• 17 Nov
    • 最近の僕

      先月末からヒトリウタ会含め、怒涛の10ライブ。ひとつ、ひとつが、思い出に残る楽しいツアーでした。 その後も撮影、節祭り、狩猟解禁とたたみかけるスケジュールの中、風邪一つひかず楽しくやっています。南極では、人がいない=ウイルスがいないため風邪をひかないと聞いたことがありますが、船浮もそうなのでしょうか...?  先日のスーパームーンの大潮の日、外離れ沖にサンゴのかけらでできた小さな島が現れました。(バラス島みたいなもの)そのまま大きくなるのか?消えてしまうのか?いない間にみんなで作ったのか? 今は大潮の干潮時しか現れませんが、このまま大きくなれば新たなスポットになりそうです。 そんな神様からの贈り物も、珊瑚が死滅して、サンゴが折れやすくなったからなのかな?と思ったりもします。 新しい島があるかを確認しながら船を走らせ、ここ数日は猪の山へ。昨年のスタートダッシュには及びませんが、5頭捕獲。 明日からは、離島フェア出演の為、山登りもお休みです。 離島フェアは25日から3日間、沖縄の各離島の特産品を一堂に集めた、近年大人気のフェア。那覇セルラーパークで行われます。  その25日からは、3年ぶりの「メガネ一番」のCMがオンエアー。ちょっとカッコつけてますが、久しぶりなのでおーめにみてやってください。 その撮影の合間に、見たかった「沖縄を変えた男」やっとみれた。  何事も、今があるのは、過去にたくさんの犠牲や苦労があったから。その場所や物事の過去や歴史を知らずに、不平不満を垂れる今の世の中。改めて、人の過去を知る大切さを感じました。 野球話しは長くなりそうなので...原本を読んで書いたブログがあります。「沖水2013.6.19」  見てもらいたいと言えば、このあいだ夜中に放送していたQAB(琉球朝日放送)さんの「テロリストは僕だった」 「操られている」を確信しました。  なるほど。あいだをあけると、書きたいことが次から次へと出てきて、話しが飛び飛びになるんだな。もう少し、間隔を狭めます。(ーー;) 僕は「ネッツトヨタ沖縄」のCM、「阿麻和利」役です。 メガネ一番新CMは25日からオンエアーです。 池田卓ホームページ 11月25日(金) 離島フェア ラジオ沖縄公開放送 12月14日(水) MOD'Sライブ やまねこ音楽隊 12月31日(土) ホテルマハイナ カウントダウンライブ   

      13
      テーマ:
  • 01 Nov
    • 初めての、

      携帯からブログ更新です(≧∇≦) ヤマトは寒いです。 みなさん風邪などひいてませんか? 僕はヒトリウタ会のツアー中。ヒートテック(HEATTECH)と間違えて、通気性に優れたAIRismを持ってきてしまいスースーしてますが、元気にやってます。 どこ行っても可愛がってもらって、気にかけてもらって、応援してもらって、ほんと幸せものです。 改めて日頃、いろんなところから皆さんが会いに来てくれていたのだと実感しました。 家を空けすぎて「母子家庭」とよばれてますが(ーー;)これからもできる限りいろんなとこに行きたいな。 悩みは一つ。毎日ホテルが変わるので、今日は何合室だったのか?わからなくなってます(^_^;) 今日、明日は大阪。そして初めての福岡。いろんな思いを噛み締めて、張り切って楽しんできます。 11月5日.6日は沖縄で、オールトヨタ秋のフルラインナップフェスティバルです。     池田卓ホームページhttp://www.suguru-i.jp/top.html

      21
      テーマ:
  • 24 Oct
    • 約束、目標、やりたいこと。

      「5才になったらディズニーランド行きたい」と言っていた娘。 おっ。今すぐじゃなくて、2年後かぁ。 と思っていたら、もう5才。 そこで先週、約束のディズニーランドへ。 おいらも6才と9才の時、連れてってもらったなぁ。ほとんど覚えてないけど( 一一)   ほんと何もかもアッと言うまで、 やりたいことやるべきことは「今すぐやる」くらいの気持ちじゃないと、月日の流れに消されてしまって、もったいないことになりそうです。  いよいよ明日からは2週間の長旅。 今年の目標に掲げていた「ヒトリウタ会」の、今年の集大成です。 弾き語りを始めて良かったとつくづく思います。 仲間がいるときの楽しさが倍増しました。低い声、小さな声の魅力を発見しました。 なかなか行けなかったとこに行くこともできます。  いろいろありますが、気付いたことが身につくまで、またまた時間がかかるんですよね。 それも考慮して「思い立ったら即行動」なんでしょうね。 でも、 いろいろ経験してきたから気付けたこと、感じれたこととかもあるしね。 昔聞いて「俺にはわからない。」って思ってたアーティストの歌に、グンときたり。 そんな、勉強の人生を、 楽しみながらおくれるって、改めて最高だと思います。  楽しみながら、一生懸命、「弾き語り」に行きます。 東京、神奈川、静岡、愛知、奈良、大阪、福岡、沖縄。 お近くの際は、ぜひ宜しくお願い致します。 特に福岡は売るくらいチケットが余ってるみたいです(一一") ☆10月26日(水) 神奈川/鎌倉 花いちぜん SOLD OUT ☆10月27日(木) 東京/南青山 MANDALA (Pf:野崎洋一) ☆10月28日(金) 静岡/沼津 なんくる SOLD OUT ☆10月29日(土) 愛知/名古屋 オキナワAサインバーKOZA SOLD OUT ☆10月31日(月) 奈良/奈良 ビバリーヒルズ ☆11月1日(火) 大阪/西中島 南ぬ風  ☆11月2日(水) 大阪/西中島 南ぬ風 (Key:御舩里帆)  ☆11月4日(金) 福岡/南区 kitchen HIGA 花々 ★11月5日(土)・6日(日) 沖縄/宜野湾 オールトヨタ秋のフルラインアップフェスティバル ※ ☆単独ライブ・★祭り・イベント 詳しくは→ 池田卓ライブスケジュール  サンシャインの噴水が一番のお気に入り   やっぱりイダの浜   池田卓ホームページ  

