【スゴい★PR】PRの本場アメリカ発 最新情報&事例

今、戦略的にPRに取組む企業が売上を伸ばしている!
ということでPRの本場アメリカを主に海外メディアに取り上げられた最新PR事例を中心にブランディングやマーケティングの成功(時には失敗)事例をお届けしています。

【What's New】

マーケターが集まる×つながる×仕掛ける“場”
$【スゴい★PR】PRの本場アメリカ発 最新情報&事例

異業種のマーケター同士が集まる、ヨコのつながりの「場」があったら、 何かおもしろいことができるんじゃないか…。 『にっぽんのマーケター』は、そのような想いから生まれました。


この「スゴい★PR」ブログも、『にっぽんのマーケター』の編集部連載企画として、

皆様に旬な情報をお伝えしています。


●にっぽんのマーケター ウェブサイト

●にっぽんのマーケター スゴい★PR ウェブサイト

●にっぽんのマーケター Facebookページ


 ※本ブログコンテンツの著作権は、発行者・執筆者に帰属します。転載の際は出所元を明記いただけますようお願いいたします。
★ランキングに参加しています。応援のクリックをよろしくお願いいたします。★

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ ブログ王ランキング参加中!Click HERE!

  ビジネスブログランキング参加中!Click HERE!

NEW !
テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 


英国発。
VodafoneがIoT技術を用いた
夏向け3アイテムの開発に成功。
2017年にNBIoTがスタートし商品化されたら大ヒットの予感?
|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》



 


 





読者の皆様、こんにちは。


 

 

ここ数年世界が注目しメディアを賑わせているものに、

 



"IoT(Internet of Things) "



 


がありますよね。日本語では" モノのインターネット "と訳されているIoTについて、まずは今一度確認をしておきたいと思います。



 

 

Picture:Screeen shot from Forbes



 



IoTとは、これまでインターネットに接続されていたパソコンや携帯電話などの情報・通信デバイスだけでなく、世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせインターネットに接続したり相互に通信・制御する仕組みのこと、そしてそうすることによって可能になる様々な革新を指しています。


つまり、IoTによって遠隔での自動モニタリングや自動認識、自動制御(コントロール)、遠隔計測などを可能にすることができるのです。そして自動車、住宅、家電製品、衣類、日用品から道路や橋など。私たちの生活に密着したほとんどのモノがインターネットに接続されネットワーク化される時代がすぐそこに来ているといわれています。



ちなみに、IoTを包括する概念として、アメリカのCisco Systemsが提唱している" IoE(Internet of Everything) "という言葉もありますが、ここでは詳細は割愛しておきます。




 

 

さて、IoT技術の実用化・サービスや商品開発に世界中の企業や開発者が研究・投資を活発化している中、先日英ボーダフォンがニュースリリースを出して話題になっています。



 


" Smart Summer "



 

と同社が呼ぶ今回のプロジェクトでは、消費者に夏をよりスマートに過ごしてもらうために役立つ、IoT技術を用いた3商品を開発しました。




開発商品の選定にあたっては、同社とYougov社がヨーロッパで8653人に対して実施したアンケート調査の結果がきっかけになったのだそうです。それによれば、


 

・(塗るべきなのに)日焼け止めを塗り忘れることがある-----48%

  ※もし自動で「塗るように」とリマインドしてくれていれば日焼け止めを塗っていたと思う-----76%


・ 夏の旅行中に手荷物を紛失したことがある-----30%



 


という結果が出たのだそうです。

 




 


そこでボーダフォンが開発したのが以下の3つのアイテムです。


 


" Smart Summer Bikini and men’s swim shorts "



 
 Picture:Screeen shot from Vodafone Official Video on YouTube




まずはビーチやプールで大活躍の男女用スイムウェアです。日光にどれだけの時間、またどれだけの量さらされているのかをトラッキングするUVセンサーが付いた水着になっていて、もし過剰に紫外線を浴びている場合にはスマートフォンのアプリが警告してくれます。



 


" Smart Summer Child's Hat "



 
Picture:Screeen shot from The Sun




そして同じくUVセンサーを搭載した子ども用の帽子。過度な日焼けや紫外線にさらされるのを防ぐだけでなく、こちらの帽子にはローパワーで作動するボーダフォンのSIMとトラッキング端末を搭載。あらかじめ想定していた範囲から外へ子どもが出ていくと、親のスマートフォンにアラートが送られる仕組みになっています。



 


" Smart Summer Suitcase "


