ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

携帯アクセス解析 にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ジオターゲティング
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-05-31 19:58:17

立ち食い『きのこそば』(長野駅・『ナカジマ会館』)

テーマ:SRE(酔鉄レストランエンタープライズ)

酔扇鉄道-soba


長野駅ホームにある立ち食い蕎麦屋を運営する『ナカジマ会館』さんは、駅弁業者でもあります。

折角信州に来たんやから、せめて立ち食いでも蕎麦を食べなあかんと思いたった次第。


はっきりとは思い出せませんが、確か+30円ぐらいで画像のような列車内への持ち込みが可能な容器に入れてくれます。

それにしてもこんもりと盛られたきのこ類にわかめには圧倒されますねぇヾ(@^▽^@)ノ


お出汁はこの画像からはよく見えませんがやや濃いめの色。

と言ってもただ辛いだけの物ではなく、本鰹から摂ったものとのことで、なるほど、ふわっと良い香りがしました。

お蕎麦は信州蕎麦の専門店のそれと比べると劣るのかもしれませんが、少なくともホームや車内で手軽に食べるお蕎麦としては充分おいしい部類に入るのでは。

そんじょそこらの立ち食い蕎麦とは一線を画しているように思いました。


『きのこそば』は440円、他にもかけそばや天ぷらそばなど、メニューも色々ありました(確かうどんもあったような)。




にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2009-05-30 17:45:25

2009春紀行その9(2009年3月24日)・松本→小出

テーマ:来た!乗った!!降りた!!!

大糸線から篠ノ井線(長野方面)への乗り換え時間はあまりなく、慌ただしく駅弁を購入。



酔扇鉄道-115 shin-nagano

篠ノ井線長野行きは、115系の3両編成。

さっき大糸線で乗ってきたE127系と同じく「新長野色」。

長野オリンピック開催を機に導入されたこの塗色は評判が良いようで、現在も長野支社の通勤・近郊形車輌はこの色を纏って走っています。




酔扇鉄道-Shinonoi-line

篠ノ井線は一昨年以来2年ぶり。そのときもやはり松本から長野へ向けての乗車。

空はうまい具合に晴れているので、これなら・・・


酔扇鉄道-Obasute 1

酔扇鉄道-Obasute 2

酔扇鉄道-Obasute 3

列車が如何にも勾配へと差し掛かっていくのが車内からもわかってきたら、いよいよ姨捨(おばすて)。

「日本三大車窓」*のひとつにも数えられたこの風景。青空の下に善光寺平が広がっています♪


*「日本三大車窓」:

根室本線新内駅付近(<北海道>狩勝峠。ただし、「三大車窓」と謳われた区間は1966線に廃線)

篠ノ井線姨捨駅付近(<長野県>)

肥薩線矢岳駅付近(<熊本県>矢岳越え。)



列車は姨捨でスイッチバックをして、再び長野へ向けて北上♪






さて、実はこの日は大糸線に乗車中の辺りから鼻をかみっぱなし。花粉症なんですo(TωT )


一応、点鼻薬と目薬はある物の、症状がきつくなってきたので錠剤の鼻炎薬が欲しくなり、長野駅到着後は、車輌を撮るヒマもなく、すぐに改札外へ出て、長野駅傍のドラッグストアへ。



ミネラルウォーターのペットボトルも買い求め、さっそく服用。

とかなんとかやっているうちに、次の列車の発車までもうさほど時間もなく(´・ω・`)



せっかくの長野駅で何も無しは寂しいので、そこでホームにある立ち食いそば屋のお蕎麦を車内へ持ち込み。

容器代を追加すれば、持ち込み用容器に入れてくれます。

これを持って車内に入ったら、何人かに注目され(//・_・//)


