エクセルセミナー研修のすごい改善

Excelセミナー毎週開催中。なぜか全国の企業から会社経営や業務システムの相談まで殺到する銀座の小さなExcel教室。

エクセル セミナー研修:SUBSTITUTE関数~文字列の置換を行う関数です


こんにちは。

すごい改善の吉田です。


エクセルに限らず、ワードやパワーポイント、ノートパッドなどでも同様に使える「置換」というテクニックがあります。


たとえば、何らかの文書、シートに何度も「バカ」という単語が登場するとします。この「バカ」はまずいので、全部「アホ」に置き換えたいとします。


こんなときは、ショートカット[Ctrl+H]を押して「置換ボックス」を立ち上げ、「検索する文字列」に「バカ」、「置換する文字列」に「アホ」と入力して「すべて置換」をクリックすることで一括で置き換えることができます。


これと同じことができる関数があるので確認しておきましょう。置換前の状態も残しておきたい場合などが考えられますね。ビフォー&アフター的な感じで。


SUBSTITUTE(サブスティトゥート)関数を使います。


=SUBSTITUTE(文字列,検索文字列,置換文字列)


特定の文字列において、検索文字列を置換文字列に置き換える関数です。


たとえば、A1セルに「すごい改善有限会社」と入力されています。しかし現在の会社法ではもう有限会社を設立することはできないので、この「有限」を「株式」に修正したい場合。


B1セルに次のように入力します。


=SUBSTITUTE(A1,"有限","株式")


すると、B1セルには「すごい改善株式会社」と、"有限"が"株式"に置き換えた結果が表示されます。


ひとつや二つならそのまま入力し直せばいいのですが、これがたくさんあると大変です。そんな時に活用できる関数です。


いいね!した人  |  リブログ(0)

【Excel】UPPER関数~小文字の英字を大文字に置き換える


■今日の関数:UPPER関数

=UPPER(文字列)



英字の小文字を大文字に変換する関数、それがUPPER関数です。


A1セルに、abcdeと小文字のアルファベットが入力されているとき、B1セルにこれを大文字にした状態で表示したいとします。B1セルに、次のように入力します。


=UPPER(A1)


すると、B1セルには「ABCDE」と大文字に変換された英字が返されます。表記の統一をしたい場合などでには便利です。


また、「AbcDE」など、大文字と小文字が混在している文字列に対してこの関数をしようした場合は、小文字だけが大文字になって、大文字はそのまま大文字のままです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

【Excel】LEN関数~セル内の文字数を数えます


■今日の関数:LEN関数

=LEN(セル番地)

…セル内の文字数を数える


こんにちは。

すごい改善の吉田です。


こちらの記事で、セルの中に何文字入力されているかを調べる関数をご紹介します。


いいね!した人  |  リブログ(0)