エクセルセミナー研修のすごい改善

Excelセミナー毎週開催中。なぜか全国の企業から会社経営や業務システムの相談まで殺到する銀座の小さなExcel教室。

こんにちは。
すごい改善の吉田です。


今回は条件によって処理を変える、IF関数をご紹介します。


条件によって処理を変えるとは、例えば


「得点が80点以上なら合格、79点以下なら不合格にする」とか「住所の4文字目が"県"だったら、住所の左から4文字を取り出す」など、指定した条件によって入力する値や処理を変えることを言います。


指定する条件は、論理式というもので表されます。


例えば、「A1セルの値が80以上なら」という条件は、


A1>=80


というように書きますし、「A1セルの4文字目が"県"だったら」という条件は


MID(A1,4,1)="県"


というように書きます。


いずれも、「A1の値は80以上である」とか、「A1セルの4文字目は"県"である」って、言いきってますよね。


しかし、前者の場合であれば実際にはA1セルの値が70だったら、その断言は「成り立たない」ということになります。


もちろん、A1セルの値が90であれば、その断言は「成り立つ」ということになります。


このように、「成り立つか、成り立たないか」の二択で判定できる条件式を「論理式」といいます。


論理式が「成り立つ」とき、その論理式の判定結果を「真(TRUE)」といいます。


論理式が「成り立たたない」とき、その論理式の判定結果を「偽(FALSE)」といいます。


IF関数は、この論理式を指定して、その結果が真の場合と偽の場合とで、入力する値を変えることができる関数です。


関数はこんな構造になっています。


=IF(論理式,真の場合,偽の場合)


論理式の判定結果が真の場合は第二引数に指定した値、論理式の判定結果が偽の場合は第三引数に指定した値をセルに返します。


たとえばA1セルの値が80以上だったらA、79点以下ならBとする場合は、


=IF(A1>=80,"A","B")


と書くということです。

いいね!した人  |  リブログ(0)