      26
      テーマ:
  • 10 Oct
    • 歌い手として

      ありがとうございます。おかげさまで『16周年』です。 9年目の年、「10周年を機に島に戻ります。」と公言しました。 「なんでまた?」「今は戻らん方がいいよ」「もったいない」と引き留めて下さった方々にも、「前よりか今がいいよ」と言ってもらえるようになりました。  これからも応援していただけるように、いっぱい勉強して、一生懸命取り組んで、魅力ある島人、音楽家を目指してがんばります。 17年目もどうぞ、宜しくお願いいたします。  H.P 池田卓 ライブスケジュール  

      26
      テーマ:
  • 18 Sep
    • 新聞配達

      台風、大丈夫です( ̄ー ̄) 30ちょっとの風しか吹かず、世果報雨と、珊瑚が待っていた冷たい大波をもたらしてくれた台風となりました。 直撃だった与那国島は心配... 珍しく西表は停電もなかったんですが、船浮はいまだに携帯が不通。 僕と連絡が取れない皆様すいません。元気です。圏外です。 新聞も3日分が今日の最終便で届きました。 日曜日なので定期船を運転していたおいらが3日分の新聞の配達役。 久しぶりに夕方配達して、子供の頃を思い出しました。 小学1年生から8年間、新聞配達をしていたおいら。 琉球新報、沖縄タイムス、日刊スポーツ、八重山毎日に八重山日報の全5社。 と言っても、全部合わせて15件くらい... しかも配達は新聞が届く最終便の夕方6時前。 配るのはその日の朝刊と、丸一日遅れの前日の夕刊。 横綱戦を見ながらチラシを折り込み、いざ配達へ。 しか~し、 あっちもこっちも夕食の準備時間。 「すぐるぅ~、あちこ~こ~てんぷら~あるよぉ」 「なんで、食べていきなさい」 「じゃぁ、持っていきなさい」 「ハイ、あがってきなさい」 と最後の奥間さん野原さんのお家へ新聞が届くのは7時のニュース時間くらい。 今と違って、テレビの番組欄は新聞でしか知ることができなかった時代。 「見たかったな」 「ダビングしとけばよかったな」 と新聞につぶやく船浮の人たちの姿がそこにはありました。 台風の間に、体の充電も完了。 いっぱい音楽の練習もできました。 来月からはかつてないライブツアーが始まる。 楽しみだ。 東京、南青山マンダラも野崎洋一さん決定です。いつものふたりでお届けします。 神奈川は早々と完売しました。ありがとうございます。 福岡も近日詳細アップいたします。 10月の沖縄MOD'Sライブはいけいけどんどん3人組です。 池田卓ライブスケジュール 台風はこれから本土に向かいます。 大雨による土砂災害や氾濫、浸水にお気を付けください。 池田卓ホームページ

      25
      テーマ:
  • 19 Aug
    • 子供を育てる島の魅力

      太平洋高気圧がいつもより北東にあるため、台風の通り道が北寄りの今年。 八重山の海は温まりすぎて、珊瑚の白化現象が... 大波と一緒に冷たい水を運んできてくれる台風さん。 「そろそろ来てもらわないとたいへんなるね」 との声があちこちで聞かれます。 来たらきたで迷惑がられ、 来なかったらこなかったで「おいで」と言われ、 台風も大変です(ーー;) 台風の時しか休まないうちの母も、 今年は無休。 夏休み期間の「ふなうき荘」は子供たちが多くて賑やかです。 おいらもその子たちと毎日のように「じゃじゃまるツアー」へ 泳げるようになったり、 魚を食べれるようになったり、 虫を触れるようになったり。 できなかったことができるようになって、 新しいことをたくさん覚えて、 興味がなかったことに興味を抱いて。 たった一日でたくましくなっていく子供たち。 改めて船浮は「凄い島」だと思う。 子供の成長を毎日見れる。 島の民宿の醍醐味かもしれません。 今年の夏はおとなしく島にいましたが、 そのぶん秋はライブ三昧です。 お近くに来た際には、宜しくお願い致します。 池田 卓 スケジュール       ヒトリウタ会   沖縄・神奈川・静岡・愛知・奈良・大阪・福岡 決まりました。

