【スゴい★PR】PRの本場アメリカ発 最新情報&事例

今、戦略的にPRに取組む企業が売上を伸ばしている!
ということでPRの本場アメリカを主に海外メディアに取り上げられた最新PR事例を中心にブランディングやマーケティングの成功(時には失敗)事例をお届けしています。

【What's New】

マーケターが集まる×つながる×仕掛ける“場”
$【スゴい★PR】PRの本場アメリカ発 最新情報&事例

異業種のマーケター同士が集まる、ヨコのつながりの「場」があったら、 何かおもしろいことができるんじゃないか…。 『にっぽんのマーケター』は、そのような想いから生まれました。


この「スゴい★PR」ブログも、『にっぽんのマーケター』の編集部連載企画として、

皆様に旬な情報をお伝えしています。


●にっぽんのマーケター ウェブサイト

●にっぽんのマーケター スゴい★PR ウェブサイト

●にっぽんのマーケター Facebookページ


 ※本ブログコンテンツの著作権は、発行者・執筆者に帰属します。転載の際は出所元を明記いただけますようお願いいたします。
★ランキングに参加しています。応援のクリックをよろしくお願いいたします。★

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ ブログ王ランキング参加中!Click HERE!

  ビジネスブログランキング参加中!Click HERE!


テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■


 


下着×スーパーボウル=バレンタイン!
ヴィクトリアズ・シークレットの看板娘がアメフトをする
オンライン限定動画が話題
|スゴい★PR《世界のマーケティング最新事例》

 



 

読者の皆様、こんにちは。


 

アメリカでは、ついにNFLのスーパーボウルまで1週間を切りました。

テレビでは、スーパーボウル当日にお披露目するCMのティーザー
などが流れ、視聴者、メディア関係者のCM合戦への注目度も
一段と高まってきています。


先回は、このプレスーパーボウル期間を上手にPRに利用している
冷凍ピザブランド、「ディジョルノ」の話題を取り上げましたが、
今回ご紹介する、スーパーボウルをPRに活用しているブランドは・・・。

 

Victoria's Secret/ヴィクトリアズ・シークレット


 

 

Picture:Screen shot of Shop Greenhills



 

アメリカでは若い女性に絶大な人気を誇る、下着や水着、ルーム&
スリープウェアなどの各種婦人服、香水や美容用品などを販売
している同ブランド。



親会社はリミテッド・ブランズ社で、ヴィクトリアズ・シークレット
の営業利益はグループ内最大、その本社はオハイオ州コロンバスに
あります。


※Victoria's Secret Official Website
https://www.victoriassecret.com/



 

1990年代から、スーパーモデルの登場するランジェリーファッションショー
がテレビなどでも放映されたことから一躍注目を浴び、これらのショーに
登場して人気を博したモデルには、ハイジ・クラム、タイラ・バンクス、
レティシア・カスタ、新しいところでは、日本でも大人気のミランダ・カー
などがいます。


 

Picture:Screen shot of Downtown Magazine NYC


彼女たちのような同ブランドの契約モデルの中でも特に人気の女性たちは、
「ヴィクトリアズ・シークレット エンジェルズ(エンジェルズ)」と
呼ばれ、ブランドのスポークスウーマンとして様々なイベントやショー、
企画などで活躍しています。

 

どちらかと言うと、下着や水着などのセクシーな衣装を身にまとい、
華やかなランウェイを闊歩しているイメージの強いエンジェルズ
ですが、今年はちょっと変わった場面に登場して話題となっています。


 

※エンジェルズのアメフト姿が話題の動画はこちら

"Victoria's Secret Angels Play Football  "

http://youtu.be/S5-sx-Qgd_M




先週、1月21日にYoutubeに公開されたこちらの動画には、アメフトの
ユニフォームに身を包んだ、Adriana Lima(アドリアナ・リマ)、
Doutzen Kroes(ドウツェン・クロース)、Lily Aldridge(リリー・
オードリッジ)、Behati Prinsloo(ベハティ・プリンスルー)、
Candice Swanepoel(キャンディス・スワンポール)の五人の
エンジェルズが出演。



