【スゴい★PR】PRの本場アメリカ発 最新情報&事例

今、戦略的にPRに取組む企業が売上を伸ばしている!
ということでPRの本場アメリカを主に海外メディアに取り上げられた最新PR事例を中心にブランディングやマーケティングの成功(時には失敗)事例をお届けしています。

【What's New】

マーケターが集まる×つながる×仕掛ける“場”
$【スゴい★PR】PRの本場アメリカ発 最新情報&事例

異業種のマーケター同士が集まる、ヨコのつながりの「場」があったら、 何かおもしろいことができるんじゃないか…。 『にっぽんのマーケター』は、そのような想いから生まれました。


この「スゴい★PR」ブログも、『にっぽんのマーケター』の編集部連載企画として、

皆様に旬な情報をお伝えしています。


●にっぽんのマーケター ウェブサイト

●にっぽんのマーケター スゴい★PR ウェブサイト

●にっぽんのマーケター Facebookページ


 ※本ブログコンテンツの著作権は、発行者・執筆者に帰属します。転載の際は出所元を明記いただけますようお願いいたします。
★ランキングに参加しています。応援のクリックをよろしくお願いいたします。★

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ ブログ王ランキング参加中!Click HERE!

  ビジネスブログランキング参加中!Click HERE!


テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

 

 

 

イギリス発

 

世のバレンタインデーに喝!

高級セクシーランジェリーブランドの広告に

パメラ・アンダーソンが登場

 

 

|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》

 

 

 

 

 

 

 


読者の皆様、こんにちは。

 

 

 

今年も間もなく2月14日、バレンタインデーがやってきます。

 

 


国によって習慣が異なるバレンタインデー。

 

 

例えば、バレンタインデー発祥の地とされているイタリアでは同日は「サン・バレンティーノ」と呼ばれており、別名には「恋人の日」を意味するイタリア語もあります。恋人同士が愛を確かめ合う日として、花束などの贈り物やカードを贈りあったり、ディナーや旅行に出かけるなどするようです。

 

 

欧米では、恋人同士で祝う日と捉える国が多く、特に男性が女性に花束などを贈ることが習慣化しています。

 

 

 


さて、バレンタインデーといえば、カップルや夫婦などをターゲットにして商品やサービスのプロモーション・広告展開を行うのが通例ですが、少し違ったアプローチを仕掛けたブランドがありますのでご紹介したいと思います。

 

 

 


" Coco de Mer / ココ・ドゥ・メール "

 

 



Picture:Screen shot from Daily Mail UK

 

 


Picture:Screen shot from Time Out

 

 

 

 

イギリスのロンドンにブティック兼サロンを構えるココ・ドゥ・メールは、とてもラグジュアリーでセクシーなランジェリーやアダルトグッズを展開しています。

 

幅広い女性に人気のこちら、複数のセレブリティが訪れる姿もパパラッチされています。

 

 

 


実は2001年12月にココ・ドゥ・メールをオープンしたのは、イギリスの自然派ボディケア・コスメブランド" THE BODY SHOP "の創始者であるAnita Roddickさんの娘、Samantha "Sam" Roddickさんです。

 

 

 

Samさんはココ・ドゥ・メールというブランドの名前を、セイシェル島にある世界一大きな種子を持つヤシの木" Coco de Mer "から名付けたのだそうです。

 

ちなみにこの種子は、女性の臀部に似ていると言われています。

 

 

 


Picture:Screen shot from Newton's Apple

 

 

 


さて、イギリスでも恋人同士が愛を確かめ合うバレンタインデー。

 

 

セクシーな下着や美しいランジェリーを贈り物として選んでほしいと、プロモーションに余念がないのかと思いきや、ココ・ドゥ・メールのとったアプローチがユニークで話題になっています。

 

 

 


オンライン並びにインストアプロモーション用に、同ブランドが制作した最新動画をご覧ください。

 

 


" Pamela Anderson x Coco de Mer: Take Your Breath Away, by The Full Service "

 

 
 

https://youtu.be/M6QRpA7arh0

 

