富山酵素風呂 麻蓬 &マクロビオティック料理教室 麻蓬食堂

富山このはな酵素風呂 麻蓬(まほう)を営みつつ、
マクロビオティック料理教室 麻蓬食堂やってます。
もう今は、どっぷり、わの舞。

・富山このはな酵素風呂 麻蓬(まほう)
 10:00~17:00(月)(火)休み。
  富山市大山北新町954-14
  完全予約制です。電話予約→076-483-3392

ただいま、書店にて販売「湯めぐりパスポート」(¥920)掲載していただいています。
11ページ目。この冊子持参されると、
2016年10月30日まで半額の1000円で入浴していただけます。



以下のお申し込みはtomopi1@ezweb.ne.jpまで。

<<<ホーリーバジル(オーヤトゥルシー)種 無料配布>>>

今年もたくさん収穫できました。
ご希望の方は、82円切手を貼った封筒にご住所、お名前ご記入の上、
下記までお送りください。
折り返し、種をお送りさせていただきます。

930-1311
富山市大山北新町954-14
室田 朋子 宛


テーマ:

稲刈りを始めているところもあります。

イネ


リオのオリンピックも終わりました。
オリンピック支持してませんが、閉会式の日本のパフォーマンス、
個人的に気に入りました。椎名林檎のセンス、好き。

リオ2

リオ


8月、霊性の月。

わの舞でもお祭り状態で、
静岡で遠足わの舞。次の日、静岡かまちゃん講習。
奈良かまちゃん講習、神奈川礼子先生講習、奈良講習、京都講習。
来週はまた徳島、奈良の講習と続きます。

静岡 遠足わの舞。

ながめ


以前奈良の講習に来てくださった静岡のC女史が、「静岡むらでは遠足わの舞をやる」と話してくださいまして、その流れでこの度企画してくださいました。
三島に集合。ハマって見ていたTVドラマ「ごめんね青春!」の舞台です。

みしま

食べてしまった後に撮る。

浅間神社。一枚の葉におびただしい蟬の抜け殻。生の饗宴。

せみの


山中城址のあちこちでわの舞。

遠足わの舞

ゆり


かねてから行きたかった柿田川湧水。

ことば

柿田川

その青を1時間でも見ていたなら、悩みなど吸い込まれそう。そういう人間になりたい。

あしつめたい

富士山から約30年かけてしみ出てくる水にて、禊。痛い程に、冷たい。

トンボのが

トンボ。ずっと私から離れないでくっついてくる。確かな美しさ。

トンボの

      トンボの美とサイエンスより

母子

針刺し

マンゴー


その日泊めていただいたAちゃんのお宅がまた素晴らしかった。きちんとお仏壇や「神様の家」にお参り。
手がけられたシュタイナーの作品などがあふれる、丁寧な暮らしぶり。泊まらせていただいたことで、波動が調整されたような。あるべき道に、正してくださったような。

波動を


足立育朗、幸子の作品も。


糸掛け

糸掛け2

私も作りたい、シュタイナーの糸かけ。これ、わの舞との共通点が。周りの釘って、人間だよね。しかも、まっすぐな心で打たないと真っ直ぐにならないという。わの舞踊った軌跡のようだし、真ん中の空白が、神聖なる中心のよう。

高三の娘さん、Hちゃんはノートに描いた絵を見せてくれました。


イメージ

私、なんだって。なるほど、男性性と女性性が拮抗して、外側に紫色がきてる。嬉しかったので絵をいただきました。

他にもHちゃん、こんな私のツボにハマる作品。

きか3

きか2

きか


Aちゃん、ほんとうに美しい方で、わの舞もかくあるべき姿な感じに踊られます。母性、慈しみ、、、。でも実は、かなり目が悪いのだそうです。ほとんど見えない、と。それはまたショックで。だから、美しく舞えるのだ、と。見えない人の方が、実は本当にいい踊りを踊れるんじゃないだろうか。私も、聞こえないから可能性はある。

はなび


静岡講習では、ホーリーバジル、受付に飾ってくださってました。

ホーリーバジルで


お昼の時に、みんなで摘んではむしゃむしゃ。


翌日はTちゃん紹介、富山の家にY君来てくれる。
この人も中性的で、男性なんだけど女性寄り。なので、私は逆に中性の男性寄りで話ができて、楽!この子はこんな絵を描かれる。