来月2月14日に迫った「バレンタインデー」を、「贈り物なら
ヴィクトリアズ・シークレット」
というメッセージと共に
視聴者に思い出させるものとなっています。



 


このCMはオンライン限定と、動画の公式コメントで記載されていますが、
同ブランドは、2008年以来久しぶりに、スーパーボウル放映中のCM放送
枠を獲得しており、2月1日の第4クォーターの残り2分となった後の
CM枠で、新しいテレビCMをお披露目すると発表しています。



 

同ブランドのCEOであるSharen Jester Turney氏は、



"The Super Bowl is the single best opportunity for Victoria's
Secret to remind a global audience that Valentine's Day is
right around the corner,"


「スーパーボウルは、バレンタインデーがすぐそこに迫っている
ことを広く視聴者に思い出してもらうのに、またとない絶好の
機会なのです。」

 



と、今回の2008年以来久しぶりにCM枠を活用するに至った背景を
コメントしています。




 

Picture:Screen shot of Victoria's Secret Official Website



 


同ブランドの売り上げは、毎年クリスマス商戦で最大となるのに
続いて、このバレンタインが第二の売り上げを記録するのだそうです。

また、バレンタイン時期に限っては、通常その顧客の95%を女性が
占めているのに対し、およそ40%が男性
になるのだとか。




そのため、視聴者のおよそ60%が男性。しかし、女性の視聴者も40%
ほどはいるというスーパーボウルは、バレンタインデー×ヴィクトリアズ・
シークレットをPRするのにもってこいだったのですね。

 

2008年のスーパーボウルCMでは、ランジェリー姿のエンジェルズの登場は
ありませんでしたが、今年のCMではどうなるのか、放送当日が楽しみです。

 

 


※ニュースソース

※abc News
http://abcnews.go.com/Business/victorias-secret-super-bowl-ad-timely-message/story?id=28381247

※The Imprint
http://theimprint.theimpression.com/2015/01/21/victorias-secret-angels-superbowl/

※More About Advertising
http://www.moreaboutadvertising.com/2015/01/victorias-secrets-try-their-hand-at-american-football/

※USA Today
http://www.usatoday.com/story/money/business/2015/01/21/victorias-secret-super-bowl-ad/22127891/

 



■編集後記■



 

読者の皆様、こんにちは。スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。


 

1月2月とまだまだ寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか?



アメリカでは、「Snowstorm Barrels」という巨大な冬の嵐が、アメリカ
北東部に接近していて、ニュージャージー州からメーン州にかけてが
厳戒態勢となっています。


ニューヨークから対岸のニュージャージーの自宅へ帰る人々は、地下鉄や
バス等の公共交通機関のサービス停止(雪のため午後11時で地下鉄の営業が
終了となるのは初めてのことだとか)、橋やトンネルなどの閉鎖に備えて、
早めに仕事を終えて帰宅する人が相次ぎました。



 

昨年、ノースカロライナの沿岸部でも(「ノース」と言うものの、南部州
に属し、緯度もあまり高くありません・・・)稀に見る積雪を体験
しましたが、この冬はより一層大寒波の影響を受ける頻度が増しているように
感じます。



 

ニューヨークでの積雪記録は、2006年に26.9インチ(68.3センチ)の積雪を
セントラルパークで記録したのが最大の他、1947年の猛吹雪では26インチ強
(66センチ余り)、そして遡ること1888年には21インチ(55.3センチ)を
記録したことがあるそうです。




今回の猛吹雪は、ニューヨーク市全域で、2フィート(約61センチ)の積雪
が予測されていて、クイーンズやブルックリンなどの南部では、降り始め
からの積雪量が、36インチ(91.4センチ)に到達する可能性もあると、気象
予報士がコメントしていました。



大きな被害や停電などの生活への影響がひどくならないことを願います。

 


 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカの旬なマーケティング
ニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 


「プレスーパーボウル」を商品PRにお得に活用!
冷凍ピザのディジョルノの賢い&お得なオンライン広告
|スゴい★PR《世界のマーケティング最新事例》

 

 






読者の皆様、こんにちは。


 

突然ですが、この紳士をご存知ですか?