 

 


今回のプロモーションからブランドアイコンとして起用されたのは、現在は女優・タレントとして活躍しているPamela Anderson(パメラ・アンダーソン)さんです。

 

 

1967年カナダ生まれのPamelaさんは、御年49歳。かつてはPLAYBOY誌でプレイメイトを務め、世界中の男性を虜にしていた彼女。実は動物保護活動に熱心なベジタリアンでもあるそうです。

 

 



Picture:Screen shot from Express UK

 

 

 

現在も整ったセクシーなボディラインをキープしメリハリボディを維持しているパメラさんは、ランジェリーの広告塔としてはこれ以上ない適任。

 

 

 

動画の中では、そんな彼女が身に着けたゴージャスなランジェリーをカスタマーにアピールするのかと思いきや、動画の途中で彼女が手にしたのは自慰行為用のアダルトグッズだったから驚きです。

 

 

 

 

これが通常のバレンタインデーのプロモーション素材であったならば、バレンタインデーの夜に自宅に戻ったPamelaさんがキャンドルに火を灯し、ベッドにバラの花びらを散らして、金色のランジェリーを身に着けて待っているのは恋人かパートナーという展開になるところですよね。

 

 

しかし、Pamelaさんが選んだのは、自分が楽しめること,自身の喜びを第一に据えた自分のための有意義な時間を過ごすことでした。

 

そしてそこには、「バレンタインデーなのに一人」というネガティブな感情は感じられません。

 

 

 



Picture:Screen shot from  Daily Mail UK

 

 

 

 

動画のラストに近いところでPamelaさんが発した言葉は、

 

 

 

" F**k Valentine's Day! "

 


" くたばれバレンタインデー! "

 

 

 

 


今回の動画を制作したのは、著名な写真家のRankin氏が率いるイギリスロンドンのクリエイティブエージェンシーThe Full Service。

 

 

 

同社とココ・ドゥ・メールのマネージングディレクターLucy Litwack氏によれば、パメラさんを起用した理由は、彼女が昔も今もアイコニックなセックスシンボルであり、その完璧なボディを維持していることだけではないとのこと。

 

彼女が、美しく情熱的な独立した女性で、なおかつ知性もあることもとても重要でした。

 

 

 

そしてそんな彼女だからこそ、「バレンタインデーは恋人やパートナーと過ごすもの」、「バレンタインデーに一人なんて寂しい」といったステレオタイプな世間のバレンタインデーの過ごし方や捉え方に一石を投じた今回のプロモーションにぴったりだったのです。

 

 

 

 


ココ・ドゥ・メールが今回のプロモーションを通して世界中の女性たちに発信したのは、バレンタインデーの世間の一片的な見方にとらわれないでほしい、もっと自分自身にパワーがあることを認識して、そしてまた真の喜びを見出すことにも自由になってほしいというものでした。

 

 

 

 

※Coco de Mer Official Website
https://www.coco-de-mer.com/

 

 

 

 

 

※ニュースソース

 

※GQ
http://www.gq-magazine.co.uk/article/pamela-anderson

※Daily Mail UK
http://www.dailymail.co.uk/video/tvshowbiz/video-1408061/Pamela-Anderson-stars-raunchy-advert-Coco-Mer.html

※HIGHSNOBIETY
http://www.highsnobiety.com/2017/02/07/pamela-anderson-nsfw-coco-de-mer/

※Campaign UK
http://www.campaignlive.co.uk/article/pamela-anderson-subverts-valentines-day-coco-de-mer-ad/1423423

 

 

 

 

 

■編集後記■

 

 


 

読者の皆様、こんにちは。

 

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

 

 

今回はバレンタインデーに絡んだトピックスをイギリスからご紹介しました。

 

 


皆様は、今年のバレンタインデーに何かアクションを起こされますか?もしくは何かが起こると想定されていますか?

