【スゴい★PR】PRの本場アメリカ発 最新情報&事例

今、戦略的にPRに取組む企業が売上を伸ばしている!
ということでPRの本場アメリカを主に海外メディアに取り上げられた最新PR事例を中心にブランディングやマーケティングの成功(時には失敗)事例をお届けしています。

【What's New】

マーケターが集まる×つながる×仕掛ける“場”
$【スゴい★PR】PRの本場アメリカ発 最新情報&事例

異業種のマーケター同士が集まる、ヨコのつながりの「場」があったら、 何かおもしろいことができるんじゃないか…。 『にっぽんのマーケター』は、そのような想いから生まれました。


この「スゴい★PR」ブログも、『にっぽんのマーケター』の編集部連載企画として、

皆様に旬な情報をお伝えしています。


●にっぽんのマーケター ウェブサイト

●にっぽんのマーケター スゴい★PR ウェブサイト

●にっぽんのマーケター Facebookページ


 ※本ブログコンテンツの著作権は、発行者・執筆者に帰属します。転載の際は出所元を明記いただけますようお願いいたします。
★ランキングに参加しています。応援のクリックをよろしくお願いいたします。★

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ ブログ王ランキング参加中!Click HERE!

  ビジネスブログランキング参加中!Click HERE!


テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■



 


アメリカ発。LOVEあふれる2月に展開中の
化粧品ブランドセフォラ&レブロンのキャンペーン
|スゴい★PR《世界のマーケティング最新事例》






 


 


読者の皆様、こんにちは。

 

 

2月と言えば、日本ではまず節分、アメリカでは週末に迫った
NFLのスーパーボウル、そして2月14日のバレンタインデー
がイベントですね。





 
Picture:Screen shot from abc News

 


 

日本では、昭和30年代ごろから本格化した女性が男性にチョコレートを
渡すスタイルがポピュラーですが、本命の男性への愛の告白だけでは
なく、「義理チョコ」、「友チョコ」、など欧米諸国とは少々異なった
習慣が定着している他、「逆チョコ(男性が女性にプレゼント)」や
自分へのご褒美として高級なチョコレートを購入する人も増えるなど、
より多様化してきています。

 


さて、世界各地の様々な国でバレンタインは大きなイベントになって
いますが、恋人同士や夫婦、家族が愛を再確認し合う、一年でもとりわけ
ロマンチックな一日となる欧米では、この日ばかりはドレスアップして
デートに出かけたりするカップルも多いようです。


 

そしてそんな日に、多くの女性が気にするのが、ファッションと
メイクアップですよね。

より魅力的に、美しく自分を演出しようとするときに効果的なコスメ
と言えば、口紅(リップスティック・グロス)です。




そして個人的に感じたことではありますが、アメリカではマスカラや
アイシャドーなどのアイメイクよりも、口元へのこだわりがより強く
あるように感じます。


 

 

そこで今回は、女性がついつい新しい口紅の色を試したくなるこの季節に
合わせてキャンペーンを展開している、コスメブランドのトピックスを
ご紹介します。


 

 


1)SEPHORA/セフォラ



 


 
Picture:Screen shot from Beauty Mission TV



※SEPHORA Official Website
http://www.sephora.com/



 

セフォラは1970年に創業した、フランスのコスメや香水を取り扱うブランドで。
黒と白のボーダーカラーがトレードマーク。

1997年からは、フランスのLVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン傘下に
入っていて、ヨーロッパのみならず1999年にオンライン販売を初めて
スタートさせたアメリカでも人気のあるブランドです。


 

オンラインでコスメを購入できるのは便利ですが、実際に選んだ色が自分の
肌とマッチするのかは、初めてだとなかなか不安なものですよね。

そんな悩みを解決してくれるハイテクアプリをリリースして高評価を
得ているのがセフォラなのです。




そのアプリがこちら。


 

" Sephora Virtual Artist/セフォラバーチャルアーティスト "



 

 
Picture:Screen shot from Drug Store News



 

アプリストアから、"Sephora to go" という公式アプリケーションを
ダウンロードすると、そのコンテンツにこのバーチャルアーティスト
が含まれています。




 

使い方もとっても簡単。


ユーザーがコンテンツを起動し、カメラへのアクセスをOKすると
自分の顔が画面に映し出されます。


すると、"ModiFace"によって開発された技術を利用して自動的に
唇の輪郭を読み取り、ユーザーが選んだ口紅の色を次々と唇へ乗せて
くれる仕組みになっています。


 

 
Picture:Screen shot from Sephora Virtual Artist App Youtube Video




 
Picture:Screen shot from iTunes

 



 

アプリの使い方がよくわかる、チュートリアルビデオはこちらから。



" Sephora Virtual Artist App   "


https://youtu.be/NFApcSocFDM



 


ちなみに、こちらのバーチャル口紅お試しシステムは、携帯だけでなく
パソコンからも、カメラ機能を利用するか、自身の写真をアップロード
することによって使用できるようになっています。


※SEPHORA Virutual Artist Official Wbsite
http://www.sephoravirtualartist.com/



 


ユーザーが試すことのできる口紅の種類は、なんと3000以上!




どの色にすれば良いのか迷った時には、"Compare me"という機能を利用
すると、4色をまとった自分の写真がポップアップ。それをSNSにシェア
したり、メールで送るなどして、友人の意見を聞くこともできるように
なっています。




 
Picture:Screen shot from Sephora Virtual Artist App Youtube Video

 


 

もちろん、気に入ったアイテムがあれば、そのまま買い物カゴへ。



私も実際にアプリを試してみましたが、なかなかの優れもの。ついつい
買い物カゴへアイテムを放り込んでしまいそうになりました。

 

 


 

 

2)REVLON/レブロン



 


セフォラに続いては、レブロンの最新の取り組みをご紹介します。



 


 
Picture:Screen shot from Drug Store News



※REVLON Official Website
http://www.revlon.com/



 


レブロンは、1932年にアメリカで3人の男性によって創業された化粧品
ブランドです。当初はネイルカラーのみを販売していましたが、その後
スキンケア、メイクアップ、香水などへも手を広げ、現在では世界的に
知られるコスメティックの総合ブランドとなっています。



レブロンは昨年から、"LOVE IS ON"というスローガンを掲げて様々な
広告、キャンペーンを展開してきていますが、今月スタートさせたものも
その一環です。




"CHOOSE LOVE"


 

と名付けられた今回のプロモーションでは、現在ブランドの顔を務める
Olivia Wilde/オリヴィア・ワイルド、Halle Berry/ハル・ベリー、
Alejandra Espinoza/アレハンドラ・エスピノサの3美女全てが一度に
登場しています。



 

" #CHOOSELOVE featuring Olivia Wilde   "


https://youtu.be/f3fK8Txz4cI

 

" #CHOOSELOVE featuring Halle Berry   "


https://youtu.be/g-3PIlSPyrQ

 


" #CHOOSELOVE featuring Alejandra Espinoza    "


https://youtu.be/xS45tq5LWJY


 

オリヴィア→ハル→アレハンドラの順で映像を見ると、出会って恋におち、
恋が始まった2人が盛り上がって、そして「I Love You」と告げるという
ロマンスのステージと流れがわかります。



 

そして映像の中の世界だけではなく、実際に恋や愛を求め楽しんで輝く
女性たちを世の中にどんどん増やしていこうと、レブロンはユーザー
参加型のイベントも展開しています。




イベントでは、ユーザーに、投げキッスをする自身の写真(カップルの
写真などでもOK)を特設サイトにアップ、もしくはSNS上にハッシュタグ
#CHOOSELOVE を付けてアップしてもらい、さらにキスを送りたい大切な
相手の人をタグ付けするように促しています。


 


 
Picture:Screen shot from Revlon Choose Love Official Website



※REVLON CHOOSR LOVE / LOVE IS ON Campaign Website
http://www.revlon.com/loveison



 


サイトを見ていると、画面からたくさんの愛が伝わってきてこちらも
幸せな気持ちになります。

 

 

バレンタインに向けて女性を応援し、そしてその気持ちを盛り上げてくれる
2ブランドの取り組みです。

 

 


 

 

※ニュースソース

※Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/news/revlon-launches-choose-love-campaign-154700373.html

※Drug Store News
http://www.drugstorenews.com/article/revlon-encourages-women-choose-love

※CBS8
http://www.cbs8.com/story/31121597/sephora-launches-virtual-artist-for-the-sephora-to-go-app

※Drug Store News
http://www.drugstorenews.com/article/sephora-pays-more-lip-service-mobile-experience


 

 


■編集後記■



 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。


 


今年もバレンタインの季節がやってきましたね。


日本の店頭にはたくさんのチョコレートが並んでいることと思います。


 

アメリカでは、カードを贈り合うこと、そして男性から女性への花束の
プレゼントがとてもポピュラーなように感じます。

もちろん、チョコレートに限りませんが贈り物をあげたり、ロマンチック
なディナーに出かけたりということもありますが、いずれにせよ、
本文中でも記載していましたが、恋人同士、夫婦同士で祝うことが
ほとんどです。


 


とは言え、最近ではその範囲にとどまらず広くバレンタインを
エンジョイしようという流れも見て取れます。


 

例えば、ペットと。

Valentine’s Day Gifts For Pets — Shop Cute Presents For Your Furry Friends
http://hollywoodlife.com/listicle/valentines-day-gifts-for-pets-toys-dogs-cats-2016-gift-ideas/


 

そして、BFF(ベストフレンド)と。

10 Best Friend Valentine's Day Date Ideas, Since Your BFF Is Your True Soulmate 
http://www.bustle.com/articles/138771-10-best-friend-valentines-day-date-ideas-since-your-bff-is-your-true-soulmate



 

さらには、シングルの人への心遣い。

19 Valentine's Day Cards For Single People To Show You Care
https://www.romper.com/p/19-valentines-day-cards-for-single-people-to-show-you-care-4745

 



 

読者の皆様は、今年のバレンタインはどのように過ごされますか?

 


 

 

 

※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

■■今号のスゴい★PR事例■■


 




カナダ発。キャッチフレーズに使われたスラング(俗語)で
ネットがお祭り騒ぎになった、官公庁機関のキャンペーン
|スゴい★PR《世界のマーケティング最新事例》

 


 





読者の皆様、こんにちは。



 


今回は、カナダ発のニュースをご紹介したいと思います。

 



ニュースの発信地となったのは、Yukon Territory/ユーコンテリトリー
(ユーコン準州)
です。



 


 
Picture:Screen shot from Wikipedia



 

カナダの西北部に位置し、西はアメリカのアラスカ州に東はノース
ウェスト準州と、南側はブリティッシュコロンビア州に隣接している、
カナダで最も小さな準州です。


 

 

さて、こちらのユーコン準州の"Yukon Health and Social Service"
という住民の健康・医療や社会福祉関連サービスを担当する公的部門が
展開しているあるキャンペーンが、地元ユーコン準州やカナダのみ
ならずアメリカなども巻き込んで、ネット上でお祭り騒ぎとなりました。


※Yukon Health and Social Service Official Website
http://www.hss.gov.yk.ca/



 

 

 

そのキャンペーンの元々の名前はこちら。

 


"We all need the D."


 


「私たちには"D"が必要だ」という一見何の変哲もない文章のようですが、
実はこの一文には大きな爆弾が含まれていたのです。



そしてメイン素材となっていたのはこんなビジュアルでした。

 



 
Picture:Screen shot from CBC News



 

 

では、なぜこのキャンペーンがネットでお祭り騒ぎを引き起こしたので
しょうか?



 

それは、英語のスラングで ”the D ”が意味するものが、男性の生殖器官
である陰茎
だったからなのです。


そういえば、英語では陰茎のことを、” Dick ”とも言いますよね。


 



ちなみに、元々のキャンペーンの目的はと言うと、冬の間日照時間が不足
するユーコン準州の住民たちに、健康管理のためにもビタミンDを積極的な
摂取を促すこと
にありました。


ビタミンDの欠乏と日照時間不足には関係性があるのはご存知かと思いますが、
なおかつビタミンDは食事からのみで必要量を摂取するのがなかなか難しい
とも言われているのです。



そのためキャンペーン素材でも、サプリ等も上手に活用するようにと
呼びかけているものがあります(女性が魚を手にしているもの)。



 


 
Picture:Screen shot from SCARY MOMMY





 
Picture:Screen shot from CBC News



 


というわけで、住民の健康管理を第一に考えた啓蒙キャンペーンを展開
したはずだったのですが、キャッチコピーに卑猥なスラングが含まれて
いたばかりに、そのビジュアルが瞬く間にSNS上で拡散、ネット上では
お祭り騒ぎとなってしまったのです。

 

 

もちろん、リード文や本文には、” Vitamin D  ” という言葉が出て
きており、キャンペーンはビタミンD摂取の重要性を説いているのだと
いうことは理解できますし、住民にとって本当に大切なことでもあります。



しかし、その重要性に目をつぶりながら揶揄してしまいたくなる、あまりにも
インパクトのあるキャッチコピーすぎたようです。




 

 
Picture:Screen shot from Huffington Post

 



Yukon Health and Social Serviceは騒動を受けて間もなく、ビジュアルを
変更し、そのキャッチコピーも



 

"Did you take your Vitamin D today?"

「今日はビタミンDを摂った?」

 


というシンプルかつ間違いようのないものへと変わりました。

 



 


さて、今回の一件を受けて、騒動の発端となったキャンペーンを展開している
Yukon Health and Social Serviceは、公式Facebookで以下のような投稿
を掲載しました。


 


 
Picture:Screen shot from Huffington Post




 

これによれば、


 

・若い世代にリーチしたい場合には、時として挑発的な言葉やユーモアを含んだ
メッセージングでその目的を達成することもある。

・今回のビタミンD摂取促進キャンペーンは、彼らが想定した範囲を超えた
レベルの下ネタ騒動となってしまった。

・Buzzfeedなどでも取り上げられたということは、狙いとしていた若い層にも
十分にリーチできたということだ。

・Buzzfeedで取り上げた記事の最初の一文には、「Yukon Health and Social
Serviceは、住民にビタミンDの摂取を呼びかけるキャンペーンを行っている」
と表記されていて、それはまさにキャンペーンの主旨。



 


ということで、どうやらYukon Health and Social Serviceはミスはミスと
しながらも開き直っているようですし、確かに多くの人に「ビタミンDを
摂取して欲しい」というメッセージが伝わったことも間違いないようです。



 


また、一部コメントからは、これからはスラングにも気を付けてコピーや
ネーミングをしなければならないな・・・と二の舞にならないようにと、
今回の失敗に学んだ人や事業者もいたことが伺えました。


 

 

それにしても、そもそも知っていて狙って放ったキワドイキャンペーン
だとしたら、Yukon Health and Social Serviceはタダものではありませんね。

 


 


 


※ニュースソース

※Huffington Post
http://www.huffingtonpost.ca/2016/01/26/yukon-get-the-d_n_9080190.html

※Global News
http://globalnews.ca/news/2477695/yukon-government-pulls-ads-urging-residents-to-get-the-d-after-social-media-backlash/

※Buzzfeed
http://www.buzzfeed.com/craigsilverman/yukon-health-services-has-no-idea-what-need-the-d-means#.chwnWLA0R

※CBC NEWS
http://www.cbc.ca/news/canada/north/yukon-vitamin-d-campaign-1.3419207

※AD WEEK
http://www.adweek.com/adfreak/we-all-need-d-says-ad-campaign-obviously-doesnt-know-what-d-means-169187




■編集後記■


 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

 

先週末から今週にかけては、九州から西日本の広い範囲に
寒波が流れ込みましたが、今週末はまた関東や首都圏など
東日本で大雪となる可能性があるのだとか。


暖冬かと思いきや、災害を引き起こすレベルの大雪に見舞われるなど、
なかなか予測の難しいお天気が続いていますね。


読者の皆様も、万が一に備えての準備と、身の安全を第一に
週末をお過ごしくださいね。

 



 


さて、雪が降るとやりたくなるのが、

 

"Snow Angel/スノーエンジェル"

 

です。

 

 


 

親切にバタンと仰向けに倒れこみ、手足を上下にバタバタと動かして
描く雪上の人体アート。

皆さん、やってみられたことはありますか?




 

もし機会があったらやってみてくださいね。
ただし、防水仕様のお洋服でチャレンジされることをおすすめします。


 

それでは素敵な週末を♪

 

 

 

※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 ■今号のスゴい★PR事例■


 

 

中国発。絶滅危惧種サイを救え!
セレブリティが爪を噛むポーズで広告塔に
|スゴい★PR《世界のマーケティング最新事例》


 

 
 





読者の皆様、こんにちは。

 


"Rhino/ライノー"

 

と呼ばれる動物をご存知ですか?

 

 
Picture:Screen shot from Defenders Of Wildlife

 


「鼻に角を持つもの」という意味が名前の、「サイ(犀/Rhinoceros)」です。

 

 

現在地球上には、アフリカ大陸に生息するシロサイ、クロサイ、インド・ネパールに
生息するインドサイ、ジャワ島に生息するジャワサイ、東南アジアのタイ、スマトラ、
カリマンタンに生息するスマトラサイの5種類が存在します。


しかし、そのいずれも絶滅の危機に瀕していて、その個体数急減の原因はというと、
人間によるサイの角=犀角(さいかく)を目的とした乱獲
であり、現在も密猟、
ブラックマーケットでの取引が絶えず問題となっています。

 



アジアでは伝統的に漢方薬の原料として珍重されている犀角ですが、その効能
に関する医学的な根拠は示されていないと言われていました。


しかし、ベトナムや中国などでは長年にわたって、「癌に効く」、「滋養強壮
効果がある」などと喧伝され現在でも人気が高く、とりわけ、新興富裕層の間では、
高価で貴重な犀角は自身の成功の証でもあり、さらに健康にも良いということで
一際需要が高いのだそうです。

 


 
Picture:Screen shot from Planetsave

 


ちなみに、犀角のベトナムを中心としたブラックマーケットでの末端取引価格は、
1キロあたり、6万5千ドル(日本円で約772万円)
とまで言われていて、金やプラチナ
よりも高価なものになっています。



英ポンドで表記された下図のような比較もありました(6万英ポンド=約1千16万円)。


 

 
Picture:Screen shot from Is It What It Is

 

 


さて、この絶滅危機に瀕しているサイを救おうとアクションを起こしたのが、
"WildAid"、"African Wildlife Foundation"の2団体と両者とタッグを組んだ、
"OgilvyOne Beijing"
です。



"OgilvyOne"は、世界規模でブランディングやマーケティング、カスタマー
エンゲージメントを手掛けているエージェンシーで、中国北京にもその
支部があります。