 

 

Picture:Screen shot of USA Today



 

彼の名前は、「Terry Bradshaw/テリー・ブラッドショー」。



現在は、アメリカのテレビジョンFoxの「NFL SUNDAY」のホストとして
広く知られています。




遡ること1970年から1983年までの14シーズンにわたり、NFLのピッツバーグ
スティーラーズのQB(クオーターバック)としてプレイ。

現役時代、司令塔としてチームを4回のスーパーボウル制覇に導き、2度の
スーパーボウルMVP受賞、そして自身は引退後の1989年にプロフットボール
の殿堂入りを果たすなど、往年の名スターなのです。


 

 

Picture:Screen shot of Terry Bradshaw.net


 


もちろん、NFL解説者として引退後も活躍をしているため、彼の顔を
テレビやメディアで見かけることは非日常ではありません。

しかし、最新のとあるコミカルなCM動画に彼が出演するとは誰が思って
いたでしょうか?


 

※テリー・ブラッドショーが出演しているユーモラスなCM動画はこちら

"PreGiorno"

http://youtu.be/cNioumZLMWk


ピザを囲んでNFLのゲーム観戦パーティーをしていることからもおわかりの通り、

このCMを制作したのは、冷凍ピザブランドの

 

「DiGiorno/ディジョルノ」



 

 

Picture:Screen shot of DiGiorno Official Website

 

※DiGiorno Pizza Official Website
http://www.digiorno.com/



もともとは1991年からアメリカでパスタとパスタソースを製造販売
していたのですが、1999年に冷凍ピザの製造販売をスタート。

現在では、アメリカ国民の需要に応えるべく、1日当たり25万枚以上
のピザを製造しているのだそうです。




そんな同社のモットーは、


 

「IT'S NOT DELIVERY.IT'S DIGIORNO.」

 


「宅配じゃない、ディジョルノだよ」というメッセージには、同ブランドの
冷凍ピザの品質はとても高く、ベイクしたての宅配ピザかと思うほど
フレッシュで美味しいという意味を含んでいます。

 

 

さて、NFLはついに来月2月1日に行われる「ペイトリオッツVSシーホークス」の
スーパーボウルの一戦を残すのみとなりました。



例年、試合が始まる前から知人や友人などが集まり、各家庭ではスーパー
ボウル観戦パーティーなどで盛り上がります。


そして、そこに欠かせないのが、様々なドリンクや食べ物、とりわけスポーツ
観戦の定番と言えば、やっぱり「ピザ」なのです。

 



そんなこともあってか、「Pizza Hut」などはスーパーボウル当日の大変
高額なCM枠を購入してCMを放映していますし、過去には「Papa John's」
もCMを放映していました。



では、その出費を抑えたいならどうすれば良いのでしょうか?



それが、今回テリー・ブラッドショーを起用してプロモーションを展開
しているディジョルノの賢いところなのです。


 

 
Picture:Screen shot of DiGiorno Official Twitter


 

 

ディジョルノは冷凍ピザブランドですから、スーパーボウル当日より前に
購入しておいて、自宅で保管しておくことが可能ですよね。

そのため、消費者が観戦パーティーの計画をたてる期間中に商品を重点的に
PRすることが肝心なのです。


そして、それによって、事前に宅配ピザから顧客を奪っておくこともできます。




そこでディジョルノは「PreGiorno」と題したプロモーションを、1月19日から
31日までの間展開
することにしたのです。

 


 

Picture:Screen shot of DiGiorno Official Twitter

 

Twitterを中心にFacebook等では、観戦パーティー準備に役立つポイントを
ディジョルノ流にコンスタントに情報発信発信していく他、ホームページ
上では、2ドルオフのクーポン券も配布。

ファンやフォロワーからの「PreGiorno」タグ付きの質問Tweetなどにも
積極的に答えるなど、同ブランドのピザを主役にした観戦パーティー
計画を全面的にサポート。



 


しかし、そうした公式Tweetなどを見ていると、一つ気付くことがあります。




 

Picture:Screen shot of DiGiorno Official Twitter


そしてそこにこそ、"プレ"スーパーボウルの時期を選んだことと合わせて、
経費削減に貢献したポイントなのですが、皆様おわかりでしょうか?


 


そう、ディジョルノは「SUPER BOWL/スーパーボウル」という言葉を
使っていない
のです。





Youtube上で公開されている動画の公式コメントにも以下のように
表記されています。


 

"When it comes to the Big Game, you never know what's going to
happen or who's going to show up. That's why you need to be prepared.
PreGiorno & prepare your party for the Big Game.
It’s Not Delivery, It’s DiGiorno."


 

ディジョルノは、「スーパーボウル」という言葉の代わりに、「The Big Game」、
「Big Game」という言葉を用いることによって、NFLに多額の使用料を払わずに
済んでいる
というわけなのです。




Wコスト削減に成功したディジョルノ。



もしかすると、今後はこうしたスタイルのPRがスーパーボウル開始前から
多くみられるようになるかもしれません。

 

 

 

 

※ニュースソース

※Ad Meter USA Today
http://admeter.usatoday.com/2015/01/16/digiorno-terry-bradshaw-super-bowl-pizza/

※HOLDOUT SPORTS
http://www.holdoutsports.com/2015/01/terry-bradshaw-joins-digiorno-pizza-super-bowl-campaign.html

※wn.com
http://article.wn.com/view/2015/01/16/Watch_DiGiornos_slapstick_commercial_starring_Terry_Bradshaw/

 



■編集後記■



 

読者の皆様、こんにちは。スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 


ピザというと、アメリカ人の大好きな食べ物の筆頭ですが、読者の
皆様はどのくらいの頻度でピザを食べますか?


 

私は、「宅配ピザ=高い」という固定観念がなかなか取れないということも
あり、あまり多くは利用しないのとともに、スーパーの冷凍ピザに手を出す
こともありませんでした。

ところが、自家製トマトソースを作るようになったこと、そして新しく
買ったブレンダー/ミキサーが、ピザ生地も作ってくれることもあり、
なんと、ホームメイドピザを楽しむようになったのです。


オーブン機能でとっても簡単にできます。
トッピングも気分に応じて好みでのせ放題ですし、コストも↓。


このおかげで、一月に一度くらいはピザを食べるようになりました
(それでも少ない・・・)。



 

さて、一昨年のスーパーボウルは持ち帰り中華パーティー、そして昨年は
友人たちとレストランで観戦しましたが、今年はどうしたものか・・・?

アメリカ人にとってスーパーボウルパーティーは外せないイベントの一つで
あるだけに、思案と準備の日々が訪れそうです。



 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカの旬なマーケティング
ニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

オールスターゲームを前に、NBA×高級デパート×
雑誌GQがコラボ!
NBAファンのオシャレ心に火が付くか!?
|スゴい★PR《世界のマーケティング最新事例》

 


 



読者の皆様、こんにちは。

 


有名なスポーツ選手などが、ファッションブランドのモデルとして
キャンペーンや広告、PR等に起用されるのは、世界中でおなじみ
ですよね。


今回は、来月2月15日に、ニューヨークのマディソンスクエアガーデン
で開催される、第64回目の2015年NBAオールスターゲームに合わせて、
NBAとデパート、そしてファッション・ライフスタイル雑誌がコラボして
展開している取り組みについて紹介します。

 

この取り組みの主体となっている高級デパートは、


「Bloomingdale's/ブルーミングデールズ」


 

Picture:Screen shot of ronsaari.com

※Bloomingdale's official website
http://www1.bloomingdales.com/


 


アメリカ国内に34店舗、同アウトレットストアを13店舗、そして国外では
ドバイに1店舗を構える高級デパートチェーンのブルーミングデールズは、
「Bloomie/ブルーミー」の愛称で親しまれています