酔扇鉄道-ekisoba

お蕎麦に目が行ったのはたぶん私と同じ余所者(旅行者)ではないかと。

地元の人とおぼしき乗客からは特に見向きもされませんでした。日常的な光景なんやろなぁ。

さっき私のお蕎麦を見てた人ら数名もぞろぞろとホームに出て、同じように蕎麦容器を持って再び車内へ。図らずも車内でお蕎麦を流行らせてしまいましたヾ(@°▽°@)ノ



長野からは信越本線にするか飯山線にするかでかなり迷いました。

信越本線も長野~直江津間に関しては未乗、飯山線に至っては全線未乗。

この日は小出(新潟県魚沼市)で泊まる予定やったので、どうせ小出まで向かうなら飯山線の方がええかなぁと。

飯山線も車窓の美しい路線やし、きっとまだまだ雪もぎょうさん残ってそうやし。



しかし、駅弁好きと致しましては、新潟県内でもう一回駅弁を購入したい・・・我ながらよう食べるわ(///∇//)

と、言うわけで、長野からは信越本線で直江津行きに。


酔扇鉄道-Shinetsu-line 1

そろそろ夕方に差し掛かる時間でもあり、帰宅する勤め人や学生さんらが順々に降りていき、車内がだいぶがらんとした頃には、沿線に見えていた住宅も随分少なくなり、代わってリンゴの木々が目に飛び込んできました。


酔扇鉄道-Shinetsu-line 2

ところが空模様もどんどん曇り、信越の国境に差し掛かる頃には霧まで!

あっという間の気候の変化。なるほど山岳地帯ですね∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


で、長野から再び新潟県内へと入ると、そこにもスイッチバック駅があったかと思いますが、さっき長野駅で飲んだ鼻炎薬がよう効いてきたせいもあり、車内で寝てしまいました( ̄_ ̄ i)


で、気がついたら車内の乗客もかなり入れ替わったようで、高校生らの喋り声でもう高田も過ぎたとわかり、そして直江津へ。


酔扇鉄道-115 Nigata

長野から直江津まで乗ってきたのはまた115系で、今度は新潟支社所属の車輌。

こちらもなかなかすっきりした印象です。ちなみに直江津から長岡までも同じ塗色の115系でしたo(^▽^)o



ただ、直江津での乗り換え時間は更に短く、駅弁を買う時間すら無し。

まぁ、これは予め時刻表で確認はしていたのでわかっていたことですが・・・やはりちょっと残念( ´(ェ)`)


そして辺りもすっかり暗くなってきたせいもあり、乗り換えてからはほとんど寝てました・・・富山での早起きも響いてきたようで(-"-;A


酔扇鉄道-Nagaoka sta.

そして、長岡到着。ここであともう1回、上越線に乗り換え。

信越本線に比べると上越線の本数はかなり少なく、ここから群馬県境へ向けては人の流れが薄いということなんでしょうね。

(東京と新潟の往復はおおむね上越新幹線を使うやろし)



ここでもさほど時間はないんですが、さすがにボーッとはしてられません。

階段を駆け上がり、駅弁コーナーへ。

どうにか長岡にて今日の晩ご飯をゲットです(もうすでに何食も食べとるのに)(;´▽`A``


酔扇鉄道-Koide 1 そしていよいよ小出到着。


酔扇鉄道-Koide 2

私が降りた時に駅員さんはいませんでしたが、結構広い構内を見渡すと、かつては多くの優等列車が上越線を通っていたことが偲ばれます。



この日は小出駅そばのビジネスホテルに宿泊。

小出に泊まったと言うことは、そう、明日(2009年3月25日)は只見線で会津若松へ向かうわけです♪



<つづく>

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2009-05-29 17:19:10

阪堺電車・神ノ木電停

テーマ:酔扇鉄道
酔扇鉄道-TS3E6650.JPG

大阪のチンチン電車こと阪堺電車(阪堺電気軌道)上町線の神ノ木電停にてチョットばかり。

南海高野線とクロスしてますが、速さが違いすぎてなかなかうまくは(^^;)
酔扇鉄道-TS3E6644.JPG
酔扇鉄道-TS3E6645.JPG
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。