせて頂きました。

 

金融機関より

審査できる案件なので、事前審査をしましょう!!

と、良い回答を頂く事ができましたカナヘイハート

 

実はこの事前審査OKになるまでのやりとりには

すったもんだがありまして…汗

 

取り組みをしてくれている金融機関を

とりあえずA銀行としますね。

 

A銀行で、今回の様なケースの案件を

取り組んで頂いていました。

が、、、担当者の方が転勤となり

担当者が変わり初めての相談です。

※若干不安がよぎりながらの相談でした。。。

 

話は遠回りしますが、

銀行の担当者は3年おきには変わるので

仕方ないですが、新たな担当者と今まで通りの

融資相談が出来るかがいつもポイントとなります。

 

今までの担当者はOKだったのに、

今回の担当者NG…ガーン

もちろんその逆も多々ありますので、

新たな担当者と色々と話をしながら、

こういった案件であればA銀行かなはてなマーク

この時はB銀行はてなマークこれであればC銀行はてなマーク

と、担当者が変わるごとに整理しています汗

 

そして、今回はこの

今までOKだったのに今回はNG

という、意味不明な回答だったのですガーン

 

つい11月にOKだった内容が、

何故、今日になってNG!?!?!?!?!?

 

こんな言い方はしたくなかったのですが、

「以前の担当者●●さんは、こうやって、こうして

案件に取り組んでくれましたよ。」等々…

何故、私達不動産会社が

融資の一連の流れや、その方法を伝えなくては

ならないのか…ショック

 

結局、現担当者は融資の可否を決める

保証会社とは上手く話をする事が出来ず、

前担当者に取り組めるようにする方法を

伝授してもらったようです。。。

 

担当者が変わり、今までNGだった事がOKになるのは

非常にありがたい事なのですが、その逆はお客様や

もちろん住宅ローンを扱う弊社にも損失が出てしまう為、

非常に困ります。

 

個人間売買は複雑なケースが多い為、
担当者が変わってしまった事で、NGとならない様、
新たな取り組みをしていきたいと思います!!

ご相談を頂きましたお客様の『ローン承認』を
頂ける様、精一杯のサポートをさせて頂きたいと
思いますニコニコ

 

離婚時のご夫婦間、親子間、兄弟間、親族間、賃貸人と賃借人間、隣人同士と
不動産を直接売買する場合には定額&低額で仲介業務と同じサービスの
個人間売買サポートがお得です♪


吹田不動産販売(株)のホームページ♪

仲介手数料最大50%OFF♪お探しのマイホームのご希望条件のご登録はこちら♪

売却時も手数料がお得!「売却のススメ」はこちら♪

AD