1861年に創業した同社は、ニューヨークに本社を構え、親会社はこちらも
有名かつニューヨークを拠点とする「Macy's/メイシーズ」であるため、
今年のオールスターゲームが開催されるニューヨークには並々ならぬ
こだわりと繋がりを有しています。


 

実は昨年はNFLとコラボをすることで成功を収めた経験を持つブルーミー。
今年は自社のおひざ元、ニューヨークでNBAのオールスターゲームが開催される
こととなったため、この機会を逃す理由はありません。

そこで、先述のファッション・ライフスタイル誌「GQ」とタッグを組み、
NBAのヒューストン・ロケッツでシューティングガードを務める、「James
Harden/ジェームス・ハーデン」を広告塔
として起用したのです。



 

Picture:Screen shot of espn



彼は、メディアで「おしゃれさん」として取り上げられたことも多数。
試合地などにバスがついてからロッカールーム入りする間にパパラッチ
される私服スタイルに定評のあるNBA選手の一人。


※ジェームス・ハーデンのおしゃれぶりとそのこだわりについてはコチラで
http://www.si.com/nba/photos/2014/11/20/james-harden-fashion-icon#NaN
http://www.gq.com/style/ten-essentials/201201/james-harden-10-essentials#slide=1

 

Picture:Screen shot of pinterest



 

日頃からオシャレにはこだわりがあり、雑誌GQなどにも数度登場した事のある
ジェームス・ハーデンが、ブルーミーのスーツとネクタイを素敵に着こなした
姿が、同デパートのウェブサイトに登場。


ウェブ上では、同選手とGQのスタイリストが登場する3つの動画シリーズも
公開される他、スポーツテイストを取り入れたタウンスタイルから、オール
スターゲームの応援に必須のTシャツなどカジュアルかつ定番の商品まで
多くの特別商品がラインナップされています。


 


Picture:Screen shot of Bloommingdale official website

 

Picture:Screen shot of Bloommingdale official website

 

Picture:Screen shot of Complex

 

※ジェームス・ハーデンが登場する特別動画はこちら

http://bcove.me/9miupz3e

 


また、オールスターゲーム開催までの期間中、ブルーミーは
ニューヨークの59番外、ソーホー、ニューヨーク郊外、フロリダ、
カリフォルニア、ペンシルベニア、マサチューセッツなど16か所に
バスケットボールがテーマのポップアップ店舗をオープン


これらの店舗では、「Mitchell & Ness」、「Sportiqe」、「Junk Food」、
「Been Trill」、「Mark McNairy」、「Stance」などのブランドによる、
ヴィンテージグラフィックTシャツやレトロジャージなどが販売される
のだそうです。


 

Picture:Screen shot of Bloommingdale official website


 


さらには、ファン参加型のオークションを開催し、アメリカでケアを必要と
している若い世代との継続的なコミュニケーション支援活動などを行っている
「Mentoring USA」への、売り上げ全額の寄付を表明しています。

 

他にも、2月12日には同デパートのニューヨーク59番街店にファンを招待
しての、オールスターゲーム前のプレパーティーの開催が予定されていたり、
「Bloomingdale's Loyallist Program」に参加している顧客は、1月15日から
29日までの間、NBAのライセンス商品やオールスターゲーム関連商品を
購入すると、付与ポイントが3倍になるキャンペーンを実施するなど、
様々なイベントや特典で盛りだくさん。

 

来月のオールスターゲーム当日には、例年よりも少しこじゃれたNBAアイテム
に身を包んだファンがニューヨークで多く見られるかもしれませんね。

 


 


※ニュースソース

※Business Wire
http://www.businesswire.com/news/home/20150109005654/en/Bloomingdale%E2%80%99s-Celebrate-NBA-All-Star-Game-NYC-NBA#.VLR1xWffTIU

※Complex
http://www.complex.com/style/2015/01/bloomingdales-nba-all-star-game

※Retailing Today
http://www.retailingtoday.com/article/bloomingdales-teams-nba

※Licensing.biz
http://www.licensing.biz/news/read/bloomingdale-s-teams-with-nba-for-all-star-game-pop-ups/041354

