【スゴい★PR】PRの本場アメリカ発 最新情報&事例

今、戦略的にPRに取組む企業が売上を伸ばしている!
ということでPRの本場アメリカを主に海外メディアに取り上げられた最新PR事例を中心にブランディングやマーケティングの成功(時には失敗)事例をお届けしています。

【What's New】

マーケターが集まる×つながる×仕掛ける“場”
$【スゴい★PR】PRの本場アメリカ発 最新情報&事例

異業種のマーケター同士が集まる、ヨコのつながりの「場」があったら、 何かおもしろいことができるんじゃないか…。 『にっぽんのマーケター』は、そのような想いから生まれました。


この「スゴい★PR」ブログも、『にっぽんのマーケター』の編集部連載企画として、

皆様に旬な情報をお伝えしています。


●にっぽんのマーケター ウェブサイト

●にっぽんのマーケター スゴい★PR ウェブサイト

●にっぽんのマーケター Facebookページ


 ※本ブログコンテンツの著作権は、発行者・執筆者に帰属します。転載の際は出所元を明記いただけますようお願いいたします。
★ランキングに参加しています。応援のクリックをよろしくお願いいたします。★

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ ブログ王ランキング参加中!Click HERE!

  ビジネスブログランキング参加中!Click HERE!


テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

 

 

 


アメリカ発。

大統領選挙イヤーにもう一つ注目の選挙戦!?

アメリカ人が好む朝食のソーセージは?

|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》

 

 

 

 

 

 


読者の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

アメリカ大統領選挙が行われる' Election Year 2016 'も、11月の本選である一般有権者による投開票まであと2か月を切り、選挙戦もあとわずかとなってきました。

 

 

世論調査によれば米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏と共和党候補のドナルド・トランプ氏はほぼ互角の争いを展開しているという結果が最近は報告されていて、抜きつ抜かれつの争いを展開しています。

 

 

 


Picture:Screen shot from ZD NET

 

 

 

 

さて、アメリカ国民にとって今年最大の関心事である大統領選挙で候補者の熱戦・舌戦が伝えられる中、もう一つのある選挙戦の話題が飛び込んできました。

 

 

 

 

それがこちら。

 

 

 

 


Picture:Screen shot from Bob Evans Official Website

 

 

 


' SAUSAGE SELECTION ELECTION '

 

 

 


'ソーセージ選出選挙’なるキャンペーンをスタートしたのは、ファミリーレストランの' Bob Evans/ボブエバンス 'です。

 

 

 

 

オハイオ州を拠点とするボブエバンスは、アメリカ中西部・南東部を中心に18州で522軒のレストランを展開しています(2016年7月29日時点)。

 

 

 

レストランの名前にもなっている創業者のボブ・エバンス氏が、オハイオ州リオグランデで自身の農場近くに一軒のトラックストップダイナーをオープンしたのが1946年。そこで提供されるようになったホームレイズ&ホームメイドのソーセージがとても美味しいと、ダイナーを利用するトラック運転手さんや近しい仲間の間で評判が拡大。次第に、それを売ってはどうかという話も多くもちかけられるようになりました。

 

 

そこで、氏は評判のソーセージをもっと流通させようと、近隣のレストランやダイナーなどにも持ち込んだのだそうです。しかしその試みはなかなか受け入れてもらえなかったそうで、ついには自分でやるしかない!と思い立ち、1962年にダイナーからアップスケールしたレストランを始めたのだそうです。

 

 

 

 


Picture:Screen shot from The Mama Report

 

 

 

 

ちなみに、自身でオリジナルソーセージを作り始める前から朝食をダイナーで提供していたボブ・エバンス氏。当時、自分が美味しいと思うソーセージに探せど探せど巡り合えなかったことが理由で、自分の農場で豚を育ててソーセージを作ることにしたというほどの根っからのソーセージ好き。

 

 

そのソーセージ愛は、今も脈々とボブエバンスに受け継がれています。そしてだからこそ問うてみたかった究極の質問が、今回のソーセージ選挙でインターネットを介して有権者(アメリカ一般市民誰でもOK)に問われています。

 

 

 

 

出馬している政党は、' LINKS ' と ' PATTIES 'の二者。

 

 

 

' PATTIES/パティーズ 'は、平べったいハンバーグ型のソーセージパテを代表しています。 “Patties for the People”のキャッチフレーズを掲げて選挙キャンペーンを展開しています。

 

 

 

Picture:Screen shot from Bob Evans Official Website

 