 


※OgilvyOne Official Website
https://www.ogilvyone.com/

 



 

そして3者がスタートさせたのが、

 

"Nail Biters/爪を噛む人"


 

というキャンペーンです。

 


 
Picture:Screen shot from Marketing Interactive


 

 

英巨大企業Virginグループの創始者であるRichard Branson/リチャード・
ブランソン(Sir Richard Charles Nicholas Branson)氏が自身の爪を
噛んだ姿でポーズをとるこちらのビジュアル
は、キャンペーン展開の
ターゲットとなっている中国、ベトナムのみならずイギリスやアメリカ
でも話題になっています。

 


この他にも、中国のセレブリティである Li Bingbing(リー・ビンビン)、
Chen Kun(チェン・クン)、Jing Boran( ジン・ボーラン)なども
ビルボード広告やビデオなどに登場しています。

 

 
Picture:Screen shot from 新媒力 NEWMEDIA

 



マイクロブログのWeibo上には、OgilvyOneによって、トピックページが
準備されていて、同ページを中心にユーザーがハッシュタグ "#Eat your nails"、
" not rhino horn#" (#啃指甲救犀牛#) を付けて、自身の爪噛み写真やコメントを
投稿することで、この動きを拡散していく仕掛け
になっています。


 

 
Picture:Screen shot from Weibo

 



また、Wechat上には特設ページ(H5)が設けられていて、そこでユーザーはセレブの
ポスターと同様の自分自身の爪噛みポスターが作成できる
ようになっていて、
これを投稿、シェアすることで今回の取り組みを広める動きに参加できる
仕組みになっています。

 

 
Picture:Screen shot from 新媒力 NEWMEDIA

 

 


 

ではなぜ「爪を噛む」仕草がフィーチャーされたのでしょうか?

 


長きにわたって漢方薬の原料として珍重され、効能があると信じられている犀角ですが、
実はその成分のほとんどが"ケラチン"。



そしてそれは、私たち人間の「爪」や髪を構成するプロテインと同じなのだそうです。


 


そう、犀角の漢方薬を飲むのは、自分の爪を噛んでいるのと同じで病気を治癒
してくれるものではないというメッセージを表現
しているのです。

 

 

 

今回のキャンペーンには、犀角を用いた漢方薬などを購入している人々に、
そこに効能は無いということを理解してもらい、結果として不買をすすめて
いくことで密猟を減少させ、サイの保護につなげていきたいという狙いが
込められています。

 


 


最後に、キャンペーンの英語でのキャッチコピーは以下の通り。




 

 “Rhino horn has nothing your own nails don’t have”.


「サイの角には、あなたの指の爪がもつ以上に含まれる成分はない」

 

 

 

 

※ニュースソース

※Shanghai List
http://shanghaiist.com/2016/01/14/save_the_rhinos.php

※DIGITAL MARKET ASIA
http://www.digitalmarket.asia/2016/01/wildaid-enlists-celebs-for-the-rhino-nail-biter-campaign/

※MARKETING INTERACTIVE
http://www.marketing-interactive.com/wildaid-runs-nail-biter-campaign-to-save-rhinos/

※the gurdian
http://www.theguardian.com/environment/2016/jan/13/richard-branson-fronts-nail-biting-campaign-against-rhino-poaching

 


 

 


■編集後記■


 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 


今回ご紹介した、絶滅が危惧されているサイを保護しようという
取り組みですが、いかがでしたでしょうか?

 


私は実は、サイが絶滅危惧種だということ、世界に5種類しか存在
していないということも知りませんでした。


動物園で見たなあ。とりわけお気に入りではないけれど・・・と
いった程度の感覚でした。


いやはや、お恥ずかしい。

 


ちなみに、スイスのグランに本部を置く、IUCN(国際自然保護連合)
から発表されている「レッドリスト(正式名称:絶滅のおそれのある種の
レッドリスト」には、約2万種もの野生生物の名前が連なっているのだ
そうです。

どれだけ多くの未知の絶滅危惧種があることか。。。



読者の皆様は、いくつご存知ですか?

 

 

さて、今回の文章を書きながら、なんとなくサイに会いたくなった私。

 

故郷愛媛のしろくまのピースが人気の「とべ動物園」には、クロサイ
さんがいるようなので、帰省の機会があれば出かけてみて、新たな
気持ちで眺めてみようかなと思います。

 

 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

 

 

イギリス発。ブルーになりがちな1月&月曜日に
気持ちを盛り上げてくれそうな最新CM5作品
|スゴい★PR《世界のマーケティング最新事例》

 


 



読者の皆様、こんにちは。


 


気分が沈みがちだったり、落ち込んでいたりするときに、「ブルー」
という言葉を使いますよね。

"マタニティブルー"や"マリッジブルー"といった表現は日本でも
浸透しています。



 

では、



"Blue Monday/ブルーマンデー"


 

という言葉をご存知でしょうか?



