ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

携帯アクセス解析 にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ジオターゲティング
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-02-28 22:24:06

「選択科目」の行方

テーマ:ブログ

今日のテーマは、ちょっとお堅くつまらない話で申し訳ない。



先日25日に国公立大学前期日程の入試が実施され、2006年度入試も山場を越えた感がある。今では3月入試も実施する私立大学が多いとは言え、2月に行われる入試ほど定員は多くない。もっとも、少子化の時代であるから、特に「中堅」私大から「Fランク」私大(=競争倍率か1.0倍を下回り、計算上全員が合格出来る大学)では、学生の確保に必死だろうから、3月入試でもかなりの合格者数を出すのかも知れない。





さて、この時期予備校側では、そろそろ新年度の生徒募集活動が本格化する。主だった私大の入試・及び結果発表も終わっているため、すでに浪人が確定した受験生が入学説明会などに出席ため、ぼちぼち予備校へと足を運び始める時期でもあるからだ。



私が現在出講している、もしくはこの度新規で出講することになった各予備校の募集状況がどうなっているのかはよく知らないが、新年度は河合塾の天王寺進出などもあり、大阪の予備校界も波乱含みの様子である。




こうした状況下で、毎年特に「選択科目」担当の講師は、少々やきもきする日々を過ごしがちになる。ここで言う「選択科目」とは、『理科』(=物理・化学・生物・地学)や『地歴公民』(=日本史・世界史・地理・政治経済・倫理・現代社会)のことを指す。



通常の大学入試科目は、例えば私立文系の場合、英語と国語(現代文・古文)が必修で、あと一つ地歴公民もしくは数学から選んで3科目という組み合わせが多い。私立理系なら英語・数学+理科から一つの計3科目。



こうした事情であるため、英・数・国に比べ、理科や地歴公民各科目の受講者数はどうしても少なくなる。おして、予備校の講義というものは、生徒がいないことには当然成立しない。よって、受講希望者がいない、もしくは極端に少ない科目の講義は、不開講となる場合も出てくる。不開講となってしまえば、当然、その該当科目の講師の仕事がない=収入が無くなることになる。だからなかなか深刻な問題なのだ。




ここで地歴公民の場合を考えてみる。例えば毎年のセンター試験の各科目の受験者数を見れば明らかであるが、地歴公民各科目の選択者数は、通常、日本史>世界史>地理・政治経済などの順となる。



今この記事を御覧の皆さんが受験生の頃、例えば文系受験生だった方は、受験のためにどの科目を勉強されていただろうか?おそらく地歴公民(昔は普通に「社会」と呼んでいた)各科目のうち、日本史を選択していた方が最も多いのではないかと思う。得手・不得手を問わず、とにかく一つ選べと言われたら、何となく日本史を選ぶひとが多いだろう。「日本の歴史もよく知らずに、いきなり世界史をやるのもなぁ・・・」などと言った発想で。



現在の高校の学習指導要領では世界史を必修とするよう示されている。そのため以前に比べ世界史選択者は増えている。ただ、それでも一番多いのは日本史。従って、どんな小さな予備校でも、日本史と世界史はまず確実に開講される(何クラス設置されるかはともかく)。一方、地理など他の科目は、大手ならまず問題ないが、予備校の規模によっては開講か否かきわどい状況になる。




このような状況は、大学側による入試科目の限定も影響している。地歴公民が受験科目に含まれる大学の多くは、実際には日本史・世界史または数学から一つ選ばせるようにしているからである。国公立・私立を問わず、もっと地理や政治経済なども選択科目に含めるべきだと思うが、経費を節減したいのか、地理や政治経済で受験出来る大学は随分少ない。




ちなみに、国公立理系志望の受験生だと、センター試験でのみ地歴公民が必要となることが多い。理系の受験生だと比較的地理の選択者が増える傾向にある。これは、地理の学習内容に理系的要素が含まれているからかも知れない。




契約の

知らせ待ちたる

三月の

春の陽気は

時に恨めし


酔扇



実は私が出講している予備校のうち一つでは、国公立理系の浪人生を対象とした「センター日本史」を受け持っている。理系で日本史を選ぶ受験生は少ない(今年度、この講座の履修者は合計10名だった)。なので、この講座の契約がちゃんとあるかどうかが、今のところちょっと気がかり。ただ、この講座を開講している予備校は、たとえ受講希望者が一人しかいなくとも必ず開講する方針を今まで堅持してきているため、たぶん大丈夫(=コマはある)だと思うのだが。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





近鉄8000系

近鉄8000系の「Bトレインショーティー」。8000系は近鉄奈良線用の車両なのだが、近鉄車両の大半がこうした塗装・デザインであるため、それぞれの違いを頭に入れるのはなかなか難しい。が、いずれは必ずマスターしたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2006-02-27 23:24:12

日立電鉄・タブレットキャリア

テーマ:グッズ鉄

鉄道の単線区間であってはならないこと。それは互いに逆方向の列車が同じ区間を同時進行すること。これでは衝突事故になってしまう。



そこで、こうしたことが起こらぬよう、単線の特定区間を唯一進行することが認められた証し(通行票)として用いられる道具が「タブレット」というものである(他に「スタフ」などあり)。これを持たぬ列車は、その特定区間を進行することが許されず、先に述べたような衝突事故を避ける役割を果たす。






日立電鉄タブレットキャリア全体像

これは、茨城県北部の日立電鉄で用いられていた「タブレットキャリア」(タブレットを入れる袋)の1/2スケールのレプリカ(4,500円)。下部の袋部分の中にタブレットが入っている。




日立電鉄タブレットキャリア表 日立電鉄タブレットキャリア裏

        (表)                     (裏)

袋部分を拡大。表の真ん中には丸い穴が空いていて、金属片が見えている。これこそがタブレット。ちなみに穴の下側には「日立電鉄」と刻印されている。


日立電鉄タブレット表 日立電鉄タブレット裏

        (表)                     (裏)

タブレットを取り出してみよう。縁の一部が欠けていて、穴が大小2つ空いている。真ん中の穴の形状には、他に四角・三角・楕円などがあり、その穴の形状によって区間を区別している。そこで、線路が単線で駅で上下線が行き違う構造になっている場合、先に一方の方向からやって来た列車は対向列車がやって来るのを待ち、対向列車がやってきたら、駅員がそれぞれの列車が持っているタブレットを交換し、交換完了後、それぞれの列車は先に進めるようになる。



もっとも、全国の殆どの鉄道路線では、列車の進行は自動制御されており、現在では千葉県のJR久留里線など、ごく一部の単線路線でしか、このようなタブレットの交換は行われていない。だからこそ、多くの鉄道ファンにとって、タブレットの交換風景は非常に「萌える」のである(笑)。



縁欠けて

穴の空きたる

金属板

見つめるほどに

情景広がる



酔扇





日立電鉄常北太田にて2005/03/31

(2005年3月31日、日立電鉄常北太田駅にて)




日立電鉄切符

ちなみに、日立電鉄は2005年3月31日をもって廃止されている。このタブレットも最終営業日に訪れ、買い求めた記念グッズの一つ。他にも色々購入した。鉄道ファンとしての履歴はまだ浅い私だが、これらを眺めているうちに、最終日の喧噪が思い出され、ちょっとばかりセンチになる。

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2006-02-26 23:46:13

今日もまた・・・

テーマ:ブログ

今日は朝から大阪市内へ向かう。副業の某語学試験業務に関する研修会に出席するために。



そこでは、試験実施中のトラブル対応や、受験者を受け付ける際の照合法などについて、質疑応答も踏まえながら、約2時間半の説明があった。



私も試験会場の責任者(試験官の総まとめ役的存在)として、年8回(毎回ではないが)、本業などとバッティングしなければ引き受けている。多くはないがそこそこの日当が得られる。



ここのところ、この某語学試験は、大学院入試における語学試験の代用・大学の単位認定・就職活動・企業・団体内での昇進などの判断材料として広く活用されており、そのため、受験票やその試験結果のレポートなども、国家試験に準じた方法で受付・発行するようになっている。特に試験結果のレポートには、受験当日に受験者が(「写真評」に貼り付ける形で)持参した写真をとりこんだものが印刷されるようになっている。



この写真の大きさは縦4㎝・横3㎝のものが指定されている。要は、履歴書などに添付するものと同じサイズ。



だが、この基準をなかなかきちんと守らない、つまり、所定のサイズよりも小さかったり、背景に余計なものが写ってしまっている写真などを貼付してくる受験者も多く、その対応にいつも神経を使う。中にはクレームを付けてくることもあるからだ。そしてそうした受験者を何とか説得し、理解を求めるのも会場責任者・副責任者の努め。



受験者側にもそれなりの事情があってのこととは思うが、就職活動や社内の査定材料として(試験結果のレポートを)提出するから、頼むからこの写真でも認めてくれ、等と言ってくる。



しかし、だったらなおのこと、なぜちゃんとした証明写真を貼付しないのか。こんな規定からはずれた写真が掲載されたレポートを提出しても、自身によい結果をもたらすとは思えない。まともな写真も満足に貼らない人間を企業は採用したいと思うか?あるいは昇進させようと思うか?



・・・世の中、色々な人がいるものである。





午後も早々に研修会は終わり、その後はすぐには帰宅せず、梅田や日本橋にも足を伸ばし、それから勤務先の予備校へも向かう。



途中、古い「JTBスピード時刻表」(1993年3月号)を200円で購入。今はもう無き特急・急行列車が色々載っていることだろう。また『鉄道チョロQ考察』の材料にでも鳴れば、と思い入手。






帰宅後は、昨日の片づけの続き。今日も遅々として進まない。




ところで様々なコレクターの皆さんは、そのコレクションを飾ったりしているのだろうか?



私の場合、鉄道チョロQもBトレも、ずらっと並べるスペースはないので、段ボール箱や収納ケースなどに入れたままになっている。






本棚

そこで本棚のスペースに目を付け、こんなBトレを使った「ディスプレイ」を。手前がJR東海313系8000番台・快速「セントラルライナー」、奥に京阪8000系、そして鉄橋には東急5050系。


また時折順番に入れ替えたりして楽しもうと思う。





特にその

言うことも無き

日曜日

ささやかながら

レイアウト気分



酔扇



AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。