      27
      テーマ:
  • 30 Jun
    • 「すぐっ」

      早いもので明日から7月。 2016年も後半戦だ。 次の雨降りあとに田草をとろうと思っていたら、ず~と晴れ続きで一か月が経ちました... 稲より大きくなった草を前にして「やっぱりそうだ」と確信したこと。 思い立ったらすぐ行動。 これが今日のお話です。 島の人たちはとにかく、取り掛かるのが早い。 米蔵は特に早いっ。 これをしなければならない。 と感じたら、すぐさま動く。 ただ厄介なのが、米蔵の場合は人を巻き込んで行動に移すから、 「やろう はいっ」 と言われても、 「今な?」となってしまう。 でもそれはいつも、 「いつかはやらないといけないこと」 「誰かがやらないといけないこと」 島に戻ってきて6年。 必要と感じたことを、今すぐやるか? 少ししてやるか?に大きな違いがあることがわかった。 おいらの場合、 「ちょっと休憩してから」 「今は忙しいから」 と少し先延ばしする癖がある。 とそれが、明日になり、明後日になり、まだやってなかったり、すでに米蔵が済ませていたり... 少しの休憩の間に、 「めんどくさいな」 「外は暑いな」 「優先順位をつけたら5番目だな」 とかいろいろ考えているうちに、ほんとに面倒くさくなる。 そうなると、取り掛かったにしても、ダラダラとだらだらと、 エンジンがかかるまでに時間がかかる。 すぐやってみると、 意外とサッさと終わるし、そのサッさと行動してるのが心地よくて、 その日は他のこともサッさと済ませていたりする。 まずすぐやると何より「言われる前にやる」から、気分が悪いことはない。 すぐやると、初めの一歩だけが大変なだけで、動き始めれば体も気持ちもスムーズにいく。 すぐやると、作戦を立ててないから二度手間や遠回りもするけど、自分でやって覚えたことだから、頭を使いながら動くことがとても上手になる。 なにより、 すぐやる習慣が身につく。 すぐやるか? すこし間をあけてやるか? この一瞬の差が、あまりにも大きすぎる。 「結局、すぐやる人がすべてを手に入れる」 その通りだと思います。 その考えで少しだけ寝起きがよくなったおいら。 今日は4時起きでさがり花。 NHK「きんくる・船浮音祭りスペシャル」の再放送が決まりました。 ※7月2日(土)10:05~ 九州・沖縄で ※7月12日(火)14:05~「スタジオパーク内」 全国放送で 池田卓ホームページ じゃじゃまるツアー

      34
      テーマ:
  • 24 May
    • 抱負 vol.37

      あっちにもこっちにもたくさんのメッセージ、ありがとうございます。 午後からはパソコンと向き合いながら、ゆっくりした誕生日を家で過ごしてます。 このあとは、海神祭のハーリーと、球技大会のバレーの練習。 相変わらず島は充実してます。 アッという間に 37歳になりました。 あっという間に40歳になると思われます。 30代でやっておきたいこと、やりたいこと、やるべきことをしっかりと頭に叩き込み、 あと3年。 抱負。 アクティブに。 これからも末永く宜しくお願い致します。 池田卓ホームページ この夏、じゃじゃまるツアー に、 じゃじゃ丸7が来ます。トイレ付( ̄ー ̄) 島のにぃにぃもがんばります。

      32
      テーマ:
  • 19 Apr
    • 続ける。

      おかげさまで、10回目の船浮音祭りも無事開催することができました。 前日まで上原欠航の悪天候なのに、当日は南風のいい天気。 終わった日の夜に、決まって降り出す雨。 まだまだ不安定な4月の天気の中、これまで本番中に降ったの第5回のさっと振った小雨だけ。 音祭りは船浮の神様に守られてるみたいです。 今回も、たくさんの人に支えられて、応援されての音祭りでした。 感謝感謝です。 ありがとうございました。 沖縄県内では船浮音祭りの模様を、4月30日(土)15:00~ラジオ沖縄で、 訂正→5月7日(土)15:55~NHKおきなわ総合テレビ「きんくるスペシャル」で放送予定です。 今回は写真も撮って貰ったので、ホームページにアップできるといいなと思ってます。 気長にお待ちくださいね。。。 その音祭り準備の真っ最中におきた熊本での大地震。 思えば第5回の音祭りも東日本大震災の一か月後でした。 イベントや祭りが各地で中止され、日本中が自粛ムードに。 船浮音祭りも、今は不謹慎だとの意見も出され、その気持ちももちろんありました。 でも中止して家でごろごろしてるくらいなら、祭りをやって義援金を募ろう。 昔の祭りの起源は、辛いからこそ神様に祈り、願い、歌い、踊ったんだ。 と開催を決意。 その年は募金と祭りから20万余りの義援金を届けることができました。 復興には時間がかかると、3年間続けました。 やっぱりその年もやって良かったと思っています。 確かに、被災地はたいへんな思いをしているのに、笑ったり楽しんだり、不謹慎だとの意見もわかります。 でも、現地にボランティアに行けない僕たちに今できることは、 「水がでる事、電気がつく事、あたりまえの生活が、どんなに有難いことか。感謝して生きる事。」 「熊本をはじめ被災地の経済がストップしている今、その分まで日本中のみんながいっぱい働いて、せめて元気な日本経済を保つこと。なんなら、さあ復興だって時にバブルですってくらいまで成長させる勢いでがんばる事」 そして、 「義捐金ボックスを見かけたときは1円でも募金する事」 だったりすると思うんです。 ひとりひとりが今日を精一杯、一生懸命生きるという事が、追悼や復興に繋がると思うのです。 過剰な被災地からの中継。 どこも伝えない川内原発。 国やメディアに多くは期待しませんが、 被災地の必要な場所に必要なものを届けれるように、 少しだけ力を貸して欲しいです。 池田卓ホームページ

