箱庭ライブラリ

「非日常のなかで暮らす日常」「森の中にひっそりと建つ図書館や美術館のような家」を目標に、注文住宅を建てました。
2017年2月完成。えっちらおっちら生活中です。


テーマ:
こんにちは。
いつもご覧頂き、応援やコメントありがとうございます!

今回は2階の手洗いスペースをご紹介したいと思います。
階段を上ると左に見えてくるのが手洗いスペースとカウンターです。



この家は2階リビングなので、お客様がいらっしゃった時はここで手を洗って頂きます。
ちなみに右奥の扉がトイレなので、トイレ後の手洗いも兼ねています。
トイレの中は何も無いのです。



洗面アップ。
ここは「壁給排水、シンプルな水栓とボウル」という割とゆるい希望だったので、確かカクダイ製のステンレスボウルと単水栓をカタログからババっと選んだ記憶があります。
実物すら見ていない…。

排水はボトルトラップになっていますね。
打ち合わせでは「あんまり予算が無いのでPトラップでいいです…」って言った気がするのですが、上下階ともボトルトラップでした。どうしてだろうなぁ。

そして以前記事にした壁給排水の配管経路の問題ですが、手洗いの壁の裏の床をこのように上げ底することでパイプを逃がしてもらいました。



とても見にくいですが床から10cm弱、一部段差になっているのが分かるでしょうか。
ここをパイプが通っています。
このエリアはパントリーなので、収納棚の一部にしてしまえばいいやーと。

話は手洗いに戻ってステンレスボウル。



このボウル、シンプルで好きなんですが水跡がめっちゃ残ります。



ほらね。



カウンターは180cmくらいのゴム集成クリアオイルです。
ここはタモにすれば良かったなぁと出来上がってから思いました。
階段がタモになってたから余計にそう思う!(想定外だった)

左下はシナフラッシュで開き戸の収納を作ってもらいました。
この家の扉はほとんどがシナフラッシュのクリア塗装です。
シナって黄色いよなぁ…。
色はラワンのほうが好みだなぁ。



カウンター左手には天井高収納とLDK入口があります。



ここの収納はクロス仕上げの扉にしてもらいました。
シナとも悩みましたが、サイドの壁が見えているのでクロスのほうが収納の存在感が消えるかなぁという狙いです。
引手はカワジュンのライン引手シルバー。

ここのカウンターはこんなに広くとる必要は無いのですが、作ったおかげで廊下がとても広く感じます。
2階廊下に面して腰から上が空いているので、壁に挟まれる圧迫感がないんです。
普通の尺モジュールでも、広さを稼ぐこんな方法もあるんだなーということで一つ参考までにどうぞ!

【ゆるWeb内覧会 過去記事一覧】
第1回 木がいっぱいのリビング
第2回 羽目板勾配天井のロフト
第3回 ウッドワンのフレームキッチン「KUROMUKU」

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

注文住宅(施工主)ランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

チナミさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。