ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

携帯アクセス解析 にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ジオターゲティング
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-03-31 21:20:11

ホビーセンターKATO

テーマ:酔扇鉄道
TS3E1240.JPG

江坂にある鉄道模型メーカー・関水金属(KATO)のショールーム。
東京のホビーセンターよりは小さいものの、BトレをN化する際のパーツ(台車・パンタグラフなど)を入手するのに重宝する存在。
ただ、時にここは品切れでも日本橋の(ジョーシン)スーパーキッズランドにはあった、てなこともあるけれど(^_^;)


我が酔鉄のBトレ車輌のN化は非常にスローペースだが(他社比・苦笑)




にほんブログ村 鉄道ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008-03-30 18:28:33

北近畿タンゴ鉄道KTR001形

テーマ:酔扇鉄道
TS3E1332.JPG

KTR001形気動車は、京都北部・丹後半島の第三セクター鉄道会社である北近畿タンゴ鉄道の特急列車『タンゴエクスプローラー』に使用されている。

JR線に乗り入れており、新大阪~宮津・豊岡間を結んでいる。

京都駅を発着する『タンゴディスカバリー』とともに、北近畿タンゴ鉄道の名物特急として、多くの観光客を天橋立や伊根の舟屋へと誘い続けている。





にほんブログ村 鉄道ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2008-03-29 22:10:21

近鉄8000系・8600系(Bトレインショーティー)

テーマ:酔扇鉄道

今月25日は私鉄Bトレが数種まとめて発売。その中でも特に楽しみだったのが近鉄の2種。昨年末の近鉄特急3種に続き、ようやく近鉄Bトレも活気づいてきた感じがする(=⌒▽⌒=)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☆近鉄8000系


1964年に同年7月の新生駒トンネル開業に合わせて登場、900系を基に大量導入された車輌で、現在も特に奈良線・難波線では主力車輌である。

また、「8000系」という呼称は、のちに登場する8400系・8600系・8800系も含めた広義の意味でも用いられる。


☆近鉄8600系


1973年に8400系をベースに登場、当初から天井部に冷房装置を搭載し、8000系・8400系と比べ、屋根の形状も丸みを帯びている。


広義の「8000系」は、奈良線・難波線のみならず、京都線・橿原線・天理線・生駒線・田原本線でも運用に就いている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



先日の近鉄3種に続き、今回も簡易な説明であることはお許し頂きたい(しかも誤りがあるかも・汗)。近鉄は車輌形式だけでも非常に複雑で、さらに装備・形状等の違いにも言及するとなると、とてつもない長文になりかねない今後も少しずつ勉強したいとは思うが・・・ヽ(;´Д`)ノ



今回発売になったのは「近鉄8000系・旧塗装」と「近鉄8600系・新塗装」の2種類。




8000-1
まずは「8000系・旧塗装」から。少し黒みのある赤一色!!

私が初めて近鉄電車に乗ったのは確か小学校3年生ぐらいの頃。当時入っていた少年サッカークラブの遠征のため、鶴橋~布施を往復で乗車した。その時の近鉄電車はまだこんなカラーだったと思う。普段は専ら阪急電車を利用していた私にとってはインパクトのある塗装で、また、車窓から見える街並みも(同じ大阪府内ながら)生まれ育った北摂地域とは違った趣があり、車内からじっと見入っていたように思う。



8000-2

前面部はおでこに種別・方向幕が取り付けられたタイプ(右)と、無いタイプ(左)の2種類あり、好みで選べる(登場当初は種別・方向幕が取り付けられていなかった)。



なお、今回の近鉄2種はいずれも4両セット(先頭車×2、中間車×2)で登場。一箱に付き一つ、組立説明書と車体番号や種別・方向幕、そして上の画像の左側のような、かつて用いられていた種別・方向板のシールが同梱されている。よく見れば、「普通 国分」のような大阪線用の方向幕(板)も含まれているのだが、8000系は大阪線でも運用に就いているのだろうか?









8600-1

こちらは「8600系・新塗装」。この塗装は現在も近鉄通勤型車輌の多くに採用されていて、ごく普通に見受けられる。こちらも旧塗装同様、前面パーツは2種類付いている。



8600-2 (どちらも8600系の屋根パーツを使用)

そして、8000系と8600系の屋根パーツを組み換えれば、8000系の新塗装車や8600系の旧塗装車も簡単に作れるのが嬉しい(≧▽≦)

ただ、8000系の中間車用屋根パーツは「パンタ無し」と「2パンタ」の2種類のみで「1パンタ」用が無いのは非常に惜しい(´・ω・`)

1パンタ屋根も付いていれば「モ8000(モ8400)-サ8710(サ8350)-モ8210(モ8450)-ク8500(ク8300)」の編成も組め、何編成も作る楽しみが更に広がったのだが。




8000-4

これは屋根パーツを組み換えて作った8000系新塗装の6連。後の2両には以前スルッとKANSAI限定で発売された近鉄8000系を連結してみた。



8000-3

これは向かって左が今回発売された新塗装車輌。右側はスルッとKANSAI限定で登場した時の新塗装車輌。同じ「新塗装」でもちょっと違うのがお解りだろうか?車体下部(裾部)をよく見れば、右側のみ赤い細帯が入っている。赤一色から新塗装へ塗装変更された際、当初は裾部にも赤帯が入れられたが、現在は左側のような裾部の赤帯を省略した塗装の車両が実車でも多くなっている。こういう些細な違いも面白い。




というわけで、近鉄ッ子でもそうでなくとも結構楽しめそうな今回の2種。ついつい何箱も買いたくなってしまう人も少なくないはず。私も今後新旧それぞれ追加を検討中(笑)。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。