 

 


■編集後記■


 
読者の皆様、こんにちは。スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。


今、我が家でちょっとしたブームなのが


「燻製」


です。

 

ビールや日本酒、ワインなど、お酒の肴として抜群の燻製。

以前は、少々高いお金を払って、ごくたまーにお店で購入していましたが、
昨年から、電気式と炭式の2つのスモーカー(燻製機)をゲット。



様々な素材を燻製にして楽しんでいます(失敗もありますが)。



牡蠣やサーモンといった魚介類の燻製も美味しいのですが、アメリカ人に
人気なのは、


・ゆで卵
・ソーセージ
・ベーコン


といったところでしょうか。



次回は、ナッツ類の燻製にトライしてみたいと思います。

 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカの旬なマーケティング
ニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

伊オンライン新聞が制作したDV撲滅を啓発する動画が、Facebook公開5日間で再生回数4200万回超を記録!
|スゴい★PR《世界のマーケティング最新事例》


 


読者の皆様、こんにちは。


そして、明けまして2015年、今年も「にっぽんのマーケター」並びに
「スゴい★PR」をよろしくお願い致します。


 

さて、2015年1月一つ目にご紹介する話題は、去る1月3日にYoutubeや
Facebookで公開され、3日間で3300万回超、現時点で4250万回に迫る
再生回数を記録
している、世界中に拡散したとある動画について
取り上げたいと思います。

 


"What happens when you put a boy in front of a girl and ask him to slap her?"

「女の子と対面している男の子に、女の子をぶつようにたずねると何が起きるのか?」


 

話題になった動画の詳細にはこんな説明文が記載されています。

 

 

Picture:Screen shot of Fanpage.it Official Facebook Page

 


そして、

 

"Here is how children react to the subject of violence against women."

「これが子どもたちの、女性に対する暴力という問題への反応です。」



と続いています。



 


まずは、動画をご覧ください。

 

※“Slap her": children's reactions

http://youtu.be/b2OcKQ_mbiQ

 


※動画が公開されたFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/video.php?v=935640966457578


 

 

この動画を制作・公開したのは、イタリアでオンライン新聞を発行している
ニュースメディアの「fanpage.it」。



 

Picture:Screen shot of Fanpage.it Official Website


※fanpage.it Official Website
http://www.fanpage.it/

※fanpage.it Official Facebook Page
https://www.facebook.com/fanpage.it


 

イタリアでは、家庭内暴力(中でも諸外国では夫婦間や恋人同士などで起こる
暴力を指す/Domestic abuse)が長く問題とされていて、2012年の国連による
報告書では、イタリア国内で最も蔓延している暴力・虐待として指摘されて
います。

そして16歳から70歳の女性のうち32%が、何らかの性的虐待や暴力を家庭内で
受けた経験があると答えたと報告されていました。



前イタリア首相のEnrico Letta(エンリコ・レッタ)氏は、「femicide」即ち
「身近なパートナー(元パートナー)による女性殺人」という言葉を用いて
危機感を表明しました。



 

この重要な社会問題について、人々にもう一度考え、見直してもらおうと
啓発動画を制作・公開したわけなのですが、その内容については、同意や
賛辞だけではなく、批判的な声も聞こえてきています。

 

動画では、7歳から11歳の男の子が登場しますが、彼らに対しては、年齢や
将来の夢、その理由などが質問され、視聴者はそれぞれの男の子性格や
個性を垣間見ることができ、感情移入することができます。



しかし、「Martinaちゃん」として登場する女の子に対しては何の質問も
発言の機会もありません。



それが、制作者側が女の子の人格や個性を尊重せず、目的物化しているとして
批判の対象となっているのです。


 

他にも、男の子たちに彼女をぶつようにたずねる前に、彼女をなでるように
言う場面がありますが、そこでまずは彼女の側に身体に触れることに対して
是非を問うていない所にも問題があるという声も見受けられます。

 




とは言え、キュートな男の子たちの「男らしさ」ぶりや、その真っ直ぐな
メッセージとともに大半の視聴者には好意的に受け止められているようです。

 


特にある男の子の、




「諺にもある通り、たとえ花束ででも女性をぶってはいけないんだ」


 

 

Picture:Screen shot of Fanpage.it “Slap her": children's reactions


という答えはとても可愛らしいものでした。

 

皆様はどうお感じになりましたか?