 


 
Picture:Screen shot from Geeky Christian


 


今年は1月18日の月曜日がその日とされていますが、遡ること2005年に
"The most depressing day of the year"="Blue Monday"として
プレスリリースが発表されて以来、1月の第三月曜日が一年で
最もブルーな月曜日として知られるようになりました。


週末明けの月曜日が憂鬱だという認識は世界共通のようですが、
その中でもクリスマスや年末年始のホリデーシーズン明けの
1月の月曜日は最悪だというわけですね。

 


さて、月曜日のみならず、休暇明けで既に次の大型連休が恋しい
人も多くなるこの1月。

ブルーマンデーならぬ"January Blues"、気分が滅入りがちな1月の
憂鬱を吹き飛ばしてくれそうな、見ると気持ちが上がる最近のコマーシャル
5作品
を、イギリスのマーケティングメディアが取り上げていたので
ご紹介したいと思います。


 

 

○ Five feelgood ads by Brand Republic ○




 

1)Thomas Cook
https://www.thomascook.com/



 

一つ目は、昨年末にリリースされたイギリスの旅行代理店
トーマスクックのコマーシャルです。


 

" Thomas Cook's Official New TV Advert 2015     "


https://youtu.be/TNCJh9WwU6w


 

楽しいバカンスも終わりという雰囲気が漂う日暮れのプールサイドで、
青いスイムウェアと背中にサメのひれを背負って、自信たっぷりに
ダンスをする少年からは、ブランドのポジティブなメッセージ、
「休暇は楽しむためにあるもの!」という思いが伝わってきます。

次の休暇を目標に、ブルーな日々を乗り切れそうですね。


 

 
Picture:Screen shot from Thomas Cook's Official New TV Advert 2015


 




2)Virgin Active
http://www.virginactive.com/


 

2つ目のコマーシャルは、イギリスを始め、南アフリカ、ナミビア、スペイン、
ポルトガル、イタリア、オーストラリア、シンガポール、タイなどで、
フィットネスジムを展開している、ヴァージンアクティブです。


 

" Virgin Active: We've Got A Workout For That | Get Fit In 2016      "


https://youtu.be/fJQKCSQu1EM



 

新年の抱負に、ダイエット、減量、健康的な生活、運動をするといった
項目を掲げてジムへ通おうと決意する人も多いこの時期は、ヴァージン
アクティブを始めとしたフィットネスビジネスにとってはCMやキャンペーン
を展開する格好のタイミングです。

そんな中、「とんでも初デート」のシチュエーションにも万全の備えが
できるヴァージンアクティブでのエクササイズをテーマにしたコミカルな
コマーシャルがリリースされました。




憂鬱な気分を吹き飛ばしに、ジムで汗を流そうかと思えそうですね。



 


 
Picture:Screen shot from Virgin Active: We've Got A Workout For That | Get Fit In 2016




 

 

3)Center Parcs
http://www.centerparcs.co.uk/




 

3つ目にご紹介するのは、センターパークスのコマーシャル。こちらの会社は、
イギリス内で5か所のホリデービレッジ(滞在型の休暇用リゾート)を展開
しています。


 

" Center Parcs TV Advert 2015 – Bears     "


https://youtu.be/zn0QYIinIk0



 

昨年のクリスマスに公開されたこちらのコマーシャル。現代社会では、
家族といえども個々人がバラバラになりがちな中で、クマの一家が
短い休暇を利用してどうやって家族の絆を取り戻すのかを描いた
作品です。


 



 
Picture:Screen shot from Center Parcs TV Advert 2015 – Bears



 


 

4)Protein World
http://www.proteinworld.com/



 

続いては、健康食品ブランドのプロテインワールドの最新コマーシャルです。


 


" Protein World Tv Spot      "


https://youtu.be/_P_pg0AHb4A


 


実は昨年、“BEACH BODY READY” というキャンペーンを展開した際に、
そのビキニ姿の女性をメインとした広告物の内容を巡って賛否両論が
巻き起こった同ブランド。

新年最初のコマーシャルでは、引き締まったボディの女性たちが
ビーチでエクササイズにいそしむ姿を素材にし、よりアクティブで
健康的なライフスタイルを推奨するブランドの姿勢が感じられます。




美しくなりたい!とモチベーションアップされる女性も多いのかも
しれませんね。


 

 
Picture:Screen shot from Protein World Tv Spot




 

 

5)British Airways
http://www.britishairways.com/



 

最後は、ブリティッシュエアウェイズが昨年のクリスマスから
オンエアしているコマーシャルをご紹介します。


 

" Book your holiday with British Airways    "


https://youtu.be/3XOiYY_Im4E



 

ブリティッシュエアウェイズにかかれば、ポルトガルからバルバドス
など世界各地のホテルや航空券など、旅行に係るほとんどのことが
サポートされる。そのため利用者は休暇のスケジューリングだけすれば
良くて、旅行の計画や休暇中に発生するストレスが軽減されるんだよ
というポジティブなメッセージが伝わります。


仕事や家事を頑張って、また休暇をとって楽しみに出かけようと
前向きになれそうですね。


 

 
Picture:Screen shot from Book your holiday with British Airways



 

 

いかがでしたか?