 

 

 

テーマカラーは赤。実際の大統領選でトランプ氏が使用しているフレーズを思い出さずにはいられない、“Make Sausage Great Again.”という言葉も出てきます。

 

 

 

投票を訴えるメッセージはこちらの動画でご覧ください。

 

 

 

" Patties for the People - Bob Evans Sausage Selection Election    "

 


https://youtu.be/Nx0uolGI7Yg
 

 

 

 

 

そして対する' LINKS/リンクス 'は、いわゆるウインナー型のソーセージ。 “ Links for Liberty ” のキャッチフレーズのもとで選挙戦を展開しています。

 

 

Picture:Screen shot from Bob Evans Official Website

 

 

 

 

こちらは、パテの赤色に対して、テーマカラーは青。

 

 

アメリカでは近年、政党支持の傾向を示す概念として色が用いられていて、共和党を支持する傾向がある州を赤い州 (red state)、民主党を支持する傾向がある州を青い州 (blue state) と呼んでいます。この概念をソーセージ選挙にも持ち込んだということなのですね。

 

 

 

そして、パテ同様に投票を訴えるメッセージも公開されています。

 

 

"  Links for Liberty - Bob Evans Sausage Selection Election   "

 


 

 

 

 


投票の締め切りは10月17日。特設サイトから投票できるほか、Instagram、Twitterからもハッシュタグを付けて投票することができます。

 

 

 

そして投票に参加してくれた人には、朝食のサイドソーセージ無料のサービスが!ただし、もらえるソーセージは自分が投票したものと反対になるのだそう。つまりは、リンクスに投票した人にはパテが。パティーズに投票した人にはリンクスが無料提供されるのです。

 

 

これは、あえて支持するソーセージと違うものを食してみることで、ソーセージ議論をより活発に、そしてソーセージについての理解を深めてもらいたいという、ボブエバンスの思いによるものなのだそうです。

 

 

 

 

 


気になる選挙戦の優劣ですが、レストランでの売り上げデータに基づいた事前の予測では、沿岸部の州ではリンクス(青)が、中部の週ではパティーズ(赤)が優勢とされていて、これは実際に民主党支持者が多い州と共和党支持者が多い州の分布に似通っています。

 

 

 

 


Picture:Screen shot from FOX NEWS

 

 

 


最終的なソーセージ選挙の勝者は総合及び各州ごとに発表されることになっていますが、結果がどうあれ真の勝者はボブエバンスレストランを利用し本当に美味しいソーセージを食べてくれるゲストだと、同社のプレジデントであるJohn Fisher氏はコメントしています。

 

 

 


※Bob Evans Ofiicial Website
http://www.bobevans.com/

 

 

 

 


※ニュースソース

 

※Yahoo! Finance
http://finance.yahoo.com/news/bob-evans-r-sausage-selection-192534051.html

※Market Wired
http://www.marketwired.com/press-release/bob-evansr-sausage-selection-election-asks-americans-take-sides-this-election-season-2159649.htm

※Bob Evans Official Website
http://bobevans.new-media-release.com/sausage-election/

※Smart Brief
http://www.smartbrief.com/s/2016/09/bob-evans-uses-election-themed-campaign-sell-sausage

※FOX NEWS
http://www.foxnews.com/leisure/2016/09/15/candied-bacon-being-served-up-at-bob-evans-restaurants-as-bacon-craze-continues/

 

 

 

 


■編集後記■

 

 


 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

 


今回は、アメリカ中部、南東部で人気のファミリーレストラン、ボブエバンスの話題をご紹介しました。

 

 


朝食のソーセージが看板アイテムのこちらのレストラン。アットホームな雰囲気と、家庭料理風のバラエティーに富んだメニューが朝食からディナーまで通して提供されています。

 

 

 

本文ではご紹介しませんでしたが、同レストランが最近提供をスタートした新メニューがこちら。

 

 

 

 

 

 

'Candied Bacon/キャンディードベーコン'。

 

 

ベーコン好きのアメリカ人でもまだ試したことがないという人も多いかもしれません。その正体はブラウンシュガーでコーティングされた、甘ーいベーコンです。

 

これが、可愛らしいメイソンジャーでアペタイザーとしての提供が今月半ばからスタートしました。

 

 

ちなみに、カロリーは1枚あたり116kcal(1提供5枚入り580kcal)で、うち82kcal(1枚当たり)が脂肪からのカロリーだそうです。。。

 

 

 

私は実は家庭でこの甘くてクランチーなベーコンを作ったことがあります。アメリカ人にリクエストされてチャレンジしてみたのですが、思いのほか食べられますよ・・・。

 

 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

 

『にっぽんのマーケター』

 

http://nipponmkt.net/


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

 

 


ネパール発。

実績1万人突破のヘアケアブランドキャンペーン!