      27
      テーマ:
  • 01 Apr
    • あわりくりしゃん なまぬぴとぅとぅき

      一月は行く。二月は逃げる。三月は去る。 ホントあっという間の四月、新年度です。 今年は寒かったせいと旧暦ではまだ二月ということもあり、島の動植物の見頃・食べ頃は遅れ気味。 デイゴはまだまだ蕾みだしモズクもこれから。アカショウビンもまだ帰ってきてません。 それでも船浮は今年も賑やか。 船浮小中学校の運命を背負っていたS先生とH先生の留任が決まり、先生の子供たち5名が船浮に残ることに。 今年はその子たちを含め、児童生徒7名の船浮小中学校。 来年は2名卒業予定+転勤ともなれば在校生1名と言う危機。 来年のことはまた来年考えて、今年を楽しもう。 という事で、この間は子どもたちを連れて、廃村廃校になった隣村の網取やマングローブクルーズをしてきました。 今年は釣りとかキャンプとかワイワイできたらと思ってます。 で、あっという間に音祭りの季節。 今年は「しおり」が船浮に来てくれます。 司会はしんちゃん(津波信一)いつもありがとう。 おかげさまで10回目の船浮音祭り。 まだまだ課題ばかりのお祭りですが、44名の住民総出で張り切って準備してお待ちしています。 そして気が付けば、そろそろ10回目ではないでしょうか? 群馬県大泉町常光寺の花まつり。(毎年4月8日開催) バンドメンバー、ベースのドンさんの地元という事もあり、24才くらいから毎年呼んで貰っているおいら。 おかげさまで、毎年満開の桜を見ている数少ない沖縄県民の一人でもあります。 その前には神奈川と栃木でヒトリウタ会。 いろいろと忙しくなってきました。 今年のお正月に地元の同級生に 「忙しそうだな」って言ったら、 『難儀も今しかできないからな』 と爽やかにまさかの返事。 みんな大人になったな... うん。 大事な年だ。 がんばろ。 ※苦労 苦しさ 今の一時(あわりくりしゃん なまぬぴとぅとぅき) いつも楽しい島の子供たち。 今年の田植え。からの泥合戦。 池田卓ホームページ

      25
      テーマ:
  • 29 Feb
    • メンテナンス

      ご無沙汰し過ぎてアメブロからパスワード入力を求められ、やっとの思いで自分のページにたどりつきました。 全てのパスワードを統一したくても、ここは4ケタ、ここは6ケタ、ここは英数混ぜないといけないとかで、いつの間にかちゃらんぽらんに。 自分で考えた6ケタの数字も当てれないのに、ロト6なんか当たるわけがない。よね。 普段はパスワードのパの字も使わない船浮は、もうすぐ春。 少し暖かくなったので、今日は船のペンキ塗りをしました。 うちの古株。だけど名前は『ニューじゃじゃ丸』 中学1年くらいのときに新艇で来たニューじゃじゃ丸。 海上保安庁に追われても逃げ切れるんじゃないかと言うほど、あの当時はズバ抜けて早い船だった。 今でも十分早いけど、20数年経ってもまだまだピカピカ現役。 それもヤンマーさんも認める米蔵のメンテナンス力のたまもの。(米蔵=親父) エンジンを分解してコンプレッサで汚れを吹き飛ばし、油をさしながら組み立てるんだのに。 まだまだ真似すらできないけど、こうして大事に使うといい状態のまま長持ちするんだよね。 明日はニューじゃじゃ丸をおろして、じゃじゃ丸2の船底洗いとペンキ塗り。 「おまえのテント短いから足そうな」って。 そう。それも自分で溶接して好きな形に造る。 一番覚えた船でこれだから、修業もあと20年くらいかかりそうです。 昨日は久しぶりに野球もしたし、今年はちょくちょくゴルフもしてるし、ライブも増えそうだし、そろそろ音祭りだし、いいねいいね。もっともっと忙しくしよう。 あっ。 今年の音祭りのゲストは『しおり』です。 ♪君の笑顔が~ 一番好きなんだ~♪ で、今週末は福島県石川町でのライブです。 スペシャルメンバーだからまたまた楽しみ。 風邪ひかないように行ってきます。 池田卓ホームページ