 

 

 

日本では女性が男性にチョコレートなどを贈る習慣ですが、アメリカでは恋人同士で祝うもしくは、男性から女性に花束や贈り物をする傾向が強くあります。

 

 

そしてもちろん(?)、翌月のホワイトデーの習慣はありません。

 

 

 

 

女性としては嬉しい限りのアメリカ式バレンタインデー。

 

 

義理チョコを含めて、多数のチョコレートを買いに走っていた時代が懐かしくもあります。

 

 

 

Happy Valentine's Day!

 

 

 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

 

『にっぽんのマーケター』

 

http://nipponmkt.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

 


アメリカ発。

 

CES2017に登場しある意味で話題をさらった

「役に立たない(かもしれない)」珍製品4選

 

|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》

 

 

 

 


読者の皆様、こんにちは。

 

 

' CES 2017 'が、今年もアメリカのラスベガスで1月5日から8日まで開催され、大盛況のうちに幕を閉じました。

 

 

 


Picture:Screen shot from Electronic House

 

 

 

CES(そもそもはConsumer Electronics Showの略称) は、毎年1月、全米民生技術協会 (CTA) が主催し、ネバダ州ラスベガスで開催される世界最大規模の家電見本市です。

 

 

1967年に第一回が開催されてから、今年で50周年を迎えました。

 

 

 

従来は、家電各社の新製品がお披露目され展示商談会の様を呈していましたが、近年では家電のみならず様々な分野の最新テクノロジー・技術が揃う場となっています。

 

また、製品のお披露目ではなく、新たな商品・サービスコンセプトを提案する場、それがもたらす未来を描いてみせる場ともなっているようです。

 

 

 

 

2017年のCESでは、自動車業界やAI、そして多数のスマートデバイス、そしてPC関連の新製品も多数登場するなど、おおむね当たり年として評価されています。

 

 

しかし、人々がその画期的なコンセプトにあっと驚き、自らの手が届くようになる近未来を楽しみにする製品が多数ある一方で、実は「えっ?こんなものを・・・?」という製品もちらほら。

 

 

今回は、先のCESで' useless 'とうれしくない注目を浴びてしまった製品をご紹介します。

 

 

 

 

 

1)Pop-I / Backpack

 

 

 

Picture:Screen shot from CNET

 

 


まずご紹介するのはこちら、アメリカの学生には欠かせないバックパックの最新版です。

 

 

米サンタモニカのPOP-Iが超薄型ディスプレイE Ink(イーインク)を活用。E InkをBluetoothで携帯端末とつなげることで、自分のセルフィーを背中のディスプレイに映し出し、見せびらかしながら歩き回れるバックパックを発表しました。

 

 

価格は、バックパックの素材やディスプレイのサイズによって99ドルから399ドル。2017年2月からプレオーダーの受付を開始、夏ごろには店頭販売の予定になっています。

 


残念なのは、E-Inkはチャージをしなくてはならず、フル充電には3~4時間を要する点です。

 

 

 


2)Invoxia / NVX 200

 

 



Picture:Screen shot from invoxia official website

 

 

 

続いてご紹介するのはこちら。電話・スピーカーなどを展開するInvoxiaがリリースしたものです。

 

 

見ての通り、スマートフォンが卓上の固定電話のようになる代物です。

 

ダイヤルボタンと受話器がついている以外は、スマートフォンドック・ステーションと何ら変わりがありません。

 

 

価格は249ドル。皆様はその価値があると思われますか?

 


http://www.invoxia.com/nvx-200/

 

 

 


3)Griffin / Home Connected Toaster

 


外出先から自宅の家電をコントロールして、より便利で快適な生活を送りたい。そんな人々の声に応える家電のスマート化はどんどん進んでいます。

 

 

確かに、外出先から帰宅前に自宅のエアコンをオンにして、部屋を涼しくして(or暖めて)おける機能などは便利だなと思います。

 

 

それではこちらはいかがでしょうか?

