エクセルセミナー研修のすごい改善~Excel社員研修と業務効率化

Excelセミナー毎週開催中。なぜか全国の企業から会社経営や業務システムの相談まで殺到する銀座の小さなExcel教室。

●エクセルマクロVBAセミナー初級編


こんにちは。
すごい改善の吉田です。


エクセルのマクロというものは、その存在を知ってしまうと、「今まで自分がかけていた時間と労力は何だったんだ…」きっとそう思うはずですし、そしてそういう思いはできるだけ早く済ませておいたほうが絶対にいいものです。


時間が過ぎれば過ぎるほど失う時間やチャンスも後悔も大きくなります。


★仕事でエクセルのマクロ、VBAを使いこなすにはどうすればよいか。


これは結構多くの方が悩んでいらっしゃる問題です。


面倒な作業や手間のかかる作業、複雑な作業を自動化して瞬殺するのが私の考えるマクロの活用方法です。


ですから、まず「どんな作業を瞬殺したいのか」が明らかである必要があります。


とはいえ、その作業を瞬殺するためのマクロの作成は、ちょっとした勉強で簡単にできるものではありません。


マクロ関連の書籍を大量に読んですべて暗記したとしても、恐らく最初の一文すら書けるようにはならないと思います。


なぜかと言えば、「実際に仕事の現場で使われているマクロとはどんなものか」というイメージを持たずに学習しているからです。


ゴールイメージのない学習では何も身に付くはずがありません。


事実、エクセルマクロのセミナーに大金払って出たし、VBAエキスパートのような資格も取ったけど、まったく仕事で使えていない…というお悩みのご相談はたくさん頂いてきました。


では、どうすればいいのか?


すべての答えは、ここにあります。

いいね!した人  |  リブログ(0)

こんにちは。
すごい改善の吉田です。


あなたがパソコン表計算のエクセルでお困りになっているのなら、確実にお役にたてる内容になっています。


まず、とても大切なことをお伝えします。


「エクセルのマイクロソフト認定資格(MOS)を取得するだけでは仕事の役には立ちません!」


これはMOSの試験内容が悪いのではありません。この試験はエクセルの基本機能を広く浅く網羅して出題します。


しかし、その出題される機能の多くが、現実には実務ではまったく役に立たないものであり、MOS資格の有無がエクセルを仕事で使えるかの判断基準には全くならない理由です。


このことは、企業の求人への応募者も採用ご担当者様もきちんと認識しておくべき大切な点です。


そしてさらに…


「今まで何冊もエクセルの本を買ってパソコン教室にも行ったのに、どうしてもエクセルと仲良くなれない」

「本をいくら読んでも仕事で困ってるエクセルの使い方がわからない」

「上司から”去年の売上の支社別前年比を出してくれ”と言われて頭が真っ白になった」

「エクセルが言うことを聞かなくてもうウンザリしている」

「気が引けて周りの人にエクセルの質問もできなくて悩んでいる」


こんなお悩みの声をたくさん聞いてきました。


なぜ本を買ったりパソコン教室に通ってもダメなのか?


これは本やパソコン教室が悪いのではありません。本やパソコン教室も、やはりMOS試験と同じように、万人向けにエクセルの機能と関数全般を広く浅く網羅して取り扱います。


ですから、本当に仕事に必要なことは何かが見えにくいというのが実情なのです。


本にしてもどこを読めば仕事に役立つのか、わからなくなってしまいます。全部読んでいる暇はなかなかないと思います。


なので、弊社では数多くのエクセルの機能や関数の中から、本当に仕事に必要な100の極意を選び抜いてリストアップしました。


その100の極意を、1日集中で皆様に伝授致します。

いいね!した人  |  リブログ(0)

エクセルをマスターすることが目的じゃない。


仕事を早く正確にすることが目的。


その手段としてエクセルのスキルを必要最低限のレベルまで上げておくことで大きな効果を上げられるということです。


なぜやらないか。もはや理由はないはずなのです。

いいね!した人  |  リブログ(0)