 

 

※ニュースソース

※Huffington Post
http://www.huffingtonpost.com/2015/01/06/italian-domestic-violence-psa-slap-her_n_6424404.html

※Mashable
http://mashable.com/2015/01/06/boy-wont-slap-girl/

※Boston.com
http://www.boston.com/news/nation/2015/01/06/slap-her-video-shows-little-men-with-big-hearts/CY3EzXRCzApgCzRtKgCUDK/story.html

※Ad Week
http://www.adweek.com/adfreak/young-boys-are-told-slap-girl-remarkable-psa-about-domestic-violence-162172

※Rebecca Hains
http://rebeccahains.com/2015/01/06/slap-her-fanpage-it-video-objectifies-girls-exploits-boys-and-trivializes-domestic-violence/



 


■編集後記■


 
読者の皆様、こんにちは。スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

遅ればせながら、

明けましておめでとうございます。

 

2015年は未年。
私の周囲には2人の年女&年男がいます(だからどうした(笑))。


読者の皆様は、年末年始をどのように過ごされましたか?


私は、実家に帰省をし家族や親戚、旧友との再会を果たすことができました。

やはり地元は良いものだ・・・と満喫したのですが、両親などは
色々と世話を焼いて逆に気疲れしているやもしれません。

 

さて、2015年はどのような年になるのでしょうか?

新年になると「New Year's Resolution」=「新年の抱負・誓い」
アメリカでも話題になりますが、読者の皆様はどんな目標を立てられ
ましたか?



私は、、、

「家計簿の記入を一年間全うする」


というものです。


節約を心がけながら、気負わず頑張ります。

 

 

※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカの旬なマーケティング
ニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


■今号のスゴい★PR



112年の歴史ある団体が方針転換。
ガールスカウトの人気クッキーが
ついにオンラインで購入可能に!
|スゴい★PR《世界のマーケティング最新事例》

 


読者の皆様、こんにちは。


 

「Girl Scouts/ガールスカウト」に参加していたことのある方、
また団体やその活動と何らかの形でかかわったことのある方は
いらっしゃいますか?



アメリカでは、1912年の設立以来112年の歴史を誇る同団体は、日本
でも1920年に活動が開始されるなど、世界中で145の国と地域、1000万人
以上の団員
が所属しています。


アメリカでは、200万人ともいわれる女子が参加している同団体。
(日本では47都道府県約4万人)



団員の年齢や成長のステージに応じた様々な活動への参加を通して、
人格向上、人生で役立つスキルの習得などを支援し、社会に貢献できる
女性の育成を目指しています。

 


 

Picture:Screen shot of Girl Scouts Organization Official Website



※Girl Scouts Organization Official Website
http://www.girlscouts.org/



 

さて数あるガールスカウトの活動の中で、最もアメリカ人が楽しみに
しているものといえば・・・


「ガールスカウトのクッキー」


です。



 

アメリカ人に、「好きなガールスカウトクッキーは?」と聞くと、
たいてい瞬時に答えが返ってくるくらい、老いも若きも、そして
男女問わず人気のものです。



同団体のウェブサイトにもガールスカウトクッキーのページがありますが、
例年1月から3月がクッキーの販売が行われる季節。


この時期には、スーパーの店先などで、親御さんに付き添われた少女たちが
ガールスカウトクッキーを販売する姿を多く見かけます。




 

Picture:Screen shot of Girl Scouts Organization Official Website

 

Picture:Screen shot of Bloomberg Businessweek

 

余談ですが、アメリカで一番人気なのは、「Thin Mints」という、チョコミント
味のクッキーにチョコがけされたもの。

他にも写真のようなラインナップがあります。



 

Picture:Screen shot of Girl Scouts Nation's Capital

 