目指すは全国2万人の若者の髪をクールにスタイリング!

 

|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》

 

 

 

 

 

 

 

 


読者の皆様、こんにちは。

 

 

 

今回は、ネパール連邦民主共和国(通称ネパール(以下同))の全土を舞台に展開されている若い男性をターゲットとした取り組みをご紹介します。

 

 

 

先月から首都カトマンズを中心にキャンペーンをスタートさせたブランドがこちら、'SET WET'です。

 

 

 



Picture:Screen shot from SET WET Official Facebook Page

 

 

 


'SET WET'は、インドのムンバイに本社を構える日曜消費財メーカーのMarico Limitedの男性向けヘアケア、ボディケアブランドです。

 

 

Marico Limitedは、ヘルスケア&ビューティー分野に複数のブランド(Kaya(スキンケアクリニック、スキンケア商品)、Parachute(ココナッツベースのヘアケアブランド)など)を所有していて、本国インドはもちろん、バングラディッシュ、中東、エジプトや南アフリカで高い認知度とマーケットシェアがあります。

 

 

 

 


若い男性をターゲットにした、クールでセクシーなモテ男になれるスタイリング剤(ヘアジェル)とデオドラントで人気の同ブランド。以前には商品PRのためにネパールでパドルアップボートイベントなども開催したことがある、遊び心とチャレンジ精神を感じる'SET WET'が今回実施しているキャンペーンは、

 

 


'Set Wet Style Star 2073'

 

 



Picture:Screen shot from SET WET Official Facebook Page

 

 

 


ちなみに、キャンペーン名に2073という数字が入っている理由は、ネパール公式の暦であるビクラム暦で今年が2073年となるためだそうです。

 

 

 

 


それでは、ネパール最大のスタイルイベントと称している今回のキャンペーンの詳細をご紹介します。

 

 

 

実施期間は2016年8月1日から10月31日まで。カドマンズ・バレーを中心にネパール全土の男性を対象に展開されています。

 

 


コアイベントは、同ブランドのスタイリストを含むクルーがネパールの大学やショッピングモールなど、若者が集まるスポットへ出向いて実施するヘアスタイリング&写真撮影です。

 

 

誰でも参加可能なこちらのイベントでは、開始1か月ほどで1万人超のヘアスタイリングに成功しています。

 

 

 

 


Picture:Screen shot from SET WET NEPAL Official Facebook Page

 

 

 

 

イベントに参加してヘアスタイリングを受けた人のアフターの写真は、公式Facebookページにずらりと投稿されています。

 

 


そしてこれらの参加者の中から、ユーザーの投票(獲得Like数)とブランドの最終選考によって3人の'Set Wet Style Stars'を選ぶコンテストも同時開催。選ばれた3名は、来シーズンのブランドの顔として活躍することになります。

 

 

もちろん、イベント会場でスタイリングが受けられなかった人もコンテストへの参加は可能。セルフスタイリングを施して、タグ付けしたビフォー&アフター写真を投稿し応募することができます。

 

 

 

 

 


Picture:Screen shot from SET WET NEPAL Official Video

 

 

 


この他にも、就職面接向け、映画デート向け、ジムでの運動向け、大学新入生向けなどのシチュエーション別のヘアスタイリングHOW TO動画や、フラッシュ・モブイベントの模様などを公式Facebookページで公開しています。

 

 



Picture:Screen shot from SET WET NEPAL Official Video

 

 

 

 


そしてもう一点。同ブランドがケアするのは、若い男性の外見だけではないという姿勢もアピール。専門家を招いての大学生向けのパーソナリティ・デベロップメント(人格形成)トレーニングの提供も行っているそうです。

 

 

 


先述の通り、これまでに1万人以上の男性をクイックヘアスタイリングでかっこよく変身させた同ブランド。キャンペーン期間終了までに、2万人のヘアスタイリングを行うことが目標なのだとか。

 

 


カトマンズ・バレーを中心にネパールの若い男性のヘアスタイルにちょっとした変化が起きるかもしれませんね。

 

 

 


※Set Wet Ofiicial Website
http://www.setwet.com/

 

 

 