ブルーな気分を感じている方もそうでない方も、お仕事や家事の
合間に今回ご紹介した5つのコマーシャルで気分転換ができていたり、
また何らかの形でインスパイアされたと感じて頂けたなら幸いです。

 



 

 

※ニュースソース

※Brand Republic
http://www.brandrepublic.com/article/1378670/virgin-active-british-airways-five-feelgood-ads-combat-january-blues

※The guradian
http://www.theguardian.com/science/brain-flapping/2015/jan/19/blue-monday-most-depressing-day-year

※Bluemonday Organization
http://www.bluemonday.org/

※INDEPENDENT
http://www.independent.co.uk/life-style/protein-world-beach-body-ready-advert-mass-demonstration-in-hyde-park-planned-against-body-shaming-10208925.html

 

 

 


■編集後記■



 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。


 


1月もあっという間に半分が過ぎようとしています。

 

今回取り上げたJanuary BluesやMonday Blueを、読者の皆様は感じて
いらっしゃいますか?


すでに、先週末の成人の日を含めた3連休でそんな気分も少しはあった
のだけれども、うまくリセットできたという方もいらっしゃるかも
しれませんね。


 


私はというと、毎日様々なことに忙殺される日々が続いていて、
疲れはありますが、逆にブルーにならずに済んでいるようです。

 

ちなみに、アメリカでは、今週末がMartin Luther King, Jr. Dayに
絡んだ3連休(我が家は4連休)となり、ホリデーシーズン後の連休を
心待ちにしていた人たちにとっては、ほっと一息つけるタイミング
となりそうです。

 


読者の皆様、1月の残り半分もそれぞれに元気に楽しく
有意義に過ごしましょうね。

 

 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

 ■今号のスゴい★PR事例■


 

シンガポール発。
イケアの高好感度CMと
メンズアパレルゴールドライオンの炎上必至広告
|スゴい★PR《世界のマーケティング最新事例》●




 

 


読者の皆様、こんにちは。



 

新年あけましておめでとうございます。




年末年始はいかがお過ごしになられましたでしょうか?
今週から2016年の仕事始めとなった方がほとんどかと思いますが、
滑り出しはいかがですか。



 


スゴい★PRも本トピックスから2016年をスタートいたします。



今回ご紹介するのは、シンガポールで現在展開されている
2社のマーケティングトピックスです。



微笑ましい内容のものと、炎上必至?の2事例となっています。

 



 


1)IKEA/イケア



 

まずご紹介するのは、プロモーションに接したほとんどの人が
温かい気持ちでいられそうなイケアの取り組みです。



 

 
Picture:Screen shot from IKEA Singapore official website


 



間もなく中華圏で最も重要な祝祭日、「春節(旧正月)」が
やってきます。


今年は、2月8日(月曜日)となっていますが、中国だけでなく、
シンガポール、台湾やマレーシアなどの中華圏各国でも盛大に
祝われるのはご存知の通りかと思います。


 

日本のお正月、アメリカの感謝祭やクリスマス休暇のように、
家族や友人が集い再会し、食事や宴会、語らいを楽しむこの時期に
向けて、春節に向けて各家庭で必要となる装飾品、食器、家具などを
購入する場所として選ばれたいイケアは、CNY(Chinese New Year)
向けの新コマーシャルを投下してきました。

 


それがこちら。

 


" Prepare For A Legendary CNY    "


https://youtu.be/SEljAKxnBzA


 


中華圏がターゲットらしい、カンフースタイルで調理をする
家族の食卓がコミカルに描かれています。

ちなみにシンガポールだけでなく、イケアマレーシアでも同じ
CMを展開しています。


 

 
Picture:Screen shot from IKEA Singapore official video


 
Picture:Screen shot from IKEA Singapore official video




 

 

CNY特別仕様の小物類なども展開されていて、これがまた可愛らしい
デザイン!