 



Picture:Screen shot from Griffin official website

 

 

 

そう、スマートトースターです。

 

 

Bluetoothでつながった携帯端末でアプリを利用して、トースターの温度、焼き上がりの焦げ目具合、パンの種類などの調整ができます。

 

 

実はGriffinからは、トースターだけでなく、コーヒーメーカーと鏡もスマートホームコレクションとして登場しています。

 

これらを揃えれば、朝目が覚めて寝室からキッチンへ移動すると、パーフェクトに焼きあがったトーストとコーヒーがあなたを迎えてくれることになりますね。

 

 

 

https://press.griffintechnology.com/release/griffin-technology-unveils-griffin-home-a-collection-of-smart-apppowered-appliances-that-simplify-and-enhance-everyday-routines-at-ces-2017/

 

 

 


4)L’Oréal, Withings and Kérastase / Hair Coach

 

 

 



Picture:Screen shot from Griffin official website

 

 

 

最後にご紹介するのはこちら、価格200ドル弱(予定)のヘアブラシです。

 

 

ロレアルグループの高級ヘアケア製品で人気のKérastaseが、ヘルスケア関連のスマートデバイス開発を行うWithingsの協力で、世界初のスマートヘアブラシを誕生させました。

 

 

髪の毛の質や状態と、ヘアケア効果を測定できるこのブラシ。

 

ブラシにはマイクロホンが内蔵されていて、ブラッシングした時の音のパターンから髪質や状態を判断するのだそうです。

 

専用のモバイルアプリを使って測定結果を確認し、自身の髪質や状態に合ったヘアケア製品を選ぶことができるのだとか。

 

 

2017年秋に一般発売予定となっています。

 

 


ちなみにこの商品、シンガポールに拠点を置くエージェンシーのJones Knowles Ritchieの戦略ディレクターは、'' the most annoying piece of technology ''と、カンファレンスで一刀両断したそうです(annoyingはうざい、迷惑な、イライラさせるといった意味)。

 

 

 

 

いかがでしょう、気になる製品はございましたか?

 

 

既に発売中もしくは近日発売予定のアイテムばかりです。実際に市場でどのような反応が出るのか楽しみです。

 

 

 

 

 

※CES Official Website
http://www.ces.tech/

 

 

 

 

※ニュースソース

 

※CNET
https://www.cnet.com/products/pop-i-e-ink-backpack/preview/

※The Verge
http://www.theverge.com/circuitbreaker/2017/1/5/14174438/pop-i-backpack-e-ink

※Campaign Asia
http://www.campaignasia.com/article/the-7-most-useless-tech-products-of-ces-2017/432954

※One Fantastic Shop
https://onefantasticshop.com/en/blog/discover-invoxia-nvx200-n13

※engadget
https://www.engadget.com/2017/01/04/griffin-connects-your-toast-to-your-phone/

※L'oreal
http://www.loreal.com/media/press-releases/2017/jan/kerastase-and-withings-unveil-worlds-first-smart-hairbrush-at-ces-2017

 

 

 

 

■編集後記■

 

 

読者の皆様、こんにちは。

 

 

スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

 

 

トランプ米大統領の発した中東やアフリカの7か国の人の入国を一時的に禁止することなどを命じた大統領令が、世間に波紋を広げていますね。

 

 


空港はパニックになり、抗議活動は全米に広がりました。

 

そして事態はアメリカの司法長官が大統領令に反旗を翻した結果、トランプ大統領に「クビだ!」と言い渡される(罷免される)までになりました。

 

 

 

私自身が同国の永住権を所持していること、アメリカと日本など外国を行き来する立場であることなどもあり、およそ他人事のようには見ていられない状況です。

 

 

今後どうなっていくのか。不透明かつ不安定な未来に、不安を感じずにはいられない今日この頃です。

 

 

 

 

 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

 

『にっぽんのマーケター』

 

http://nipponmkt.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

 

 

 

オーストラリア発。

 

オーストラリアの日に新名所が誕生。

8mの巨大ビッグマックが象徴するものとは?

 

|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》

 

 

 

 

 


読者の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

オーストラリアでは、毎年1月26日が国民の祝日'Australia Day/オーストラリアの日'となっています。

 


1788年にオーストラリアにアーサー・フィリップキャプテンの率いるイギリスからの船が初めて到着・上陸し、シドニーコーブにユニオンジャックを掲げた日を記念しています。

 

 

 

オーストラリア発見の日としてお祝いムードである一方で、アボリジニーの人々などにはこの日を 'Invasion Day'と呼ぶなど、両者の間で衝突や摩擦があることもまた事実です。

 

 

 


Picture:Screen shot from freepic

 

 

 


発見か侵略か、解釈の違いによってとらえ方の異なるオーストラリアの日は、現在は「オーストラリアを称え、オーストラリア人であることを誇りに思う日」であり、「オーストラリアでこれまで成し遂げたこと、オーストラリアの誇りについて反芻する日」であり、「これからのオーストラリアがより良い場所となるようにコミットする日」として、政府などは全オーストラリア国民にメッセージを発信しています。

 

 


また、この日は前年の同日以降に新たに「オーストラリア人」となった人すべてをウェルカムする日でもあります。

 

 

 

当日には、様々なイベントが全土で開催されるほか、例えばアメリカのインディペンデンスデーのように花火が上がり家族や友人とBBQを楽しんだりするのが常となっています。

 

 

 

さて、オーストラリアの日のお祝いムードにひと花添える、ある巨大なモニュメントがオーストラリアにお目見えしました。

 

 

 

それがこちら。

 

 

 



Picture:Screen shot from Marketing Mag

 

 

 

’The Down Under Big Big Mac ’

 

 

です。

 

 

 

マクドナルドが2017年のオーストラリアの日にニューサウスウェールズ州のタムワースでお披露目した高さ8m超にもなるビッグマックの巨大モニュメント。

 

 

 

今回の巨大モニュメントを設置した理由は、ビッグマックがどれほどオーストラリアで人気があるのか、その圧倒的な存在感を示したかったというだけではありません。

 

真の目的は、ビッグマックに使用されているビーフや小麦、レタスなどを生産してくれているオーストラリアのローカルファーマー(農家)の方たちへの敬意と感謝を示すためなのだそうです。

 

 

 

モニュメント設置に至る経緯は、ビッグマックを支えるオーストラリアの農家の人々の姿をとらえたこちらのプロモーション動画でも発信されています。

 

 

" The Down Under Big Big Mac "

 

 
 

 

 

 


巨大モニュメントの設置に合わせて、SNSでのビッグマックファン参加型キャンペーンも展開されています。

 

モニュメントの名前にも使われている' Down Under/ダウンアンダー 'という言葉は、実はビッグマックを上下逆さまにして食べるという独特のスタイルを指しています。

 

マクドナルドは今、ビッグマックをダウンアンダースタイルで食べる写真をSnapchatすることでローカル農家の方への敬意を表して欲しいと、カスタマーに呼びかけています。

 

 

 

またこれらの取り組みに先立って、世界のビッグマックファンが待ち望んだある商品も限定販売されました。

 

それがこちら。

 

 

 


Picture:Screen shot from Marketing Mirror

 

 

 

ビッグマックに使われているレシピを再現したこちらのソース。オーストラリアでのみ限定4000個の発売となりました。

 

価格は500mlボトルで、豪ドル4.95。数分で売り切れとなる販売店も続出したそうです。

 

 

 


オーストラリアには、' The Big Banana '、' The Big Prawn 'や ’Merino ’などの巨大モニュメントが既に点在していましたが、今回のビッグマックモニュメントも新たな観光名所となることは間違いないようです。

 

 

 

 

※ニュースソース

 

※Mumbrella
https://mumbrella.com.au/mcdonalds-reveals-eight-metre-burger-new-big-big-mac-campaign-422052

※Campaign Brief
http://www.campaignbrief.com/2017/01/maccas-goes-big-on-australia-d.html

※B and t
http://www.bandt.com.au/marketing/look-big-banana-mcdonalds-bringing-us-big-big-mac

※The Northern Daily Leader
http://www.northerndailyleader.com.au/story/4424126/big-mac-not-in-poor-taste-mayor/

※Marketing Mag
https://www.marketingmag.com.au/news-c/mcdonalds-down-under-big-mac/

※Mirror
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/mcdonalds-big-mac-sauce-now-7266345

 

 

 

 

■編集後記■

 


 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

 


オーストラリアに出現した巨大なビッグマックのモニュメント。びっくりしました。笑。

 


文中でも触れましたが、オーストラリアには既にいくつもの巨大モニュメントが存在します。

 

 


メリノ羊。

 

 

 

 

バナナ。

 

 

 

 

エビ。

 

 

 

 

いずれも観光名所となっているようです。他にも、パイナップルやギター、ラム、蟻など多数のモニュメントが存在するオーストラリア。

 

これらを巡りながら、のんびりドライブをして景色を楽しみながら旅をするというのも良いかもしれませんね。

 

 

 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

 

『にっぽんのマーケター』

 

http://nipponmkt.net/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

 

 

中国&シンガポール発。

 

CNY(中国の旧正月・春節)に合わせて

スタートしたキャンペーン2事例

 

|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》●

 

 

 

 


読者の皆様、こんにちは。

 

 

 

2017年1月28日の土曜日は、中国で一年で最大のハレの日である「旧正月(春節)」です。

英語では、「Chinese New Year(略してCNY)や「Lunar New Year」と呼ばれています。

 

 



Picture:Screen shot from Happy new year wallpaper

 

 


今回は、CNYに合わせてスタートした2つのキャンペーンをご紹介します。

 

 


>Dove - 年年得福 2017 CNY Campaign

 

 



Picture:Screen shot from  BBDO CHINA Official Youtube Video

 

 


まずご紹介するのは、米Mars社のチョコレートブランドDoveが広告代理店BBDO Beijingと組んで展開しているキャンペーンです。

 

 

家族の絆や愛をテーマにしたブランドからのメッセージをエモーショナルな動画で発信しています。

 

 

「故郷ではいつも誰かがあなたのことを愛している」ということを思い出してほしいと制作された動画がこちらです。

 

 

" Dove - 年年得福 2017 CNY Campaign "

 

 

 
 

https://youtu.be/IjtZgoewhPA

 

 

 

 

Doveがこれまでターゲットとしていたのは、自立した若い女性でした。

 

既に20年以上にわたりブランドを代表するキャラクターとして設定されている「Dove Girl」も、常に機知に富み、愛嬌のある自立した女性でした。

 

 


しかし今回のキャンペーンでは、娘の成長とともに変化する母娘の関係性を題材に、若い女性だけでなくその親たちなどより幅広い層へのリーチを目指しました。

 

そしてDove Girlも、もっと誰もが自分自身を投影することができるようなキャラクターに変化しています。

 

 

 

Mars Chinaのマーケティング部門VPであるThomas Delabriere氏は以下のようにコメントしています。

 

 

“This Chinese New Year, Dove wants to be the most talked about campaign for a spot that really touches people’s hearts.”

 

「今年の旧正月に、Doveの取り組みが人々の心に最も響いたキャンペーンとなってほしい。」

 

 

 

 

ちなみにこちらの動画は公開から1週間ほどで2700万回以上も視聴されました。

 

 

 


>Kungfu Fighter, Hidden Sugar

 

 

 


Picture:Screen shot from  Goverment of Singapore Official Youtube Video

 

 


続いてご紹介するのは、シンガポール政府が国民にあることに気をつけてもらいたいと展開しているキャンペーンです。

 

 

CNYというと、家族や親戚が集い、たくさんのご馳走が準備された食卓を囲んで団らんを楽しみます。

 

そうするとついつい気になるのが「食べ過ぎ」です。

 

 

暴飲暴食や、過剰な塩分、油分、糖分の継続的な摂取で引き起こされる可能性のある病気に糖尿病があります。

 

 

今回シンガポール政府は、糖尿病を将来患う人を減らすためにも、食事に含まれる糖分や塩分量などを示しながら国民に警鐘を鳴らそうと、カンフーをテーマにした楽しみながら食品の成分について気付きを得られる動画を制作しました。

 

 

 

" Kungfu Fighter, Hidden Sugar "

 

 
 

https://youtu.be/3TmNCt1N9_4

 

 

 

こちらの動画は公開から2日間で、視聴回数は100万回を突破。

 

16万8千シェアと7800のリアクション、963コメントがつき、その反応は概ねポジティブなものとなっているそうです。

 

 


政府からのメッセージは好意的に受け取られたようですが、実際にデザートのパイナップルタルトを「じゃあ半分でやめておこうかな」と行動に移せる人はどのくらいいるのでしょうか・・・。

 

 

 

 


※ニュースソース

 

※Campaign Brief Asia
http://www.campaignbriefasia.com/2017/01/mother-and-daughter-bond-over.html

※The Drum
http://www.thedrum.com/news/2017/01/19/mars-targets-families-with-emotional-chinese-new-year-campaign

※mUmBRELLA Asia
http://www.mumbrella.asia/2017/01/bbdo-beijing-goes-emotional-pull-latest-chinese-new-year-push-dove-chocolate/

※MARKETING INTERACTIVE
http://www.marketing-interactive.com/gov-sgs-kungfu-ad-with-anti-diabetes-message-garners-netizen-love/

 

 

 

 


■編集後記■

 

 


 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

 

 


先日ニュースで、米カリフォルニア州などで発見された新種の「蛾」にユニークな名前が付けられたと報道されていました。

 

 

読者の皆様はご存知ですか?

 

 

 


その名前は、

 

 

ネオパルパ・ドナルドトランピ/ Neopalpa donaldtrumpi '

 

 


先日就任した米トランプ大統領にちなんだ名前なのは一目瞭然ですよね。

 

ちなみにこの新種の蛾、頭部にはトランプ大統領のような金色の毛が・・・。

 

 

 

 

 

カリフォルニアだけでなく、メキシコ北部にも生息している「ネオパルパ・ドナルドトランピ」。

 

 

 

少々あやういにおいを感じるのは私だけでしょうか・・・・?

 

 

 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

 

『にっぽんのマーケター』

 

http://nipponmkt.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

 

 

 

アメリカ発。

 

リーボックが無料のフィジカルトレーニングレッスンを提供。

その対価は「握手」でお支払い!?

 

|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》●

 

 

 

 

 

 


読者の皆様、こんにちは。

 

 


日本では近年、その「タフ」なフィットネス、コンバットトレーニングやクロスフィットをはじめ、ダンス、ヨガなどを体験できる施設やイベントを積極的に展開するなど、フィットネス業界をリードするブランド。

 

そして世界的にもグローバルフィットネスライフスタイルブランドとして人気と注目度が再上昇しているのが、

 

 

' Reebok/リーボック '

 

 

です。

 

 

 

イギリス発祥のスポーツ用品ブランドのリーボックは、1980年代にエアロビクスシューズ「フリースタイル」の大ヒットでブームを巻き起こしたことが記憶にある方もいらっしゃると思います。

 

同社は、その機能性の高い製品で知られています。

 

 

 

 


Picture:Screen shot from  footwearoutletonlines

 

 

 


さて、リーボックは現在‘Be More Human/人間をきわめろ' というプラットフォームをブランドテーマとしています。

 

' フィットネスを通じて、自らの可能性を最大限に高める ' というミッションを宣言した同社。

 

リーボックにとって革新的な変化と評価されている同テーマの導入から、2017年で3年目を迎えました。

 

 

 

そしてこのプラットフォーム上で展開されている最新のキャンペーンが、

 

 

 

' HANDS '

 

 


' HANDS 'というワードには、日々のトレーニングや仕事、様々なアクティビティを通して刻まれる痕跡は、手や身体の表面にだけではなく、私たちのもっと奥深いところにも刻まれるものだというメッセージが込められています。

 


以下のキャンペーン動画では、様々な人々がより良い自分を目指して努力し、極限に挑戦する様とそのストーリーを発信しながら、それぞれの手をクローズアップすることで、ブランドからのメッセージが表現されています。

 

 


" Hands - Reebok - Be More Human "