      33
      テーマ:
  • 27 Jan
    • ヒトリウタ会

      先日は、西表でも7度まで冷え込むほどの寒波が押し寄せてましたが、皆さん元気してますか? ご無沙汰してます。 今回は、毎日毎日、山にイノシシ獲りに行って音沙汰がないわけではないんです。 捕獲イノシシ頭数、一歩リードしていたのもつかの間、もう米蔵に大差をつけられ、野球だったら7回コールド負け状態... 11月下旬、 「まだこの人には勝ちたくないな。」 と一瞬でも思った自分に、深く反省しております...はい。 年も明け、早1か月。 アーティストとしても16年目の年。 15年の節目までは、これまでの財産とメンバーに支えられおんぶにだっこで来てたけど、 これからはまた、一からの気持ちでがんばらないといけないと思ってます。 なので、一切の甘えが許されない、ひとりだけのライブを今年から始めようと。 ※もちろんこれまでのアコースティックライブやバンドも続けながら。 ひとりだと、これまで行けなかったところにもどんどん行けるし。 もちろんカラオケでやるつもりは毛頭ありません。 ※頭の毛はまだもう少しあります... 楽器ひとつと声だけで。 そのライブの日が、楽しみで楽しみでたまらなくなるように、いっぱい練習して準備をしようと。 で、 山にも行かず、海にも行かず、街にも夜のネオンにも行かず、丈夫なからだで、一日中ギターで自分の歌を弾きまくっているのであります。 もちろん三線を捨てたわけじゃありません。 三線一本で民謡を聴かせれるように、これから民謡の歌い込みもします。 って言うかまあ、ミュージシャンとして当たり前の生活を、今頃始めただけですが。。。 今年は何事にも、最高の準備を怠らない一年にしたいと思っています。 そうこうしている間に、田んぼもそろそろ作らないだし、イノシシもラストスパート。 島の生活も勝手に忙しくして楽しみます。 寒いけど、みなさんも風邪など召されずに。 ★2月18日(木) 沖縄・北谷 MOD'Sライブ ★2月20日(土) 大阪・南ぬ風 ヒトリウタ会vo.1 ★3月6日(日) 福島・石川町 6th沖縄唄者ライブ 池田卓ホームページ

      27
      テーマ:
  • 01 Jan
    • 謹賀新年

      明けましておめでとうございます。 昨年は、おかげさまで15周年を迎える事ができ、有難い節目の年となりました。 ありがとうございます。 今年は島に戻って、6年目の年。 「最初の5年は島での修業期間」とか偉そうに言っていた5年が、アッと言う間に過ぎてしまいました。 島人としてまだまだ半人前ではありますが、経験を積みながら、知識を深めながら、今年も自分にしかできない事に挑戦してきたいと思っています。 そして、音楽の方もいろいろ頑張らないといけないです。はい。 皆様にとって、嬉しいことが「キッキ 喜ッ喜」いっぱい降り注ぐ幸多き年となりますように。 今年もどうぞ、宜しくお願い致します。 池田卓ホームページ

      33
      テーマ:
  • 01 Dec
    • 役場移転

      先日竹富町では、役場の新庁舎建設を、西表島にするのか石垣島にするのかを問う住民投票が行われた。 竹富町は、竹富島、小浜島、黒島、新城島、波照間島、西表島、由布島、鳩間島の島々が集まった町。 なので現状は、それぞれの島の利便性を考え、それぞれの島に定期便が運航している「石垣市」に竹富町役場がある。 その役場の老朽化に伴い、この問題が深刻化してきた。 賛否両論いろいろあるが、ここで持論を展開するつもりはない。 それより、先の町長選挙の焦点も役場移転だったのだが、この問題が50年余りも続いている事が問題だと思う。 八重山はいつもそうだ。 決まらない。多数決をとっても決まらない。 だから、毎回選挙の焦点も同じ。 反対派の意見を大切にいるからだとの見方もある。 新空港の場合はそのお蔭で、白保の海を埋め立てずにすんだ。 それでも新空港建設まで40年近くかかった。 最近石垣が観光でも移住でも注目され元気があるのは、新空港ができたからではなく、 新空港移転問題が解決され、他の山積みされた問題に、本気で手を付けれるようになったからではないだろうか。 大きな問題だからこそ時間を割くべきである。 にしても、50年は長すぎる。 沖縄本島の基地問題のように、選挙が無効化されたり、大きな力や莫大なお金が絡むこともない。 先日の新聞にも、「若者、どこでもいい」との見出しで関連の記事が掲載されていた。 関心が無いわけではない。医療、福祉、雇用、そこに時間を割いて欲しい。 とにかく早く、役場移転問題を解決してほしい。の表れだと思った。 住民投票の結果は、「西表へ移設」が多数を占めた。 それでも319票差の近差だ。 今は反対を投じた皆さんにも、5年後にはこれで良かったと思えるように... くれぐれも今度の選挙の焦点にならないように... この問題が、早期解決に向けて動き出すことを期待したい。 と難しい話しをしてしまった当の本人の頭の中は、イノシシ猟でいっぱいです。 明日からの旅に向けての準備のため、今日は「禁猟」 久しぶりのライブ、楽しむぞぉ。 水落の滝の上流。 12月3日(木) 沖縄/北谷 MOD'Sライブ 12月5日(土) 沖縄/石垣 すけあくろアライブ 池田卓ホームページ