 
Picture:Screeen shot from The Stack


3つ目は、ボーダフォンの追跡機能を搭載したスーツケース。うっかり荷物を紛失してしまっても、手持ちの携帯デバイスから荷物の位置を探ることができます。




 

 

現段階では、実商品化して販売することは決定していないそうですが、来年2017年にNBIoT(Narrowband Internet of Things)のリリースを予定している同社。NBIoTデバイスは、とてもリーズナブルで小型、そして10年以上のバッテリー寿命を持つものとなるだろうと予告しており、実用化されれば今回の3つのSmart Summer商品を含め、IoTの可能性は拡大の一途となりそうです。



 

 


"Smart Summer "のリリース動画も制作されていますので、ぜひご覧ください。

 

" Smart Summer  "

https://youtu.be/4Sq6SXEsD7U

 


 


※Vodafone Official Website
http://www.vodafone.com/content/index.html

 


 

 

※ニュースソース

※THE STACK
https://thestack.com/iot/2016/07/27/vodafone-designs-uv-monitoring-smart-swimwear-range/

※THE SUN
https://www.thesun.co.uk/news/1506301/vodafone-designs-hi-tech-smart-bikini-which-stops-women-getting-sunburned/

※Campaign
http://www.campaignlive.co.uk/article/vodafones-internet-things-swimsuit-detects-harmful-uv-levels/1403667?src_site=brandrepublic

※telecomlead
http://www.telecomlead.com/telecom-services/vodafone-develops-iot-driven-connected-products-70271

※Vodafone Official Website
http://www.vodafone.com/content/index/what/technology-blog/smart-summer.html#

※NETWORK WORLD
http://www.networkworld.com/article/3099238/internet-of-things/iot-is-the-new-industrial-revolution-says-vodafone.html

 

 

 


■編集後記■




 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 


今回は、IoT(Internet of Things)に絡んだトピックスをご紹介しました。


 

ホームセキュリティーや、子ども、高齢者、大切な人を見まもる機能、事故や災害の未然防止など、生活の様々な場面で役立てられると期待されているIoT技術。



実用化・サービス化されている(されるのが近い)という話もちらほらと聞こえるようになってきましたね。



 


私の生活の中で活用したいと思うのは・・・



 

・別の部屋や階で仕事や作業をしている間のキッチンでの調理


・自宅を不在にするときの庭やプランターへの水やり管理




この2つがまず挙げられるでしょうか。



 


読者の皆さんは、どのような場面に活用できると思いますか?

 


 

 

 

※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■



 

タイ発。
自分ばかり撮らずに外の世界へカメラを向けよう!
ファーウェイの最新スマホキャンペーン
|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》●



 


 




読者の皆様、こんにちは。



 


今回は、通信機器メーカーのファーウェイがタイで展開しているキャンペーンをご紹介します。

 



ファーウェイ(華為技術有限公司、ファーウェイ・テクノロジーズ、Huawei Technologies Co. Ltd.)は、1987年に設立された中国の深センに本拠地を置く、ICTソリューション・プロバイダーです。

日本でも、同社のスマートフォンやタブレットなど端末機器は市場に出ており、実際に目にしたり手に取ったりしている方もいらっしゃるかもしれません。


 

 

さて、同社が先月発売した最新のフラッグシップスマートフォンがこちら。

 

 
Picture:Screeen shot from Huawei Thailand Official Facebook Page

 


 

" HUAWEI P9/P9 Plus "


 


こちらの端末の最大の特徴は、世界的に有名なドイツの老舗カメラメーカーのライカと提携することで実現した、高性能のカメラ機能にあります。

 

端末の背面には、ライカと共同開発した「LEICA SUMMARTIT H」というレンズをダブルで搭載。また、モノクロとRGB(カラー)という2つの撮像素子を備えるなど、新しい試みが取り入れられています。

写真の背景のボケ具合などをその場で調整できる「ワイドアパチャー機能」や、「モノクロ撮影モード」、露出・ISO感度・ホワイトバランスを自由に設定できる「プロ撮影モード」もあり、まるで一眼レフカメラで写真撮影をしているかのようなのだとか。

画素数は、背面カメラが1200万画素、フロントカメラは500万画素でビューティー(美肌)モードも備えています。


 


こうした新機能によって、これまでのスマートフォンのカメラと比較して、より豊かな表現力を備えたカメラになっているのだそうです。



そしてそれを証明しているのが、これらの写真たちです。




 


 


 


 

Picture(上記4点いずれも):Screeen shot from Huawei Thailand Official Website



 


実はこれらの写真はいずれも、現在タイで実施されているHUAWEI P9/P9 Plusのキャンペーンに絡んで撮影されたもの。

そして撮影を担当したのは、キャンペーン大使を務めるタイで人気の俳優、歌手、女優など8人の有名人です。



 


 
Picture:Screeen shot from Huawei Thailand Official Youtube Video



 

"WORLDFIE WAR"



と名付けられた今回のキャンペーン。



 

”WORLDFIE "という言葉は、自撮りを意味する「SELFIE/セルフィー」という言葉に、世界を意味する「WORLD」を掛け合わせて作られた造語です。




では、どうしてこのようなキャンペーン名を付けたのでしょうか?


 


ファーウェイタイランドは今回のキャンペーンを通して、スマートフォンのカメラで自分ばかりを撮っているユーザーたちに、もっとレンズを通して自分の周囲を見てほしい、自分なりの見方や切り口で世界を感じて、それを写真に収めて欲しいとメッセージを発信しています。

それ故の、セルフィーではなくワールドフィーだったのです。



 


 
Picture:Screeen shot from Siam Phone



 

キャンペーンの展開にあたっては、写真の8名の著名人(がHUAWEI P9を使って様々な被写体を撮影。

8人を、「#TEAM ANANDA(メンバー:Ananda Everingham,Eye Kamolnedo,Puppa Taechanarong,Yai Tech Chill)」と「#TEAM ALEK(メンバー:Alek Teeradetch,Keerati Mahaprukpong,Joe Trivisvavet,Mod Fotfile)」の2つに分けて、モノクロ、ボケ、夜景などのテーマ毎にそれぞれの撮影した写真を競い合っています。



 

 

キャンペーン名にも「WAR(戦い)」という言葉が入っていますが、どちらのチームが優位なのか、また最終的にも勝敗を明かすことはないのだとか。

8人が撮影した写真をユーザーが眺めることを通して、彼らが外の世界へ目を向けてカメラを構えるというセルフィーからの変化を成し遂げたことで「勝ち得た」何かを感じ取ってほしいのだそうです。

そしてまた、ユーザーにも同じような喜びや楽しみ、新しい発見を「勝ち得て」もらうことを意図しているのです。


 

 

キャンペーンをPRする動画も制作されていますので、ぜひご覧ください。


 


" Huawei P9 WorldFie ถ้าไม่ใช่แค่มอง โลกที่พวกเขาเห็นจะเป็นอย่างไร?    "


https://youtu.be/OKCT-NORnW8

 


 

動画を見ると、カメラを片手に被写体を探しに出かけたくなる気持ちがわかるような気がします。



キャンペーンに賛同したユーザーは、ハッシュタグ " #worldfie "をつけて、早速撮影した写真をSNS上で公開しているようです。

 


 

 

※HUAWEI THAILAND Official Website
http://consumer.huawei.com/th/index.htm

 

 

 


※ニュースソース

※Campaign Brief Asia
http://www.campaignbriefasia.com/2016/07/publicis-nurun-thailand-and-hu.html

※BEST ADS ON TV
http://www.bestadsontv.com/ad/80845/Huawei-P9-WorldFie-War

※MOBILE OCTA
http://mobileocta.com/huawei-worldfie-war-campaign/

※Men Addiction
http://www.menaddiction.com/huawei-p9/

※Siam Phone
http://news.siamphone.com/news-27412.html

※HUAWEI Mobile Thailand Facebook Page
https://www.facebook.com/HuaweiDeviceThailand/

 

 


 


■編集後記■


 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。

 

 

皆様は、写真を撮るのはお好きですか?

 


私は、好きです(笑)。

 


普段使っているのは、もっぱらiPhoneのカメラですが、たまに気が向いた時にはNikonを持ち出すこともあります。

 


そして被写体として選ぶのは、お花。

 


そこら辺の道端に咲いている野の花でもよいのです。

散歩やハイキングをしている時にふと目に留まった草花を最近は被写体として楽しんでいます。

 


SNSに公開するわけでもなく、特別誰かとシェアするわけでもありません。

 


最近は、そうして目に留まった草花の名前も知りたいなーと思うことも多く、ファインダー越しにぽんっと被写体の情報が出てくるようなアプリでもあればなーなどと思っています。


もしご存知でしたらぜひお知らせくださいませ。

 

 

 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■



 

オーストラリア発。
世界中で超話題となった8つの動画は全て作られたものだった!?
小さなプロダクションの大きな試みとは?


|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》

 



 


読者の皆様、こんにちは。

 


ここ1~2年の間にインターネット上で公開され、その後瞬く間に世界中に拡散されて話題になった"Viral Video"のいくつかを覚えていらっしゃるでしょうか?


 

まずは、その中から8つの動画をご覧ください。



 

 

1)サメと格闘した男 2014年6月公開 Online View数:2140万回以上


 

オーストラリアのシドニー湾で、ある男性が出くわしてしまったのは映画「ジョーズ」のモデルにもなっている巨大なホホジロザメ。男性とサメとの壮絶なバトル!


" GoPro: Man Fights Off Great White Shark In Sydney Harbour   "


https://youtu.be/-m3N_BnVdOI



 


2)クレイジーな男の竜巻セルフィー 2014年8月公開 Online View数:1520万回以上


 

車で走っているときに、巨大な竜巻に遭遇したらどうしますか?こちらのクレイジーな男性は、なんと竜巻とセルフィーを撮ることを選択。その顛末とは?


" Crazy Guy Runs Into Outback Tornado To Take Selfie   "


https://youtu.be/P7aRR86VfTY



 


3)トロフィーハンターへのライオンの逆襲 2016年6月公開 Online View数:1160万回以上


 

トロフィーハンターと呼ばれる、動物たちの頭部を狩猟記念品としたいハンターたち。ある女性ハンターが狩猟に成功したのはライオンでした。成果を前に記念写真に興じるハンターたちに思いもよらぬ逆襲が!


" Lion Takes Revenge On Trophy Hunter! [LEAKED VIDEO]    "


https://youtu.be/VBa4D9D6Gng



 


4)あわや落雷直撃になりそうだった彼女を見た彼氏のOMG!リアクション 2016年2月公開 View数:5890万回以上


 

妖しい空模様の中、海岸線に出かけたとあるカップル。先を急いで水辺に近づいた彼女にあわや落雷!背後からついて行きながらビデオを撮影していた彼氏は、「OMG!!!」連発で大リアクション。


 

" Lightning almost strikes girl in Sydney!!! Boyfriend's reaction is priceless!!!!   "


https://youtu.be/JHOBhgjc1Jc




5)白馬スキー場でスノーボーダーの女性がクマに追いかけられる!? 2016年4月公開 View数:3440万回以上


 

こちらの動画は、なんと日本の白馬スキー場での出来事。白銀の世界で気持ちよくスノーボードを楽しむ女性。歌をくちずさみながら滑る彼女の背後を、なんとクマが追いかけてきて・・・!?


" Snowboarder Girl Chased By Bear - I Was Singing Rihanna Work And Didn't Know It Was Behind Me!   "


https://youtu.be/vT_PNKg3v7s



 

6)アメリカ対日本 究極の自撮り棒対決 2015年7月公開 View数:2140万回以上



シドニーの観光名所を背景に洋上でセルフィーを撮る観光客たち。混雑ゆえのちょっとした接触から、アメリカ人男性と日本人男性が喧嘩を始めます・・・


 

" USA vs JAPAN - Ultimate Selfie Stick Fight   "


https://youtu.be/QuCiScr2tz8



 

7)カッコよく映画のプレミアイベントに向かいたかったストームトゥルーパー 2015年8月公開 View数:680万回以上



人気映画スターウォーズのストームトゥルーパーに扮して、いざ同映画のプレミアイベントへ!限られた視界のコスチュームで長い階段を下りるのは少々難しかったようです。

 

" Stormtrooper Falls Down Stairs On The Way To Star Wars Premiere   "


https://youtu.be/GEPcxs5IIJI



 

8)飛行していたドローンがダンスフェスティバル会場に突然落下! 2015年9月公開 View数:380万回以上


空から地上を撮影していたドローンが、動作不良となり突然の落下!落下した先では、イベントが開催されたくさんの人々がダンスをしていました。無事に遺失物保管所に届けられたドローンに映っていたものとは?


 

" GoPro Falls Off Drone Into Burning Man Dance Floor   "


https://youtu.be/ldE2k-KXWow


 

※注記※
・1)から8)の各動画のOnline View数は、The Woolshed CompanyのPress Releaseより抜粋(Youtube上のそれぞれの動画に紐づいて表示されている再生回数とは異なります)。
  データ出典元:https://www.dropbox.com/sh/a8od7127u34xjci/AAAjzAtDzfoXzeGWR01jMqDXa/Press%20Release/The%20Viral%20Experiment%20-%20Press%20Release.pdf?dl=0




 

 

楽しんで頂けましたでしょうか?

こんな動画を発見したら、ついついシェアしたくなりませんか?

 



 

 

さて、動画をご覧になられてもしかしたら既にお気づきになられた方がいらっしゃるかもしれません。


各動画の画面左上に表示されていた"REAL OR FAKE? CLICK TO FIND OUT!"という文章をクリックしてみた方はおわかりかと思います。


 

 

そう、これら8つの動画はどれもこれも" FAKE "。演出によって作られた偽物動画だったのです。



 


世界180か国以上で閲覧され、160万以上の" いいね "を集め、50万件以上のコメントが寄せられたこれらの動画は、各メディアでも大きく取り上げられました。


 

 
Picture:Screeen shot from Woolshed Officail Video on Youtube



 

 

アメリカのメディアでこれらの動画をニュースとして紹介したのは、NBC、FOX、CBS、CNN、Sky NewsそしてABC。アメリカ以外でも、ヨーロッパ各国、イギリス、日本、ロシア、カナダ、中国、韓国のテレビで取り上げられたのだそうです。

テレビとともに、動画の拡散、口コミの伝播に一役かったのが活字メディア。The Guardian、Sky News、News Limited、The Independent、The Mirror、The Sun、The Telegraph、Time Magazineが記事として取り上げました。


メディアで紹介されると、これを信じる人と信じない人の両者に視聴者やメディア側の反応がわかれ、本物かどうかの議論も巻き起こりました。


 

 

専門家による分析が行われ、それぞれがコメントを発表した同議論でしたが、結果的にはこれらの動画を製作した企業の7月11日付けのプレスリリースで、偽物だったことが明らかになりました。



 

 

さて、今回の企てを実行したのは、オーストラリアのメルボルンにある小さなプロダクション会社。


 


" The Woolshed Company "



 

 
Picture:Screeen shot from The Woolshed Company Official Website



 


2013年に設立されたまだまだ若いプロダクションですが、既にいくつかの賞を受賞するなど、そのプロダクション能力、プロダクトの完成度、クオリティ、オリジナリティの高さには一定の評価があるようです。



 


ではなぜ同プロダクションは、これら8つの偽物動画を製作し公開したのでしょうか。それは、" Viral experiment "のためだったと発表しています。


 

・コンテンツがどのように世の中に拡散されていくのか?

・どんな要素を含んだコンテンツが拡散されるのか?

・世の中や人々は、コンテンツの真偽を問うか?



 

こうしたクエスチョンに対する答えをさぐるべく、同プロダクションはなるべく低予算で8つの動画を製作し、インターネット上に公開するという" 拡散実験 "を行ったのです。



 


その種明かしとして、作成公開された動画がこちらです。



 

" The Viral Experiment   "


https://youtu.be/ccENfRThXOk

 

 
Picture:Screeen shot from The Woolshed Company Press Release



 


実験の結果を受けて同プロダクションは、どんなコンテンツが拡散に成功するのか、またコンテンツの長短に関わらず、どんな要素がバイラル・マーケティングキャンペーンには必須なのか、その回答が得られたと発表しています。




その回答は世の中にリリースされていませんが、プロダクションが8つの動画を製作した際に常に念頭に置いていたことは以下の通り。


・視聴者をこちらのペースに乗せ、巻き込む
・視聴者を驚かせるor笑わせるor震えさせる
・視聴者を面白がらせる(エンターテインする)


視聴者に「本当かな?嘘かな?」と考えさせてしまうかもしれないこと、それはどちらでも良いのだそうです。それよりも何よりも、視聴者に面白がってもらうことが一番大事なのだそうです。

 

 


 

これら8つの動画に見覚えがあった方はいらっしゃいましたか?



 


嘘だったのか!だまされた!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、今回の実験で同プロダクションの実力の高さが実証されたとその手腕を評価する声もあります。

The Woolshed Companyにとって、大成功のPRになったことは間違いないようです。


 

 

※The Woolshed Company Official Website
http://www.thewoolshedcompany.com/


 

 

 


※ニュースソース


※Ad News
http://www.adnews.com.au/news/this-agency-spent-two-years-faking-videos-for-viral-hits-you-won-t-believe-what-happened

※mumbrella
https://mumbrella.com.au/melbourne-production-company-social-media-viral-fooled-world-8-times-379214

※NEWS abc
http://www.abc.net.au/news/2016-07-12/australian-company-behind-fake-viral-videos/7588288

※9 NEWS
http://www.9news.com.au/national/2016/07/12/01/21/melbourne-production-house-admits-lying-and-misleading-the-public

 

 

 


■編集後記■


 

読者の皆様、こんにちは。

 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。


 


7月も半ばになり蒸し暑い日がより一層増えてきましたが、読者の皆様はお変わりありませんか?



 


さて、暑くなってきたからか、私の食生活にちょっとした変化が起こりました。

変化をもたらしたもの、それは、



 


特保のノンアルコールビール



 


暑い日も増えたからでしょうか、晩酌をする日にはこれまでのワインではなく、何か冷たいものでも飲みたいなーと思うようになった今日この頃。

そこにピタリとはまったのが、特保のノンアルコールビールです。

 


 

"ノンアルコールビール=まずくて飲めたものではない!"と思っていた私でしたが、先般海へ出かけた折のことです。ドライバーだった私は、久しぶりにノンアルコールビールで乾杯しました。

 





すると・・・・

 

あれ、意外に飲める味かもしれない・・・!?

 


 

実は以前ほど、クラフトビール(地ビール)を飲まなくなり、普段はもっぱらワイン、日本酒党になっている私。ビールの味に対するこだわりが、かなり薄れてるのかもしれません。


 


というわけで、カロリーゼロ、糖質ゼロ、そして特保!(どこまで本当なのかはさておき・・・)のビールは、今夏の必須アイテムとなりそうです。



 

 

 

※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■



 

インド・中国・アメリカ発。
洗濯用洗剤ブランドの大成功&大失敗PRキャンペーン
|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》

 



 



読者の皆様、こんにちは。



 

今回は、インド、中国、アメリカから「洗濯用洗剤」のPR事例をご紹介します。高評価を得たものもあれば、自国のみならず世界中から非難を浴びたものもあり。。。

それではいってみましょう!

 


 


インド発<ARIEL>


 

まずご紹介するのはこちら。


 

 
Picture:Screeen shot from First Compare



 


先日まで開催されていた、" Cannes Lion 2016/カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル "のCreative Effectiveness部門でブロンズライオン賞を獲得したSNSキャンペーン動画です。

カンヌライオンズは、世界の三大広告賞の一つ。広告界のアカデミー賞とも言われる世界最大級の広告賞です。


 

2016年のCreative Effectiveness部門には109のエントリーがあり、その中からゴールドライオン賞が2作品、同シルバー4作品、ブロンズが6作品選ばれました。そんな名誉ある賞を獲得したのが、洗濯用洗剤の"ARIEL"です。

 



 
  Picture:Screeen shot from Huffington Post



 


Arielが今年初めからSNSを中心に展開しているキャンペーン。それが、


 

" Share the Load "



 

Arielによれば、インドでは全体のおよそ2/3の女性が、家庭での家事分担に男女間で不公平があると感じています。また男性の76%が洗濯は女性の仕事だと回答したのだそうです。

そして2/3の子どもは、家事はお母さんの仕事だと言うのだそうです。



そこで、このような状況を憂いたArielが実施したのが、Share the Loadというキャンペーンでした。



 

英語の" load "には、荷(負荷・重荷・荷重)という意味に加え、洗濯物という意味もあります。キャンペーンの名前には、「家事の負担を分担しよう!(男性も)洗濯を手伝おう!」というメッセージが込められているのですね。


 


そしてそのPRのために制作された、今回ブロンズライオンを受賞したのがこちらでの動画です。



 


" Ariel - #ShareTheLoad   "


https://youtu.be/wJukf4ifuKs



 


動画に登場する男性は、娘が全ての家事を一手に引き受けとても忙しそうにそしてストレスをためている風であることを知り、自身のこれまでの生き方、家庭でのあり方を考え直します。

そして妻のもとへと帰った男性は、洗濯物を手伝うようになるという内容でした。



 

同キャンペーンの実施で、インドではこれまでにおよそ210万人の男性がキャンペーンへの賛同と実行を表明したのだそうです。



 


※Ariel India Official Website
http://www.ariel.in/en-in



 

 


中国発<Qiaobi>



 

続いてはこちら。世界中から大ブーイングを受けた中国の洗濯用洗剤" Qiaobi(俏比) "です。



 

 
Picture:Screeen shot from india.com


 

史上最低な人種差別広告と批判された同ブランドのコマーシャルが世界中のメディアやニュースで取り上げられたのは記憶に新しいところです。まだ実際の動画を見たことがなかったという方も既に見たという方も、今一度ご覧ください。

 




" Funny Chinese detergent Qiaobi Racism In Detergent Powder Advertisement Black Chinese Asian Racist    "


https://youtu.be/9pv2t0UFyUM


 

Shanghai Leishang Cosmetics社(上海雷尚化妆品有限公司)の洗濯用洗剤のコマーシャルとして制作・公開されていたこちらの動画。公開後、非難が殺到してすぐには、「欧米メディアはセンシティブ過ぎる」などという同社からの発言も飛び出して、さらにその姿勢を疑われることとなりましたが、最終的には謝罪に至りました。

 


 

 

アメリカ発<Gain>



 

最後にご紹介するのは、アメリカで面白いと話題になっている洗濯用洗剤" Gain "の新しいコマーシャルシリーズです。



 

 
Picture:Screeen shot from I Love Gain



 


素敵な香りが長時間にわたって持続するという製品の特性をアピールすべく投入された最新コマーシャルは、これまでの家庭用洗濯洗剤のコマーシャルのアプローチとは全く違っていて面白いので、是非ご覧ください。


 


" Enter the world of fragrance - new Gain commercial featuring Ty Burrell (Extended Cut)   "


https://youtu.be/NXndz0RRVKI

 

 

動画に登場している男性は、アメリカで人気のTVコメディ―ショー"Modern Family"で人気のTy Burrellさん。

男性用の香水か何かのコマーシャルのような、かっこよくクールに仕立てられたシーンが実は洗剤のコマーシャルとは!




とは言ってもクールなままで全体が終始するわけではもちろんなく、動画の最後にはコミカルな演出に変わります。そんなオチのあるコメディ要素のさじ加減も抜群です。



 


" Getting sentimental with scent - new Gain commercial featuring Ty Burrell   "


https://youtu.be/lpJgyPCHZNU

 


" Gain commercial - Enter the world of fragrance with Ty Burrell   "


https://youtu.be/-a6PeS58a5Y

 




同シリーズの続編コマーシャルを待ち望むファンやネットユーザーも多いようです。


 


※Gain Official Website
http://www.ariel.in/en-in

 

 

 

 

※ニュースソース


※BIZ JOURNALS
http://www.bizjournals.com/cincinnati/news/2016/06/09/p-g-s-new-commercials-spoads-with-phil-from-modern.html

※INQUISITR
http://www.inquisitr.com/3145336/chinese-detergent-advertisement-brings-apologizes-for-promoting-racism/

※DAILY MAIL UK
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3611449/Race-row-Chinese-laundry-detergent-company-s-commercial-showing-woman-shoving-black-suitor-washing-machine-smiling-delight-emerges-Asian-man.html

※Broadway World
http://www.broadwayworld.com/bwwtv/article/VIDEO-MODERN-FAMILY-Star-Ty-Burrell-Enters-the-World-of-Fragrance-20160606

※net imperative
http://www.netimperative.com/2016/06/cannes-lions-case-study-ariel-washing-powder-gets-dads-sharetheload/


 

 


■編集後記■


 

読者の皆様、こんにちは。


 


スゴい★PR編集担当の秦泉寺 明佳です。


 


先日の月曜日、7月4日(4th of July)はアメリカの祝日、Independence Day(独立記念日)でした。


 

各地でフェスティバルやパレード、花火などのイベントが開催されて、お祭り騒ぎとなるこの日。


巷には、星条旗や星条旗モチーフのファッション、グッズ、デコレーションなどがあふれます。

 



例年、赤、白、青の星条旗カラーを使った、スイーツやお料理などを準備したりしていた私ですが、今年はこれといって何もせず。


 

あまりにもフツーにその日を過ごしてしまいました。



 


来年は、お家のデコレーションでも張り切ってみようかな?



 

 


※にっぽんの熱いマーケターの連載コラム、アメリカ&世界各国の旬な
マーケティングニュースをタイムリーにお届け。

『にっぽんのマーケター』

http://nipponmkt.net/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■今号のスゴい★PR事例■

 

英国発。
メキシコとの国境に壁をつくると発言のトランプ氏を
メキシカンバンドがスコットランドで温かくお出迎え!?
|スゴい★PR《海外マーケティング最前線》



 

 



読者の皆様、こんにちは。

 



11月の米大統領選に向けて共和党での候補者指名を確実にしている不動産王のドナルド・トランプ氏。


 

 
Picture:Screeen shot from SALON


 

つい先日も、大統領になった際の方針として「環太平洋連携協定(TPP)から脱退する」と表明してメディアを騒がせました。

共和党の候補者指名戦が始まって以来、数々の暴言、迷言、失言でアメリカ国内のみならず世界から注目されている彼ですが、数ある衝撃の発言の中に、こんなものもありました。


 


“I will build a great wall – and nobody builds walls better than me, believe me – and I’ll build them very inexpensively. I will build a great, great wall on our southern border, and I will make Mexico pay for that wall. Mark my words.”


「米国とメキシコの国境に素晴らしい壁を築く。建設費用はメキシコに持ってもらう!」。



 

トランプ氏のメキシコやメキシコ人に対しての厳しい姿勢は、読者の皆様も知っての通りですが、こんな彼の姿勢や数々の発言にインスパイアされて愉快な仕返しが、スコットランドで先日仕掛けられました。



 


その仕掛けとはこちら。

 


 
Picture:Screeen shot from Campaign UK



 

写真の4人組の名前は、" Juan Direction "。



イギリスの人気グループ " One Direction/ワンダイレクション "にひっかけたメキシコ風のネーミングです。



 

そして彼らが姿を現したのは、6月24日金曜日のイギリスのスコットランド南西部にあるグラスゴー・プレストウィック国際空港でした。


というのも実はこの日、トランプ氏がスコットランドにある自身のゴルフリゾート"Trump Turnberry Resort"のリオープニングで同空港に降り立ったからなのです。

 

同地を訪れたトランプ氏を温かく(?)出迎えようと、メキシカンバンドは音楽を演奏。一輪車には国境の壁に使用できるレンガを満載にして、背後にはアンチ・トランプの群集の壁を従えていました。



 

 
Picture:Screeen shot from PADDY POWER BLOG



 

バンドの背後の群集は、メキシコの国旗や「NO TO RACISM.NO TO TRUMP」などと書かれたプラカードを掲げていますね。



 

 

 
Picture:Screeen shot from PADDY POWER BLOG

 



残念ながら、トランプ氏のプライベートジェットの着陸が近づき、彼らのパフォーマンスは警察官によって制止されてしまいました。



 

 

さて、実は今回の仕掛けを行ったのは、" Paddy Power "という主にアイルランド、イギリスで事業を展開しているブックメーカー(イベントを対象にして賭けを行う民間業者のこと)です。



 

Paddy Powerのホームページでは、US Presidential Election 2016に関する懸けレースへのエントリーも受け付けていて、共和党、民主党の指名が誰になるのか、また最終的に米大統領が誰になるのかといったテーマに懸けることができ、現時点でのオッズも公開されています。


 


よりたくさんの人に米大統領戦に関した賭けに参加してもらうために、今回のユニークなトランプ氏ウェルカムの仕掛けが実施されたのですね。



 

 


ちなみに、同ホームページで2016年6月30日までエントリー可能なトランプ氏に関わる懸けにこんなものがあります。

 

" How Big is Donald Trump's Manhood? "


 


 
Picture:Screeen shot from PADDY POWER Official Homepage




これは、"トランプ氏の男性器の長さ"について懸けるもの


サイズとオッズが公開されていますが、もし2016年度中にトランプ氏が自身のサイズについて回答しなければ、この賭けは無効になるのだそうです。

 

 

 

 

※Trump Turnberry Resort
http://www.turnberry.co.uk/

※Paddy Power
http://www.paddypower.com/bet

 

 

 

※ニュースソース


※DAILY STAR
http://www.dailystar.co.uk/news/latest-news/525389/donald-trump-scotland-uk-met-with-wall

※THE DRUM
http://www.thedrum.com/news/2016/06/24/paddy-power-ambushes-donald-trump-mexican-mariachi-band

※THE SCOTSMAN
http://www.scotsman.com/news/odd/paddy-power-welcomes-trump-to-scotland-with-mexican-band-1-4163227

※Campaign UK
http://www.campaignlive.co.uk/article/trump-serenaded-scotland-paddy-powers-mexican-mariachi-band/1400138?src_site=brandrepublic

※IRISH CENTRAL
http://www.irishcentral.com/culture/craic/What-are-the-odds-Paddy-Power-betting-on-the-size-of-Trumps-member.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。