イラスト

イラスト2



これもインスピレーションで、その人の魂を描かれるんだそうだ。
手作り万能酵母液もいただいた。


神奈川での、礼子先生の限定講習。


秋の


富山高岡の氣多大社でのお祓い。

けた

ひもろぎ

所作、わの舞の動きが活きる。宮司さんのお話聞き取れないのだけど、わの舞、これはお祓いを自分たちで、自分の身体でやっているようなものだな、と思った。もちろん、神道よりもっとダイレクトに。


ざっこく

ミント


京都のかまちゃん講習へ。

富山の最寄り駅。

無人

ここから、いつも出発です。駅は無人。

すり2

すり


古いすりガラス越しの景色。

地電


地電はがらがらです。

富山駅で、盲導犬のローリー君と。

ろーりー

おっちゃんとお話。

京都桂で、かまちゃん講習。龍神の舞をやる、ということで、一日の講習中、ずっと袴でいました。別に和服講習ではないけれど。かまちゃんには許可確認済み。
いやー、満足、満足。御柱の舞も、袴がしっくりくる。わの舞の標準服が袴だったらいいのに、と思うくらい。丹田や肩甲骨の後ろも意識しやすいし。

終始、和やか。気持ちゆったりしている中で講習を受けられました。遠距離の移動もいつも以上にあっという間。

あるく


実は、毒というか、ドブのような流れがあって、こちらの流れに入ってきてて、私はそれはなんとか自分の中で浄化しよう、としてました。鏡の法則か、とも思ったりして。でも、流れ込んでくるドブ水を、せき止めることにした。えいや、と。身体ももう、というか始めから限界だったので。

私はもう十分がんばった。


すると、本当に楽になってしまった。達人だったら自分で浄化できるかもしれないけど、できない人もいる、できない時もある。そういう時は、自分でそういう場を選ばなくていい。選択できる。受け止められるほどに、自分が成長したかな?と思ったらまた戻ればいい。
その人が悪い訳ではない。私が悪い、弱いのでもない。
人生の中での微調整。それも、この夏身につけた。いつか、私はきっと、その「ドブ」を快感に思えるほどに、成長する。それを信じている上での、一時的な退避、アリ。

いかにも謙虚、なもの言い。でもそれは我の強さの裏返しで。フィルターでがちがちに固めていて、開かれていない。

集団の中の目立つ、目立たない、の本意が認識ごちゃ混ぜなのかなぁ、と思う。

あの、もっと的確でおもしろいこと書けるのだけど、さすがにヤバいからちょっとここらへんで打ち止め。

キーワード、「役目」。私の役目、個々人の役目。
それは人間の頭で推し量れることではない、ということ。

「役目」というのは、普通一般の意味ではない。

「役目」という日本語がちょっとそぐわないかなぁ。
あるべきこと、活かされるわざ、というのか。

今、私は喜んで自分の役目、まっとう中です。
己の役目を認識したら、自分のことが好きになる。服も、姿勢も、食べることも、あらゆるものが明確になってくる。

トンボの身体の美しさ、花の摂理。
とても素晴らしいものに囲まれて、護られて。

そういうことが、わの舞で踊り続けることで、分かってくる。
せき止めることが出来たのは、龍神の舞の心、軸。


前にかまちゃんが龍神を踊る時に必要なのは繊細さ、とおっしゃってて。
生きるのに辛すぎるからとそれまで自分の中の繊細な面を押し殺していた。
龍神舞いたいので自分の繊細さに注意を向けるようにした結果、
「もうダメ!」「無理!」になり、きっぱりと、
こうしてせき止めることができた。

これが、龍神の舞のせき止める水の動き。
繊細さがあるから、せき止められる。


どうでもいい、だときっぱりした動きの根拠が出てこない。
自分の身体を護ろう、とする愛がなければ、きっぱり拒絶できない。


自分のセルフイメージ低いと、レイプでも痴漢されてても、
どうでもいいや、とされてることさえ心に響かないけど、これは異常な状態で。

自分を愛しているならば、自分の身体を大事にする。
拒絶できる。
敵から子を護る母の愛(水も同じ)。

龍神を舞う時の軸が発動した。現実世界とリンク。

あ、なんかやっぱりすごい!わの舞。


たかさご


作物にも人にも必要なもの。それは愛情です。
野菜にも木にも、人に対するように「よく頑張ってるね」と声をかけてほしい。
そういう愛情があって初めて、作物も人も気持ちよく育つのではないでしょうか。
 木村秋則


ほていあおい


花 
ありがとう
今日も咲いていてくれて
明日は散ってしまうかもしれない
でも匂いも色ももう私の一部

谷川俊太郎「ありがとう」


このホテイアオイの花、本当に一日だけ、私の心を慰めるかのように
咲いて、そして夕方にはしぼみました。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)