 

 


https://youtu.be/uXIcmHw98pA

 

 

 


さて、' New Year's Resolution 'と呼ばれる一年の抱負・目標を定めるこの1月は、暴飲暴食と運動不足になりがちなホリデーシーズンを超えて、アメリカで多くの人がダイエットや健康管理の重要性を改めて認識するタイミングです。

 

 

そんな絶妙のタイミングで、リーボックは' HANDS 'を差し伸べました。

 

 

 

 

同キャンペーンの一環として展開されているのは、実質無料のパーソナルトレーニングセッションを提供するというものです。

 

 

このイベントは2017年1月17日から20日かけての4日間、ニューヨーク、ロサンゼルス、ボストン、ダラス、ワシントンDC、フィラデルフィア、サンフランシスコ、シカゴ、シアトル、マイアミの全米10都市に在住する成人男女を対象に開催。

 

 

セッションに参加したい人は同期間中に、' Handstand ' というオンデマンドトレーナー検索アプリを使ってパーソナルレッスンを予約し、1月末までの間に予約したレッスンに臨むことになります。

 

 

 


Picture:Screen shot from PR Newswire

 

 

 

 

現在、一回のパーソナルトレーニング1時間の平均価格がおよそ50ドルと言われていますが、今回のイベントで参加者が負担する費用はありません。

 

リーボックが最大25万ドル分のレッスン費用を負担するのだそうです。

 

 

 

その代わりとして参加者は、トレーナーと握手をしレッスンへの謝意を表現することが条件となっています。

 

 

 

リーボックはこのイベントの実施に当たり、フィットネスプロの為のソーシャルネットワークサイト' ReebokONE ' を活用して、多数のプロフェッショナルトレーナーの参加を募りました。

 

リーボックが主催するこちらのSNSには全世界から10万6千人を超えるプロフェッショナルトレーナーが参加しているそうです。

 

 

 

 


最後に、‘Be More Human/人間をきわめろ'というブランドミッションのもと、先にご紹介した動画 ' HANDS ' とともに、以下の2点のブランドからのメッセージが込められた動画も公開されていますのでご紹介しておきます。

 

 

 

" Slide - Reebok - Be More Human "



https://youtu.be/5e2w6o_yINo

 

 

 


" Mom - Reebok - Be More Human "



https://youtu.be/m7M0TT532QY

 

 

 

 

※Reebok BE MORE HUMAN Official Website
http://fitness.reebok.com/international/be-more-human/#/home

 

※Handstand Official Website
https://handstandapp.com/

 

 

 


※ニュースソース

 

※Benzinga
http://www.benzinga.com/pressreleases/17/01/p8913453/reebok-partners-with-handstand-app-to-offer-workouts-for-the-price-of-a

※PR Newswire
http://www.prnewswire.com/news-releases/reebok-offers-workouts-for-the-price-of-a-handshake-300391784.html#continue-jump

※AD WEEK
http://www.adweek.com/news/advertising-branding/ad-day-reebok-gets-more-human-ever-evolving-aspirational-campaign-175611

※Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/news/reebok-offers-workouts-price-handshake-131500599.html

 

 

 

 


■編集後記■

 


 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

 

 

ドナルド・トランプ氏の米大統領就任が明日に迫ったアメリカ。

 

 

テレビのニュースでは、就任関連イベントが生中継。

 

 

' Make America Great Again Welcome Concert 'という名の大コンサートが、ワシントンDCにあるリンカーンメモリアルで開催されていました。

 

 

 

 

しばし見入ってしまった私ですが、トランプファミリーが臨席する会場では、著名人があいさつやプレゼンターを務め、有名なアーティストが楽曲を披露。

 

 

選ばれた曲は、愛国心たっぷりのラインナップ。

 

 

アメリカっぽいイベントだなあ、とちょっと関心してしまいました。

 

 

 

明日はいよいよ就任式。

 

今後のアメリカが、世界がどうなっていくのか注目ですね。

 

 

 

※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

 

『にっぽんのマーケター』

 

http://nipponmkt.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。