すいらんぶろぐ

群馬県/フランス美大留学/芸大受験・美大受験予備校/カルチャースクール/企画画廊/学校教材/画材/総合デザイン研究所/美術運送他


テーマ:

梅雨の合間の猛暑・・・

あすからはまた、少し梅雨っぽくなるらしいですが・・・・。



さて、9日土曜日から 「広沢 仁 展」-テンペスト-が始まります。





広沢仁氏の個展は2014年以来2年ぶり

もうこの個展で4回目になります。






とにかく その作品センスがとても好きな作家。

即興的でいて、しかし実に隅々までよく計算されていて

クオリティーの高い作品だと思います。







展覧会タイトルは「テンペスト」

ウィリアム・シェィクスピアの戯曲にある

「テンペスト」 嵐 を由来とするところをタイトルとしていますが

東日本大震災及び福島原発事故などを切っ掛けに

「人と社会の仕組みや様々な関係性などに興味が移行し

生と死の深層にまで思いを深めるようになった」

という作品は

一瞬デザイン的で構成的な軽やかさがありながらも

以前よりずっと人間的な情緒を感じる

即興的な描写に、元来備わるた卓越したセンスに裏付けされた

情緒的、感傷的な作風へ変化しつつあるような気がします。





また、技術的にはシルクスクリーンという版画の技法の一つで

制作をするものの、版画という多数多刷りという概念を超え

1点から 多くても10数点しか摺ることがなく

筆の代わりに、シルクスクリーンの技巧そのものが

キャンバスに描くときにつかう、筆そのもの、、、といった感覚であり

実にオリジナル性の高い作品を制作しています。










特に一般的にはシルクスクリーンなど

版画制作には使用されることのない

蜜蝋を使用し、いわゆる蝋画に近い作品を生み出しています。


是非とも実物を見ていただき

ご感想をいただきたい作品です。



 



本展には13日水曜日に

広沢仁、作家本人が在廊し皆様をお待ちしています。








画廊翠巒(すいらん)
群馬県前橋市文京町1-47-1

htp://suiran.info/galerie

suiran@suiran.com




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

やっと梅雨??

梅雨の時期は好きではないけど、

でも雨の降らない梅雨はやっぱり変ですよね。

水不足も深刻だし、農作物にもかなり影響があって

とにかく野菜類が高いですよね~・・・。

料理をするせいもあって、よく買い物にも行くので

野菜が高いのは本当に困るんです。





で、先日以前から観たい観たいと思っていた

「二ツ星の料理人」原作名「BURNT」を観てきました。





Yahoo映画の解説によると


「一流の腕を持ちながらトラブルを起こして転落した元二ツ星シェフが、

新天地ロンドンで三ツ星獲得を目指して奮闘する人間ドラマ。

再起を図るワケありの天才シェフを、

『世界にひとつのプレイブック』などのブラッドリー・クーパーが熱演する。

共演には『アメリカン・スナイパー』などのシエナ・ミラー、

『最強のふたり』などのオマール・シー、

『ラッシュ/プライドと友情』などのダニエル・ブリュールら実力派が集結。

『8月の家族たち』などのジョン・ウェルズがメガホンを取る。」


と。







まあ内容についてはいろいろあるけど

とにかく映画の内容を観て、涙が止まらなかった。

僕は別に料理人ではないけど、

料理界に友人も多いし、少しその世界にいたこともあって

本当によく分かる・・・。







ミシュランに星を一つ落とされただけで、

自殺者が出たという話も真実だし、

そのことにいつも強迫観念をもって精神的に不安になってしまうこともあるだろう。


でもこの話は、料理界にのみ存在する話ではなくて

たぶんすべての世界にいえる、「心のありよう」を伝える映画なんだろうと思う。


それにしても、映画の中で

料理だけアップで見せてくれるわけではないけど

その料理の実物が観たいなあ~・・・。





あんなレストランンの世界、いいな~





どこのシェフが、出てくる料理のサンプルを作ったんだろう~??