      30
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 節祭

      500年の歴史があると言われる「つちのとい」から3日間行われる節祭。 良く知られている西表島「祖納」「干立」の両村は、十数年前から重要無形民俗文化財にもしてされている。 同じ歴史がありながら、過疎化と後継者不足により簡素化された船浮の節祭は、文化財に指定されずいつしか置いてけぼりに。 知名度や関心度は低くても、船浮では大切な大切な節祭。 去る金曜日、厳かに行われた。 村の一大行事ながら、ひとり何役もこなさなければならない。 祭り当日。 旗頭を祭り会場へ移動。 西、東の旗頭を持つことができた。 神様にウートートー。 船頭としてサバニにウートートー。 ヤフヌ手(儀式) 舟漕ぎ。 サバニを「操る」まで行かず。反省。 アンガー(儀式)~棒術~獅子舞~太鼓~ ~奉納~トゥドゥミ。 覚えないといけないこと。 極めないといけないことが、たくさんあると痛感した今年の節祭りだった。 こんなに早く、村の祭りを担えることはありがたいこと。 もう少しがんばらないとだ。 猪は順調で、ただいま米蔵を3頭リード。 あっという間に抜かれるだろうけど... 池田卓ホームページ 12月3日(木) 沖縄/北谷 MOD'Sライブ 12月5日(土) 沖縄/石垣 すけあくろライブ 12月14日(月) 東京/六本木 島唄楽園ライブ

      31
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 狩り

      全国一斉に狩猟解禁日となる11月15日。 この日から3か月間、西表の男はイノシシの話しかしない。言い過ぎたっ。イノシシの話から会話が始まることが多い... 西表島は、純粋のリュウキュウイノシシが生息する最後の島だ。 沖縄全土に生息していた小ぶりなリュウキュウイノシシだが、昭和の食料がない時代に豚と掛け合わせ「イノブタ」にして食したという。 大型のイノブタのオスは、小ぶりなリュウキュウイノシシの山を支配し、どこの山でも豚の混じったイノシシしか生息しなくなった。 西表では、イノシシと言えばまず刺身だ。 生で食べれることが純粋なイノシシの証である。 そんな純粋な野生のイノシシだからこそ、警戒心が強く、動きも俊敏で、頭もよい。 なかなか人間ごときに捕まえられるものでもない。 だからこそイノシシ猟は、島の男のロマンだったりする。 魚と野菜で栄養を補っていた昔の人々にとって、イノシシは重要なタンパク源だった。 台湾から教わった罠で狩猟をしていた祖父の世代から、その技と手法は現代も変わらない。 先人から大切に伝えられてきた技法と、対「命」だからこそ、イノシシ猟は特別なのかもしれない。 アフリカの民族ではないけれど、この島でも一人でイノシシを獲ってさばいて初めて一人前となる。 そのアフリカの民族が狩りをするドキュメントで、獲物をしとめる際の祈りが印象的だった。 「お前は強い。でも俺の勝ちだ。この命を頂き強くなることを誓う。安らかに眠れ」 勝負がついたその時、獲物にそう語りかけ、とどめをさした。 似ている。 この島でのイノシシ狩りも、とてもとても神聖なものだ。 解禁日の3日前、祖納の山にある慰霊碑に猟友会が集まり、周りの掃除をして、線香をあげ祈りを捧げる。 手を合わせ目を瞑り、深々と鳥獣魂供養の碑に頭を下げる島の男たち。 山への挑戦が始まる。 今年は20日に島の一大行事の節祭がある。 狩猟、祭りの準備(練習)と、一日の暮らし方が昔の人と一緒だ。 ※この時期、昼間に圏外になるのはその為です(;一_一) 島の生活も一日一日も充実してるし、次のライブも楽しみだし。 皆さんも楽しい日々を送ってますか? イノシシ、ハーリー、棒術、太鼓、イカ釣り etc... 船浮は楽しいどぉ~。 おかげさまで15周年ツアーも楽しかったです。 ありがとうございます。 池田卓ホームページ 次回ライブ情報 12月3日(木) 沖縄/北谷 MOD'Sライブ 12月5日(土) 沖縄/石垣 すけあくろライブ 12月14日(月) 東京/六本木 島唄楽園ライブ

      27
      テーマ:
  • 02 Nov
    • やまねこ音楽隊

      みなさんは「やまねこ音楽隊」というバンドを知っているだろうか? そうだよね...知らないよね... 知ってるの?嬉しいなぁ... そうそう。やまねこ音楽隊は池田卓のバンドの名前。 あの日あの時あの場所で・・・ よく聞くフレーズだが、あの日あの時あの場所で・・・・の繰り返し繰り返しで、今のバンドメンバーと巡り合えた。 そもそもなぜバンド名を付けたかというと、 10年ほど前の那覇まつりで、 「池田卓だけでは、ひとりで来るのか、数名のアコースティックで演奏するのか、バンドなのか分からない」 今回はフルバンドでの出演だからそれが分かるように、バンド名を付けてほしい。 とのリクエストがあったから。 んで、分かりやすいだろうという事で「やまねこ音楽隊」に。 それが余計に人々を混乱させてしまうことに... まぁそんなこんなで名前を付けて10年以上なるが、この浸透しないバンド名、やまねこ音楽隊を名乗る前から、メンバーだけはずっと一緒。 ピアノの千草が先生してたから、途中からあらかーさんに代わって早11年。 他の4名はもう15年になる。 15年前、紹介して貰った音楽初仕事の現場で、他のバンドのパーカッションを担当していた「たーけーさん」 第一印象は、熊のぬいぐるみみたいな人だなぁと。 その時はただただ素敵な演奏に聴き入り、お互い話すこともなかった。 ※注 「たーけーさん」は沖縄に500人ほどいます。ここで登場する「たーけーさん」は、コザのモビーディックのたーけーさんです。 後日、先輩に連れて行ってもらったコザのバー。そこのカウンターの中に、そのたーけーさん。 話が盛り上がり一緒に音楽をすることに。 んで、阿麻和利公演でドンさんと知り合い、たーけーさんの店「モビー模合」でてっちゃん追加。 時代を築いたアイランドのメンバーだった新川さんが加わり、今のメンバーに。 年代も趣味も、音楽性も目指しているとこも、貯金も血液型もチンチンバラバラの5名だけれど、 「てっちゃん大丈夫かな?」 と、みんなの弟分、ギターの哲也の将来を心配することが、15年間変わらないみんなの唯一の共通点。 音楽のことより、友達のことで夜な夜な盛り上がるメンバーだからこそ、 ここまで喧嘩もせずに楽しく音楽を続けられてるのかもしれない。 あっ。誰かが我慢してるのかな??? そんな池田卓を支えてくれてる大好きなメンバーで、8年ぶりの県外ライブ。 こっちは思いっきり修学旅行気分で楽しみにしています。 気が付けばもう明日出発。 貴重なやまねこ音楽隊での15周年のありがとうライブ。 ぜひぜひチェック、宜しくお願い致します。 ★11月4日(水) 大阪・梅田 AKASO 18:00開場19:00開演 ★11月5日(木) 東京・吉祥寺 STAR PINE'S CAFE 18:00開場19:00開演 ~いつものように~ アコースティックライブ ★11月6日(金) 東京・南青山 MANDALA 18:00開場19:00開演 池田卓ホームページ

      23
      テーマ:
  • 10 Oct
    • 15回目の、10月とおか。

      ありがたいことです。 お蔭さまです。 「島」「生い立ち」「両親」「先生」「野球」「出会い」「友達」「仲間」「バイト」「三線」「時代」「ブーム」「祭」「海」「メンバー」「スタッフ」「先輩」「故郷」「過去」「平和」「恋」「健康」「家族」・・・ そして応援して下さる皆さん。 どれが欠けても、池田卓デビュー15周年である、今日を迎える事はできませんでした。 全てに感謝です。 『ありがとうございます』 考えても考えても、何かを返せるとしたら、歌しかありません。 あとは島がもっともっと元気になるように、船浮で楽しみながらがんばること。 「応援したい」と思って貰えるような人に、 「最近どうしてるかな」と気にかけて貰えるような人になれるよう、 歩んでいきたいと思っております。 これからもどうぞ末永く、宜しくお願い致します。 ~池田卓15周年記念ライブ~ 沖縄/北谷 MOD'S 10月23日(金)・24日(土) 大阪/梅田 umeda AKASO 11月4日(水) 東京/吉祥寺 STAR PINE'S CAFE 11月5日(木) 池田卓ホームページ

      28
      テーマ:
  • 24 Sep
    • 池田卓15周年ライブ

      おかげさまで、15周年を迎えます。 島を離れ帰らぬ人よ 島の人よ どこにいますか? なにしてますか? お元気ですか? ♪島の人よ ちばりよー ちばりよー ちばりよー がんばれよー それでもダメなら 立ち止まればいい そしていつの日か 歩き出せばいい ♪ちばりよー 愛する人の宝物 大事に大事にするね この星がくれた宝物 この星が嫌いですか? この島が嫌いですか? ♪ヨーリヨーリ 「頑張っておいでよ」と 握りしめたその手で いくつもの涙を ぬぐってきただろうか... 「頑張っておいでよ」と あなたのその言葉で どれだけの人たちを 励ましてきただろうか ♪おばあちゃんの唄 いつまでも抱いていてあげるよ 腕の痛みをこらえても だからやさしい やさしい子供に 育っておくれ ♪ひとつのうた 変わっていくのかな? 消えてなくなるの? 僕たちはこんなに まだまだ子供なのに ♪心色 欠けてるものがあればこそ 足りないものがあればこそ それを求めて突き進む そんなあなたが美しい ♪十三夜 不思議だね 嫌いな人ほど 教えてくれたことは大きくて... 出会えた人たちに かんぱい ♪かんぱい 今は及ばない だけど信じてる きっと譲り受けたはずさ あなたの笑顔を ♪手紙 お前との出会いは 神様がくれた 競い合うために 支え合うために ♪友よ~おめでとう~ 今も残ってるよ 君がくれたすべて 過去にこだわる僕じゃないけど 忘れたくはないから ♪イダティーチの風 夢見て 飛び出し 歩き出し 涙を流して気付くもの 弱音を吐くのは嫌だけど あなたの声をせめて聴きたくて ♪小さな翼で ケンカするほど仲が良い なんて思えないけど... 結んだ糸を 引っ張り合って ふたり歩いて行こう ♪みちくさ たまには愚痴でもこぼしてくれ たまには僕にあまえてくれ それでもおまえの事だから 余計に頑張るだろうな ♪今度の日曜日 チャンスは突然訪れるから 今を大事にしたい わかっているけど ゆとりがないから 通り過ぎるの ♪KUJIRA 君に会いたい と思う気持ちだけで 何気ない日々も 美しく流れてく ♪心のうた 生きるのに必死だったあの頃を 生きるのに必死だったあの日々を 僕たち子どもたちにそんな思いさせまいと おばあちゃんは祈りながら ♪切なる思い ため息だって 泣く事だって 一生懸命生きているから あたりまえ 今はどうにか がんばれてるね それならきっと 大丈夫さ ♪lanlan 都会よ ありがとう 全てを教えてくれた この街に 花を飾るまで まだまだ頑張らなきゃ ♪しまそだち 優しさで見えるものは 時には悲しいね ほがらかに笑いながら あの人は 泣いている ♪いつものように ひとりで立ち上がろうとしてるのか? そろそろ自分の非力さを知ろう そうさ 誰もが誰かに支えられ 心動かして そして頑張ってる ♪春の花にキスをしよう 忘れたくても 忘れられない人がいる しょうがないでしょう とてもやさしい人なの ♪おぼろ月 波の音はどこへ消えたの? セミの鳴き声も聞こえない 雷が怒っているような 爆音は 雲の中の戦闘機 ♪あのね、 悲しいことがあったら そらをみるんだ いつもあなたの前では 笑顔でいたから 「そんなに心配しないで」と そらをみるんだ ♪天~そら~ 作られた砂浜で 泳いでる子供たちは 写真よりも美しい 島の海を 知らない... ♪百合の花 うまくいかねぇわりには なんだか楽しいな 思い通りにならないからみんな 歩いているんだ ♪うまくいかねぇもんだな そんな場合じゃなくても 人知れず重荷を背負って みんなみんな生きている 坂道を転げ落ちるように 年を取って振り返ったとき 懐かしく思えるように 落ちるとこまで落ちてみようぜ 行けるとこまで行ってみようぜ ♪頑張り時の皆様へ 池田卓 15周年ライブ 沖縄 ライブハウスMOD'S 10月23日(金)・24日(土) 大阪 梅田AKASO 11月4日(水) 東京 STAR PINE'S CAFE 11月5日(木) 池田卓ホームページ

      29
      テーマ:
  • 19 Sep
    • トシ子先生

      ふなうき荘の女将さん?の事を、みんなトシ子先生と呼ぶ。 お客さんも初めは戸惑うが、帰る頃には「トシ子先生」と呼んでいたりする。 ふなうき荘のおかあさんは長年、小学校の先生をしていたからだ。 船浮に住んでいるからと言って、ずっと船浮小学校にいるわけにいかないので、隣の白浜校や西表校、時には上原校など西表の西部の小学校をぐるぐる回って約40年間「トシ子先生」を務めた。 だから西表島では、池田卓を知らなくても、トシ子先生はみんな知っている。 そして、トシ子先生も島中のみんなを知っている。どころか、ある程度の性格や家庭事情まで把握している。はず。とおもう。 そんな、トシ子先生だから、なせる業がある。 島の運動会は、子どもたちや先生・父兄のみならず、誰でも参加できる、みんなが主役の運動会。 じいちゃんばあちゃんも参加する障害物競争や、年代別の走り勝負。 紅白リレーや燐校リレー。職域リレーでは、○○青年会チーム、○○ダイビングチーム、○○学校職員チームと、4人一組で島中からいろんな人が参加する。 そうなると、どこの学校の運動会でも、放送席には必ずトシ子先生が呼ばれる。 「はい。スタートしました。トップは西表校の知花先生です。続いて白浜青年会・太郎くん。はい。卓くんがんばれ。千幸にバトンがわたりました。速いです速いです。後ろからこずえさんが追いかけてきます。はい。鶴子おばぁ、前の人を掴まないでください。政子ねえさん、帽子を拾っている暇はないです。はい。・・・」 島の運動会の実況中継だけは、古館伊知郎さんでもトシ子先生にはかなわないだろう。 たまに集落の放送からも、トシ子先生のハキハキした声が村中に響く。 船浮の公民館長も務めているからだ。 聞きなれたその声も、マイクを通すと、どうも運動会の会場にいる感覚に陥ってしまう。 先週の西表小中学校に続いて、次は10月4日(日)の船浮小中学校の運動会だ。 参加したり、応援したり、放送を聞いたり、珍プレー続出の船浮の運動会。 ぜひ一度は、参加してみてください。 もちろん主役は子どもたち。 と言いながらも、やっぱり大人の方がいつも楽しんでます。 参加賞もたくさん貰えるし。 ※船浮にはたくさんのご飯屋さんがないので、運動会の日は、来場者に無料でイノシシ汁を振る舞っています。 マイボートからマイカーへと乗り継いで通勤していたトシ子先生。 島のばあちゃんたちは「びぎみどぅん」と言っていた。←男勝りの女と言う意味 そのトシ子先生のマイボート、愛船の名前が『じゃじゃ丸』なのだ。 ちなみに俺のは「じゃじゃ丸2」 米蔵のは「ニューじゃじゃ丸」 初代じゃじゃ丸は今も現役で、トシ子先生に乗り回され、船浮の海を飛ぶように走っている。 ↑先週じゃないです。 10年以上前だと思われます。 マラソンを走っているところです。 昔は飛ぶように走れてました。 ★ふなうき荘 素朴な風景が残る最後の楽園。西表島船浮にある民宿です。 ★じゃじゃ丸ツアー 噂に聞く西表島「南西の海」。そこの珊瑚の森にしか行きません。 ★池田卓 トシ子先生の子供です。

      23
      テーマ:

プロフィール

池田 卓

性別:
男性
自己紹介:
沖縄県西表島出身 シンガーソングライター 1979年5月24日、西表島にある人口39人(201...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
97415 位
総合月間
53070 位

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。