熱帯魚の宝庫、アマゾン川の地下4キロに
川が発見されたそうです。

発見したのはブラジル国立天文台。
天文台は地底の川も見つけるのですね。

地表の生態系とは接点がなさそうですし、
熱帯魚がいるとは思えませんが、
もしいたとしたら間違いなく新種でしょう。

まさに現在に残された人跡未踏の秘境。
ロマンをかき立てられます。
熱帯魚でなくてもいいので、
何か生き物がいないか調査して欲しいものです。

AD

水槽を立ち上げるには

テーマ:

アクアリウムを楽しもうと水槽セットを買ってきて、
水槽に器具を取り付け、砂を敷いて、水を入れ、
いろいろな器具の電源を入れても、
水槽はビデオデッキやテレビのように
すぐに使えるわけではありません。


熱帯魚や金魚などを飼育していると、
どうしても水が汚れてきます。


この水の汚れの正体は、
アンモニアが酸化してできる窒素酸化物。


この毒性を弱めるには、
濾過バクテリアの力が必要です。


この濾過バクテリアを殖やして、
水槽を安定させることを、
水槽の立ち上げと言います。


今までどうもうまくいかなかったのなら、
もしかしたら水槽の立ち上げに
失敗していたかもしれません。


成功と失敗を分けてしまう原因は
たいてい意外なほど
ささいなものだったりするものですから。


水槽立ち上げ

AD

水槽のある生活

テーマ:

このブログは熱帯魚と水槽をテーマに
書いていきたいなと思っています。


大きな水槽もありますが、
基本は小さな水槽がメインです。


それはやっぱり色々な種類を飼ってみたいから。
熱帯魚はよくケンカをしますし、
それだけでなく、種類ごとに好みの水質や水温も様々。
あるいはエサ取り競争に負けて、
混泳水槽では痩せ衰えてしまうものもいます。


それに繁殖とか、その種類特有の行動は、
やっぱり単独飼育でしか
見せてもらえないものもありますし。


そんなわけで5リットルから10リットルの水槽に、
世界中のいろいろな熱帯魚を入れて楽しんでいます。


エサやりはともかく、
水換えは週末ぐらいしかできないので、
あまり手がかからない種類が中心です。


それでも水はいつもきれいで、
もちろん水がにごったり
病気になったりなんてこともなく、
熱帯魚たちは勝手に卵を産んで殖えています。


そんなのんびりした水槽ライフが
私のお気に入りです。


小さな熱帯魚の楽しみ方

AD