接道義務ってなに?

テーマ:

先日のブログ

鉄塔の建つ土地の今後について…で触れた

『接道』というキーワドについて少し触れたいと思いますニコニコ

 

建物を建てる際、

4m以上もしくは6m以上の幅がある道路に

敷地が2m以上接道しなくてはならない

のです。

 

道路の幅が狭く、入り組んだ立地の土地に

家を建てる場合はセットバックといって

自身の宅地の一部を道路として使用し

道路幅を4mにしなくてはなりません。

 

自身の宅地の道路向かいには、

大抵、住宅か何かが建っていると思います。

 

道路の幅を4mにする為に、

自分だけの土地を道路にするなんて

納得できないムキーですよねはてなマーク

 

そこは大丈夫です音譜

安心してください。

今はしていなくても

建替えの際に向かいのお家も

ちゃんとセットバックします。

少しわかり難いのですが、

①現在の道路幅は3m

②どちらもセットバックをしていない

と、します。

 

現況3mの敷地に、建替えをするとなると

建築確認申請の際に「道路幅を4mにしてね」

と、必ず言われます。

 

4mにするには1m足りません汗

その為、道路中心線より

『お互いがセットバックし道路幅を4m』

にしなくてはなりません。

向かいのお家がセットバックをしていないので、

今回のケースであれば

こちらが先に0.5mセットバックし、

足りない0.5mは向かいのお家が

将来建て替えをする際にセットバックをするので

将来的には4mになるという訳なのです。

 

道路に添ってズラーッとお家が並んでいて、

道路との境目が凸凹になっているという

物件をご覧になられた事はないですかはてなマーク

 

そういった並びの物件では、

建替えるときは凹んだラインになるのだと

ご想像頂けるとわかりやすいと思います!!

 

接道義務からセットバックへと

話が反れてしまいましたが

道路幅が4m未満の物件の場合、

敷地の一部を道路にする必要があり

セットバックをすることで接道義務を果たす

という事を知って頂ければ幸いですニコニコ

 

 

 

 

離婚時のご夫婦間、親子間、兄弟間、親族間、賃貸人と賃借人間、隣人同士と不動産を直接売買する場合には定額&低額で仲介業務と同じサービスの個人間売買サポートがお得です♪

吹田不動産販売(株)のホームページ♪

仲介手数料最大50%OFF♪お探しのマイホームのご希望条件のご登録はこちら♪

売却時も手数料がお得!「売却のススメ」はこちら♪

AD