エクセルセミナー研修のすごい改善

Excelセミナー毎週開催中。なぜか全国の企業から会社経営や業務システムの相談まで殺到する銀座の小さなExcel教室。

●参照とは何か


こんにちは。

すごい改善の吉田です。


エクセルで計算を行う際、例えば足し算ならセルの中に次のように入力すれば答えが返ってきます。


=1+1


しかし実際には、他のセルの値を使って計算することがほとんどですね。


例えば画像のように、B2セルの単価とC2セルの数量を掛けてD2セルに小計を出しています。


エクセルマスター養成講座byすごい改善~Excel研修セミナー・勉強・学習・仕事効率化と業務改善の総合ヘルプサポート


この時、D2セルは、B2セルとC2セルを「参照」しているといいます。


そして、あるセル(参照元)が別のセル(参照先)を参照しているとき、参照元のセル(画像ではD2セル)を選択してF2キーを押すと、セルが編集状態になると同時に参照先のセル枠に色がついて参照先がどこかわかりやすくなります。


行っている計算が正しいセルを参照していなければ、せっかく作った表も間違いだらけになってしまいます。

参照先は慎重に選択しつつ、F2キーで参照先を確認する方法を覚えておいてください。

いいね!した人  |  リブログ(0)

こんにちは。

「すごい改善」の吉田です。


初めてエクセルを触る方がまず真っ先に覚えるべきはやはり四則演算の方法です。私が初めて表計算ソフトに触ったのは、学生時代に買ったパソコン…AppleのPerfomaに入ってた、クラリスワークスについていた表計算でした。


何するものだかさっぱり分からず、次に買ったWindowsで初めてエクセルというものを目にします。そして卒業して音楽業界へ。死ぬほどアナログなこの業界ではメールもほとんど使わず、メールする暇があったら即電話という文化で育ってきました。


で、初めてエクセルで足し算をしたのは、実に28歳…初めて表計算ソフトに出会ってから10年が過ぎていました^^;


では、その足し算を始め、引き算、掛け算、割り算の四則演算の数式入力方法を改めて覚えましょう。


(1)足し算(加算)


=3+4


こう入力したセルには、「7」と表示されます。


(2)引き算(減算)


=7‐4


こう入力したセルには、「3」と表示されます。


(3)掛け算(乗算)…*(アスタリスク)を使います。


=7*4


こう入力したセルには、「28」と表示されます。


(4)割り算(除算)…/(スラッシュ)を使います。


=8/4


こう入力したセルには、「2」と表示されます。


この入力では、セル参照も使用できます。具体的には…


A1セルに「100」、B1セルに「3」と入力されているとします。この二つを掛け算したければ、C1セルに


=A1*B1


と入力すると、C1 セルには「300」と表示されます。


これで、見積書や請求書が作れるようになりますね。通常、見積書や請求書は各商品などについて「数量」「単価」の欄があり、その乗算結果として「小計」などの項目があります。前もって、小計の欄にこの乗算式を入力しておけば、あとは「単価」と「数量」を入力すれば、どんどん自動的に「小計」欄には小計金額が表示されていくという、これも立派な「自動化システム」が作れるのです。


いいね!した人  |  リブログ(0)