 
Picture:Screen shot from IKEA Singapore official video




 

コミカルなCMとともに、女性を中心に万人受けの良さそうなマーケティングを
展開しています。


 

 


※IKEA Singapore Official Website
http://www.ikea.com/sg/en/

 



 

 


2)Goldlion/ゴールドライオン(金利来)



 


イケアに続いてご紹介するのは、主に百貨店で展開されている
メンズウェアブランドとしてシンガポールで知られている、
ゴールドライオンの最新の取り組みです。



 

 
Picture:Screen shot from Hougang mall



 

1971年に香港で設立されたこちらのブランドは現在、香港、中国、
シンガポール、マレーシア、ドイツなどに子会社を所有しています。



スーツ、ドレスシャツ、ネクタイ、小物類などのビジネスアイテムから、
ポロシャツやTシャツなどのカジュアルウェアまで、男性向けアパレル
を総合的に展開しており、中高年層を中心に人気のあるブランドでした。


 


しかし、2015年5月に50歳のベンジャミン・リー氏がゴールドライオン
シンガポールのCEOに就任してから少しずつブランドに変化が生まれて
きています。




これまでは、

 

”お父さんがゴールドライオンを着ている”
”おじさんが選ぶんでいるブランド”


と評されてきた同ブランドのイメージを変化させる施策を打ち出し
始めたのです。



 

その一つ目は、ブランドの若返り。


 


 
Picture:Screen shot from Goldlion Official Video


 

" GOLDLION (Be Yourself) 30s     "


https://youtu.be/SFxCcJyI1zg



 

20代と思しき若いメンズモデルを起用し、よりカジュアルで若さ
溢れるスタイルを提案しています。


 

 

と、ここまでは良かったのですが、もう一つの世に送り出した施策が
少々物議を醸しているようです。


その批判の対象となっているのがこちらの広告。




 

 
  Picture:Screen shot from mumBRELLA



 


シンガポールで同ブランドが新たに販売を開始した、女性向けの
ハンドバッグラインにフォーカスした広告ですが、黒レース衣装の
女性モデルと、意図的な配置で置かれたピンクのバッグが、少々
セクシー過ぎるのではないかと懸念されています。



こちらの広告は、新聞の全面広告としてフルカラーで掲載されたほか、
1月発売の女性誌、Elle、Harper’s Bazaar、Female、Her Worldにも
掲載されるのだそうです。


 

先にご紹介した、若者向けに舵を切ったPR動画とは全くトーンの
異なるアプローチですが、今後シンガポールの女性たちには
どのように受け取られるのでしょうか?





 

ちなみに、同ブランドのウェブサイトには、


 

"IT'S A MAN'S WORLD"


 

"男の世界"というコピーがトップページに記載されていて、まだまだ女性も
ターゲットにし始めたというブランドの姿勢は全く伝わってきません。





 
Picture:Screen shot from Goldlion official website




 

以前、同様のキャッチコピーを用いた広告をメルセデスベンツが
シンガポールで展開し、男女平等の精神に反する、時代錯誤などと
痛烈に批判された過去がありますが、ハンドバッグの広告と合わせて
二の舞にならないかと少々不安です。




 

 
Picture:Screen shot from mumBRELLA

 

 


※Goldlion Official Website
http://www.goldlion.com/sg/index.html

 

 



いかがでしたか?



2016年初回のスゴい★PRは、シンガポールからのトピックスを
ご紹介させて頂きました。



本年も、「にっぽんのマーケター」並びに、「スゴい★PR」を
どうぞよろしくお願いいたします。


 

 

 

※ニュースソース

※mUmBRELLA
http://www.mumbrella.asia/2016/01/ikea-tells-singapore-to-prepare-for-a-legendary-chinese-new-year-with-kung-fu-fighting-aunties/#more-59587

※mUmBRELLA
http://www.mumbrella.asia/2015/12/mens-retailer-goldlion-goes-risque-in-first-ad-for-new-womens-collection-in-singapore/

※THE STRAITS TIMES
http://www.straitstimes.com/lifestyle/fashion/wooing-the-young

 

 

 


■編集後記■


 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

新年あけましておめでとうございます。

2016年、丙申の年始を読者の皆様はどのようにスタートされましたでしょうか?

 

日本で年始には新年の抱負を立てる習慣がありますが、アメリカでも
同様のものがあり、これを、


"New Year's Resolution"


と呼んでいます。

 

健康的な生活をしたい、痩せたい、運動したい、規則正しい生活、ライフワーク
バランスの充実・・・といった各国共通の目標がやはり多く見かけられるのも
同じです。


皆さんは今年の目標を立てられましたか?

 

言葉にして発表した方も、自分の心の内でぐっと固い決意をされた方も、
これから1年後にそれぞれの目標が達成できていますように。


私も、こっそりコツコツと目標に向けて精進してまいります。

 

 

本年も、「スゴい★PR」並びに、「にっぽんのマーケター」をどうぞ
よろしくお願いいたします。

 

 

 

※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』


http://nipponmkt.net/


 

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。