エクセルセミナー研修のすごい改善~Excel社員研修と業務効率化

Excelセミナー毎週開催中。なぜか全国の企業から会社経営や業務システムの相談まで殺到する銀座の小さなExcel教室。


テーマ:

 売上データを分析するときに、年別・月別、場合によっては日別で集計を行うことが多くあります。一般的に内訳を出すにはSUMIF関数で集計を行いますが、YEAR・MONTH・DAY関数を用い、作業列を作ることでわかり やすく、素早く集計が行えるようになります。それぞれの関数の引数には、シリアル値を指定します。
 A列のセルからそれぞれ、年月日を取り出す場合、

 1.C2セルに「=YEAR(A2)」と入力(A2セルの西暦が入る)
 2.D2セルに「=MONTH(A2)」と入力(A2セルの月が入る)
 3.E2セルに「=DAY(A2)」と入力(A2セルの日が入る)
 4.C2:E2のセル範囲を選択し、データ最下端行までドラッグコピー


図52-1 091


 日付データが入っているはずのセルが「41640」のような表示に変わってしまってびっくりすることがあるかもしれません。
 
これは、セルの表示形式が「日付」から「数値」などに変わってしまったことが原因なので、落ち着いて表示形式を変更すれば元通りになります。
 シリアル値は、「1900年1月1日から数えて何日目か」という数字になります。したがって41640という数字は2014年1月1日という日付となります。
 逆に、「1」と入力したのに「1900/1/1」となってしまったときには、セルの表示形式を「数値」もしくは「標準」に直せば解決します。






1万人の業務効率を劇的に改善したExcel速技BEST100/PHP研究所
¥1,836
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  リブログ(0)

Excelセミナー(株)すごい改善代表 吉田拳さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります