すいらんぶろぐ

群馬県/フランス美大留学/芸大受験・美大受験予備校/カルチャースクール/企画画廊/学校教材/画材/総合デザイン研究所/美術運送他


テーマ:

先日15日に、富岡で初めて「春のとみおかフランス祭㋐群馬」を

企画、開催しましたが

何とか晴天にも恵まれ(恵まれすぎて顔が焼けすぎ・・・皮がむける・・・)

大勢の方に来場いただき、沢山のひとたちの笑顔が見られて

本当によかったです。


実際のところ、もっと沢山の方に出展して欲しかったけど

まあ、今回の賑わいをみて・・・

詳細はまた後日アップします。






で、21日から画廊翠巒(すいらん)で

アマダレ 柿崎さえみ・永井里枝・中田朝乃 展を開催します。





昨年から始めたこのグループ展は

東北芸術工科大学の日本画の教授で

この画廊翠巒でも個展を開催したことがある異色の人気画家

長沢明氏の教え子、つまり芸工大大学院日本画領域修了の

若い才能にあふれた作家を、長沢先生が選んで

画廊翠巒との共同企画で開催するグループ展なんです。










で、今回の作家は全員女性

柿崎さえみ・永井里枝・中田朝乃の三人


三者三様、とても個性的な作家三人です。







この中で、永井里枝は群馬出身で

すいらんの受験部門すいらんアートゼミナールの出身者で

昨年もこのアマダレに参加してもらったのですが

切っ掛けはあくまでも、たまたま長沢先生が選んだ作家の中に

永井里枝がいた・・・という偶然。

長沢氏は永井里枝がすいらんの卒業生であることは知らなかったので()


縁とは本当に不思議なものです。



そしたら何と、中田朝乃の母親は群馬県高崎市出身

最近結婚した旦那は何ところもまた高崎市出身という

不思議なご縁です。


このグループ展のタイトル「アマダレ」は

長沢氏がつけたタイトルなんだけど、

どういう意味かを長沢氏が書いています。


芸術の世界は必ずしも結果を伴うものではないが、

たとえ結果がどうであれ、描き続けていくだろう彼等。


一つの方向を向き描き続ける作業は、

雨だれが石を穿つ様と重な、

ときには「描くべき意味」を飛び越えていく。


描くことが思考を超えた時にしか、見せることができない世界がある。

私は芸術のフィールドに、そんなプレイヤーに立ってもらいたい。


またアマダレは「!」の別名であることから、

彼らが自分の世界を求める中で見つけた「!」を、

僕らにも見せる機会になってほしい。」


と・・・。


いや~、愛があるコメントです。

若い作家たちは、なかなか作品を発表することが実は難しいんです。







例えば沢山の自分を発掘してくれるような人達が訪れる

立地や地名度のある画廊での個展をしようと思ったら、

自分で会場(貸画廊)を借りて発表する自主展

でもこれにはかなりの費用が必要。

だいたい一回個展をすると50万くらいはかかってしまう。

安いところは立地や会場空間、知名度など条件があまり良くない。


それは展覧会経費をすべて負担してくれる企画画廊で発表。

でも企画画廊自体があまりなく、

ましてやなかなか売れっ子じゃないと経費ばかり嵩んで赤字になるので

企画をしてもらえない・・・。


・・・・そんなわけで若い作家はみんなバイトをしたり

生活費を節約して、お金を貯めて自主展をする。

でも作品は貸画廊ではほとんど売れないので

また貧乏生活を一から繰り返す悪循環・・・。


そのうち作品を制作しなくなり、その道から離れていく・・・。


で、長沢氏と話しあって、画廊翠巒で企画展をすることになったのが

この「アマダレ」というわけです。





まだまだ若いので、完成度はないかもしれませんが

一生懸命描き伝える熱意のようなものがあります。


是非、ご来廊頂きご高覧下さい。



もし気に入りの作品などありましたら、

是非ともコレクションに加えてやってください。


アマダレ 柿崎さえみ・永井里枝・中田朝乃

2016521[]29[](火曜休廊)

am10:30-pm7:00

群馬県前橋市文京町1-47-1

画廊翠巒(すいらん)








AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日まで雨・・・・そして明日からは晴天!

という天気予報に、”やった~っ”と小さくガッツポーズしてしまいました。


何故なら、5月15日[日]は、

世界遺産富岡製糸場のある富岡の地で初めて開催する

「春のとみおかフランス祭㋐群馬」がある日です。





いや~一時は本当に出来るのかどうか・・・と心配になるような出来事が

沢山あっていささかナーバスになりましたが、

まあ取りあえず何とかなりそうです。


今回フランスから特別に取り寄せたフランス製のマルシェパラソルも

ギリギリ到着。ふっ~~~・・・・



今回の「春のとみおかフランス祭㋐群馬」の内容は

僕がやっぱり書いている日仏ブログの方を見ていただいて

内容をチェックしてください。

群馬日仏協会公式HP http://www.fj-de-gunma.com/

広報部が行く!  http://franco.gunmablog.net/



で、今回もすいらんは、籠バックと絵

去年の第5回ぐんまフランス祭で初めて籠バックを

フランスから輸入して販売したんだけど

輸入した約160の籠バックが、三日間でほぼ完売。


そんなわけで、今回のとみおかフランス祭に合わせて

またまたフランスからほぼ同量の籠バックを輸入しました!!





