August 27, 2009 05:06:58

【読書日記】意識のしかたで感じ方は変わる-「いいことが起こり続ける数字の習慣」

テーマ:読書日記

おはようございます。

本日の1冊はコチラ↓



「いいことが起こり続ける数字の習慣」 望月実 総合法令出版



著者の望月さんよりご献本頂きました。
ありがとうございます!

数字、と聞くと堅いイメージがありませんか?

私も以前はそう思っていました。

でも、数字は全然難しくありません!

むしろ数字は身近だ、と教えてくれるのがこの本です。



望月さんは、数字についてこう書いています。


「数字は目的地までの近道を教えてくれる”カーナビ”のようなもの」

(「プロローグ」より)


数字があるとないとでは、全く意識が違ってきます。

例えば、こんな感じです。


『明日は早起きをしよう』

『明日は4時に起きよう』


どちらが早起きできるかは、経験から言っても後者です。

でも、ただ具体的にするだけでは、目標達成できません。

望月さんは、さらにこう書いています。


「自分が上れる小さな階段を作ること」(P40)


もう一度、早起きを例に出します。

現状、起きる時間もバラバラで早起きできないとします。

それを、最終的には4時起きになりたいとします。


夜型の人が、いきなり4時起きにすると・・・

きっと多くの人が「3日坊主」になってしまいます。


いくつか方法はありますが、私ならまず睡眠時間を決めます。

何時間が自分に最適か知らないと、起床時間の目標が立てられません。

例えば6時間がちょうど良い睡眠時間だとすると、

自ずと4時起きのためには22時に寝ることになります。


普段7時に起きているんだったら、少しずつ寝る時間と起きる時間を

早めていけば負担も少なく早起きできます。

30分ずつ早められれば、6日後には4時起き達成です。


まさに「数字の習慣」とは、こういうことではないでしょうか。



この本を読んでいて、公認会計士の望月さんらしいな、と私は思いました。

その理由は、会社の数字を見る際に大切な視点で書かれているからです。

会計的だと思う視点は、次の3つです。


①「目的を達成するために必要な最小限の数字しか使わない」(P64)

数字を表すには、さまざまな表現や単位があります。

いろんな数字が散乱したら、判断も誤りかねません。

ある数字を金額で表し、ある金額を割合で表したら・・・

実は、こういうことは「数字のマジック」として身近によくあります。


②「大きな視点からお金の流れを管理する」(P101)

傾向を見る場合、細かい部分を見ても意味がありません。

よく会社の業績は「千円」や「百万円」単位で表記されています。

比較をしたり、将来の予想をするときは「ざっくり」の数字で

見ることが求められます。


③「支払金額を絶対額で考える」(P121)

①と関連しますが、数字を見る場合にはさまざまな見方があります。

割合で見たほうが良い場合もあれば、金額で見たほうが良い場合もあります。

特に支出は、絶対額で考えたほうがいいです。

割合で考えると、本当の数字が見えなくなることがあります。


上記3点から言えるのは「数字は目的を持って見る」ということです。


これを日々の生活に当てはめたのが、望月さんの「数字の習慣」。

最小限の数字を、最大限に使う。

それによって「幸福度」を高めるのが、「数字の習慣」を身に付けることです。


「人生の目標は幸せな時間を増やすこと」(P8)

「人が幸せを感じるのは、「健康(ダイエット)」「お金」「人間関係」「時間」の

4つのバランスが取れているとき」(P9)

「1日24時間という時間は誰にでも平等に与えられていますが、

その時間をどう過ごすかによって幸せの感じ方は大きく変わってきます。」(P16)


特に時間は、一瞬たりとも戻ることができません。

限られているからこそ、大切にしていきたいもの。

その時間を誰と、何をして過ごすのか。

まさしく、望月さんの言う「4つのバランス」は大切ですね。



とても読みやすく、数字を意識させない本です。

特に「数字は苦手だ!」と言う人ほど読んで下さい。




最後に応援クリックお願いします☆

皆さんの応援で元気が出ます(´∀`)♪


いいことが起こり続ける数字の習慣/望月 実
¥1,365
Amazon.co.jp






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ハマの読書王子@sugiyuzuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>みゆ@毛穴吸引にはまってます。さん

コメントありがとうございます!
私も振り返ってみると、実感できることがあります。
お金はあるに越したことはないけど、お金が全てではないですよね。

1 ■無題

こんにちは。
人が幸せを感じるのは、4つのバランスがとれているときというのは、とても納得できます。
学生のときは、お金さえあればまあ幸せになれるだろうと思っていましたが、ぜんぜん違っていたなあと。
だんだん不健康になってくるし、時間がなくなってくるし、利害関係のある人間関係しかなくなってきたりと。
心から実感できますね。

コメント投稿

AD

このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts with Thumbnails

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。