個人プレーを多く求められる欧米で

でも最近たぶんとても危惧されているのは

欧米人の協調性の欠如なのかな~・・・。

結局の所、チームプレーでしか物事を完結させることは難しい

という警笛をならそうとしているのだろうか・・・?





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本当に今が梅雨なんだろうか・・・・と思うほどの

晴天、灼熱の太陽・・・・

ますますここ群馬の水瓶、貯水湖は干上がっちゃうな~。

ちょっと心配です。



もうちょっと前になるけど、

久々に東京で大学生と大学院生をしている息子と娘と待ち合わせて

家族4人で食事でもしよう~と誘って夕飯を神楽坂で。





最初は息子はいつものことながら、”いいよ!忙しいから”

”サークルの用事があるからいいや!”

”レポート提出物があるから時間がないから行けない!”

などなど、何か口実を探し乍ら一緒に食事をするのを断わってきたけど

おおよその検討はついているものの・・・・。

結局母親の何かの一言で、じゃ~行く! ってことになったらしい。


それに、息子にとっては神楽坂に来るのは面倒らしい・・・

キャンパスはある三田・日吉からは確かにけっこう距離があるからな~。


それに自分も若い時は親と一緒に行動するのは

よっぽどの理由がなければ、行かなかったかもしれないな~・・・。





で、行ったのは比較的よく家族の待ち合わせに使う

フレンチレストラン「ル・クロ・モンマルトル」

元々はフランスの星付きレストランでソムリエをしていた

フランス人・ジャニックさんが自分が毎日通いたくなるような

パリによくあるような気楽に入れるビストロを作りたいと

作ったレストラン。





そして今はその創業時からシェフ担当している

友人がジャニックさんの意思を受け継いで、今ではオーナーとして

シェフも引き続き担当して営業する家庭的なレストラン。


こういうレストランの方が日本では少ないかな~・・。


こういう気軽に入れるレストランはフレンチっぽい洋食屋さんになっちゃうか

もしくは現代的な創作フレンチとか日本の帝国ホテル系のフレンチ





我が家は日本人家庭だけど、食事はかなり

フランス家庭料理が多くて

意外と本当のフランス人家庭より伝統的なフランス料理が

食卓に上る確率が高いかもしれない・・・

そんな家なので、

子供達も「ル・クロ・モンマルトル」に来ると

我が家の料理に近いので、安心して家庭で食事をしている感じで

リラックスするみたいです。


レストランの人達もみんな親切で家庭的

勿論料理もすっごく美味しい!

家庭で作るには少々手間がかかるような

典型的なフランス料理もいろいろあるので

本当に嬉しいんです。


まず食前酒にキールを





先ずアミューズはハムの香草ゼリー寄せが乗ったカナペ





前菜は

僕は砂肝のサラダ、妻はレンズ豆のサラダ

娘はエスカルゴの香草焼き、息子はパテ ドゥ カンパーニュ





メインは

僕は牛肉のストロガノフ風、妻は豚肉のコンフィー

娘は鳥肉のロースト、息子は鴨のロースト







デザートは

僕はフルーツタルトとアイスクリームの盛り合わせ

妻はチョコレートタルトとアイスクリーム

娘はクレムブリュレ

息子はピスタッチオのタルトとアイスクリーム


それにカフェ


やっぱりこのレストランは本当にいい!

雰囲気や華やかさ、作られた豪華さを求めず

コストパフォーマンスを含め、普通のフランスを望む人にとっては

とてもいい感じのレストランだと思います。



ル・クロ・モンマルトルLe Clos Montmartre

東京都新宿区神楽坂2-12 Ryo1 神楽坂 1F

TEL 03-5228-6478

URL: http://www.leclosmontmartre.com

営業日:[月~金]11:3014:00(L.O) 18:0021:30(L.O)

[] 11:3014:00(L.O) 18:0021:30(L.O)

定休日:日曜日


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は雨

昨晩からもの凄い雨で、あまりの雨に

ちょっと我が家の雨漏りが心配になったくらい・・・(笑)

でも大丈夫でた~・・・。

それにこれで雨不足で農作物に少々生育に影響がでている

って話も聞いていたし

水瓶のダム湖にも少し雨だ溜まったかな~・・・。

長雨はあまり好きではないけど、

これはやっぱり恵みの雨なんだろうな~・・・(笑)





