ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

携帯アクセス解析 にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ ブログランキング・にほんブログ村へ

ジオターゲティング
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-12-31 23:18:36

高松琴平電気鉄道志度線(2005年12月30日)

テーマ:ブログ
                   2005/12/30琴電高松築港駅

29日で2005年の仕事納めとなり、正月の間もやらねばならない作業はあるのだが、ここしばらく「鉄道旅」をしていなかったので、冬の青春18きっぷを使い、讃岐の地へと日帰りで出かけることにした。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




主な目的は


・高松琴平電気鉄道(略称=琴電<ことでん>)の志度線・長尾線に乗車すること。

→4月に琴平線のみ乗車しているので。


・出来れば琴電沿線のお寺にも参拝し、御朱印を頂くこと。

→結局、駅から近い2つのお寺へ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



                   2005/12/30琴電高松築港駅ホームより高松城

JR高松駅から東へ少し歩き、琴電の高松築港駅へ向かう。すぐ傍には玉藻公園(高松城趾)があり、「撮り鉄」派の人なら、まずこの辺りで高松城をバックに走る琴電車輌を撮影するらしい。



まずは乗り潰しを優先したいので、私はそそくさと駅舎へ。自動改札機が設けられているが、これはICカード「Iruca(イルカ)」用のもので、切符で乗車の際は有人改札を通り、入鋏を受ける。




琴電1


                   琴電600形

しばらくしてやって来たのは長尾行き・600形2両編成。そもそも琴電は琴平線・長尾線・志度線の3線に分かれている。これに乗って終点の長尾まで一気に乗り潰すのも良いが、前日に調べた結果では、先に志度線を乗り潰した方が効率が良いようなので、まずはこれで高松一の繁華街でもある「瓦町」まで行き、そこで志度線に乗り換えることにする。




                   琴電600形車内

琴電では全国各地の私鉄車輌が現役で走っているところから、多くの鉄道ファンは琴電のことを「動く電車博物館」などと呼んでいる。600形は元名古屋市交通局車輌。つまり地下鉄用だったものだ(名城線1700形・1900形)。グリーンは長尾線のイメージカラーでもある。



長尾線や志度線では、琴平線に比べ冷房車輌の導入が遅れていた。ホームの長さなどを考慮した場合、大手私鉄車輌のような車体長の長いものは運用に付けないからだ。この600形は15m級小型車で、しかも1971~74年製とあっては、大正時代からの車輌が現役の琴電にとっては十分新しいと言える。元々非冷房車輌だったが、状態の良い小型車はなかなか確保が難しい現状を鑑み、1998年から2000年にかけて、京王重機での冷房改造を経て導入された。






阪急梅田駅ばりの「歩く歩道」を備えた瓦町駅に感心しつつ、志度線乗り場へ。こちらもまず乗車したのは同様に600形2両編成。志度線のイメージカラーはオレンジだ。志度線は瓦町から北に源平合戦の地で名高い屋島や八栗山などを見ながら志度(香川県さぬき市)へと伸びていて、JR高徳線が志度線の南を走っている。瓦町~琴電志度間12.5㎞を20数分かけて走る。カーブが多く、なおかつ途中の駅間距離が短いためだ。




琴電2

屋島山

左に見ゆる

琴電の

車窓に広がる

海の碧さよ



酔扇



志度線で海が見える区間はそう長くないのだが、海が見えてくると終点の琴電志度ももうすぐ。天気も良かったせいか、吸い込まれるように見入ってしまう。



                2005/12/30琴電志度駅

琴電志度駅はこぢんまりとしている。ここから少し歩いたところにある志度寺に参拝した後、再び琴電志度駅に戻り、トイレを利用しているうちに瓦町行き列車の発車時間に(志度寺参詣の話は、別途1/1未明にアップする予定)。



                   琴電30形車内

慌てて乗り込んだ車輌は如何にもレトロな感じ。思わず「やった」と心の中で叫ぶ。やはりファンにとって琴電=レトロ車輌なので(笑)。



                2005/12/30琴電30形より房前~原間の海眺

さっきも見た房前(ふさざき)~原間沿いの瀬戸内海をレトロな車窓からもう一度眺めてみる。



琴電は2001年に民事再生法適用を高松地裁に申請し、現在も経営再建中である。しかしながら、それでもなおワンマン運転は行わず、2両編成ながら必ず車掌が乗車し、丁寧なアナウンスにマメな車内巡回をしている。



車輌先頭部では如何にも鉄道ファンという感じの男性がカメラを構えかぶりつきをしている。しばらくして、納得のいく写真が撮れたらしく、先頭部を離れた。そこで私は軽く黙礼をし、かぶりつき開始。車内にはこんな掲示があった。



                   2005/12/30琴電今橋駅

終点・瓦町の一つ手前の今橋駅には、茶色とクリームの旧型車輌が留置されている。ああ、あれにも乗りたいなぁなどと思っているうちに列車は瓦町に到着。




                   琴電30形瓦町駅にて

琴電志度から瓦町まで乗ってきたのは、この30形車輌。元京急230形だ。1932(昭和7)年製で、かつては7編成14両が在籍していたが、今やこの1編成のみ。正面の窓の形などを見ていると、きっと京急700形や1000形もこの車輌を手本にしているのだろうと感じられる。




                   琴電30形運転台

一記事に付き画像が10枚までとは実に口惜しい。この後は長尾線に乗車したのだが、長尾線の話はまた後ほど。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-12-30 23:53:12

2005-2006 年末・年始特別ダイヤのご案内

テーマ:アナウンス
東京メトロブロッケン1

毎度ご乗車(ご閲覧)いただき、ありがとうございます。たいへん長らくお待たせ致しました。まもなく発車致します。皆様のおかげをもちまして弊社(当ブログ)も無事、年末・年始を迎えることとなりました。厚く御礼申し上げます。




さて、弊社ではこの度「年末・年始特別ダイヤ」を実施いたします。





先発  12/31発  




                京王5000系Bトレ

1番ホームの列車をご利用下さい。行き先はこの車輌が第2の人生(車生?)を送っているところでございます。





「大晦日から元旦の深夜帯にかけて、終夜運転を実施致します!!」



次発  1/1未明発




                京急旧1000形Bトレ

2番線の赤い電車にご乗車下さい。行き先は先発列車と同様で、この車輌の第2の職場でもあります。また、京急と言えば川崎大師ですが、今回の行き先も「お大師様」ゆかりの地でございます(さぁ、どこでしょう?)。




次々発   1/1夜間発(予)




                西武機関車重連Bトレ

元旦にはもう一本、列車を予定致しております。(つまり、1/1は2回更新予定。ただし写真と内容は関係なし・苦笑)。






                    鴨なんそば

また、駅の「うどん・そば」コーナーでは、年越しそばもご用意致しております。せいぜいご利用下さいませ(笑)。  




                    敬礼!

            来年もお引き立て賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


*なお、1/2からは平常通りの運行を予定していますが(1日1回更新)、弊社沿線地域では濃霧や大雪の予報が出ているため、一時運休となるおそれもございます。予めご理解/ご了承頂きますよう、重ねてお願い申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2005-12-23 20:51:51

四天王寺

テーマ:ブログ
                  2005/12/23四天王寺中心伽藍

講義と講義の合間を縫って、勤務先からそれほど遠くないお寺に行ってみる。




四天王寺・・・593(推古天皇元)年に摂政・聖徳太子によって創建されたことは、あまりにも有名だろうから、殊更な解説は省かせて頂く。



と言うか、あくまで合間に参拝したので、あまりじっくり見て回ったわけではない。だから記事もちょっと足早な感じで(笑)。



                  2005/12/23四天王寺中心伽藍回廊

赤い「エンタシス」(真ん中が少しふくらんだような形)の柱が並ぶ美しい回廊。




                  2005/12/23四天王寺五重塔

文句なしの超有名大寺院。なのに、近所のおっちゃん・おばちゃんが散歩や買い物で境内を通り抜けていく姿が実にしっくり来るお寺。だから今日も何となくやってきたのだ。




この姿は私にとって一生の目標かも知れない。「大物」ほどざっくばらんなものだからだ。肩書きを笠に着るような人や寺社は御免被りたい。もっとも、私はまだ「大物」とはあまりにかけ離れた位置にいるわけだが(苦笑)。





引導の

鐘鳴りやまぬ

初めの地

続けることの

意味を学ばん



酔扇






                 2005/12/23四天王寺北鐘堂

北鐘堂にある「引導の鐘」の音が、ずっと境内に響き渡っていた。



                 2005/12/23四天王寺御朱印

日本における仏法最初の寺(日本最初の本格的寺院)と音に聞きし四天王寺。京都でも奈良でなく、大阪にあるのが興味深い。新年も近い。もうすぐいつもの気さくな賑わいに包まれることだろう。




今年2月にも四天王寺を参拝している。→その時の記事はこちら





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





<一日一Q>

「仙石線マンガッタンライナー(ロボコン・ゴレンジャー車輌:JR東日本)」




                仙石線ロボコンゴレンジャー車輌チョロQ

宮城県は仙台と石巻を結ぶ仙石線(せんせきせん)。東北地方のJR電化路線は専ら交流区間なのだが、この仙石線は元々「宮城電気鉄道」という私鉄路線だったこともあり、以来、今でも直流電化路線である。



 仙石線ロボコンゴレンジャー車輌側面ロボコン 仙石線ロボコン・ゴレンジャー車輌・側面ゴレンジャー

石巻は漫画家・石ノ森正太郎の生誕地。そこでこうした石ノ森作品の人気キャラクターが描かれた車輌も登場した。元の車輌は205系だろうか。ちなみに「マンガッタンライナー」には、他に「サイボーグ009車輌」も存在している。こちらのチョロQはあいにく未入手。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




<お知らせ>


12/24から29日まで諸事情により運休(記事更新休み)させて頂きます。お急ぎのところ誠に恐れ入りますが、30日発の列車(記事)までお待ち頂きますよう、お願い申し上げます。


列車の発車が遅れますことを、深くお詫び申し上げます。


AD
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。