 


※ニュースソース

 

※KATHMANDU POST
http://kathmandupost.ekantipur.com/printedition/news/2016-08-04/visa-offers-discount-at-bhat-bhateni.html

※Campaign Asia
http://www.campaignasia.com/article/haircare-brand-styles-10-000-young-men-in-nepal/429193

※Official Blog of Shubha Acharya
http://officialshubha.blogspot.jp/2016/08/set-wet-presents-style-star-2016.html

※New Business Age
http://newbusinessage.com/Articles/view/4117

 


 

 


■編集後記■


 

 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

 


9月に入り、いくつかの台風や熱帯低気圧が日本列島を駆け抜けていくと、季節は夏から秋へ。特に朝夕には、これまでとの気温の変化を強く感じるようになりました。

 

 


アメリカでは、先の週末はレイバーデーの連休。夏の終わりとされるこの連休から年末にかけては、比較的祝日の多い期間になります。

 

10月の第二月曜日はコロンブスデー、11月11日はベテランズデー(退役軍人の日)、11月第四木曜日はサンクスギビングデー(感謝祭)、そして12月のクリスマスと、各月に連休やイベントがあり、おもてなしやお出かけ、ショッピングにとてんてこまい。目まぐるしく毎日が過ぎていきます(&出費がかさみます)。

 

 

 

 

 

さて、今回ご紹介したのは、男性向けヘアケアブランドがヘアスタイリングを施してくれるというイベントでしたが、毎日スタイリングをしているとどうしてもワンパターンになりがちなものですよね。

 

 

こうして時には、違った見方、違った感性でアレンジしてもらえると、また新たな魅力が引き出される良いきっかけとなるのかもしれませんね。

 

 

 

 

日ごろ、全くヘアサロンにお世話にならない私ですが、たまには足を運んでみるべきなのかと、ふと考えさせられました。

 

 

 


読者の皆様は、どの位の頻度で理美容院に行かれていますか?

 

 

 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

 

『にっぽんのマーケター』

 

http://nipponmkt.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

 

 


東南アジア発。

セルフィー押しのジェットスター航空が

自撮り偽旅行写真のキャンペーンで

利用者の夢を実現

 

|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》●

 

 

 

 

 

 

 


読者の皆様、こんにちは。

 

 

 

" Selfie/セルフィー "を皆さんはどのくらい撮られますか?

 

 

 

SNSの普及、携帯のカメラ機能の向上とともに世界に広がったセルフィー文化。今回は、セルフィートレンドを上手に活用したキャンペーンをご紹介します。

 

 

 

 



Picture:Screeen shot from templay.com

 

 

 


" Jetstar Airways/ジェットスター航空 "

 

 

 

2004年3月に運航をスタートさせた、オーストラリアのメルボルンに本社をおく国内線・国際線格安航空会社(LCC)のジェットスター。親会社は同じくオーストラリアのカンタス航空です。

 

 

オーストラリアを中心に、ニュージーランド、アジア各地やハワイのホノルルなどに路線を持つ同社。日本にも「ジェットスター・ジャパン」が就航していますし、カンタス航空の子会社としてシンガポールに「ジェットスター・アジア航空」、ベトナムに「ジェットスター・パシフィック航空」があります。

 

 

 


さて、アジア圏が主戦場のジェットスター。昨年頃からセルフィーを絡めたキャンペーンを展開し話題になっています。

 

 

 

2015年夏には、" Because you can " という名前のセルフィーキャンペーンをシンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピンの東南アジア各国を対象に実施し好評を博しました。

 

 

「あなたにはできるから」というコピーでまとめられたキャンペーンでは、利用者にこれまでの固定概念に縛られずに旅を楽しんでもらい、"あなたにできる旅の楽しみ方"を上手に表現したセルフィーを撮ることが奨励されていました。

 

 

 


また、キャンペーンで使用されたビジュアルでは、" Because you can "のキャッチコピーとともに、ジェットスターのサービスが利用者に可能にできることをアピールする内容となっていました。

 

 

 

Picture:Screeen shot from templay.com

 

 


" 列に並ばず、直にゲートへ。
あなたにはそれができるから。 "

 


こちらのビジュアルとコピーがプッシュしているセールスポイントは、事前にオンラインでチェックインできるので空港のカウンターで並ぶ必要がないという点です。

 

 

 

 



Picture:Screeen shot from templay.com

 

 

" プライスビートでホテル代を安くして、五つ星(ホテル)を見つけて。
あなたにはそれができるから。 "

 


こちらはセールスポイントがわかりやすいですが、同社のプライスビート保証、同じ路線で他社により安い航空運賃があればそこから10%引いた価格で対応するという保証を訴求しています。

 

 

 

 

キャンペーンの実施にあたっては、よりたくさんの人にセルフィーを撮ってもらおうと、シンガポールでは2万個以上のセルフィースティック(自撮り棒)を無料配布。

 

 

さらに実施期間中は毎日、最高のセルフィーを投稿した人各国一名に100ドル分のジェットスターバウチャー(金券)を進呈するなどして、キャンペーンを盛り上げていました。

 

 

 

 

 

さて、昨夏のセルフィーキャンペーンが好評だった同社。今夏も同様にセルフィーを絡めたキャンペーンをスタートさせました。

 

 

 

" Travel Fakie "

 

 

 

"だます、ふりをする、偽の"といった意味の"Fake"をもじって付けられた今回のキャンペーンの名前が示す通り、ジェットスターはユーザーに"うその旅行セルフィー"を撮ってキャンペーンに参加することを呼びかけています。

 

 

例えばこんな具合です。

 

 

 

" #TravelFakie to WIN a dream Jetstar holiday!    "

 

 

 

 

キャンペーンは、シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイ、フィリピンに在住の人を対象とし、2016年9月30日まで実施。

 

 

偽写真コンテストだけに、小物を使ったり友達に協力してもらったり、フォトショップを使ってもOKという投稿ルール。アイディアと技術を駆使して最もユニークでばかばかしい自撮り写真とコメントを投稿したユーザーには、投稿者の夢見る旅の目的地へのペア往復航空券が進呈されることになっています(各国二名)。

 

 

 

 

キャンペーンサイトの写真ギャラリーには、参加者の夢見る旅の目的地がどこなのかがわかる応募写真が掲載されています。

 

 

日本を訪れてみたいと思っている方も多いようですよ。

 

 



Picture:Screeen shot from templay.com

 

 

 


Picture:Screeen shot from templay.com

 

 

 

 

先のキャンペーンでジェットスターでの旅は、" Selfie Central/セルフィーの中心 "になったと自負する同社東南アジア地域担当のマーケティングマネージャー。

 

 

今後もセルフィーを絡めたユニークな企画が期待できそうです。

 

 

 

 

※Jetstar Trvel Faikie Campaign Ofiicial Website
https://www.jetstartravelfakie.com/en

 

 

 


※ニュースソース

※mumBRELLA
http://www.mumbrella.asia/2016/08/jetstar-launches-contest-to-reward-travellers-with-best-faked-holiday-selfies/

※superadrianme
https://www.superadrianme.com/advertising-and-marketing/jetstar-launches-because-you-can-selfie-campaign/

※Campaign Asia
http://www.campaignasia.com/article/jetstars-brand-refresh-shines-a-light-on-destinations-selfies-and-travel-experi/401138

 


 

 


■編集後記■


 

 

 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

 

8月も今日で最終日となりました。

 


朝晩は少しずつですが暑さが和らぎ、夏から秋へと季節の移ろいを肌で感じるようになってきました。

 

 

読者の皆様は、どのような夏を過ごされましたか?

 

海や山、行楽地へと出かけられた方。オリンピックの熱戦を観戦し、感動し興奮を味わったという方。

 

避暑地でのんびり過ごされたり、クーラーを効かせた室内で涼しく過ごしていた方など、それぞれの過ごし方があったことと思います。

 

 

 

私はといえば、お盆も過ぎて夏も終わりへと近づいてから、旅行と帰省を兼ねて夏休みをとりました。

 

雄大な自然と普段見ることのない景色、美味しい食事に家族との再会。

 

貴重な時間が過ごせました。

 

 

 


皆様それぞれにとっても、素敵な夏であったことを願います。

 

 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

 

『にっぽんのマーケター』

 

http://nipponmkt.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

 

 

 


オーストラリア発。

大ヒット「おバカな死に方」シリーズのスピンオフ。

メルボルン鉄道のキッズ向け安全啓発アプリ最新版が登場!

|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》

 

 

 

 

 

 

 


読者の皆様、こんにちは。

 

 

 

" Dumb Ways to Die "

 

 

 

日本語に訳すと、"おバカな死に方"という救いようのないこちらのフレーズを覚えていらっしゃいますか?

 

 

 



Picture:Screeen shot from Dumb Ways to Die Official Video

 

 

 

 

2013年に、広告界のアカデミー賞カンヌライオンズで史上最多5部門のグランプリを獲得したのをはじめ、様々な国際広告賞で高い評価を受けたオーストラリア・メルボルン鉄道の安全啓発キャンペーンです。

 

 

 

キャンペーンの鍵となり、瞬く間にその話題が世界に拡散するきっかけとなったのが、2012年11月に公開されたこちらのショートアニメムービーでした。

 

 


" Dumb Ways to Die   "

 

 

 

 

 

Numpty、Stumble、Botchなどの愛らしいキャラクターが、次々におバカというか間抜けな理由で死んでいく様が次々と描かれます。そしてムービーの終盤には、同キャンペーンを実施したのが鉄道会社だったことを思い出させる、列車や駅、鉄道に絡んだおまぬけな死に方が出てきます。

 

 

逆説的な手法で、「おバカに死なないこと」「危険を回避すること」を訴えた同キャンペーンは大成功。鉄道関連の死亡事故が21%減少したという説もあります。

 

 


Youtube公開後、ほどなくして1億2千万回を超える再生回数に到達したこちらの動画。使用された音楽が、ベルギーのヒットチャートで最高9位、オランダで94位、イギリス(インディーズ)38位にランクインするという事態にもなりました。

 

 

その後、同キャンペーンリリースの大成功もあり、2013年5月には"Dumb Ways to Die"ゲームアプリをリリース。こちらも好評を博し、その後第二弾も2014年11月にリリースされました。

 

 

 


さて、動画をご覧になるとお分かりの通り、オリジナルの「おバカな死に方」シリーズでは、登場キャラクターたちがアクシデントや事故によって、体の一部を欠損したり、流血したりといった少々グロテスクな描写が出てきます。可愛らしさのあるアニメーションなので、あまり酷さは感じませんが、シュールで刺激的であるのは間違いありません。

 

 

伝えているメッセージはとても大切なのですが、このまま子どもたちに見せるには少々抵抗があると感じる人も多いでしょう。

 

 

 

そこで、オリジナル「おばかな死に方」のスピンオフとしてリリースしたのがこちら、

 

 

 


Picture:Screeen shot from Dumbs Way JR Official Website

 

 


" Dumbs Way JR "

 

「おバカなやり方 ジュニア」

 

 

 

3歳から7歳くらいの子どもたちをターゲットにしたこちらのシリーズには、Loopy、Dumbbell、Boffo、Penguin、Madcapの5体のキャラクターが登場。もともとのオリジナル版キャンペーン同様に身の回りに潜む様々な危険を回避する重要性を伝えることで、子どもたちに楽しんでもらいながら安全啓発を可能にすることを目的としています。

 

 

 

これまでにリリースされていたのは、2つのゲームアプリ。

 

 

" Loopy's Train Set " (2016年3月リリース)

" Boffo's Breakfast " (2016年5月リリース)

 

 

 

列車や鉄道に関連して発生する危険を回避するにはどうすれば良いのかが学べる" Loopy's Train Set " と、後者はキッチンや料理をする過程で発生する可能性のある様々な危険性や、安全を脅かす行動などが盛り込まれています。

 


子どもを対象にしたアプリだけに、大人向けの" Dumb Ways to Die "のように、キャラクター自らが身を投げ出して危険性を視聴者にわからせるというスタイルはとっていません。どういったゲームアプリなのかはこちらの動画からご覧ください。

 

 

 

" Dumb Ways JR Boffo's Breakfast (Metro Trains Melbourne Pty Ltd)

- Best App For Kids   "

 

 


 

 

 

 

 

 

そして先の二作品の概ね好意的な反応を受けて、つい最近リリースされたのが、

 

 

 

" Madcap's Plane " (2016年8月Apple Storeリリース・2016年9月Android版リリース)です。

 

 

 


Picture:Screeen shot from Campaign Brief

 

 

 


このゲームでは、子どもたちは飛行機を安全に離着陸させたり、乗客や彼らの手荷物を正しくピックアップして目的地へ無事に送り届けたり、航行中の安全確認や危険を察知した際にはアラートをコックピットから発信したりすることができます。

 

 

 



Picture:Screeen shot from Dumbs Way JR Apple Store

 

 

 

 

ゲームの開発に際しては、メルボルン鉄道は教育の専門家と幾度も検討を重ね、実際に完成したアプリを子どもたちにテストプレイをさせてその有効性を検証。満を持してのリリースとなったようです。

 

 

 

ちなみに、いずれのアプリのダウンロードも2ドル99セントで有料ですが、広告等は一切なく、データ通信やwifiを使わずにプレイすることができます。

 

 

 


私たち大人には、やはりシュールなオリジナル版の毒気が必要かつ効果があるように感じますが、子どもたちに楽しんでもらいながら早い段階から安全教育を施すことができるこちらのアプリ。世の中のママからは概ね良い反応を獲得しているようです。

 

 

 

 

※Dumb Ways to Die Ofiicial Website
http://www.dumbwaystodie.com/

 

※Dumb Ways JR Official Website
http://www.dumbwaystodie.com/dumb-ways-jr/

 

 

 

 

※ニュースソース

 

※Campaign Brief
http://www.campaignbrief.com/2016/08/metro-trains-melbourne-launche-1.html
http://www.campaignbrief.com/2016/03/metro-trains-melbourne-launche.html

※Mumbrella
https://mumbrella.com.au/dumb-ways-jr-launches-madcaps-plane-app-teaches-safety-young-kids-389106

※Mommies with cents
http://www.mommieswithcents.com/introducing-dumb-ways-jr-boffos-breakfast-dumbwaysjr-ad/

 

 

 

 


■編集後記■


 

 

 

読者の皆様、こんにちは。

 

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

 

 


ここ数日私が気になっているアメリカのニュースに、カリフォルニア州南部のサンバーナーディーノ郡で発生している山火事があります。

 

 


去る8月16日に発生した山火事は、消防の必死の消化活動にも関わらず火の勢いは収まらず。カリフォルニア州は非常事態宣言を発令して、住民およそ8万2千人が避難。

延焼範囲はすでに49平方マイル(126平方キロメートル)以上に及んでいるそうです。

 

 

 


発生原因はわかっていませんが、これで5年連続干ばつ・少雨の状況にあるカリフォルニア。現地の消防隊員いわく、「乾燥しきった植生は焚火の薪のようなもの。次々に火がついていく」。

 

 

 

もともと、カリフォルニア州南部の、コロラド州やネバダ州寄りのエリアといえば、乾燥した気候で砂漠地帯も広がるエリア。火事には弱い地域であることは否めません。

 

カリフォルニアというと、キラキラした青い海に青い空。さわやかな気候と適度な緑をイメージしそうですが、地域によっては実際にはかなりドライ。私自身は土埃っぽいと感じたこともあります。

 

 


現在も陸と空から、昼夜を問わず消火活動が行われているようです。一刻も早く火の勢いが衰え、住民の方々が安心して過ごせるようになることを願います。

 

 

 

読者の皆様、火の始末にはくれぐれもお気を付けくださいませ。

 

 

 

 

 

※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

 

『にっぽんのマーケター』

 

http://nipponmkt.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■


 


シンガポール発。
リオ五輪金メダリストの帰国を粋にお出迎え。
チャンギ空港の好感度が急上昇!
|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》

 



 



読者の皆様、こんにちは。

 


リオ五輪が始まってから、寝不足が続いているという読者の方も多いのではないでしょうか?



 


たくさんのドラマや名場面が生まれ、世界中に感動を呼び起こしているリオ五輪。シンガポールでは、国民の多くを熱狂させ、感動の渦に飲み込んだ新しいヒーローが誕生しました。



 


Joseph Isaac Schooling (ジョセフ・アイザック・スクーリング)


 


 
Picture:Screeen shot from one india


 


シンガポールの競泳選手であるスクーリング選手(写真右端)が、先日行われた男子100mバタフライで、米国のマイケル・フェルプスを破って見事金メダルを獲得しました。
(写真内、左から同着銀メダルのLaszlo Cseh選手、Chad Le Clos選手、Michael Phelps選手、そして金メダリストのJoseph Schooling選手)


そして彼の獲得した金メダルは、シンガポールにもたらされた史上初のオリンピック金メダル。

スクーリング選手は、シンガポールの歴史上初めてオリンピックで金メダルを獲得した、国民的ヒーローとなったのです。


 



 


さて、そんなシンガポールのヒーローがリオから帰国したその日。


母国シンガポールの空港に到着するスクーリング選手を、とっても素敵な方法で歓迎したのがCHANGI Airport(チャンギ空港)でした。



 


同空港内の到着便を表示するボードには、スクーリング選手の偉業を称えるメッセージが表示されました。



 


 
Picture:Screeen shot from one india



 

ちなみに出発便を表示するボードを利用して表示されたメッセージの写真は、チャンギ空港の公式Facebookページのトップ画像となっています。



 

 
Picture:Screeen shot from CHANGI Airport Official Facebook Page



 

それだけではありません。

スクーリング選手を乗せたシンガポール航空SQ67の飛行機が着陸すると、同機を消防隊の放水車が水のアーチでお出迎えしたのです。

 




 
Picture:Screeen shot from STRAITS TIMES



 

実際の放水の場面は、こちらのリンクから動画でご覧いただけます。

同空港は公式Facebookページで、この模様をライブ中継していたのだそうです。

 

https://www.facebook.com/changiairport/videos/10154136553843598/

 



 

こうしたチャンギ空港のスピーディーでスマートな対応は、シンガポール国民から絶大な評価を獲得。公式ホームページやSNSへのアクセス数は急増し、投稿には続々と「いいね」が寄せられました。


そしてその状況に、その他のブランドも追随。そのいくつかをご紹介します。




 


○Ministry of Education, Singapore/シンガポール教育省



 

 
Picture:Screeen shot from Ministry of Education, Singapore Official Facebook Page


 

シンガポールの教育省は、ユーモアたっぷり!呼んだ人はくすっと笑ってしまうウィットあふれる投稿をFacebookへ。

スクーリング選手の名前が、「Schooling=学校で学ぶ」に当たることを上手に活用した下記のメッセージを発信しました。


 

“We all love Schooling! So coming Monday will be a schooling day. We’ll see you back in class!”

「私たちはみんなスクーリング(選手&学校)が大好き!だから次の月曜日はスクーリングの日。教室で会おう!」



 


○Honestsbee




 
Picture:Screeen shot from Today Online


オンライン食料品デリバリサービス展開するオネストビーは、特製のハンドメイド金メダルチョコレートを1000個限定販売。食料品バッグとともに、予約者に配達するのだそうです。

 




○McDonald's




 
Picture:Screeen shot from Today Online



マクドナルドは、同社の定番商品チキンナゲット(ゴールデンナゲット)を金メダルに見立てた素材を使って投稿。合わせて、8月15日月曜日の午前11時からシンガポールのマクドナルド各店舗先着限定50人に、チキンマックナゲット6ピースを無料で配布しました。



 


○KFC



 
Picture:Screeen shot from Today Online




ライバルだって負けていません。 KFCは最初の祝福メッセージを8月12日の金曜日に投稿。その後、8月15日と16日の2日間、シンガポールのKFC店舗でミールメニューを購入した人全員に、無料でオリジナルドラムスティック1本のサービスを実施しました。

 


 

 


スクーリング選手のフィーバーはまだまだ続きそうです。



 


※Changi Airport Official Website
https://au.changiairport.com/

 



 


※ニュースソース

※stomp
http://www.stomp.com.sg/singapore-seen/singapore/changi-airport-announces-joseph-schoolings-impressive-victory-with-unique

※one india
http://www.oneindia.com/sports/rio-olympics-celebration-at-singapore-changi-airport-schooling-phelps-2181235.html

※Marketing Interactive
http://www.marketing-interactive.com/look-changi-airport-group-brings-social-media-stunt-life/
http://www.marketing-interactive.com/brands-pay-homage-joseph-schooling/

※THE STRAITS TIMES
http://www.straitstimes.com/singapore/hundreds-welcome-joseph-schoolings-triumphant-homecoming

※TODAY ONLINE
http://www.todayonline.com/singapore/hundreds-fans-wait-changi-airport-welcome-joseph-schooling
http://www.todayonline.com/lifestyle/travel/inside-story-changi-airports-awesome-lightning-fast-response-joseph-schoolings

 

 

 


■編集後記■




 

読者の皆様、こんにちは。


 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。



 

リオ五輪も後半戦に入ってきました。読者の皆様は白熱した戦いの模様を、テレビの前で観戦していらっしゃいますか?

ちょうどお盆休みや夏休みだったので、寝不足を気にせず観戦できたという方もいらっしゃるかもしれませんね。



 

アメリカではお盆はありませんので、我が家は通常通りの毎日。

それでも、空前のメダルラッシュとなっているアメリカ。テレビやメディアでも連日大々的に放送されていますし、人々の注目も自然と高くなっているのを感じます。

 



 

2020年は東京でのオリンピック開催。

一生に一度くらいはこの目で何かを見てみたいと思い始めました。



 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。