先日、超天然な綾瀬はるかさんが主演の

「高台家の人々」という映画を観てきました。

映画館やテレビのCMで観て、ちょっとコメディーな

楽しそうな映画だったので、ストレス発散も兼ねて・・・。





あらすじは


何かと妄想しては自分の世界に夢中になってしまう癖のある、

OLの平野木絵(綾瀬はるか)。

さえない日々を送っていたある日、彼女の勤める会社にニューヨーク支社から

高台光正(斎藤工)が転勤してくる。







ばく大な資産を抱える名家・高台家の長男にして、

東大卒業でオックスフォード大留学の経験もあるエリートの彼が、

なぜか木絵を食事に誘う。





驚く木絵だが、光正はテレパシー能力の持ち主で、

彼女の妄想をのぞくうちにその純粋な心に魅力を感じるようになったのだ。

二人は次第に心の距離を縮めていくが……。


という内容。


意外とラブコメディーでした。

きっと、恋人同士とかで本当は観に行ったほうがいいのかも・・・(笑)





まあ漫画が原作だし(差別的な言い方ではなく)

手放しで楽しい映画でした。


劇中に出てくる水原希子さんの雰囲気がいつもと違っていて

なんか綺麗でした。





御祖母さん役でシャーロット・ケイ・フォクスさんも出演していたけど

なんか都合よく使われていた感じで

配役としては、ちょっとかわいそうだったかな~・・・。


それにしても、人の心がもしも本当に読めてしまったら

よくも悪くもいったいどうなるのだろう~・・・。


娯楽映画としては楽しかったです!!



□     □     □     □     □     □     □     □     □



我が家の食卓


最近作った我が家のビーフ・フォー・・・ベトナムの米の麺のおそば





我が家はみんな大好きな我が家の家庭料理の一つです!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日までは初春にもどったかのように

うっすらと寒い日が続いていたし、

雨も降らないから、農作物もうまく育たないとか・・・

我が家の庭の木々も、一本知らないうちに枯れてしまった・・・。

雨不足。

深刻にならないうちになんとか恵みの雨がくることを祈りつつ。。。






11日土曜日から、「有地好登 展」を開催します。

有地氏は現在、日本大学芸術学部の教授で

版画学会の会長や日本版画協会理事などを務める実はとてもえら~い版画家です。





でもとっても気さくな いい先生で、そのギャップがまた魅力的なのかな~・・・。


有地先生とはもう三十数年来のお付き合い。

画廊翠巒の先代の画廊主であった私の父の時代から

この画廊翠巒で個展を開催していただく先生です。







今回の個展は約7年ぶり。

もうあれから7年も経ってしまったのか・・・と思うほどです。


有地氏はとにかく、世界中の国際版画コンクールの常連。

第8回イギリス国際版画ビエンナーレ買上賞や

第14回国際ミニ版画展第一席、第8回プレミオ・アックイ国際版画ビエンアーレ審査員特別賞

などなど数々の輝かしい賞を受賞する、今もなお積極的に

世界のコンクールに目を向け、活躍の場を探す

本当に謙虚で前向きな作家です。






その作品は大英博物館やロサンゼルス州立美術館、

ワルシャワ国立美術館などなどまだまだ世界の沢山の美術館に収蔵されているんです。






有地氏の技法はまた実に複雑で

銅版画という手法で可能なほぼすべての技法を駆使して

実に多彩で奥行きのある、観れば見るほど

その世界の技法的な多様性とその中にある文学性に

引き込まれていきます。







本展は最新作からここ数年の作品を観ていただこうかと思っています。





2016年画廊企画PART4

有地好登 展 

- 虚実・狭間の美 -

2016年6月11日[土]ー19日[日] (14日火曜休廊) am10:30-pm7:00

群馬県前橋市文京町1-47-1

画廊翠巒(すいらん) 画廊主:梅津宏規

TEL027-223-6311

URL: http://suiran.com/

E-mail :info@suiran.com









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。