で、今回は更に前回よりバリエーションを多くして

いろいろなタイプを輸入してみました。


素敵な女性のみなさんに、喜んでもらえるでしょうか???(笑)







今回は前回のタイプの籠と

もう少し大きめな横長のバック、携帯を入れる場所までついてるんです!

ちょっと大きめなので、

夏の海や山にピクニックなど、どこか避暑地にお出かけの時にいいかな~っと。





それとちょっとインテリアにも使えそうな、シンプルな籠も

普段使いとしてもいいかな~・・・・。





それと、ちょっとお出かけの際に

形が面白い、おしゃれな小型バック。

南仏ならではのスタイリッシュでかわいいバックです。


色も沢山あります。

日本人は、いつも地味~なものばかりなので

たまには沢山の色があるおしゃれな籠バックを持って

近くのスパ―に買いもの・・・にいくのも何か楽しくなりそうでしょ?(笑)


そしてお値段も昨年好評だった、フランスの南仏のお店やマルシェで販売している価格と

ほぼ同じくらいで今回も提供します。


それに何と言っても、高崎在住のフランス、マルセイユ出身の

友人のフランス女性に 

”わ~っ、何て懐かしいの~!フランス人は毎日この籠バックで

買いものをするの~!私達の日常そうものも! 輸入してくれてありがとう~!”

と言われて 少々気をよくしています(笑)





そして、去年 フランス祭の際

”すいらんさんフランス祭であまり絵を展示しなくなっちゃいましたね?”

”是非また、いろいろ作品を見せてください”

と複数の方に言われたので、





今回もフランス人の友人たちに頼んで、水彩画やアクリル画を描いてもらったので

その作品も一緒に販売します!


是非是非15日日曜日、富岡にお出かけください!


AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

連日本当にいい天気ですね~!

こんな天気がず~と続くといいのにな~といつも思うのですが

なかなか続きませんね~!

残念!!明日からは天気が悪くなるそうです・・・。


それでもそれでもまたまた大ニュース!!(笑)





明日5月9日[月]から、

またまた以前から開発をしていた

富岡製糸場のオリジナル土産 「まちづくり富岡」用として

僕のプロデュースしたお菓子の第2弾

前回のギモーブに続いて「富岡マカロン」の販売を始めます。


富岡で生産された桑の葉のパウダーと

シルクパウダーを練り込んだ、特別なマカロンを

またまたフランスのある方((フレンチの巨匠~!)の

最高のレシピで製造してもらいました~!!


マカロンって実はとっても味の違いが出やすいんです。

職人さんの技術と何と言っても材料の問題が大きくて

僕の友人の中でも、意外と”マカロンって美味しいと思う・・・?”


”そんなに美味しいと思ったことないんだよね~・・・”

本当、でもその通り。

やっぱりいい素材を十分に使わないと、

べた~っとしていたり、ぐにゃ~っとしていたり

サンドしてあるクリームも美味しくなかったりするものです!





でもこの富岡マカロン、高級マカロンのお味と食感!

なかなかの出来です!

素晴らしいパティシエの皆さん!ありがとうございます!!


こちらもまずは一日限定20個の少量生産なので、もしかしたら

売り切れゴメンになります。



こちらも少しづつ増産できるようにしたいとは思っています。 




で、このマカロン・・・本当にお土産品とは思えないほどの品質なんですが、

マカロンはとってもデリケートで壊れやすいお菓子なので

お土産としてのパッケージがなかなか大変でした。

で色々な方のお知恵を拝借しつつ、ちょっとづつ工夫してたどり着いた

比較的壊れにくいパッケージの構造を開発してみました。

ビジュアル的にもなかなか美しいです!


なかなかの自信作です!(笑)


こちらもまずは富岡製糸場内の売店で販売を始めます。


もし購入チャンスがあるようでしたら、ぜひご賞味くださいね!

AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

と~っても久しぶりのブログになってしまいました。


このブログ以外も、いろいろブログのアップをしなくてはいけないんだけど

ぜ~んぶ出来ずにずるずると・・・・。

いや~サボっていたわけではないんです。

出来なかっただけなんです・・・。


あれっ、どっかで聞いたセリフ。

いいわけはいけない。。。(反省)


で、実は以前から依頼され、僕のプロデュースで開発していた

富岡製糸場の売店と富岡物産館/お富ちゃん家での販売用の土産

「ギモーブ・オ・ショコラ」 が完成~~

5月3日から販売を始めました。





富岡とフランスの歴史的な関係を示すような富岡のオリジナル土産が

必要・・・っていうことで開発していたんですが・・・。

まあいろいろあって、今になってしまったわけです。


で、ギモーブはマシュマロのフランス語。

最近世の中的には、東京のちょっとおしゃれなパティスリー(お菓子屋)や

ここ群馬でも、流行に敏感なところではよくみかけるようになった、

従来のマシュマロとはちょと違う、人気のお菓子なんだけど、

今回のギモーブ・オ・ショコラは、パリの天才フランス人シェフの

アランデュカス系列のレストランのシェフパティシエールだった人に

フランスの本場のレシピを基に作ってもらった、本格派!!





