金澤 俊(すぐる)のブログ

苫小牧市議会議員 金澤 俊(すぐる)の日記、主張

かなざわ 俊の使命感きらきら

一、市役所改革を行ないます!!

一、高齢者や障害をお持ちの方にとって住みよい環境を整えます!!

一、経済を活性化させます!!

一、スポーツ復興によりふれあいの場を増やし、社会を豊かにします!!

NEW !
テーマ:

昨日、「金澤俊市政報告会」を開催致しました。

 

毎年、沢山のみなさんにお越し頂いておりますが、今回も350名ほどの方々にご来場頂きました。

年度末のお忙しく、また、お仕事で大変お疲れのところをご来場くださいましたみなさま、本当にありがとうございました!

 

また、ご来賓として、北海道議会議長の遠藤議長、岩倉市長、衆議院議員堀井代議士の奥様からもご挨拶を頂きました。

 

その他、市内経済界やスポーツ文化各種団体関係者のみなさまにも多数お越し頂きました。

 

そして今回のゲストは苫小牧市出身のプロビオラ奏者の田中詩織さんに来た頂きました。

田中詩織さんは、私とはとこ同士。

面白いトークとともに数曲演奏して頂きました。

お陰様でこれまでとはまた違った雰囲気の報告会となりました。

詩織ちゃん、ありがとうございました。

 

私からは、IR,小中一貫教育の導入に関することなど、市政に関するいくつかの点についてご報告をさせて頂きました。

 

これからも苫小牧市発展のために頑張って参りますので、みなさん、変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします!

遠藤北海道議会議長。岩倉苫小牧市長。堀井代議士琴恵夫人。田中詩織さん。感謝の花束。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、国保会計に続き、下水道事業会計の予算委員会において質疑を行いました。

 

私の質疑内容は以下の通りです。

 

①今後の下水道インフラ整備についての考え方

②平成28年度、29年度の収支見通し

③下水道料金の未徴収問題について

 

今後の下水道インフラ整備についての考え方については、東西に長い行政区域を持つ苫小牧市において、これからは維持・修繕を進めていかなければならず、そのためにも現在ある長寿命化計画から国から示されているストックマネジメント計画への移行をスムーズに行いつつ整備を進めることが示されました。

特に私が懸念するのは、現在のインフラの維持のみならず、今後まちが更なる発展を遂げることができる可能性があり、そこに市が下水道インフラ整備をあらたに行わなければならないことが考えられること。

そして、平成32年度からは単年度収支赤字、平成40年度からは基金もなくなってしまう見通しであることが示されたことから、下水道料金の見直しも含めた後世に健全な形で下水道会計を渡していく準備を今からしなければならないことなどを踏まえ、今後の下水道インフラ整備の考え方について、あらためて確認致しました。

 

また、今回下水道料金の未徴収があったことが市から報告されました。

内容としては昭和47年から平成20年までの期間で、排水装置設置の申請が市に上がっていたにもかかわらず単純な入力ミスで、全24件、推計も含む約5,200万円の徴収漏れがあったというものです。

このうち、遡及請求可能なものが約1,000万円、時効消滅となってしまうのが約4,200万円とのこと。

私からは原因究明と再発防止策を示すこととともに、しっかりとした責任を取ることを強く求めました。

その責任とは、誰かが処罰されることだけではなく、穴が開いた5,200万円すべてをしっかりと確保するべく取り組むことによるものだと思っています。

また、信賞必罰で、今回の件で問題を顕在化させることができた職員さんについては、罰の対象としないことも求めさせていただきました。

私は対象となる24件の方々にお詫びをしつつ、当時から現在に至るまで所在が確認できたのならトイレなどで下水道を使用していたことがわかるわけですので、そういったことを真摯に提示しながら納入をお願いしていくことが肝要であろうと思っています。

”ピンチはチャンス”で、こういった時にしっかりと対応することで、市民のみなさんの市役所に対する評価は全く変わってくると思います。

 

市のみなさん、頑張ってください!

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、苫小牧市の新年度予算にかかわる審議が終了しました。

 

一般会計、特別・企業会計ともに、議会で可決されました。

 

私は特別・企業会計の担当でしたので、各会計ごとに報告していきたいと思っています。

 

今回は国民健康保険事業会計についてです。

 

私からは、

①短期財政収支見通しの内容について

②平成30年度から始まる都道府県単位化について

③医療助成拡大に関わる国庫補助返還分について

の大きく3点について質疑を行いました。

 

短期財政収支見通しについては、被保険者の減少に伴い歳入歳出ともに減少する傾向にあることと、医療費の抑制や適正化の取り組みの効果もあって歳出の抑制がすすみ、会計としては黒字の見込みであることがわかりました。

 

都道府県単位化については、北海道に納付する納付金の確定により、課税限度額と税率がどのようになるのか、市としてその方向性をどう考えているのかを問いただしました。

市としては、中低所得者層(全体の98%)に配慮した税率とすることが示されました。

 

医療費助成にかかわる国家補助金返還分については、この度、約1億円を平成28年度と平成29年度の二か年で国に返済するのですが、かつて市が独自に医療助成の拡大を行った場合に返還対象となっていなかったものが今回”対象となっていた”との判断が会計検査院からあったのが原因とのこと。しかし、200億円近い会計規模でちょっとした変動要因によって1~2億円の赤字となることが大いに予想される中で、国の一方的な判断とやり方には疑問が残ります。市としても、全国市長会などを通じて意見をしていくとの方向性が示されました。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の個人的な重点的取り組みである「会万人プロジェクト(かいばんにんぷろじぇくと)」の2月分の集計が遅ればせながらできましたので、ご報告いたします!

 

2月分 1,174人

 

やはり、新年交礼会、総会が多かったせいでしょうか、営業日数が少ないにもかかわらず1,000人越えでした。

 

ちなみに今日現在、3月の途中経過を見てもすでに1,000人近くいっていますので、このペースだと年間1万人はいくかと思います。

 

上方修正も考えたほうがいいかもしれませんね。

 

とにかく、人と会えばそこに政策のヒントがありますので、これからもドンドン積極的に会っていきたいと思っています!

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先程若干触れましたが、先月の12日に自宅前で転倒し、左足首を負傷しました。

 

医師の診断では、少なくとも2週間は固定具をつけて松葉杖。その間、風呂も酒もダメ、とのこと。

 

困りました。新年交礼会が入りまくっている時期だったからです。

 

数日間は家で片足でけんけんしながら移動してみたり、ちょっと外出してみたりしましたが、やはり危ないことが判明。

 

極力外出は避けて治療に専念することにしました。

 

そして、先週、晴れて固定具が取れて、装具を付けて歩行しながらリハビリすることになり、ここから2か月間はこの状態らしいです。

 

しかし、とりあえず松葉杖が取れて歩けるようになっただけでも、周囲に心配かけることなく過ごせるので良かったです。

 

みずから復帰宣言をして仕事も本格的に再始動していきますよ~!

 

みなさんも転倒によるケガには十分お気をつけくださいね!

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。