さて、このクッキーを販売のする目的はというと、「団体の資金集め」とともに、
「クッキーの販売を通して団員たちが物を売る経験を得て、お金やビジネスに
ついて学ぶ」という事なのだそうです。



そしてこれまでは、スーパーや路上などでの販売や、ご近所さんなどへの
ドアtoドアの訪問販売、そして団員の親御さんが職場や友人知人に購入を
呼びかけて子どもをサポートするのが主だった販売方法でした。



私も、昨年・一昨年と、子どもが団体に参加している友人の夫婦から、
どの味が何箱いるかという希望を聞かれ、事前に注文をしました。



参加している子どもたちには、それぞれ売り上げ目標があり
それを達成することは名誉であることから、親も子供も必死です。


 


そして、インターネットやSNSの普及と子どもたちへの浸透とともに、
オンライン上でクッキーの販売を告知したり、SNSを活用する
子どもたちが出てきました(有名なのは、「Honey Boo Boo」など)。


が、昨年まではガールスカウトはこれらの活動を発見すると、即座に
取りやめるよう指示し、また広く禁止の告知を出していました。



※Honey Boo Booの経緯を報道した記事はこちら

http://www.foxnews.com/entertainment/2013/03/01/thin-mint-mess-honey-boo-boo-banned-from-selling-girl-scout-cookies/

 



しかし、そんな団体の方針も時代の流れには逆らえず、2014年12月、
ついに、ガールスカウトクッキーをオンライン上で販売するという
決定を、「Digital Cookie」というプラットフォームの導入とともに
発表しました(ウェブベース、モバイルベースの2種)。

 


ウェブベースのプラットフォームでは、団員は個人のクッキー販売
ページを持つことができます(団員の氏名や居住エリアは非表示)。
そして、自分がどんな目的でクッキーを販売するのかというビデオ
などもアップロードできるのだそうです。


 

 

Picture:Screen shot of NY Times



※Click for cookies: Girl Scouts go digital

http://i.cdn.turner.com/money/.element/script/7.0/players/embed.js?videoid=/video/news/2014/12/01/girl-scout-cookies-sold-online.cnnmoney




この歴史的な決定は、各メディアがこぞって報道。

 


ただし、「Digital Cookie」の使用を団員に許可するかどうかは、
地区のガールスカウト団体に一任されています。


そして、オンラインで実際に購入できるのは、子どもたちの両親に
よって事前に承認されたユーザーのみ。



まだまだ制限が厳しいようにも感じますが、この「Digital Cookie」は
Facebookとシンクするということもあり、両親などのSNSのネットワーク
を通じて、オンラインクッキー販売の輪は広がっていく可能性が
あるようです。


 


より多くを売り上げたい子どもたちと、お気に入りのクッキーを間違いなく
手に入れたいクッキーファンの両者にとって、嬉しい変化となった
今回の米ガールスカウト団体の舵取り。



昨年は1000箱のクッキーを売り上げたという、マンハッタンに住む9歳の
Zack Bennettちゃんは、今年は1500箱を目標にすると、新たに導入された
「Digital Cookie」のトレーニングを受けて意気込んでいるそうです。

 

 


※ニュースソース

※Businessweek
http://www.businessweek.com/articles/2014-12-01/buying-girl-scout-cookies-online-thin-mints-finally-reach-the-web

※CNN Money
http://money.cnn.com/2014/12/01/technology/girl-scout-cookies/

※Fortune
http://fortune.com/2014/12/01/girl-scout-cookies-online/

※abc News
http://abcnews.go.com/blogs/entertainment/2013/03/girl-scouts-ask-honey-boo-boo-to-stop-cookie-sales/

 

 

 


■編集後記■


 
読者の皆様、こんにちは。スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

2014年も残すところあと数日となりました。


この一年、当ブログ「スゴい★PR」をご愛読いただきまして
本当にありがとうございました。

来年も、様々な話題を読者の皆様にお届けできるように精進してまいります。


よいお年をお迎えくださいませ。

 


 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカの旬なマーケティング
ニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード