エクセルセミナー研修のすごい改善

Excelセミナー毎週開催中。なぜか全国の企業から会社経営や業務システムの相談まで殺到する銀座の小さなExcel教室。

こんにちは。

すごい改善の吉田です。


エクセルの効率的な使い方を知らないということがどういう状況を招くかを確認しておきましょう。


・数秒から数分で済ませられる作業に数十分から数時間かけている
・残業代で大切な利益が吹き飛ぶ
・煩雑な手順のせいでミスがたえない
・長時間の作業による疲労、集中力やモチベーションの低下
・本来エネルギーを注力すべき生産的作業のための時間を失う


「他の人なら5時間かかる作業でも、自分なら3時間でできる」と豪語なさっていた方がいらっしゃいましたが、きちんとしたエクセルに関するスキルがあれば1時間以上かかる作業はほとんどすべて数十秒程度に短縮できてしまうものなのです。


我流で独学でやってきたが、一度体系的にエクセルの実務スキルを学んでおきたい…


そういった意識の高いビジネスパーソンが弊社のエクセルセミナー に集まっていらっしゃいます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

●エクセルから始まる自信の付け方


こんにちは。

すごい改善の吉田です。


3回目の転職で、2006年10月にワインメーカーであるメルシャン株式会社のマーケティング部門に配属になりました。


その前々職では広告代理店で販促プランナー、前職ではスポーツシューズのブランドマネージャーを経てきていましたから、ワインのプロモーションなどもすぐになじめるもの、と思っていましたが…。


なかなか思うように仕事に馴染めませんでした。


販売状況をまとめる資料を作るよう指示されても、エクセルがうまく使えません。


当時私にそのあたりの仕事を教えてくれていた派遣社員さんにいろいろ教えてもらいながら、なんとかこなそうとするも…


「なんでこんな数字になるの!?」


とオフィス内で大きな声で驚かれ、とても恥ずかしい思いをしていたものです


この当時エクセルのエの字も知らなかった私に、ピボットテーブルやSUMIF関数、そして「ウィンドウ枠の固定」などのエクセル機能や関数を教えてくれた、派遣社員のみなさんには今でも本当に感謝しています。


当時の彼女たちからすれば、現在私がエクセル専門の業務改善コンサルティングや研修を行う会社を立ち上げその代表を務めているなど、きっと想像もつかないはずなのです。それぐらい、私のエクセルのスキルはひどいものでした。


さらに、それまでマーケティング畑で歩んできた自分の経験が…なぜかまったく活かせずにいたのです。


もちろん自分の実力不足ゆえなのですが、そのせいでますます自信をなくしていく悪循環に陥っていきました。


そして年末。1年間の市況や自社の販売状況をまとめた資料の作成を私がやることになりました。


…。


できるわけがありません。


でもやらないといけません。


なんとかエクセルに向かい、茫然としながら、しかしどうにか集計すべき方向性を見出したものの…膨大なデータをうまくまとめる術を当時の私はまだ知りませんでした。


細心の注意が必要とされる、とても、複雑で高度な頭脳労働をしている…と自分では思っていました。


2日ほど徹夜をして何とかその資料の締切には間に合いました。


しかしふたを開けてみると、その資料は集計ミスの嵐。


1から全部やり直しとなり、再度派遣社員の方がつきっきりで指導してくださいました。


自信を失わずにいるほうが難しいというものです。


しかし、ここで苦しんで失敗した経験によって、その先に芽生え始めた自信につながったのも事実です。


「こうすると失敗する」というのを一度身を持って経験していますから、それとは違うやり方を模索し始めるわけです。


方法が変われば結果も変わります。そこからは何となくですが、割とスムーズに作業が進んでいきました。


それをきっかけにエクセルに触れる時間が急激に増えていきます。すると当然慣れていきます。すると他の誰もできないようなスピードで複雑な処理をできるようになっていきます。


そんなところから、自分の仕事に対する自信というものが身について行ったのを覚えています。


前職のブランドマネージャー時代は、担当ブランドの全予算を握り最終意思決定権を持って仕事をしていたという自負もありました。そこから一気に奈落の底に突き落とされたかのような、転職当初の数か月でした。


しかしその底が見えたきっかけは、とりも直さずエクセルを駆使するスキルの向上だったのです。


たったそれだけのことですが、でもとても大事なきっかけでした。


たかが表計算かもしれません。でもその力は非常に偉大なものです。


基礎さえおさえれば決して難しいものではありません。


こんなきっかけでエクセルにハマりはじめ、そしてそれ専門の会社まで作ってしまった私とその仲間がお送りするセミナーは、きっと苦手意識が強い方にも喜んで頂けるはずだと思って始めてみました。


エクセルを使う必要性に駆られて困っている方。


1日で明るい希望を必ず見出して頂きます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

★エクセル習うために、高い金払ってパソコン教室なんか行くな


PC使ったデスクワークを正確にかつスピーディー、効率的にこなすにはエクセルの十分なスキルが必要なわけですが、一方、そのスキルを高めるのにもあんまり時間もお金もかけてられないわけです。


某最大手PCスクールのエクセル講座調べたら、「初級」とか「中級」とか「関数」とか「機能」とかいろんなコースがあって、それぞれについて、90分×12回(2ヶ月間)とある。


全て網羅するのに、数十万をかけて数十回、1年ぐらいその教室に通わないといけなくなってます。


そんなにしないとエクセルを仕事で使いこなせるようにならないかと言ったらそんなわけはないわけです。


特に、仕事探してて、「要エクセル」とかの求人に自信がなくて困ってる人にとっては、そんなに時間かけてられるわけがありません。


じゃあどれくらいの期間が必要か。


答えは、一日。


習いにいくのは一日でいい。


あとは日々の実践経験の中でスキルも経験値も高まっていく。


実践の中でつまづいたら、いつでも、いつまでも、何度でも、どんなことでも無料でサポートしてあげる。


テキストにそってマニュアル通りに実務経験の少ない専業インストラクターが教えるんじゃなくて、日々企業の現場に入り込んでビジネスの実戦の場でエクセル活用の指導、コンサルを行う現役のコンサルタントが教える、真に活きたスキルを伝えるエクセル教育の場。


最短の時間で、最小限の費用で、エクセル地獄から一人でも多くの人が解放されて欲しいと願う。


その願いを込めてセミナーを作って開催してみたら、もうここ1年で400名近くが学びに来てくれた。ああ、正しかったんだろうな、と思う。


これからも、淡々と粛々と、この仕事を続けていこうと、思います。

いいね!した人  |  リブログ(0)