イメージとすると、生チョコを空気で包み込んだような感じ???

ちょっと抽象的でわかりずらいかもしれないけど、

口の中に入れると、す~っと溶けて行く感じです(笑)

えっ・・・これギモーブ?(マシュマロ)って思うほど

チョコレート感たっぷりで、チョコレート好きにはたまらない美味しさ。


少々観光地のお土産ってスタンスでは

ちょっと勿体ない感じもするけど、

でも土産を購入する側からすれば

どこの観光地に行っても、だいたい同じような土産ばかりで

そう考えればまあ、もったいなくはないかっ てことになるかな~・・・。


でも工場での大量生産ではないので、

最初は一日限定20箱・・・少ないんです。

申し訳ありません。

あまり大きくない箱に、ちょっと変わった並びで入っています。





富岡製糸場の建物に使用されている煉瓦は

フランス積みっていう積み方で、

このギモーブを煉瓦に見立てて、フランス積みの模様に

箱に詰めてあるんです。





少し白くなっているのは、古い煉瓦の雰囲気を出すために

粉砂糖とシルクパウダーをまぶしているんです。



すっごく美味しいので、是非是非

富岡製糸場に行かれた際には

製糸場の売店で、このギモーブ・オ・ショコラを購入して

是非食べてみてください。

少量限定販売なので、午前中で完売することが多いので

お早めに売店で購入してください。


いいずれにしても、ギモーブのイメージもかわりますよ!



いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、ブログを書くのがめっきり少なくなってしまって

書き始めた頃は、一日おきには書こう、出来れば毎日でも・・・

なんて思ったけど、ぜ~んぜん書けてない・・・・


それどころかこのブログなんかもう2週間ぶり???

週間というのは本当に恐ろしいもので

書かなくなると、本当に書かなくなるものですね~~~!!


で、久々に書こうと思ったのは

先週の火曜日に映画「怪しい彼女」を観たので・・・。





以前から映画館で前宣伝してて

ちょっと面白うそうだな~・・・と。

前回、今度米寿を迎える年老いた母を

映画「家族はつらいよ」に連れて行ったら

かなり面白かったらたしくて、また観に行きたいというので

面白そうな映画を見計らって連れて行こう・・・って思っていたのですが

丁度この「怪しい彼女」をやっていたので。





で、この多部未華子さんが主演の「怪しい彼女」

無茶苦茶面白かった~・・・!


オリジナルは韓国のヒット映画だ というのも知っていたのですが

完全に舞台もロケーションも日本に置き換えられていたので

オリジナルが韓国映画だとうのはまったくわからない感じ。


この映画、最初は倍賞美津子さんが

けっこう、インパクトのあるばあちゃん役で

少々お腹いっぱいな感じになるものの、

まあこれが、その後の展開に見事に役に立つ・・・てところなんですね。







で、この主役が、20歳の姿に若返ってしまった毒舌おばあちゃんが

巻き起こすドタバタ騒動。


韓国のヒット映画「怪しい彼女」を、

「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!!」の水田伸生監督がリメイクしたのだそう。


ヒロインの20歳の姿を多部未華子さんが演じて、

73歳の姿を倍賞美津子さんが演じていました。




それにしてもドタバタではあるものの

ありえる人生模様を様々なシチュエーションで面白可笑しく見せ乍ら

なるほど、もしそうなったら・・・とか

年配の人ならば、”自分の人生は果たして、どうだったんだろう??”

と考えさせられる場面も多々あったりして、

最愛の人のために生きる人生も、

自分のために生きる人生も、

その人にとっては、他人からはその価値をあれこれ言えない

かけがえのない人生は自分の人生観そのものなのかも・・・と。




まあ、自分の人生を振り返る切っ掛け としての映画 

かもしれないな~・・・なんて思ったりもしました。


それにしても、多部未華子さんの意外なほどサバサバとした演技が

見事でした。





それにこの映画の中で歌う歌が、本当に透明感があって

最高に美しい。

この映画を切っ掛けに、大ファンになりました。


内容についてあれこれ書く気はいつものようにないので

是非映画館に行って、観てみて下さい。




ちょっとわざとらしい、場面設定とかもあるけど、

でもそれはそれでけっこう許せる・・・という感じ。


期待を言い意味裏切るほどよかった。

もうすぐ88歳の母も爆笑していました(笑)




いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。